三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)

情報元 : 三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000502-isenp-l24
 【尾鷲】今年度中に廃止が決定している中部電力尾鷲三田火力発電所(三重県尾鷲市国市松泉町)の用地活用に関する協議会「おわせSEAモデル協議会」が24日、設立され、同市朝日町の尾鷲商工会議所で初会合があった。
 協議会は市と同社、尾鷲商議所の三者で設立。加藤千速市長、中電副社長で「発電カンパニー」社の小野田聡社長、伊藤整会頭、オブザーバーとして県の渡邉信一郎副知事と三重大の鶴岡信治理事が出席した。
 市と中電は今年5月、関連用地を含めた63万4000平方メートルの跡地利用に関する協定書を締結。協議会には市と同社の同意を得て尾鷲商議所が加わった。
 初会合では、加藤市長が「時間軸を念頭に置き、関係者と連携しながら尾鷲市の発展に取り組んでいきたい」とあいさつ。三者それぞれがリーダーとなる3つのプロジェクトを設置するといった23条の協議会規約や協議会のロゴ案など3議案を議決した。
 プロジェクトは、市が「市民サービス・文化・観光」、中電が「エネルギー」、尾鷲商議所が「農林水産業・商工業」を担当する。各プロジェクトにはそれぞれ具体的な検討の場となる部会を設置している。
 発電カンパニー事務局の報告では、発電用設備の撤去工事を3年ほどかけて実施するといった工程表案や、代替エネルギー設備を活用する産業施設などを配置したイメージ構想図案を紹介した。
 小野田社長は「自治体と地元産業界、電力会社が知恵を出し合って地域の発展に寄与する仕組みをつくっていくことは全国的にも大変珍しい取り組み」とし、「国内の先駆けとなるエネルギー利活用のモデル地域を目指したい」と述べた。

“三田火力跡地活用へ協議会発足 尾鷲市と中電、商議所が初会合 三重(伊勢新聞)” の続きを読む

志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)

情報元 : 志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000075-san-l24
 伊勢志摩国立公園内にある志摩市の「横山展望台」がリニューアルされた。展望デッキは2倍以上の広さとなり、「横山天空カフェテラス」もオープン。涼を取りながら英虞湾の絶景を一望できるとあって多くの観光客が訪れている。
 同展望台は昭和30年代から段階的に整備が進められてきた。平成28年には賢島で伊勢志摩サミットが開催され、オバマ元米大統領ら各国首脳が英虞湾の眺望を堪能した。
 環境省は28年に同公園を含めた全国8国立公園を世界水準のナショナルパークとして整備し、外国人観光客の増加を目指す「国立公園満喫プロジェクト」を展開。同公園では昨年9月から、約9億円をかけ駐車場やアクセス道も含めて整備していた。
 県産ヒノキの展望デッキはそれまでの92平方メートルから倍以上の225平方メートルに拡張。以前よりさらに斜面にせり出した。山側には木造2階建ての休憩所(延べ床面積約150平方メートル)を建設し、志摩地中海村(同市浜島町)に運営委託した。
 カフェテラスのメニューは軽食や飲み物、スイーツなど約30点。志摩市産の食材を使った「勝つおバーガー」や「アカモクアイス」「志摩シソヨーグルト」などをそろえた。
 さらに頂上側に「木もれ日テラス」や「そよ風テラス」を整備し、英虞湾のさまざまな表情を楽しめるようにリニューアルした。

“志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)” の続きを読む

妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)

情報元 : 妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000002-hbcv-hok
札幌で妻と長男とみられる遺体を遺棄した疑いなどで、自称・僧侶の男が逮捕されました。
25日午後6時ごろ、札幌市豊平区の警察署に「家に亡くなった家族がいる」と男が自首してきました。
警察官が男の自宅に駆け付け、浴室で男女2人の遺体を見つけました。
2人の遺体には刃物で傷つけられた跡があり、警察は自首してきた自称・僧侶の長岡雅人容疑者を逮捕しました。
長岡容疑者は50代の妻と10代の長男と暮らしていて2人と連絡が取れていません。
警察は死亡したのは妻と長男とみて確認を進めています。

“妻と長男の遺体を遺棄か 札幌・自称僧侶を逮捕(HBCニュース)” の続きを読む

幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)

情報元 : 幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000001-rkkv-l43
一時は絶滅の危機を迎え『幻のブドウ』と呼ばれる天草の「高浜ぶどう」が収穫の時期を迎えています。
現在、天草町の高浜地区では一般家庭の庭なども含めると16か所でおよそ60本の「高浜ぶどう」を生産しています。
高浜ブドウは明治時代に中国から伝わったとされ、一時は盛んに栽培されていましたが病害虫や台風の被害などで生産量が減り20年ほど前には原木1本を残すだけになっていました。
そこでおよそ10年前から地元の振興会が挿し木などで株を増やす取り組みを始めています。
26日はおよそ280キロのブドウを収穫。
これらは主にスパークリングワインの原料として使われ11月には『高浜ワイン』として200本程度販売する予定です。
「高浜ワインはどこにでもあるようなワインでは無く西海岸の潮風を受けたぶどうです。少し酸味が効いた甘さ、独特の味ですので楽しんでもらえたらいいです」(高浜地区振興会田中光徳会長)

“幻の『高浜ぶどう』収穫(RKK熊本放送)” の続きを読む

地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)

情報元 : 地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00010005-minyu-l07
 会津大の学生らが地域課題と解決策を考える授業「創造力開発スタジオ」の成果発表会は24日、柳津町のほっとinやないづで開かれた。学生たちが観光客への情報発信強化などのアイデアを披露した。
 会津大や日大工学部、タイの大学などから22人が参加。「滞在人口率の増加」をテーマに、班ごとに分かれて現地調査などを行い、この日までにアイデアをまとめた。
 学生たちは「只見川の川霧の魅力発信」や「町内の観光スポットを複数言語で紹介するアプリの開発」などの考えを発表。班ごとに手作りの模型などを使ったプレゼンテーションも行い、来場者に実現性などを投票してもらった。
 今後、学生たちは意見を出し合い、町の情報発信などを手助けするスマートフォンのアプリを実際に開発する。

“地域課題、学生が解決策 会津大などで情報発信アプリ開発へ(福島民友新聞)” の続きを読む

<西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : <西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-03264645-saga-l41
 佐賀県サッカー協会は22日、天皇杯全日本選手権の4回戦・サガン鳥栖-ヴィッセル神戸戦があった鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、西日本豪雨を支援する募金活動を行った。鳥栖西中サッカー部11人も協力し、両チームの多くのサポーターが呼び掛けに応じた。
 日本サッカー協会の復興支援活動として、天皇杯の各試合会場で行われた。鳥栖西中サッカー部はスタジアム入場口の3カ所で「皆さんの温かいご支援をよろしくお願いします」と声をそろえて寄付を募った。幅広い世代の入場者が募金箱に義援金を入れていた。
 募金を呼び掛けた同校2年の下條陽翔さん(13)は「時間がたっても困っている人に手を差し延べる優しさを感じた。このような取り組みを学校でも続けたい」と話した。この日集まった22万9348円の義援金は日本サッカー協会を通じて日本赤十字社に送られ、被災地に届けられる。

“<西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

熊本市教委がLINEいじめ悩み相談(RKK熊本放送)

情報元 : 熊本市教委がLINEいじめ悩み相談(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000001-rkkv-l43
自殺者が増えるといわれる2学期の始業式を前に、熊本市教育委員会は無料通信アプリ「LINE」でいじめや悩み相談を始めました。
相談の対象は熊本市立の中学、高校、特別支援学校の生徒で、期間は、2学期の始業式の前後2週間にあたる24日から来月6日の午後5時から午後9時までです。
このLINEは友達登録が必要で相談内容を書き込むと心理や福祉の専門家がLINEを通して返信します。
熊本市教育委員会は、今回のLINEの導入について「相談したいが職員室に行くのを見られると何か言われる」「電話だと緊張して話せない」といった生徒の声を受け止めるためとしています。
また友人がいじめられているなどの通報は相談員からの返信はありませんが期間中は24時間受け付けています。

“熊本市教委がLINEいじめ悩み相談(RKK熊本放送)” の続きを読む

磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)

情報元 : 磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00001091-fminpo-l07
 全日本吹奏楽コンクール第六十一回東北大会は二十五日、青森市のリンクステーションホール青森(青森市文化会館)で開幕した。初日は高校の部を行い、福島県勢は磐城、湯本が金賞に輝き、磐城が六年連続十九回目、湯本が三年連続十三回目の全国大会出場を決めた。平商も金賞を受賞したものの全国には届かなかった。相馬は銀賞を受けた。
 東北吹奏楽連盟などの主催で、二十四校が課題曲と自由曲を奏でた。表彰式の席上、昨年まで三年連続で東北大会金賞を受けた平商が特別表彰された。
 全国大会は十月二十一日、名古屋市の名古屋国際会議場で開かれる。本県の二校のほか、聖ウルスラ学院英智(宮城)が出場する。
 二十六日は中学校の部を行い、県内から湯本一、原町一、郡山六、植田が出場する。小学校、高校小編成、大学、中学校小編成、職場・一般の部は九月八、九の両日、岩手県北上市文化交流センターで行う。
 全国大会出場を決めた磐城の飯田大翔(やまと)部長(三年)は「先輩から受け継いだ全国大会連続出場をつなげられた。満足せずにさらに上を目指したい」と意欲を示した。
 湯本の稲本響樹(ひびき)部長(三年)は「福島県大会で思うような結果が出せなかった悔しさをぶつけた。全国大会金賞に向けて気持ちを切り替えたい」と語った。

“磐城6年連続、湯本3年連続 全国出場決める(福島民報)” の続きを読む

青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)

情報元 : 青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000013-san-l31
 「名探偵コナン」などの作者・青山剛昌さんの作品世界を紹介している「青山剛昌ふるさと館」(鳥取県北栄町)の入館者が15日、100万人を突破し、記念セレモニーが行われた。
 100万人目は北九州市の小学3年、中村吏玖(りく)さん(8)。家族4人での鳥取旅行中に立ち寄った。
 松本昭夫・同町長からコナングッズなどの記念品を贈られ、「コナンと新一が好き。100万人目になってうれしい」と喜んでいた。
 同館は、同町出身で作品が国際的に人気がある青山さんの資料館として平成19年3月に開館。コナンを中心に原画・原稿やイラスト、フィギュアなどを展示して人気がある。近年では全入館者中、台湾、韓国などの海外客が15%程度を占めている。

“青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)” の続きを読む

鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)

情報元 : 鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00010000-chukaiv-l31
二十世紀梨は鳥取県が全国一の出荷量を誇る、県を代表するブランドです。二十世紀梨はハウス栽培が、今月5日から出荷されていますが、22日から露地栽培の梨が出荷されました。初日は大山町の農家からおよそ50tの梨が出荷されました。今年の梨は梅雨明け以降、1カ月以上まとまった雨が降らなかったため、全体的に小ぶりです。しかし糖度は例年より0.5度~1度ほど高く、近年にない甘さだということです。大山選果場はJAとっとり西部管内で生産される梨のうち、6割以上を出荷しています。二十世紀梨がその多くを占めていますが、栽培に手間がかかるため出荷量は年々減少しています。
一方、栽培が増えているのが、鳥取県が平成20年に開発したオリジナルブランド「新甘泉」です。新甘泉は二十世紀梨より栽培が容易な上糖度も高く、販売面でも高値が期待できます。大山町では新甘泉の生産量が20世紀梨に次ぐ全体の35%まで上がってきています。この日選果した梨は京阪神と中国地方に出荷され、店頭に並びます。

“鳥取県 二十世紀梨の出荷はじまる(中海テレビ放送)” の続きを読む