チョークで夏イメージ 行方 鹿嶋の瀧ケ崎さんアート展(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : チョークで夏イメージ 行方 鹿嶋の瀧ケ崎さんアート展(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000010-ibaraki-l08
鹿嶋市神野の「チョークアート アトリエYOKO」主宰者、瀧ケ崎洋子さんのチョークアート展「2018 なつ」が行方市宇崎のレイクエコーで開かれている。31日まで。
チョークアートは油絵の具を固めた画材「オイルパステル」を主に指で混ぜ合わせ、作品を描く。今回は夏をイメージした作品を中心に約40点を展示。このうち「強調~美しい男達~」という作品は、さまざまな人種の男性を描き、立場の違う人たちの助け合いをイメージしている。
瀧ケ崎さんは、「この作品たちから、暑い夏を乗り切る元気を受け取ってもらえるとうれしい」と話した。
同展は午前9時から午後9時。(23日は休館。最終日は午後4時まで)

地域
茨城-鹿嶋市