小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)

情報元 : 小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00046135-lmaga-l29
小学生が知事の仕事について学ぶ『1日こども知事』が3日、「奈良県庁」(奈良県奈良市)で開催。小学校5~6年生の児童10名が、各室執務体験や記者会見など知事の仕事を体験した。【写真】当日は奈良県のマスコットキャラクターせんとくんも駆けつけた『1日こども知事』は毎年、小学校の夏休み期間に開催。県庁などでおこなっている公の仕事に興味を持っている児童や、県知事や市町村長に将来なってみたいと思っている子どもたちに奈良県政に興味を持ってもらい、奈良に愛着を深めてもらうことが目的。今回参加したのは、応募総数126人から選ばれた10人の児童だ。
この日のプログラムは、実際に議会がおこなわれている議会本会議場で知事の就任挨拶をしたり、奈良の食材を使ったお弁当の昼食、防災統括室での執務体験、奈良の木ブランド課での奈良の木を用いた木工体験と、盛りだくさん。なかでも、模擬記者会見では知事になってしたいことを発表。それに対し、現役の記者たちが質問するというプログラムもおこなわれた。
今回参加した岡本哩空(おかもと・りく)くんは、「奈良県の魅力を知ってもらう奈良観光名所周遊ツアーで現在、奈良北部に集中している旅行ツアーに吉野など南部の魅力も盛り込んだ新しいツアーを企画して定期的に開催したい」と、公務員も顔負けのプランを発表。記者から、「知事にとって必ず盛り込みたい名所はどこですか?」と質問されると、「歴史が好きなので剣術発祥の地、柳生宗厳の剣豪の里です」と応え、記者たちを感心させた。
取材・文・写真/岡田由佳子 写真/奈良県提供

“小学生が政策発表? 奈良県庁で1日こども知事体験(Lmaga.jp)” の続きを読む

ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)

情報元 : ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000536-san-l12
 自転車に追突して男性にけがを負わせたのに、その場から逃走したとして、千葉県警君津署は14日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、千葉県南房総市和田町下三原の自称学習塾経営、鈴木文彦容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、「ガードレールにはぶつかったが、人にはぶつかっていない」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は3日午後1時ごろ、同県君津市豊英の国道410号のトンネル内で、乗用車で自転車に追突したにもかかわらず、逃走したとしている。自転車に乗っていた東京都の男性(41)は右足を捻挫するなどの軽傷を負った。
 同署によると、現場に鈴木容疑者の乗用車から落ちたとみられる左サイドミラーが残されていたことから、鈴木容疑者を特定した。

“ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)” の続きを読む

<草加虐待>容疑で逮捕の母親、日常的な虐待ほのめかす 子育てうまくいかず「かわいいと思えない」(埼玉新聞)

情報元 : <草加虐待>容疑で逮捕の母親、日常的な虐待ほのめかす 子育てうまくいかず「かわいいと思えない」(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00010009-saitama-l11
 真冬に生後8カ月の長女を自宅トイレに約20時間放置して凍傷を負わせたとして、母親が逮捕された事件で、保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕された草加市の無職の女(24)が「以前から暴行を加えていた」と日常的な虐待をほのめかしていることが14日、捜査関係者への取材で分かった。10歳の長男か…住宅が全焼、1人遺体で発見 ドアから火、はだしで飛び出す女の子「まだ中に弟が」/草加 草加署や捜査関係者によると、長女の全身には約20カ所の骨折があった。女は「子育てがうまくいかず、かわいいと思えなかった」と供述。以前からの虐待もほのめかしているという。
 事件は1月15日、長女の両足先が変色していることに女の母親が気付いて119番し発覚。児童相談所からの通報を受け、県警で捜査していた。越谷児相などは事件以前から女の支援をしていたという。
 県警は14日、女を送検した。

“<草加虐待>容疑で逮捕の母親、日常的な虐待ほのめかす 子育てうまくいかず「かわいいと思えない」(埼玉新聞)” の続きを読む

鹿本農業が優勝 「食」の甲子園 九州大会(RKK熊本放送)

情報元 : 鹿本農業が優勝 「食」の甲子園 九州大会(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000009-rkkv-l43
夏の高校野球「甲子園」は熱戦が続きますが。こちらは「食」の甲子園、全国の高校生が地域の食材を活かした料理を開発して競います。
農林水産省が主催する絶品うまいもん甲子園。書類選考を経て開かれた九州大会には、熊本・山鹿市の鹿本農業高校を含む5校が全国大会の切符をかけて挑みました。
お題は「地域の食材を活かした看板メニューの開発」。
宮崎は冷汁をベースに。鹿児島は鶏飯と紫いもを使います。気になる熊本は・・・?
「きんかんを使用しています」(鹿本農業高校:松永風音さん)
山鹿の特産品・きんかんの酵素で柔かくしたりんどうポーク、さらに赤米を入れて作るのは、韓国料理「キンパ」。ご飯と具材を巻く材料は、韓国と同じ「海苔」ではなく、熊本ならではの「南関あげ」です。
「多くの人に食べてもらい、山鹿市に貢献していきたいと考えています」(鹿本農業高校の発表)
味や、完成度、プレゼンテーションの内容などが審査され、結果は見事、優勝!
去年は2位だった2人、今年は11月の決勝大会へと進みます。

“鹿本農業が優勝 「食」の甲子園 九州大会(RKK熊本放送)” の続きを読む

夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)

情報元 : 夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00334591-sbcv-l20
夏の全国高校野球で県代表の佐久長聖は2回戦で、富山県代表の高岡商業に4対5で敗れ、ベスト16入りはなりませんでした。
佐久長聖は3点を追う3回、ノーアウト1塁3塁から、4番西藤慶人のセカンドゴロの間に1点を返します。
高岡商業に2点を追加され、1対5と4点をリードされた6回。
ノーアウト2塁3塁のチャンスで6番齋藤眞乃輔が、高めに浮いたストレートをレフト前に運び2点差とします。
最終回で佐久長聖は相手のエラーで1点差まで詰め寄りますが、あと1本が出ず4対5で敗れ、ベスト16入りはなりませんでした。

“夏の甲子園・佐久長聖は高岡商業に惜敗ベスト16ならず(SBC信越放送)” の続きを読む

アフリカ豚コレラに注意を 関空で動物検疫所緊急キャンペーン(産経新聞)

情報元 : アフリカ豚コレラに注意を 関空で動物検疫所緊急キャンペーン(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000000-san-l27
 中国で家畜の悪性伝染病「アフリカ豚コレラ」が発生したことを受け、動物検疫所関西空港支所は14日、日本への侵入を防止するため、ハムやソーセージなどの肉製品を持ち込まないように呼びかける緊急広報キャンペーンを関西国際空港で行った。
 アフリカ豚コレラは人には感染しないが、豚やイノシシにウイルスが感染して起こり、極めて致死率が高い。3日にはアジアで初となる中国・瀋陽市の養豚繁殖農場とその周辺農場で発生が確認された。アフリカやロシアでもすでに確認されているが、有効なワクチンや治療法はない。
 豚まんや餃子、シューマイなどが土産品として持ち込まれるケースが多いといい、同支所の立崎昌子次長は加熱食品にもウイルスが残っている可能性を指摘。「検疫を強化しているが、少量でも感染が広がる可能性があり、日本に侵入すれば養豚業界は壊滅的な影響を受ける」と危機感を強める。この日のキャンペーンでは、瀋陽行き中国南方航空の搭乗客約150人に広報リーフレット入りのティッシュを配布し、「日本に戻る際は肉類を持ち込まないで」などと呼びかけた。

“アフリカ豚コレラに注意を 関空で動物検疫所緊急キャンペーン(産経新聞)” の続きを読む

[活写] 戦時の記憶 ぽつり今も(日本農業新聞)

情報元 : [活写] 戦時の記憶 ぽつり今も(日本農業新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010002-agrinews-l11
 8月15日は終戦の日。埼玉県深谷市の櫛挽(くしびき)地区にある畑に太平洋戦争中、火薬工場だった分厚いコンクリート製の建物が残っている。
 広さはおよそ5メートル四方、高さ約10メートルの2階建てで、農地とともに近所の酪農家が所有する。周囲は日陰になるため、何も栽培していない。
 戦時中、銃器用の火薬を作る東京第二陸軍造兵廠(しょう)櫛挽製造所と呼ばれる工場の一部だったと伝わる。東京都内の工場が空襲を避けようと疎開したもので、1944年10月から終戦までの10カ月間稼働したという。
 戦後、辺りが農地となる中、この建物だけは残った。しばらくは住居や倉庫に使われたが、現在は放置されている。同市には軍需工場に水を供給した給水塔跡も残る。戦時の記憶を伝えている。(富永健太郎)

“[活写] 戦時の記憶 ぽつり今も(日本農業新聞)” の続きを読む

ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)

情報元 : ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000031-san-l28
 香美町香住区三谷地区の発酵食品会社「トキワ」(柴崎明郎社長)の花畑「但馬さとの風ファーム」で、今年初めて植えたヒマワリが見頃となっている。約7万7千本が順次開花しており、20日ごろまで楽しめるという。
 同社は今年、「農業への挑戦」の「人が自然との共存を楽しめる場所」の第1弾として花畑を企画。本社北側の休耕地約8千平方メートルを所有者から借り、今春から社員らが土作りを進め、約8万本のヒマワリの種を植え付けた。
 猛暑が続いたが高さ約1.5メートルに成長し、鮮やかな黄色の花を咲かせている。香住区では初めての大規模なヒマワリ畑とあって、家族連れらが夏の花を満喫している。香美町村岡区の県立村岡高校1年、上田遙菜さん(16)は「ヒマワリが美しいですね」と話した。
 ヒマワリ畑には観賞用のやぐらや休憩用のイスなども設けており、自由に見学できる。ヒマワリのシーズン終了後は秋のコスモスの準備に入るという。

“ヒマワリ鮮やか大輪 兵庫・香住の花畑で見頃(産経新聞)” の続きを読む

ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)

情報元 : ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000002-kyt-l26
 ダウン症候群の男子高校生が日常をテーマに撮影した写真の作品展が、京都市中京区三条通御幸町の同時代ギャラリーで開かれている。笑顔や風景の写真を和紙に印刷することで温かみを出した約100点に、訪れた人が見入っている。
 呉竹総合支援学校高等部2年の中田啓瑛さん(16)=伏見区=の4回目の個展「十六年展・ケイヨウの写真館」。休日に母と出掛けた先で、一眼レフカメラで出会った人や風景を撮影している。
 今年の個展では老若男女の自然な笑顔や、人の少ない京都の路地に焦点を当てた。大阪の街で働く男性などを収めた作品もある。
 来場した小学2年の女児8)=伏見区=は「たくさんの笑顔があって私も笑っちゃう」と話していた。入場無料。19日まで。正午から午後7時まで(最終日は午後6時まで)。

“ダウン症の高校生が写した笑顔と風景100枚 京都で写真展(京都新聞)” の続きを読む

【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)

情報元 : 【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000011-san-l40
 福岡県朝倉市の中心部から北東へ7キロほど入った山間の盆地に、秋月(あきづき)はある。
 江戸時代、福岡・黒田家の支藩として栄え、今も城下町の風景が色濃く残る。
 メーンストリートから小道に入ると、田中天満宮や西福寺跡がある。いずれも、明治9年に起きた秋月の乱ゆかりの場所だ。
 同年10月24日、熊本で敬神党(神風連)の乱が起きた。熊本鎮台の司令官や県令を殺害したが、翌日には新政府軍に鎮圧された。
 だが、秋月から熊本に派遣された使者が、初日の様子だけを見て、急ぎ帰郷し、「敬神党が勝利した」と報告した。
 これが導火線となった。同月27日朝、秋月党は兵を挙げる。250人ほどだった。
 「秋月士族は、決して心意気だけで出兵したのではない。戦略を立てていた」と、朝倉市秋月博物館の学芸員、福田正氏(41)は語る。
 作戦はこうだ。
 佐賀や豊津(福岡県みやこ町)といった近隣の不平士族に働きかけ、同志を増やす。その後、関門海峡を渡り、萩の前原一誠(まえばら・いっせい)の党と合流する。不平士族を糾合(きゅうごう)し、政府を攻撃する。
 兵はまず秋月街道を北進し、豊津に向かった。街道は現在の国道322号とほぼ同じルートを通る。八丁峠に大隈、猪膝(いのひざ)と、秋月党が通った地名は今も残る。
 蜂起から2日後、豊津に着いたところで、誤算が生じる。豊津の士族が秋月党に同調しなかったのだ。
 豊津士族は幕末、長州藩に敗れた小倉藩の武士だった。敗戦が何たるかを知る彼らの目にはわずか250人の秋月党が成功するとは思えず、呼応する気にはなれなかったのだろう。
 談判のさなか、小倉の鎮台分営から乃木希典(のぎ・まれすけ)の率いる兵が到着し、戦闘となる。
 秋月党は死者17人を出し、敗走した。決起した中心人物、磯淳(いそ・あつし)や宮崎車之助(しゃのすけ)ら7人は部下には寛大な処分を求める遺書をしたため、栗河内(くりごうち)(現・朝倉市)で自決した。
 昨年10月に開館した朝倉市秋月博物館には、磯らと自害した戸波(となみ)半九郎の遺書と、辞世の句がある。
 遺書では「両親に先立つ不孝を許してほしい」と記し、辞世の句はこう詠んだ。
 「今更にいふ 言の葉も なかりけり すてゝ かいなき この身 なくとも」。
 身命を賭(と)した挙兵だったことがうかがえる。
 現地の案内板を頼りに、田中天満宮や西福寺跡を訪ねた。天満宮には出兵の前日、士族が参集した。そこで隊長となる今村百八郎は「熊本も既に立ち、萩も立とうとしている。今ここに義兵を挙げる」と、周囲を奮い立たせたと伝わる。
 推定樹齢400年のイヌマキも立つ。歴史の証言者として、小高い丘から地域を見つめ続ける。
 書籍に残された戦闘状況によると、秋月兵の武器は旧式の銃や槍(やり)、長刀などで、政府軍は新銃を使っていた。差は歴然だった。
 各地の不平士族らで連携もできず、「第2の維新」とはならなかった。
 秋月の乱から4カ月後、西郷隆盛をかついだ薩摩士族が挙兵する。もはや秋月には西郷軍に応じる余力は残っていなかった。 (高瀬真由子)
                   ◇
 薩摩や長州、土佐、肥前の武士が主導し、倒幕・維新が実現した。ところが、新政府は急速に激しい社会変革を断行する。士族となった武士は明治4(1871)年の廃藩置県などで、生活基盤や特権を失った。
 九州・山口の士族は、かつての同僚らで構成する新政府に強い不満を抱き、やがて政府に反し、武装蜂起した。維新から150年。士族反乱の地を歩いた。

“【維新伝心150年】士族反乱の地を行く(1)秋月の乱 地方士族の連携ならず(産経新聞)” の続きを読む