豪雨災害 広島沿岸部に大量の「漂流ごみ」(テレビ新広島)

情報元 : 豪雨災害 広島沿岸部に大量の「漂流ごみ」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000007-tssv-l34
豪雨災害では災害ゴミが深刻な問題となる中、ゴミの搬出に苦労している地域もありますが海へ流れ出た漂流ゴミを回収する作業も追い付かない状況です。
【福田記者】
「大量の流木や災害ゴミで瀬戸内海を行き来する船舶の航行にも支障が出ています」
国土交通省中国地方整備局は9日から、海洋環境整備船『おんど2000』など3隻を投入し、流木などを回収しています。
きのうまでの10日間で流木238本など557立法メートルの漂流ゴミを回収しましたがこれは去年1年間に回収した漂流ごみの3分の1にあたる量だということです。
【国土交通省中国地方整備局広島港湾空港整備事務所・出口和也副所長】
「流木といったものが通常よりもかなり多く浮遊しているのが見受けられて、それらをこれから回収していくのに、どれだけ人材を要するかはまだめどがついていない状況です」
漂流ゴミは、船舶の航行に大きな妨げとなるほか、海の環境にも悪い影響を及ぼすことが懸念されます。豪雨災害の爪痕は一見、穏やかに見える瀬戸内の海でも色濃く残されています。

地域
広島-広島市