子連れで「ねぶた」楽しむには…身近な情報フリーペーパーで発信

情報元 : 子連れで「ねぶた」楽しむには…身近な情報フリーペーパーで発信東奥日報社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-18120057-webtoo-l02

 青森市で子育て中の母親3人が3カ月に1度、同市の子育て世代向けフリーペーパー「まるまる」を発行している。今月第3号が完成し、市内の子育て支援施設などで300部を配布中。乳幼児連れでねぶた祭を楽しむ方法、病気の経験談など、母親目線のリアルな情報を発信している。

 まるまるを発行する「企画発行部」の代表は、神奈川県出身で2人の子どもがいる主婦の伊藤尚子さん(37)。東京都に住んでいた2013年、杉並区の方南町周辺の子育て情報を集めたフリーペーパー「ここまち」を創刊した経験がある。

 夫の転勤で移住した青森市でもフリーペーパーを作りたいと考えていたところ、同市で幼児を育てる公務員の中澤利恵さん(29)=同市出身=と主婦の遠藤聖子さん(35)=和歌山県出身=が賛同。昨年12月、A5判8ページの「まるまる」を創刊した。

 各号の特集は、長い冬の過ごし方や帰省の方法など転勤族向けの情報が中心だが、中澤さんは「青森出身でも、子どもを持って初めて分かることや困ることがある」と、地元の母親目線も意識している。

 市内のある家庭の1日の時間割や、母親が育児や仕事、自分の生き方について語るリレーインタビューも毎号掲載。遠藤さんは「同じ青森で暮らす普通の家族を紹介することで、悩んでいるのは自分だけではないと感じてほしい」と話す。

 タイトルの「まるまる」には「子どもにマル、自分にもマルをあげたいね」という思いを込めた。

 伊藤さんは「子育ては大変な毎日だけど、これを読んで楽しい気持ちになったり、新たな発見をして前向きになってもらえたら」と語った。

地域
青森-青森市
青森-弘前市
青森-八戸市