夏休みの子どもたちが流しそうめん  三重・川越町(三重テレビ放送)

情報元 : 夏休みの子どもたちが流しそうめん  三重・川越町(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010001-mietvv-l24
 じりじりとした日差しが照り付ける中、三重郡川越町では夏休みに入ったばかりの子どもたちが「流しそうめん」を楽しみました。
 朝明商工会の青年部と女性部が毎年、恒例の行事として開いているもので、23日は川越町と朝日町の子どもたちとその保護者あわせて約500人が参加しました。
 参加者たちは、地元の竹林から切り出してきた約10メートルの竹を使った5つのレーンでスタンバイ。
 地元の名産「大矢知そうめん」が流されると、歓声をあげながらすくい取っていました。
 中には、箸でつかみにくいミニトマトや、ぶどうなども流され、子どもたちが悪戦苦闘しながら夏の味覚を味わっていました。
 また、23日は夏休み中の子どもたちが交通事故にあわないようにと、会場となった川越自動車学校の職員による交通安全教室も開かれ、参加した子どもたちが正しい自転車の乗り方や横断歩道の渡り方を学んでいました。

地域
三重-桑名市