御宿にゲストハウス「海おやぶん」 地元と旅人のゆるやかな交流の場に /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 御宿にゲストハウス「海おやぶん」 地元と旅人のゆるやかな交流の場に /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000007-minkei-l12
 御宿の新町に6月29日、ゲストハウス「海おやぶん」(TEL0470-64-6145)がオープンした。(外房経済新聞)6畳洋室(ダブル) 6畳和室、6畳洋室、2段ベッドを備えた洋室小部屋の個室タイプと、ついたてで仕切るドミトリータイプを用意する。くつろぎスペースとして本棚やソファが置かれたリビングや共同キッチン、浴室、シャワールーム、外シャワー、洗濯機などを備えるほか、夕方から営業するバーも併設している。
 宿主の植松翔さんは「もともと沖縄のゲストハウスで働いていたこともあり、いつか自分でゲストハウスを経営してみたいと思っていた。海のそばで、気候も温暖で、サーフィンができることを条件に場所を探していて、御宿にたどり着いた。御宿という町が本当に良くて、物件も決まっていなかったが『おっ、見つかった!』と直感した」と振り返る。
 2017年3月に本格的に物件を探し始め、同年11月に築40年の和風家屋を購入した。インフラを整え、2月末に同物件に引っ越し、仕事をしながら週に2日ほど妻の明日花さんと一緒にリノベーションを行った。5月からは毎日リノベーション作業をし、6月のオープンにこぎ着けたという。室内は元を生かして家の味わいを引き立たせる工夫を施したという。
 明日花さんは「設備やインテリアは一つ一つ吟味した。『これでいっか』と簡単に選んだものはない。もともとの家屋を生かしたかったので、新しいものでも違和感がないように慎重に選んだ」と話す。
 バーでは、生ビール(350円)、シャンディーガフ(350円)、ウイスキー(250円~)、御宿の地酒「岩の井」(1合500円~)など植松さんが「安くてうまい」にこだわった品20種類以上が並ぶ。ソフトドリンクは、ウーロン茶、ジンジャーエールのほか、明日花さんがおすすめするカルピス(各100円)を用意する。
 庭でも楽しめるようにしちりんのレンタル(500円)、流しそうめん(1人500円、そうめん込み)も格安で用意する。御宿町内で食材を購入した場合、レシート提示でしちりんのレンタル無料とする。
 植松さんは「家族連れでも、一人でも、誰もが快適に過ごせる宿。自分だったらどんなところがいいかということを重視した。少しずつ地域の人にも認知されてきたので、地元と旅人のゆるやかな交流の場にもなれば」と笑顔で話す。
 
 今後については、ピザ窯で焼いたピザパーティーなど庭を生かしたイベントを開催していく予定。
 チェックインは15時~21時、チェックアウトは10時。利用料金(1泊)は、ドミトリータイプ=3,000円~、個室タイプ=3,500円~。

地域
千葉-千葉市