戦争と東南海地震の惨状、克明に 西遠女子中・高卒有志が冊子(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 戦争と東南海地震の惨状、克明に 西遠女子中・高卒有志が冊子(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000010-at_s-l22
 西遠女子学園中・高(浜松市中区)を1952年度に卒業した有志18人がこのほど、幼少期に経験した戦争や東南海地震について記した冊子「戦争に翻弄(ほんろう)された私たちの子ども時代」を作製した。発起人の斎藤ようさん(84)=東京都=は「あす命があるか分からない恐怖におびえ、全てが統制された悲惨な時代だった。同じ過ちを繰り返さないでほしい」と思いを語る。
 体験記をつくるきっかけは東日本大震災。津波に流された被災地が、45年6月の浜松大空襲で焼け野原となった浜松市内の姿と重なった。同時に、政府が情報統制を行い、「隠された地震」とも言われる44年12月の東南海地震(マグニチュード7・9)についても思い起こした。「戦時下の市民の姿をはっきりと記憶する最後の世代かもしれない」。現在の不安定な世界情勢を考えた時、不幸な過去と平和の尊さを次世代に伝える必要性を感じた。
 同校卒業後も長年親交を深めてきた同級生に声を掛け、昨年から体験記を集めた。空襲におびえながら防空壕(ごう)に逃げ込む日々、日本の勝利を信じて疑わなかった国民の心理状態-。目にした惨状や体験を克明につづっている。
 県内でも西部地区を中心に多数の犠牲者が出た東南海地震の発生時の様子や被害状況も振り返る。
 原稿を寄せた浜松市北区の内山さわ子さん(83)は「これからの社会を担う若い人たちがどう行動すべきか、考えるきっかけになれば」と願う。
 冊子は定価1500円(税別)。購入希望者は斎藤さんのメールアドレス<sensounih@yahoo.co.jp>へ。

“戦争と東南海地震の惨状、克明に 西遠女子中・高卒有志が冊子(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

台風20号あす夕方から夜にかけ高知最接近へ(テレビ高知)

情報元 : 台風20号あす夕方から夜にかけ高知最接近へ(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010000-kutvv-l39
非常に強い台風20号は父島の西の海上を北西に進んでいて、予報円の中心を通った場合、あす夕方から夜のはじめ頃にかけて県内にもっとも接近し上陸する恐れもあります。きょう中に備えをして下さい。
非常に強い台風20号は午後3時現在父島の西南西にあって時速30キロで北西に進んでいます。中心の気圧は950ヘクトパスカルです。台風20号は今後速度を上げながら北上するとみられ、予報円の中心を進んだ場合、県内にはあす夕方から夜のはじめ頃にかけてもっとも接近し、上陸する恐れもあります。あす昼過ぎからあさって明け方にかけて多いところで中部と東部では1時間に80ミリの猛烈な雨が、西部では1時間に60ミリの非常に激しい雨が降ると予想されています。あす午後6時からの24時間雨量は多いところで400ミリから600ミリの予想です。
また風と波、高潮にも警戒が必要です。あす昼過ぎからは暴風に、あさってにかけてはうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要です。波の高さは9メートルから10メートルに達し、猛烈なしけとなる見込みです。またあす夕方から夜のはじめ頃にかけては中部・東部で高潮に警戒が必要です。
気象台によりますと今後の台風の進路によって雨の降り方が変わり、台風の中心の東側では降水量がより多くなり、東側と西側では雨量が大きく異なるということです。
「ここ1、2年の台風の中ではもっとも(勢力が)強い台風であると考えています。今回(あす)昼過ぎから猛烈な風、雨の可能性がある。なるべく早い段階に準備を終え風、雨が強まる前に早めの対応をお願いします。」
台風の北上に伴い宿毛フェリーはきょうとあす、全便の欠航が。空の便は高知と名古屋を結ぶあす午後の1往復2便の欠航が決まっています。暗い時間の避難は危険が伴います。台風の接近に備えて、早めに行動するよう心がけてください。今後も最新の情報に注意して下さい。

“台風20号あす夕方から夜にかけ高知最接近へ(テレビ高知)” の続きを読む

<館山>千代の富士の壁画鑑賞 妻の久美子さん 安房西高生制作「迫力ある」(千葉日報オンライン)

情報元 : <館山>千代の富士の壁画鑑賞 妻の久美子さん 安房西高生制作「迫力ある」(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00010003-chibatopi-l12
 大相撲元横綱の故・千代の富士関をモチーフにした巨大モザイク壁画を6月の文化祭で制作した千葉県館山市北条の私立安房西高校(生徒281人、熊沢洋介校長)を、千代の富士関の妻、秋元久美子さん(58)が訪問した。“超大作”を鑑賞した秋元さんは「緻密な作品で迫力がある。若い人が千代の富士を選んでくれてうれしい」と目を細めた。
 モザイク壁画は、3年生62人が結束してA3用紙362枚を鉛筆で色塗りし、縦8・3メートル、横4・38メートルにつなぎ合わせた。6月24日の文化祭で、体育館の舞台に展示した。
 巨大壁画の制作をインターネットで見つけた秋元さんが「見てみたい」と同高校に連絡。長女の優さん(35)や九重部屋後援会の関係者ら6人で来校した。
 体育館の舞台に再び登場した巨大壁画を目にした秋元さんらは「こんな大きな作品を手書きで作ったなんて」と感嘆。学年主任の築山弘幸教諭から作品の説明を受けたり、記念写真を撮ったりした。秋元さんは「若い人が千代の富士を選んでくれてうれしい。本人も喜んでいると思います」と語った。

“<館山>千代の富士の壁画鑑賞 妻の久美子さん 安房西高生制作「迫力ある」(千葉日報オンライン)” の続きを読む

神戸電鉄が全線通常ダイヤに 始発から運転再開/兵庫県(サンテレビ)

情報元 : 神戸電鉄が全線通常ダイヤに 始発から運転再開/兵庫県(サンテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00010001-suntvv-l28
台風20号の影響を受け一部区間で運休が続いていた神戸電鉄(本社・神戸市)で、26日から運転が再開されました。
兵庫県神戸市北区の有馬線谷上駅から有馬口駅間で運休していた神戸電鉄は、26日始発から運転を再開し、全線が通常ダイヤに戻りました。神戸電鉄は台風20号の接近に伴い23日夜に全線運休。24日から順次運転を再開しましたが、強い雨の影響で有馬線花山駅から大池駅間では線路下ののり面が崩落。25日まで運転を見合わせるなどダイヤに大きな乱れが発生し、およそ13万人に影響が出ました。土のうなどによる作業は26日朝まで続き、始発から運転が再開され通常運転に戻りました。神戸電鉄によりますと、有馬線は復旧区間の一部で当面の間、速度を落として運転するということです。

“神戸電鉄が全線通常ダイヤに 始発から運転再開/兵庫県(サンテレビ)” の続きを読む

世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)

情報元 : 世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000029-san-l26
 京都市上京区の同志社大学今出川キャンパスで26日、国内外の大学生らが地球環境問題について話し合う「世界学生環境サミット2018」が始まった。学生らは今月30日まで、災害対策や文化と自然との共生などをテーマに、市内各地での実地調査を行いながら議論を進める。最終日に議論をまとめた意見書を国連や環境省に提出する方針という。 (小川恵理子)
 同サミットは平成20年、同志社大の学生有志らの発案で始まり、日本や欧米を会場に開催し、今年で10回目。20年7月開催の北海道・洞爺湖サミット(主要国首脳会議)では、地球温暖化防止に向けた新技術の研究構想などをまとめた意見書を提出した。
 26日の開催初日は、同志社大で開会式が行われ、イギリスやインド、中国など世界14カ国16大学から集まった学生約100人が参加。同志社大生命医科学部4年の釣巻(つりまき)洋子さん(22)が「参加者の皆さんが母国へ成果を持ち帰り、次の世代へ引き継いでほしい」と開会宣言を行った。
 また、元国連大使の吉川元偉(もとひで)さんが基調講演。国連が進めてきた地球温暖化対策を紹介し、「自分には何ができるかを考えてほしい」と学生らを激励した。

“世界14カ国の学生「環境サミット」 京都・同志社大で開会(産経新聞)” の続きを読む

三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)

情報元 : 三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000502-isenp-l24
 【尾鷲】今年度中に廃止が決定している中部電力尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市国市松泉町)の用地活用に関する協議会「おわせSEAモデル協議会」が24日、設立され、同市朝日町の尾鷲商工会議所で初会合があった。
 協議会は市と同社、尾鷲商議所の三者で設立。加藤千速市長、中電副社長で「発電カンパニー」社の小野田聡社長、伊藤整会頭、オブザーバーとして県の渡邉信一郎副知事と三重大の鶴岡信治理事が出席した。
 市と中電は今年5月、関連用地を含めた63万4000平方メートルの跡地利用に関する協定書を締結。協議会には市と同社の同意を得て尾鷲商議所が加わった。
 初会合では、加藤市長が「時間軸を念頭に置き、関係者と連携しながら尾鷲市の発展に取り組んでいきたい」とあいさつ。三者それぞれがリーダーとなる3つのプロジェクトを設置するといった23条の協議会規約や協議会のロゴ案など3議案を議決した。
 プロジェクトは、市が「市民サービス・文化・観光」、中電が「エネルギー」、尾鷲商議所が「農林水産業・商工業」を担当する。各プロジェクトにはそれぞれ具体的な検討の場となる部会を設置している。
 発電カンパニー事務局の報告では、発電用設備の撤去工事を3年ほどかけて実施するといった工程表案や、代替エネルギー設備を活用する産業施設などを配置したイメージ構想図案を紹介した。
 小野田社長は「自治体と地元産業界、電力会社が知恵を出し合って地域の発展に寄与する仕組みをつくっていくことは全国的にも大変珍しい取り組み」とし、「国内の先駆けとなるエネルギー利活用のモデル地域を目指したい」と述べた。

“三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)

情報元 : 志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000075-san-l24
 伊勢志摩国立公園内にある志摩市の「横山展望台」がリニューアルされた。展望デッキは2倍以上の広さとなり、「横山天空カフェテラス」もオープン。涼を取りながら英虞湾の絶景を一望できるとあって多くの観光客が訪れている。
 同展望台は昭和30年代から段階的に整備が進められてきた。平成28年には賢島で伊勢志摩サミットが開催され、オバマ元米大統領ら各国首脳が英虞湾の眺望を堪能した。
 環境省は28年に同公園を含めた全国8国立公園を世界水準のナショナルパークとして整備し、外国人観光客の増加を目指す「国立公園満喫プロジェクト」を展開。同公園では昨年9月から、約9億円をかけ駐車場やアクセス道も含めて整備していた。
 県産ヒノキの展望デッキはそれまでの92平方メートルから倍以上の225平方メートルに拡張。以前よりさらに斜面にせり出した。山側には木造2階建ての休憩所(延べ床面積約150平方メートル)を建設し、志摩地中海村(同市浜島町)に運営委託した。
 カフェテラスのメニューは軽食や飲み物、スイーツなど約30点。志摩市産の食材を使った「勝つおバーガー」や「アカモクアイス」「志摩シソヨーグルト」などをそろえた。
 さらに頂上側に「木もれ日テラス」や「そよ風テラス」を整備し、英虞湾のさまざまな表情を楽しめるようにリニューアルした。

“志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)” の続きを読む

妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)

情報元 : 妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000002-hbcv-hok
札幌で妻と長男とみられる遺体を遺棄した疑いなどで、自称・僧侶の男が逮捕されました。
25日午後6時ごろ、札幌市豊平区の警察署に「家に亡くなった家族がいる」と男が自首してきました。
警察官が男の自宅に駆け付け、浴室で男女2人の遺体を見つけました。
2人の遺体には刃物で傷つけられた跡があり、警察は自首してきた自称・僧侶の長岡雅人容疑者を逮捕しました。
長岡容疑者は50代の妻と10代の長男と暮らしていて2人と連絡が取れていません。
警察は死亡したのは妻と長男とみて確認を進めています。

“妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)” の続きを読む

幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)

情報元 : 幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000001-rkkv-l43
一時は絶滅の危機を迎え『幻のブドウ』と呼ばれる天草の「高浜ぶどう」が収穫の時期を迎えています。
現在、天草町の高浜地区では一般家庭の庭なども含めると16か所でおよそ60本の「高浜ぶどう」を生産しています。
高浜ブドウは明治時代に中国から伝わったとされ、一時は盛んに栽培されていましたが病害虫や台風の被害などで生産量が減り20年ほど前には原木1本を残すだけになっていました。
そこでおよそ10年前から地元の振興会が挿し木などで株を増やす取り組みを始めています。
26日はおよそ280キロのブドウを収穫。
これらは主にスパークリングワインの原料として使われ11月には『高浜ワイン』として200本程度販売する予定です。
「高浜ワインはどこにでもあるようなワインでは無く西海岸の潮風を受けたぶどうです。少し酸味が効いた甘さ、独特の味ですので楽しんでもらえたらいいです」(高浜地区振興会田中光徳会長)

“幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)” の続きを読む

地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)

情報元 : 地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00010005-minyu-l07
 会津大の学生らが地域課題と解決策を考える授業「創造力開発スタジオ」の成果発表会は24日、柳津町のほっとinやないづで開かれた。学生たちが観光客への情報発信強化などのアイデアを披露した。
 会津大や日大工学部、タイの大学などから22人が参加。「滞在人口率の増加」をテーマに、班ごとに分かれて現地調査などを行い、この日までにアイデアをまとめた。
 学生たちは「只見川の川霧の魅力発信」や「町内の観光スポットを複数言語で紹介するアプリの開発」などの考えを発表。班ごとに手作りの模型などを使ったプレゼンテーションも行い、来場者に実現性などを投票してもらった。
 今後、学生たちは意見を出し合い、町の情報発信などを手助けするスマートフォンのアプリを実際に開発する。

“地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)” の続きを読む