山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000005-utyv-l19
地元に生息する魚を学ぶ小学生の取り組みです。
山梨県市川三郷町の上野小学校の児童が、ヤマメの稚魚を地元を流れる芦川に放流しました。
この稚魚は地元住民から譲り受けた卵を児童たちが1か月かけて育てた魚です。
放流したのは約120匹で、児童たちは2センチほどの稚魚をそっと手に取って川に放流していきました。
芦川で渓流釣りが解禁されるのは来年3月ですが、放流した稚魚が成魚になるのは2年ほどかかるということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県市川三郷町の上野小学校でヤマメの稚魚放流(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

新元号版「いろは」まかせて/「はちのへ郷土かるた」30年ぶり新版制作へ、地元商業高生が後押し(Web東奥)

情報元 : 新元号版「いろは」まかせて/「はちのへ郷土かるた」30年ぶり新版制作へ、地元商業高生が後押し(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000004-webtoo-l02
 「け」は「現代と古代を結ぶ是川遺跡」、「さ」は「三社大祭太鼓の響き勇ましく」-。青森県八戸市の文化や歴史を盛り込み、1989(平成元)年に作られた「はちのへ郷土かるた」の普及に、八戸商業高校の生徒たちが取り組んでいる。生徒たちの「遊びながら八戸を知ることができる郷土かるたを、時代に合わせて広めたい」との呼び掛けが関係者に届き、11月からは30年ぶりの新版制作が本格的に動きだした。
 平成元年版の郷土かるたは、同市の子どもたちに地域への理解を深めてもらおうと、地域住民や学校関係者らでつくる「市青少年健全育成『愛の一声』市民会議」が、絵札と読み札の内容を市内小中学生に公募して制作した。
 新春のかるた大会などで子どもたちに親しまれているが、月日を経て、新施設の建設や名称変更など現状と札が合わなくなる例が目立っている。
 八戸商業高校で本年度、授業の一環として郷土かるたを研究しているのは、いずれも3年生の十文字紗弥さん、平井愛さん、藤田蒼彩さん、萬徳花恋さん、山川真友理さんのグループ。それぞれ子どものころ、郷土かるたを通じて、身近な施設や行事などがふるさとの名所、名物だと知る経験をした。だからこそ、さらなる普及には新版が必要だと考えるようになった。
 十文字さんは「かるたをきっかけに郷土を知ることができるのは、30年前に作ってくれた人たちのおかげ。でも小さい子どものためには、もっと分かりやすい言葉遣いの現代版があった方が良いのでは」と分析する。
 同校では2017年度にも、当時の3年生が郷土かるたを広める活動としてイベントなどを実施。5人は18年度、先輩から活動を引き継ぎ、統計調査や販路拡大などに取り組んだ。
 統計調査では、同級生へのアンケート結果などをまとめ、「郷土かるたは郷土愛を育み、家族の絆をつなぐツールとして有効」と結論付けた成果が、本年度の「統計グラフ全国コンクール」で佳作に入った。
 販路拡大では、生活雑貨やギフトを扱う同市の「アニーのお気に入り 八戸店」に、出産祝いとして郷土かるたを提案。同店はこれを受け、クレヨンなどと一緒に店頭に並べている。奈良孝子店長は「意外だけれどうれしい提案。まだ郷土かるたを知らない方に広くPRしたい」と話した。
 同市民会議の北向幸吉会長は、17、18年度と続いてきた同高校の研究について「生徒たちは一生懸命頑張っている。意見を取り入れて、活動の成果を反映させたい」と語った。同市民会議の中でも新しいかるたが必要との意見が出ていたといい、生徒たちの活動が制作の後押しとなった形だ。
 5人は11月、市庁で開かれた同会議の「『新はちのへ郷土かるた』検討委員会」に参加し、意見を述べた。同会議は今後、札に採用するキーワードを絞り込み、19年度中の完成を目標に、新たな郷土かるたづくりを進める。
 5人は検討委に参加しつつ、新版づくりを後輩に引き継ぐ予定。「どの年代の人も楽しめる郷土かるたになれば」と萬徳さん。ふるさとへの思いが実を結ぶ日を心待ちにしている。

“新元号版「いろは」まかせて/「はちのへ郷土かるた」30年ぶり新版制作へ、地元商業高生が後押し(Web東奥)” の続きを読む

博多マルイに「リプトン」の新業態「リプトン ティー スタンド」 九州初出店 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 博多マルイに「リプトン」の新業態「リプトン ティー スタンド」 九州初出店 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000042-minkei-l40
 紅茶ブランド「リプトン」の新業態「LiptonTeaStand(リプトンティースタンド)」が12月6日、博多マルイ(福岡市博多区博多駅中央街9)1階にオープンした。(博多経済新聞)ホットティーは、写真の「ティーライブラリー(16種類)」から好きな紅茶を選べる 日常的に、より幅広い層に紅茶を楽しんでもらおうと全国展開を進めている同スタンド。11月17日に北海道・札幌、11月29日に愛知・名古屋をオープンし、福岡は3拠点目で九州初出店となる。
 アイスティー(320円~)は「アールグレイ」「パイナップル&ハイビスカス」「スタンダード」をそろえ、来年には「グリーンティーピーチ&オレンジ」を提供開始予定。ホットティー(320円~)は「イエローラベル」「ピーチ&マンゴーティー」「カモミール・オレンジ」「ジンジャーティー」「カフェインレスティー」「ピュア・ルイボス」など16種類から選べ、今後ラインアップを増やしていく予定。
 選んだ紅茶に数種類のフルーツを入れた「FruitsinTea(フルーツインティー)」(600円)や、「タピオカ・ロイヤルミルクティー」(600円~)などもそろえ、タンブラーの販売も行う。「アイスタンブラー」(1,000円、1ドリンク代込み)、「ホットタンブラー」(1,500円、同、12月下旬販売予定)。
 商品受け取り後、自分でカスタマイズができるよう、シロップやシナモン、カルダモン、ターメリックなどのスパイス、岩塩などを用意する。
 営業時間は10時~21時。定休日は施設に準じる。

“博多マルイに「リプトン」の新業態「リプトン ティー スタンド」 九州初出店 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)

情報元 : 堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00000562-san-l19
 山梨県富士吉田市の堀内茂市長(70)は5日、12月市議会の所信表明で、来年4月26日の任期満了に伴う市長選への立候補を正式表明した。
 堀内氏は「来たる市長選に立候補する決意を固めた」と同市長選で初の4選を目指す考えを明らかにした。出馬表明は同氏が初めて。
 さらに「常に市民中心主義を政策の中心に掲げ、しがらみのない、バランスの取れた施策を実行してきた」と実績を強調。「事業実施まで5年超の大規模事業もある。市政運営の継続性の重要さを感じている。市の発展には安定した運営が必要だ」と続投への理解を訴えた。
 また、報道陣に「大規模災害時に市民の安全を確保するため、他自治体との広域連携をさらに広げたい」と4期目の目標を語った。
 堀内氏は日本大卒業後、富士急行勤務などを経て、昭和62年の県議選で初当選し、1期を務めた。平成19年4月の市長選に無所属で初当選し、現在3期目。

“堀内氏が4選出馬表明 山梨・富士吉田市長選(産経新聞)” の続きを読む

全国35都道府県で被害 1億4000万円詐取容疑で男5人を再逮捕(佐賀新聞)

情報元 : 全国35都道府県で被害 1億4000万円詐取容疑で男5人を再逮捕(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-03310151-saga-l41
 佐賀県佐賀市に拠点を置き、虚偽の料金未納通知メールを送って電子マネーをだまし取る特殊詐欺事件で、佐賀、福岡など4県警の合同捜査本部は3日、詐欺の疑いで、福岡市博多区博多駅南3丁目、無職A(36)、福岡県春日市上白水5丁目、無職B(35)、同県太宰府市宰都1丁目、無職C(45)と、住居不定、無職のD(22)とE(21)の5容疑者を再逮捕した。
 逮捕容疑は氏名不詳者らと共謀し、7月30日、宮城県の20代男性(当時)に有料サイトの料金未納に関するメールを送信。電話を掛けてきた男性に「未納料金を払わなければ裁判沙汰になる」などとうそを言い、電子マネーを購入させてその番号を聞き、計20万円相当をだまし取った疑い。
 グループによる被害総額は全国35都道府県で約1億4000万円に上るとみている。

“全国35都道府県で被害 1億4000万円詐取容疑で男5人を再逮捕(佐賀新聞)” の続きを読む

トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000012-at_s-l22
 西伊豆町がクラウドファンディング型のふるさと納税を活用して購入した災害派遣用のトイレトレーラーが7日、町役場に納車された。町は大規模災害発生時に全国へ派遣し、被災地のトイレ不足解消などにつなげたい考え。トイレトレーラー保有は富士市に次いで県内2例目。
 個室洋式トイレ4基を搭載。洗面器や照明、換気扇なども完備し、約1500回使用可能。移動は別の車でけん引する。
 購入金額は約1400万円。このうち、約540万円をクラウドファンディングで賄った。車体後部には購入資金を納めた個人、団体名を記載。町は平時でも、屋外のイベント会場などでも活用していく予定。
 富士市は7月、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市の避難所へ約50日間、トイレトレーラーを派遣するなど実績を残しており全国から注目を集める。星野浄晋町長は「トイレトレーラーの必要性は高まっている。被災現場や避難所生活の支援につなげたい」と述べた。
 同日、町役場には町民らが訪れ、内部を見学したり、便座の座り心地を体感したりした。
 町は今回、一般社団法人助けあいジャパン(東京都)が提唱する災害派遣トイレネットワークプロジェクトに賛同し、購入を決めた。町はお披露目を兼ねて、9日に行われる伊豆トレイルジャーニーの休憩所へ派遣予定。

“トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

上用賀・東京農大世田谷通り店に朝食レストラン「egg」 限定メニューも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 上用賀・東京農大世田谷通り店に朝食レストラン「egg」 限定メニューも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000053-minkei-l13
 ニューヨーク発オールデイブレックファーストレストラン「egg東京農大世田谷通り店」(世田谷区上用賀3、TEL.03-3706-0151)が11月2日、東京農業大学「食と農」の博物館にオープンした。(二子玉川経済新聞)同店の料理 2005年、NYブルックリンで誕生し、アメリカ南部スタイルの伝統的な朝食を終日提供する同店は、ミシュランガイドやニューヨークタイムズで取り上げられるなど、朝食文化をブルックリンに広めたブランチの人気店として知られる。日本では、2017年に海外初進出となる1号店「egg東京」を池袋にオープン。2店舗目となる東京農大店は、住宅街エリアへの初出店となる。
 「品質にこだわった食材を、責任を持っておいしく調理して提供する」ことをコンセプトに掲げる。食にまつわる情報発信拠点で多数の生産者を輩出している東京農業大学と、食の安心安全を第一に掲げる「egg」との親和性が高いことから、人材や食材の交流を通してシナジーを創出できるとして、同所への出店を決めたという。
 建築家の隈研吾さんが設計した「食と農」の博物館の内外観のイメージを生かした天井高のあるガラス張りの店内からは外の並木が見渡せる。店舗面積は44坪、席数はテーブル席52席。
 生産者と消費者を結び付ける「自産自消」を実現するため、オーナーのジョージ・ウェルドさん自ら日本国内の産地を回って選んだ食材を使う。卵は、ニワトリの食と環境にこだわりを持つ広島県の「はやしなちゅらるふぁーむ」、オリジナルレシピで作る「ブリオッシュパン」は「パン工房AntenDo」、「コーヒー」は伝統的な有機農法にこだわるコーヒー農園から調達。生産者の思いを大切にしながらシェフが調理するという。
 一日中提供する朝食は、こだわりの有精卵を2個使った卵料理にトースト、ハッシュポテトが付いた「お好きな卵料理&自家製ハッシュポテト」(700円)をはじめ、半熟卵のとろっとした卵をブリオッシュパンで包み、チェダーチーズをかけて焼き上げた看板料理「エッグロスコ」(1,080円)、オーガニック小麦粉と有精卵を使ったふわふわの食感が特長という「パンケーキ」、三浦野菜を多く使った「シェフズスペシャルサラダ」(以上950円)、有精卵と生クリームとバニラエクストラクトを使って焼き上げた「フレンチトースト」(Sサイズ=950円)、農大店限定メニューでトウモロコシを粗くひき、粥状にした「オーガニックグリッツボウル」(1,500円)などをそろえる。
 サイドメニューは、「自家製バターミルクビスケット」「自家製チーズハッシュポテト」(以上580円)、「十五穀トースト」(480円)など。デザートは、「手作りベイクドチーズケーキ」(500円)、「手作りチョコレートケーキ」(600円)、「エッグタルト」(300円)などを用意。
 アントレは、サクッと揚げた白身魚にオリジナルタルタルソースを合わせた「フィッシュフライバーガー」(1,300円)、味わい葡萄牛牛肉パテを使った「ビーフハンバーガー」、オリジナルレシピでブレンドしたスパイスを使った「スパイシーチョリソー&エッグチーズバーガー」(以上1,500円)、柔らかい肉質と風味を持つふもと赤鶏を使った「ジューシーチキンカツバーガー」(1,300円)、ホワイトチェダーチーズをのせた「グリルチーズサンドイッチ&季節のスープ」(1,200円)などをそろえる。
 ドリンクは、有機コーヒー豆を使った「ドリップコーヒー」(480円)、24時間かけて抽出した水出しコーヒー「コールドブリューアイスコーヒー」(550円)、「紅茶」「カモミールブレンドティー」(以上450円)、大阪の袋布向春園(ふたこうしゅうえん)茶葉カウンセラーによるオリジナルブレンドの日本茶ハーブティー「アクティブ」「Beauty」(以上450円)、フレッシュレモンレモネード(600円)、「ミルクシェイク」(800円)など。
 同社広報の北川麻代さんは「オーナーのジョージは忙しいニューヨーカーに、朝食くらいはゆっくり食べてほしいとの思いのから『egg』をオープンした。『egg』できちんとした朝食を食べて一日の活力につなげていただければ」と話す。
 営業時間は、平日=9時~17時、土曜・日曜・祝日=8時~17時(12月~3月は16時30分まで)。月曜、最終火曜定休(その他「食と農」の博物館の閉館日に準ずる)。

“上用賀・東京農大世田谷通り店に朝食レストラン「egg」 限定メニューも /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

復興願い飲みつなぐ「ボラボトル」 倉敷の居酒屋でボランティアら(山陽新聞デジタル)

情報元 : 復興願い飲みつなぐ「ボラボトル」 倉敷の居酒屋でボランティアら(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010013-sanyo-l33
 西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区で活動したボランティアが、同市内の居酒屋で酒をボトルキープし、店を訪れたボランティアや被災者が自由に飲めるようにしている。被災者が感謝を込めて取り置くケースもあり、「ボラボトル」と名付けられた瓶が、復興を願う人々をつなぐ懸け橋となっている。
 「いざかや 楽らく」(同市新倉敷駅前)の店内。カウンターに「ボラボトル」と書かれた札が付いた焼酎の瓶が並ぶ。8月上旬から絶えず10本程度がキープされているという。「飲み終えた人が、次の人のためにまた入れてくれる」。店を営む松下かよさん(46)がほほ笑む。
 店はJRの駅とともに、10月まで市災害ボランティアセンターがあった中国職業能力開発大学校(同市玉島長尾)にも近い。駐車場で車中泊を受け入れていることもあり、活動後のボランティアが多く来店する。
 ボラボトルは東日本大震災の被災地で行われていたらしく、現地で体験した人がボランティア活動で8月に真備町地区を訪れた際、「楽らく」で他のボランティアに紹介。意気投合して始めたという。
 「感謝の気持ちを」という被災者を含め、これまでに約30人がボトルを追加。店舗近くのみなし仮設住宅で暮らす被災者も支援者と共に味わっている。
 最初にボトルを置いたボランティアの一人、愛知県豊田市の会社員谷昌章さん(42)は7月以降、都合がつく週末に真備町地区に駆け付けている。「ボランティアは知らない人でも同じように復興を願う仲間。被災者を含め、ボトルが思いをつないでくれたらうれしい」と話す。

“復興願い飲みつなぐ「ボラボトル」 倉敷の居酒屋でボランティアら(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

火災3人死亡、夫婦と息子犠牲か 滋賀・長浜民家全焼(京都新聞)

情報元 : 火災3人死亡、夫婦と息子犠牲か 滋賀・長浜民家全焼(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000044-kyt-l25
 7日午前5時20分ごろ、滋賀県長浜市大辰巳町、中嶋修治さん(79)方から出火した、と近所の住民が119番した。木造2階建て延べ約110平方メートルが全焼し、焼け跡から性別不明の3人の遺体が見つかった。長浜署は、連絡の取れていない中嶋さんと妻(76)、息子(49)の3人とみて、身元を調べている。
 長浜署と湖北地域消防本部によると、中嶋さんは3人暮らし。遺体は1階で2人、2階で1人が見つかったという。
 火災は約2時間40分後に鎮火し、北隣の民家も半焼した。住民は逃げ出して無事だった。
 長浜署などは7日午後から実況見分する。
 近所の男性(49)は「火の勢いが強く、近づける状況ではなかった」と言い、自営業の男性(74)は「奥さんは足が悪く、杖をついていた。ご主人も体が弱かった」と話した。
 現場は、JR長浜駅から東へ約3キロの住宅が点在する地域。

“火災3人死亡、夫婦と息子犠牲か 滋賀・長浜民家全焼(京都新聞)” の続きを読む

九州北部、今シーズン1番の寒波近づく(RKB毎日放送)

情報元 : 九州北部、今シーズン1番の寒波近づく(RKB毎日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010002-rkbv-l40
九州北部地方には、今夜からあさってにかけて今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、山沿いでは積雪や路面凍結のおそれがあります。
けさの福岡市天神です。
厚手のコートやマフラーをして通勤や通学する人たちの姿が見られました。
九州北部地方の上空およそ1500メートルには、今夜からあさってにかけて今シーズン一番の強い寒気が流れ込み、山地では雪が積もるところもでる見込みです。
あすとあさっての最低気温は、山沿いや内陸部を中心に氷点下となる所があり路面凍結のおそれもあります。
日中の気温も上がらず、ここ数日との寒暖差が非常に大きいため、体調管理にも注意が必要です。

“九州北部、今シーズン1番の寒波近づく(RKB毎日放送)” の続きを読む