夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)

情報元 : 夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010000-gtv-l10
 夏の高校野球群馬大会は14日、猛暑の中、2回戦6試合が行われました。上毛新聞敷島球場の第2試合は、春ベスト8のシード桐生第一と伊勢崎勢初の甲子園を目指す伊勢崎清明の対戦です。
 桐生第一は3回ウラ、4番立石が先制のライト前タイムリー。4回にも1点を追加し、2点のリードを奪います。
 一方の伊勢崎清明は5回表。ランナー2人を置いて1番キャプテン木島。右中間を深々と破るタイムリー3ベース。同点に追いつきます。さらに2番猪股のタイムリー内野安打でこの回逆転に成功します。
 桐生第一は7回に同点に追いつき、8回には連続ヒットで1アウト満塁と勝ち越しのチャンスを迎えます。しかし1番小坂井の打球はショートへ。6-4-3のダブルプレーで得点なりません。
 ピンチを凌いだ伊勢崎清明は9回表。2アウトながら2塁3塁で、8番ピッチャーの安原。ライト前にはじき返し、勝ち越しに成功します。少ないチャンスをものにした伊勢崎清明がシード桐生第一を下し、3回戦進出です。
健大高崎 8-1 高崎 (7回コールド)
伊勢崎清明 5-3 桐生第一
高崎東 5-2 利根商
関学大附 22-2 群馬高専 (7回コールド)
藤岡中央 8-0 安中総合 (7回コールド)
桐生市商 13-0 明和県央 (5回コールド)

“夏の高校野球2回戦 桐生第一VS伊勢崎清明(群馬テレビ)” の続きを読む

夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)

情報元 : 夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)函館新聞電子版https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000002-hakoshin-hok
 函館新聞社主催の第22回函館港花火大会が15日、函館港豊川埠頭をメイン会場に開かれた。夜空に約3000発の花火が色鮮やかに打ち上がり、夏の到来を待ちわびた大勢の観客を楽しませた。
 本紙創刊と「海の日」制定を記念し、1997年から毎年開催し、道南地域で夏の先陣を切る花火大会。小笠原金哉社長は「今年の夏は、港まつり、GLAYのコンサートなどイベントも盛りだくさん。函館が活性化し、元気なまちであり続けるよう、微力ながら努力していく」とあいさつした。
 今年は2部全14プログラムで構成。函館空港との調整のため、打ち上げに遅れがあった。カウントダウンに合わせて、午後7時50分ごろにワイドスターマイン「佳麗(かれい)」の打ち上げで開幕。「海上夢花壇」では、毎年好評の函館港ならではのロケーションを生かし、上空と水上を飾る競演で楽しませた。海をイメージした青を主体にした花火で魚やイカ、イルカを作り出す創作スターマインでは子どもたちの歓声が上がった。
 色が変化する「光のイリュージョン」、最大で直径320メートルにもなる大玉の競演「天空絢爛華」などでクライマックスに向かい、大きな音でも観客を圧倒。グランドフィナーレ「美麗」では、最大9カ所から打ち上がるパノラマ大スターマインの連発が約5分続き、黄金のきらめきで夜空を埋め尽くした。
 会場では今年も「FMいるか」とケーブルテレビ局「NCV」による実況生中継が行われ、花火と音楽を合わせて届けた。

“夏到来、夜空に3000発 函館港花火大会(函館新聞電子版)” の続きを読む

繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)

情報元 : 繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00010001-kutvv-l39
大雨による土砂崩れで60人が亡くなった繁藤災害から、きょうで46年になりました。香美市土佐山田町繁藤では大雨の中で慰霊祭が行われ、出席者が犠牲者の冥福を祈るとともに災害への備えを強く意識していました。
1972年・昭和47年7月5日、現在の香美市土佐山田町繁藤では降り続いた雨によって何度も山が崩れ、救助活動にあたっていた消防団員や地元の住民ら60人が命を落としました。当時、この地域では5日間の降水量が742ミリに達していました。慰霊祭は土砂崩れの犠牲者と、近くの川で流され亡くなった一人を合わせた61人の冥福を祈って毎年、行われています。きょうは大雨に見舞われ、吹き荒れる風の中でしたが、遺族らの思いを尊重し予定通り行われました。

“繁藤災害から46年 高知・香美市(テレビ高知)” の続きを読む

奈良市のスーパー銭湯 屋根崩落は違法増築(奈良テレビ放送)

情報元 : 奈良市のスーパー銭湯 屋根崩落は違法増築(奈良テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010000-tvnv-l29
 おととい奈良市のスーパー銭湯で露天風呂の屋根が崩れ1人が死亡した事故で、屋根が違法に増築されたものだったことがわかりました。
 おととい午後、奈良市押熊町のスーパー銭湯「ゆららの湯」で露天風呂の屋根が崩れる事故があり、利用客の60代の男性が死亡し男性2人が軽いけがをしました。奈良市建築指導課によりますと、屋根と柱を備えた施設は建築基準法の建築物にあたり市などへの申請と確認が必要ですが、その手続きが取られていなかったということです。警察は引き続き事故の原因について調べています。

“奈良市のスーパー銭湯 屋根崩落は違法増築(奈良テレビ放送)” の続きを読む

農機具小屋燃え、男性死亡 所有者か・松阪(伊勢新聞)

情報元 : 農機具小屋燃え、男性死亡 所有者か・松阪(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000315-isenp-l24
 【松阪】15日午前6時20分ごろ、松阪市松名瀬町の田中茂さん方(68)の農機具小屋が燃えていると女性から119番があった。農機具小屋約150平米と小屋の中に止めてあった軽トラックの運転席を焼き、約50分後に鎮火した。軽トラックの中から男性の遺体が見つかった。
 松阪署によると、茂さんの行方が分からなくなっており、遺体は茂さんの可能性が高いとみて事件と自殺の両面で調べている。

“農機具小屋燃え、男性死亡 所有者か・松阪(伊勢新聞)” の続きを読む

古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)

情報元 : 古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00001095-fminpo-l07
 福島民報社が公募で選んだ二〇一八(平成三十)年度ふくしま復興大使の委嘱・結団式は十五日、福島県郡山市の郡山ビューホテルで行われ、十五人の新大使が国内外訪問などへの決意を新たにした。
 新大使は中学生五人、高校・高専生八人、大学・短大生二人。福島民報社の花見政行常務が「国内、海外で多くの人に思いを伝えネットワークをつくり、限りない可能性を広げてきてほしい」とあいさつし、一人一人に委嘱状を手渡した。
 復興大使事業を後援している県の宇佐見明良風評・風化対策監兼知事公室長が期待の言葉を寄せ、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故後の県内の現状と課題を説明した。
 新大使を代表して最年少の菅野優空(ゆあ)さん(12)=福島市、北信中一年=が「震災で支援してくれた方々に元気な姿を見せたい」と決意表明した。二〇一七年度から復興大使として活躍する山城留以(るい)さん(17)=須賀川市、須賀川桐陽高三年=がこれまでの活動を紹介し、今年度の大使を激励した。
 昼食を囲んで懇親を深め一人一人が自己紹介し抱負を述べた。
 復興大使の派遣は二十六日から三泊四日の日程で台湾を訪れる三人の活動を振り出しにグループに分かれ国内を訪問する。秋には歴代の復興大使と協力して県内の地域づくりを盛り上げる実践活動も繰り広げる。

“古里創生志高く 復興大使15人に委嘱状 民報社(福島民報)” の続きを読む

山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000001-utyv-l19
14日の山梨県内は各地で厳しい暑さとなりました。
勝沼では最高気温が37・6度などと観測5地点で35度以上の猛暑日となりました。
日中の最高気温は勝沼で37.6度、甲府で37.3度、身延町切石で36.2度などと観測8地点で今シーズン1番の暑さとなりました。
各地の消防本部によりますと午後6時までに少なくとも12人が熱中症とみられる症状で病院に運ばれました。
いずれも命に別状はないということです。
この厳しい暑さはしばらく続く見込みで、15日の日中の予想最高気温は甲府で38度と連日の猛暑日の予想で、甲府地方気象台では熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県内は厳しい暑さに(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

枯れ草燃える不審火 愛知・美浜町で13件目  同一犯による連続放火か(中京テレビNEWS)

情報元 : 枯れ草燃える不審火 愛知・美浜町で13件目  同一犯による連続放火か(中京テレビNEWS)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010000-sp_ctv-l23
 15日午前7時40分ごろ、愛知県美浜町野間で、道路ののり面から煙が上がっているのを近くに住む男性が発見しました。
 119番通報を受け消防車が出動しましたが、火は発見した男性らによって消し止められたということです。
 この火事で、のり面の枯れ草約30平方メートルが燃えました。けが人はいませんでした。
 警察によると、美浜町内では枯れ草などが燃える同様の不審火が今年2月以降相次いでおり、今回が13件目。現場周辺には火の気がないため、警察は同一犯による連続放火の疑いがあるとみて捜査しています。

“枯れ草燃える不審火 愛知・美浜町で13件目  同一犯による連続放火か(中京テレビNEWS)” の続きを読む

高松市出身の能楽師 母校で能楽のワークショップ(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 高松市出身の能楽師 母校で能楽のワークショップ(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010010-ksbv-l37
 高松市出身の女性能楽師が出身の高校で、能楽のワークショップを開きました。
 母校・高松高校で初めてのワークショップを開いたのは、能楽師の伶以野(レイヤー)陽子さんです。
 伶以野さんは1989年に高松高校を卒業していて、9日は後輩ら約300人を前に能楽の歴史や魅力を説明しました。
 また香川県ゆかりの演目、「八島」と「海人」の一節を一緒に歌いました。
 伶以野さんは30歳の前に能楽を知り、能楽師になる勉強に励みました。
 生徒たちは、伶以野さんが一生懸命に伝える能楽の世界に引き込まれていました。
(生徒はー)
「私もダンスを習っていて、表現力とか学べることも多かったので、とても充実していた」
(記者)
(29年前に卒業した高校でワークショップを開いた感想は?)
「好きなことを見つけたら、絶対にそこにまい進していって、必ず道を見つけられることを感じてほしい」

“高松市出身の能楽師 母校で能楽のワークショップ(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

飲酒運転一斉取り締まり 福岡県内で4人摘発 今年671件で前年より減も 「取り締まり強化を」(TNCテレビ西日本)

情報元 : 飲酒運転一斉取り締まり 福岡県内で4人摘発 今年671件で前年より減も 「取り締まり強化を」(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000004-tncv-l40
13日夜から14日朝にかけて、福岡県内で飲酒運転の一斉取り締まりが行われ、酒気帯び運転で4人が摘発されました。
一斉取り締まりは、福岡県内およそ50カ所で実施され、このうち北九州市八幡東区では警察官がドライバーからアルコールの臭いがしないか確認していました。
今回の取り締まりで酒気帯び運転で4人が摘発され、このうち北九州市小倉北区で無職の松嶋正巳容疑者(67)が逮捕されています。
今年、福岡県内の飲酒運転の摘発件数は671件と去年の同じ時期に比べて減っていますが、警察は「引き続き取り締まりを強化したい」としています。

“飲酒運転一斉取り締まり 福岡県内で4人摘発 今年671件で前年より減も 「取り締まり強化を」(TNCテレビ西日本)” の続きを読む