病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介

情報元 : 病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介茨城新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000005-ibaraki-l08

県南西政経懇話会が27日、つくば市小野崎のホテルグランド東雲で開かれ、NPO法人医療制度研究会の本田宏副理事長(64)が「病は気から」と題して講演した。世界中の研究結果に基づき、ストレスや絶望感を持つ人ほど病気になりやすいことを指摘し、「笑いや人との交流が病気を予防する」と訴えた。

本田氏は外科医としての経験や、国内外のさまざまな臨床研究の結果を説明。乳がん患者への性格研究では、がん告知を聞いて「絶望した人」「受け入れた人」「抵抗した人」「闘争心を持って闘った人」の順で余命が短かったとし、「ストレスを感じ、自分はもう駄目だ、と思うと病気になる。性格(考え)を変えることで、お金がかからず副作用がない対策ができる。強い意志と希望が、がん治療成功に影響する」と語った。

病気の予防策としては、「笑い」の大切さや、孤独になりストレスを抱えないことなどを挙げ、「皆で集まって、おしゃべりしたり、意識的に他人と接する機会をつくったりすると良い。多彩な人間関係が、風邪や高血圧も防ぐ」と助言。免疫細胞の一種、ナチュラルキラー細胞の活性化にもつながるとし、「生きがい追求型の幸福が体にストレスを感じないことも証明されている」と強調した。

県南西政懇出席者 (順不同、敬称略) 千葉繁(阿見町長)川島正行(いっしん代表取締役)馬場清康(オークラフロンティアホテルつくば代表取締役社長)東郷治久(サンスイグループ代表)関正樹(関彰商事代表取締役社長)須藤茂(筑西市長)塚田一年(塚田陶管取締役会長)斎田陽介(つくば研究支援センター代表取締役)塩田尚(つくば市議会議長・山中八策の会)中川清(土浦市長)尾形和彦(東京ガスつくば支社長)中川喜久治(中川ヒューム管工業代表取締役社長)塩谷智彦(東京電機代表取締役)藤井信吾(取手市長)市川一隆(ホテルグランド東雲代表取締役)林康夫(水戸証券つくば支店長)大久保司(八千代町長)四本恵子(書家)青木美加(サンツクバ社長) 【掲載は会員名】

“病は気から「本当」 県南西政懇 本田氏、臨床研究を紹介” の続きを読む

水戸市 「楮川ダムカード」 想定超え人気 5000枚増刷へ

情報元 : 水戸市 「楮川ダムカード」 想定超え人気 5000枚増刷へ茨城新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000004-ibaraki-l08

水戸市が3月から配布を始めた「楮川ダムカード」の配布枚数が、市の予想を大幅に上回るペースで進んでいる。当初は月に150枚ほどの配布を見込んでいたが、3カ月で千枚を突破。今後の観光シーズンを見据え、市は急きょ5千枚の増刷を決定し、ファンのニーズに応える構えだ。

全景や水系、貯水量、構造データなどを掲載したダムカードは、ダムのPRや地域振興につなげようと、国土交通省が2007年に作成と配布を開始した。全国で600を超えるダムがカード化され、各管理事務所や周辺施設などで配布されている。

楮川ダムカードは初回4千枚を作成し、3月1日から市浄水管理事務所で配布を始めた。配布当初から人気を博し、市が想定した2倍を超えるペースとなる1200枚(4日現在)を既に配布している。

市は社会科見学で毎年訪れる小学4年生約2500人への配布を予定しているほか、夏休みなど観光シーズンを見据え、本年度中に配布するカードの不足は避けられないと判断。5千枚の増刷を決め、対応していく考え。市浄水管理事務所は「ダムをPRする絶好の機会。災害時に水を供給する仕組みなどをアピールしたい」と意気込んだ。(前島智仁)

“水戸市 「楮川ダムカード」 想定超え人気 5000枚増刷へ” の続きを読む

八戸工大生と味の海翁堂がコラボ 「いちご煮ごはん」年度内完成目指す

情報元 : 八戸工大生と味の海翁堂がコラボ 「いちご煮ごはん」年度内完成目指すデーリー東北新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00010004-dtohoku-l02

 八戸工業大感性デザイン学部創生デザイン学科の3年生15人が、海産加工品などを手掛ける青森県八戸市の「味の海翁堂」(槙一郎社長)とコラボした商品開発に取り組んでいる。同社が発売予定の「いちご煮ごはん(仮称)」のネーミングやパッケージなどを学生が考えて商品化するプロジェクトで、本年度中の完成を目指す。

 地域企業との連携事業によって学生に地域に興味を持ってもらうとともに、地元定着を促す狙い。同市出身のクリエーティブコンサルタント関橋英作氏の指導の下で5月から開発に向けた講義がスタート。ブランディングの意義や方法などについて学んでいる。パッケージのデザインにはデーリー東北新聞社の社内分社「東北のデザイン社」が協力している。

 20日は、キャッチコピーの意義やフレーズの考え方についての授業が行われ、「銭湯に行きたくなるようなキャッチコピーを考える」とのテーマで、学生同士が意見交換。短い言葉で、商品の魅力を伝える難しさを実感した。

 同学科の寺井隆太朗さん(20)は「どうやったら消費者が商品に目を向けてくれるか考えるのが難しい。いちご煮を市内外に広められるよう開発を頑張りたい」と笑顔を見せた。

 関橋氏によると、9~10月ごろ、学生が味の海翁堂の役員や開発担当者らに対し、パッケージデザインなどのプレゼンテーションを行う予定だ。

“八戸工大生と味の海翁堂がコラボ 「いちご煮ごはん」年度内完成目指す” の続きを読む

健常者と一緒に車いすでダンス! 宇都宮、県内外から80人参加

情報元 : 健常者と一緒に車いすでダンス! 宇都宮、県内外から80人参加
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-03038813-soon-l09

 【宇都宮】車いす利用者と健常者が座ったままダンスを楽しみ交流するイベント「座・フィットネス」が17日、若草1丁目の障害者スポーツセンター「わかくさアリーナ」で初めて開かれた。県内外の約80人が、ポップな音楽に合わせて心地よい汗を流した。

 参加者は、障害者も健常者も子どもも大人も関係なく、リズムに乗って腕や頭など上半身を中心に動かしダンスを楽しんだ。米国発祥のダンスフィットネス「ズンバ」の指導者として有名な秋野典子(あきののりこ)さんが講師を務め、会場を盛り上げた。

 知人に誘われて東京都小平市から駆け付けた、車いす利用者の会社員是永小百合(これながさゆり)さん(50)は「ダンスが好きだけど、なかなか楽しむ場がない。こんなイベントを待っていた」と笑顔で汗をぬぐった。

 主催した、バリアフリーコンサルティング事業を手掛ける上戸祭町のNPO法人アクセシブル・ラボの大塚訓平(おおつかくんぺい)代表理事(37)は「多くの参加があり、とても盛り上がった。障害者と健常者が交流する機会を今後も積極的に創出したい」と力を込めた。

“健常者と一緒に車いすでダンス! 宇都宮、県内外から80人参加” の続きを読む

子連れで「ねぶた」楽しむには…身近な情報フリーペーパーで発信

情報元 : 子連れで「ねぶた」楽しむには…身近な情報フリーペーパーで発信東奥日報社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-18120057-webtoo-l02

 青森市で子育て中の母親3人が3カ月に1度、同市の子育て世代向けフリーペーパー「まるまる」を発行している。今月第3号が完成し、市内の子育て支援施設などで300部を配布中。乳幼児連れでねぶた祭を楽しむ方法、病気の経験談など、母親目線のリアルな情報を発信している。

 まるまるを発行する「企画発行部」の代表は、神奈川県出身で2人の子どもがいる主婦の伊藤尚子さん(37)。東京都に住んでいた2013年、杉並区の方南町周辺の子育て情報を集めたフリーペーパー「ここまち」を創刊した経験がある。

 夫の転勤で移住した青森市でもフリーペーパーを作りたいと考えていたところ、同市で幼児を育てる公務員の中澤利恵さん(29)=同市出身=と主婦の遠藤聖子さん(35)=和歌山県出身=が賛同。昨年12月、A5判8ページの「まるまる」を創刊した。

 各号の特集は、長い冬の過ごし方や帰省の方法など転勤族向けの情報が中心だが、中澤さんは「青森出身でも、子どもを持って初めて分かることや困ることがある」と、地元の母親目線も意識している。

 市内のある家庭の1日の時間割や、母親が育児や仕事、自分の生き方について語るリレーインタビューも毎号掲載。遠藤さんは「同じ青森で暮らす普通の家族を紹介することで、悩んでいるのは自分だけではないと感じてほしい」と話す。

 タイトルの「まるまる」には「子どもにマル、自分にもマルをあげたいね」という思いを込めた。

 伊藤さんは「子育ては大変な毎日だけど、これを読んで楽しい気持ちになったり、新たな発見をして前向きになってもらえたら」と語った。

“子連れで「ねぶた」楽しむには…身近な情報フリーペーパーで発信” の続きを読む

熊本地震から2年2か月

情報元 : 熊本地震から2年2か月RKK熊本放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180614-00000006-rkkv-l43

熊本地震の発生から2年2か月です。

仮設住宅の入居期限を前に自宅の再建が進む一方で、今も3万2000人余りの人が仮住まいを続けています。

ちょうど2年前の6月14日、益城町で最初に完成し入居が始まった広崎仮設団地です。14日はボランティア団体が訪れ住民たちと一緒に「たこ焼き」を作るなどして交流しました。

「こういうのはいいです」「皆でこうして手作りするのがいいです」(住民)

広崎仮設では5月末時点で53戸のうち46世帯119人が生活していますが、高齢者の世帯では「災害公営住宅」への入居希望も多く、まだしばらくは仮設での暮らしが続きます。

「あと1年で(災害公営住宅)に入れるか分からないけれどそれを楽しみに1年暮らす」「家がまだ建っていないから先が心配。頑張るしかない」「流れのまま・・・なるように」(住民)

「今は家族のように交流している」「延長になり心なしかホッとした分、体調を崩す人が多くなった。皆と会うことでちょっとした間でも補ってもらえたら」(自治会長)

県全体では自宅再建などがすすみ仮設住宅などの入居者数も減少しつつありますが、今も3万2000人あまりが仮の暮らしを続けています。

“熊本地震から2年2か月” の続きを読む

時事問題に挑戦 水戸でニュース検定

情報元 : 時事問題に挑戦 水戸でニュース検定茨城新聞社

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00000004-ibaraki-l08

時事問題の理解度を測る「ニュース時事能力検定試験」(日本ニュース時事能力検定協会、茨城新聞社など主催)が17日、全国各地で開かれた。県内では水戸市見川町の水戸英宏中学校であり、11~50歳の男女計14人が問題に挑んだ。

新聞やテレビのニュースを読み解く力を試す問題で、政治や経済、暮らし、社会・環境、国際の5分野から出題。新聞社説を読み解く社会人上級レベルの1級から、社会の出来事を問う小中学生レベルの5級まで、準2級を含む6段階で認定する。

水戸市の会場では、受験者が真剣な表情でマークシートを塗りつぶしていた。試験時間は50分。最難関の1級には1人が挑戦した。(磯前有花)

“時事問題に挑戦 水戸でニュース検定” の続きを読む

都市対抗野球組み合わせ抽選会/埼玉県

情報元 : 都市対抗野球組み合わせ抽選会/埼玉県テレ玉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00010003-teletama-l11

黒獅子旗を目指し来月13日から東京ドームで行われる「都市対抗野球」の組み合わせ抽選会が都内で開かれました。

ことしで89回目となる大会には、埼玉県から出場の2チームをはじめ全国から32チームが出場し12日間の熱戦を繰り広げます。

抽選の結果、2年連続32回目の出場となる狭山市の「ホンダ」は、来月14日、大会2日目の第3試合で高松市の「JR四国」と対戦、4年連続43回目の出場となるさいたま市の「日本通運」は、来月15日、大会3日目の第1試合で熊本県大津町の「ホンダ熊本」と対戦することが決まりました。

なお、テレ玉では、来月13日から大会期間中、すべての試合の様子をダイジェストで毎日お伝えします。

“都市対抗野球組み合わせ抽選会/埼玉県” の続きを読む

県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震

情報元 : 県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震静岡放送(SBS)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-sbsv-l22

 6月18日朝、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震がありました。県内でも袋井市や菊川市で震度3を観測しました。

 18日午前7時58分ごろ大阪府北部を震源とする地震がありました。震源の深さは約13km、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。この地震で県内では袋井市や菊川市で震度3の揺れを観測したほか、広い範囲で震度1から2の揺れを観測しました。

 JR東海によりますと、この地震の影響で東海道新幹線は午前8時頃から現在まで県内でも大幅な遅れが出ています。なお、県内の在来線は通常通り運行しています。

 県の危機管理部によりますと県内でこの地震による被害は今のところ確認されていないということです。

“県内でも震度3の揺れ 大阪で震度6弱観測の地震” の続きを読む

県内初、民間プールで水泳授業  三重・松阪市

情報元 : 県内初、民間プールで水泳授業  三重・松阪市三重テレビ放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010011-mietvv-l24

 民間のプールを活用した水泳の授業が県内では初めて三重県松阪市の小学校で始まり、15日に子どもたちがインストラクターから泳ぎ方を教わりました。

 松阪市は、老朽化した小学校のプールの改築費などを節約しようと、民間のプールで学校水泳を実施する案を打ち出し、今年度は試験的に一つの小学校で実施されています。

 スイミングスクールなどを活用することで、インストラクターと教員によるきめ細やかな指導ができ、時間や天候に左右されることなく授業を行うメリットもあるとしています。

 15日は、第一小学校の5、6年生56人が6つのグループに分かれ、インストラクターから指導を受けました。

 水泳の授業は5回行われ、水難事故から命を守る着衣水泳の体験も予定しています。

“県内初、民間プールで水泳授業  三重・松阪市” の続きを読む