大学入学式 新たな一歩踏み出す

情報元 : 大学入学式 新たな一歩踏み出す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180403-00010000-kutvv-l39

高知大学と高知工科大学で入学式が行われ、学生達が新たな一歩を踏み出しました。

高知大学には、1163人の学生が入学しました。6つの学部と1つのプログラムがあり、新入生のおよそ75パーセントが県外の出身です。

入学式ではこの4月に着任した櫻井克年学長が新入生たちに歓迎の言葉を述べました。

高知大学は3年前、全国初となる地域協働学部を新設するなど、地域と深く関わる大学を目指してきました。今後も、地域の課題を研究していく方針で、櫻井学長は、「地域の人々に『高知大学が高知にあってよかった』と思ってもらえるよう一緒に切磋琢磨していきたい」と新入生たちに呼びかけていました。

高知工科大学には合わせて588人が入学しました。このうちおよそ7割が県外の出身です。

式では磯部雅彦学長が学問の原理を理解・追及し、力をつけていってほしいと学生たちに期待の言葉をおくりました。

式で宣誓をしたのは将来、医療関係の研究開発に携わりたいというシステム工学群の依光柊弥さんです。

4年間の大学生活をスタートさせた学生たち。どんな目標を掲げているのでしょうか。

また、毎年恒例の歓迎行事が行われ、地域の人たちが新入生をもてなしました。

このほかにもステージで踊りが披露されるなどキャンパスは賑やかな声に包まれ盛り上がっていました。新入生たちは、さっそくできた友達と始まったばかりの大学生活を楽しんでいました。

“大学入学式 新たな一歩踏み出す” の続きを読む

嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン

情報元 : 嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-03199825-saga-l41

 嬉野茶の歴史展示や茶の入れ方などを体験できる施設「うれしの茶交流館チャオシル」が1日、同市嬉野町岩屋川内でオープンした。落成式が開かれ、関係者らが完成を祝った。

 式では、村上大祐市長が「嬉野茶は単なる特産品ではなく市民の誇りそのもの。交流館が市民の誇りを再確認する場でありたい。茶の香りや歴史を味わう場にしていきたい」とあいさつ。会場では、地域の子どもたちによる太鼓演奏もあり、完成を盛り上げた。テープカットが行われると、早速多くの来場者が詰めかけた。

 チャオシルは鉄骨平屋建ての906平方メートル。茶の農機具などを展示するブースや、茶の入れ方を体験するコーナーがある。建物の裏側には2千平方メートルの観光茶園を設けており、茶摘み体験もできる。総工費は約5億9062万円。当面は市が運営し、年間2万人の来館を見込んでいる。

“嬉野茶の交流拠点に「チャオシル」オープン” の続きを読む

北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県

情報元 : 北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県テレビ西日本

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00000009-tncv-l40

大規模な災害に備え、危機管理体制を強化しようと北九州市は新たに防災専門官を採用しました。

防災専門官に採用されたのは、陸上自衛隊OBの林優さん(56)です。

この防災専門官は、大規模な災害に備えるため市が新たに設けたポストで、林さんは九州北部豪雨などでの災害支援の経験を生かし、関係機関との連携強化や防災計画の見直しにあたります。

任期は来年3月までで、北橋市長は「市民の安全のため力を発揮してほしい」と話しています。

“北九州市が陸自OBを採用 大規模災害に備え新ポスト 危機管理体制を強化 福岡県” の続きを読む

道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市

情報元 : 道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市チバテレ(千葉テレビ放送)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010001-chibatelev-l12

 拡張整備が進められてきた、香取市佐原の道の駅・「水の郷さわら」の工事が完了し、1日、竣工式が行なわれました。

 竣工式には多くの関係者が出席し、テープカットなどでリニューアルオープンを祝いました。「水の郷さわら」は国道356号と利根川に挟まれた堤防に設けられていて、地場野菜の直売所やフードコートを持つ「道の駅」と水に親しむ様々な施設を備えた「川の駅」を融合したユニークな総合観光施設として2010年にオープンしました。オープン以来多くの客を迎え、手狭になったことから拡張整備を進めていたもので、リニューアルを記念したイベントも行われました。

“道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市” の続きを読む

スーパー従業員が認知症対応を学習

情報元 : スーパー従業員が認知症対応を学習RCCBROADCASTINGCO.,LTD.

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00115300-rccv-l34

 広島市佐伯区に来月27日オープンするジアウトレット広島に入るスーパーの従業員向けに認知症サポーター養成講座が開かれました。

 講座を開いたのはイオンスタイル西風新都です。

 参加した112人の従業員がDVDを見たり講師の話を聞いたりしたあとロールプレイングで認知症の客の対応の仕方を学びました。

 イオンでは認知症の客に、気持ちよく買い物を楽しんでもらうために認知症サポーター養成講座を各地の店舗で開いています。

 (参加者)

「私の気持ちの中に、講座の内容が入っていれば対応ができるんじゃないかと思いました。」

 (参加者)

「まずお客様の立場、目線に立って相手の話を聞いてあげるという形で寄り添っていくというのはすごく大事だなあと思いました。」

 (イオンスタイル西風新都 山知克旨店長)

「今日の講習で学んだことがより質の高いサービスをお客様に提供できればいいなあと思っています。



 イオングループ全体でおよそ6万8千人が認知症サポーターになっているということです。

“スーパー従業員が認知症対応を学習” の続きを読む