重さ7キロも 奈良・西大寺で初釜大茶盛式(読売テレビ)

情報元 : 重さ7キロも 奈良・西大寺で初釜大茶盛式(読売テレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000029-ytv-l29
 奈良の西大寺で15日、特大の茶碗で茶を振る舞う新春恒例の初釜大茶盛式が行われている。
 大茶盛は、鎌倉時代に西大寺を再び興した叡尊上人が当時貴重な薬とされていた茶を、大きな茶碗で庶民に振る舞ったのが始まりとされ、仏教の戒律で禁じられている酒盛りではなく茶盛りで参拝者をもてなす。
 直径40センチ、重さが約7キロもある特大の茶碗は、持ち上げるだけでもひと苦労。中には両隣から支えてもらいながら、何とか茶碗を口元に運ぶ人の姿も見られた。
 訪れた人たちはみな笑顔で、普段は静かな茶室はなごやかな雰囲気に包まれていた。

“重さ7キロも 奈良・西大寺で初釜大茶盛式(読売テレビ)” の続きを読む

インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)

情報元 : インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000010-tssv-l34
インフルエンザの流行が拡大し、きのう県内にもインフルエンザ警報が発令されました。
今シーズンの傾向や対策について専門家に聞きました。
広島市内にあるこちらの病院にもインフルエンザの疑いのある多くの子供たちが詰めかけています。
県によりますと今月7日から13日までに県内7つの保健所のうち西部東と北部の2つの管内で定点当たりのインフルエンザの患者数が警報の基準となる30人を超えました。
このため県はきのう県内全域に昨シーズンより3週間ほど遅いインフルエンザ警報を発令しました。
今シーズンのインフルエンザの特徴を医師に聞きました。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「年明けになって第1週、2週ぐらいからグッと患者さんが爆発的に増えている。ほぼ全部A型です。A型が2種類ですね。H1とH3が出ていてほぼ同数出ているので2回かかる可能性もある、1回かかったから、もう安心といういうことは今年は言えない可能性が高い」先週は県内8つの学校で学級閉鎖なども相次いで報告されていて、今週はさらに増えています。
正月休みの終わった学校や職場で流行が拡大したと見られています。
それでは、どのような対策をとったらよいのでしょうか?
【もり小児科・森美喜夫院長】
「普段の規則正しい生活をして基礎的な免疫を落とさないということが今から特に大切だ。
もし体調がおかしいなと思ったら人に移さないようにしっかりマスクをして人への伝播を防ぐというのはエチケットとして大事。もちろん手洗いとかうがいは基本的なことだ」
また、今年は新しい薬が登場し注目されています。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「1年ぐらい前から新しい薬が出てこれは錠剤で1回飲めばそれでいいというお薬なので(薬の飲みにくい)高齢者には使いやすい薬だと思う」「効果はちゃんと5日間の(他の)薬を飲んだのと同じぐらいだと思う」
インフルエンザの流行はこれから2~3週間がピークになるとみられています。
今週、県内で学級・学年閉鎖があった公立学校は今週45校と先週の6倍近くに増えています。インフルエンザ流行ってます。マスクや手洗い、体調管理とお気を付けください。

“インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)” の続きを読む

ふくおかFGと十八銀の経営統合が確定 臨時株主総会で承認(産経新聞)

情報元 : ふくおかFGと十八銀の経営統合が確定 臨時株主総会で承認(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000046-san-l42
 十八銀行は18日、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)との経営統合の承認を求め、長崎市の本店で臨時株主総会を開いた。承認され、4月1日の統合が確定した。長崎県での寡占を懸念した公正取引委員会の審査が長引き、基本合意から約3年を経て統合する。
 十八銀行の株主に、ふくおかFG株を割り当てる株式交換で、ふくおかFGが4月、十八銀行を完全子会社にする。平成32年10月、ふくおかFG傘下の親和銀行(長崎県佐世保市)と十八銀行を合併する計画。
 十八銀行は3月27日に上場廃止となり、長崎県に実質的な本社機能を置く上場企業は47都道府県で唯一、ゼロになる見込み。

“ふくおかFGと十八銀の経営統合が確定 臨時株主総会で承認(産経新聞)” の続きを読む

解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)

情報元 : 解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00440740-iwatenpv-l03
 大槌町の旧役場庁舎解体を巡り、保存を求める住民団体の代表ら2人が平野公三町長に対し、解体工事と解体のための公金支出差し止めを求めた住民訴訟の判決で、盛岡地裁(中村恭裁判長)は17日、原告の請求を退けた。平野町長が解体を決めた過程について「裁量権の著しい逸脱や乱用があるとは言えない」とした。原告は控訴を検討する。平野町長は、18日に本体解体に着手する方針を改めて示した。
 旧庁舎解体の決定過程で地方財政法上の違法性があったかが主な争点。原告は「町は震災遺構として旧庁舎の価値を調査する義務がある」と主張し、町長側は「調査義務は原告独自の主張に過ぎず、地方財政法違反はない」と反論した。
(18日の紙面で詳報)

“解体差し止め請求棄却 岩手・大槌旧庁舎訴訟、18日解体着手(岩手日報)” の続きを読む

850キロの部品下敷きで従業員死亡、滋賀の会社書類送検(京都新聞)

情報元 : 850キロの部品下敷きで従業員死亡、滋賀の会社書類送検(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000030-kyt-l25
 滋賀県の彦根労働基準監督署は18日、労働安全衛生法違反の疑いで、半導体洗浄装置組立会社「f―プランニング」(滋賀県愛荘町安孫子)と男性課長(42)を書類送検した。
 書類送検容疑は昨年11月12日、多賀町敏満寺にある同社工場で、フォークリフトを使って半導体洗浄装置の部品(重さ約850キロ)を運ぶ際、作業計画を事前に定めるなど危険防止措置を講じなかった疑い。同署によると、部品が倒れ、フォークリフトの誘導にあたっていた男性従業員(31)が下敷きになって死亡したという。

“850キロの部品下敷きで従業員死亡、滋賀の会社書類送検(京都新聞)” の続きを読む

ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000003-ibaraki-l08
那珂市古徳の古徳沼に越冬のためハクチョウが飛来している。市商工観光課によると、2018年11月13日に今シーズン最初の14羽が観測され、1月9日にはシーズンで最も多い137羽を確認。ハクチョウを目当てに、多くのカメラマンが撮影しているほか、家族連れが散策を楽しんでいる。
毎日約100羽が羽を休めているという。社会福祉施設による餌やりが1日2回あり、午前7時半~8時と、午後2時半~3時に行われている。同所には無料駐車場やトイレもあり気軽に観察が楽しめる。1966年からハクチョウが訪れるようになったという。

“ハクチョウ集う古徳沼 那珂(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

【甲州市男性殺害の強盗殺人事件】被告「殺害するつもりはなかった」と起訴内容を一部否認 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)

情報元 : 【甲州市男性殺害の強盗殺人事件】被告「殺害するつもりはなかった」と起訴内容を一部否認 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000001-utyv-l19
山梨県甲州市の男性が殺害され、長野県の畑で遺体で見つかった事件の裁判員裁判で、強盗殺人などの罪に問われている男は「殺害するつもりはなかった」と、起訴内容の一部を否認しました。
この事件は2016年11月、山梨県甲州市の斉藤弥生さん(当時36)を殺害し店の鍵を奪い、遺体を長野県南牧村の畑に埋めたとされるもので、静岡県御殿場市の無職横山拓人被告(25)が強盗殺人などの罪に問われています。
甲府地方裁判所で開かれた15日の裁判員裁判の初公判で、横山被告は「殺害するつもりはなく、斉藤さんを殴るなど暴行をしていない」と、起訴内容の一部を否認しました。
弁護側も殺意はなく、強盗致死にとどまると主張しましたが、検察側は横山被告が斉藤さんを土木用のハンマーで殴るなど、暴行に関わっていると指摘しました。
判決は今月28日に言い渡されます。
[UTYテレビ山梨]

“【甲州市男性殺害の強盗殺人事件】被告「殺害するつもりはなかった」と起訴内容を一部否認 山梨のニュース(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)

情報元 : 長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000003-nagasaki-l42
 長崎のまちに約1万5千個の明かりがともる26回目の長崎ランタンフェスティバルが2月5日から19日まで15日間、長崎市中心部で開かれる。新地町の湊公園に置かれるメインオブジェは、吉祥に関わる霊獣、麒麟(きりん)5頭を配置した「五麟(ウーリン)」(高さ10メートル、幅4・5メートル)。16日の皇帝パレードは、サッカーJ2、V・ファーレン長崎の手倉森誠監督が皇帝役を務める。
 実行委が1月17日、イベント概要を発表した。
 長崎ランタンフェスティバルは新地町の長崎新地中華街の人々が始めた「春節祭」に由来。今年は人気アニメ「キングダム」とのコラボレーションや、江戸町の出島表門橋公園でランタンを夜空に浮かべる「スカイランタン」などもある。
 皇帝パレードは2月9日と16日。午後2時に賑町の中央公園で出発式。浜町の商店街などを通り、諏訪町の市立諏訪小へ向かった後、湊公園まで練り歩く。同校から湊公園までは、全日本マーチングコンテスト金賞の活水中・高吹奏楽部が先導する。
 9日の皇帝役は長崎ランタンフェスティバル企画幹事会相談役の林敏幸さん、皇后役は人気アイドルグループ「乃木坂46」を昨年12月に卒業した本県出身の川後陽菜さん。16日の皇后役は長崎生まれのタレント、松尾悠花さんが務める。
 10日と17日は市民約100人による「媽祖(まそ)行列」がある。
 期間中のランタンやオブジェの点灯時間は午後5時~10時。期間中の金、土曜は一部を除き点灯時間を1時間延長する。

“長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)” の続きを読む

段々畑かんきつ栽培 農業遺産認定へシンポ(愛媛県)(南海放送)

情報元 : 段々畑かんきつ栽培 農業遺産認定へシンポ(愛媛県)(南海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000067-rnb-l38
南予の段々畑で行われるかんきつ栽培の“日本農業遺産”認定を目指し宇和島市でシンポジウムが開かれた。
宇和島市で開かれた「愛媛・南予の柑橘農業システム」国際シンポジウムは県や南予の5市町とJAなどでつくる協議会が開いたもので、県内外の農業関係者らが出席した。
“日本農業遺産”は伝統的な農林水産業の仕組みを評価し、後世に受け継ごうと農林水産省が創設した制度。協議会は南予の段々畑で行われているかんきつ栽培の認定をめざしている。
パネルディスカッションでは豪雨で被災した吉田町のミカン農家が「認定をきっかけに復興を前に進めたい」と訴えた。
今年度の日本農業遺産は今月24日に農水省で審査が行われ、来月には結果が発表されるという。協議会では将来的には世界農業遺産への認定も目指したいとしている。

“段々畑かんきつ栽培 農業遺産認定へシンポ(愛媛県)(南海放送)” の続きを読む

青空泳ぐ「いか徳利」 岩手で乾燥作業最盛期(岩手日報)

情報元 : 青空泳ぐ「いか徳利」 岩手で乾燥作業最盛期(岩手日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00440020-iwatenpv-l03
 16日の県内は、冬型の気圧配置の影響で曇りや晴れとなった。山田町豊間根の木村商店(木村トシ社長)では、人気商品「いか徳(とっく)利(り)」の乾燥作業が最盛期を迎えている。
 同日は木村社長(74)の妹で工場長の佐々木茂(しげ)さん(70)が青空の下、約130本のとっくりを回転機につるした。素材には真イカを使用。寒風にさらすとうま味が凝縮され、透き通ったあめ色に変わる。
 佐々木さんは「イカの不漁が続いているが、何とか伝統の技をつないでいきたい」と前向きに励む。

“青空泳ぐ「いか徳利」 岩手で乾燥作業最盛期(岩手日報)” の続きを読む