甲子園宮崎県大会 準決勝 4強激突 決勝は日章学園-日南学園(MRT宮崎放送)

情報元 : 甲子園宮崎県大会 準決勝 4強激突 決勝は日章学園-日南学園(MRT宮崎放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010002-mrt-l45
熱戦が続く夏の甲子園県大会もいよいよ大詰め。21日は、準決勝2試合が行われました。第1試合は、宮崎工業と第5シードの日章学園が対戦。宮崎工業は2回、先頭バッター坂元がレフト前ヒットで出塁します。そして2アウト、3塁のチャンスに、ピッチャー、桝田。(フライでアウト、先制ならず)一方、4回に1点を先制した、日章学園、8回に打線が爆発します。4番、林田はホームラン。この回、打者一巡の猛攻で、一挙、7点を奪います。結局、試合は、8回コールドで日章学園が勝ち、4年ぶりに決勝進出です。続く、第2試合は、第3シードの日南学園と第2シードの富島が対戦。2点をリードした日南学園は4回、先頭バッターの奥野がソロホームランライトスタンドへのソロホームランで3対0とリードを広げます。追いつきたい富島は、5回、1アウト、3塁で、9番、エースの黒木が3ベースヒットで1対3。続く、松浦がファーストゴロの間に3塁ランナーが生還、1点差に詰め寄ります。しかし、再び差を広げられ、6対3で迎えた富島、最後の攻撃。1アウト、満塁のチャンスで回ってきたキャプテンの中川がファーストゴロで1点を追加し、なおも2アウト3塁2塁のチャンス。バッターは、3番、山下はセカンドゴロで試合終了最後まで粘った富島ですが、6対4で日南学園が勝ち、2年ぶりの決勝進出を決めました。決勝戦は宮崎市のアイビースタジアムで22日午後1時プレーボールです。MRTテレビでは、試合の模様を午後0時55分から生中継します。

地域
宮崎-宮崎市