はがきに「訴訟通告」…不審に思い女性が通報 偽の現金を送付、少年が受け取る…警官が容疑で逮捕/狭山署(埼玉新聞)

情報元 : はがきに「訴訟通告」…不審に思い女性が通報 偽の現金を送付、少年が受け取る…警官が容疑で逮捕/狭山署(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00010000-saitama-l11
 埼玉県の狭山署は20日、詐欺未遂容疑で、住所不定、無職少年(16)を現行犯逮捕したと発表した。走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は 逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀し、狭山市の無職女性(70)方に「総合消費料金に関する訴訟最終通告のお知らせ」と記したはがきを送付。7月18日から数回、国民訴訟通達センターの職員や弁護士らを名乗り、女性方に「保証協会を含めて手続きは全て取る」「これが終われば金が戻ってくる」「宅配便で訴訟取り下げ費用を送って」と電話をかけて現金100万円をだまし取ろうとした疑い。
 不審を抱いた女性が同署に届け出て、7月19日にはがきに記載された東京都豊島区のアパートに偽の現金を入れた宅配便を送付。警戒していた同署員が受け取った少年を逮捕した。

地域
埼玉-狭山市