ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)

情報元 : ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010001-fukui-l18
 福井県坂井市のナシ農家が、台風21号で落果したナシを使ったレトルトカレーを開発し、販売を始めた。地元の菓子店がピューレにしたナシに地元畜産農家の若狭牛のミンチを組み合わせ、フルーティーでスパイシーな一品に仕上げた。「坂井市の新たな特産品になれば」と期待している。
 開発したのは「近ちゃんふぁーむ」の近藤美香さん(29)、井手孝美さん(27)姉妹。40アールで幸水や豊水を栽培している。
 同農家では、9月の台風21号で出荷前の豊水約6千個以上が落果、市場に出荷できなくなった。市からの提案で、ナシに入った傷をえくぼに見立て「にっこり美梨ちゃん」の名称で同月5日に返礼品として登録。2日間限定でふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で受け付け、約1800個以上を廃棄することなく全国へ発送した。
 ただ、傷みの激しいナシは返礼品にすることができず、廃棄処分を覚悟していたとき、同市の菓子店「Sourire(スリール)」から「ピューレにして冷凍保存してあげる」と声が掛かった。
 姉妹は「成長を見守ってきた自分たちの子どものようなもの。何とかお客さまに届けられないか」と思案。「ナシをいつもとは違った味わい方で楽しんでもらえるのでは」と、姉妹が家庭で長年親しんできたナシ入りカレーの販売を思いついた。
 畜産農家「サンビーフ齋藤」(同市)にも協力を依頼。ピューレと若狭牛のミンチを使用し3、4回の試作を経て完成にこぎ着けた。「若狭牛 美梨カレー」と名付けた。
 姉妹は「1年掛けて育ててきたナシが落果したときは本当に悲しかったが、地元のみんなの協力でおいしいカレーができた。ぜひ味わってほしい」と話している。
 同県あわら市のJA花咲ふくいの農産物直売所「きららの丘」内のパン屋「ぱんの種」、坂井市ゆりの里公園の農産物直売所「ゆりいち」で販売している。同市のふるさと納税の返礼品にもなっている。

“ナシ農家姉妹、台風落果にめげない カレーを開発「特産品に」(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)

情報元 : 長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000034-san-l20
 プロ野球・オリックスを自由契約となり、日本ハム入りが決まった長野商高出身の金子千尋(ちひろ)投手(35)は、10日に札幌市内で行った入団記者会見で、登録名を読み方は同じ「金子弌大」に変更したと明らかにし、心機一転の抱負を語った。
 平成12年に選抜高校野球に出場。トヨタ自動車を経てオリックスに入り、26年に沢村賞に輝くなど通算120勝の右腕。
 「35歳のルーキーの気持ちを持って、これから北海道のために一生懸命頑張っていきたい」。オリックス入団後から「運が悪くならないように」と信じている風水の先生の勧めで、一の古字である「弌」を取り入れることを決めた。
 オフは例年と同じく米ロサンゼルスなどで自主トレを行う。今季は4勝7敗と振るわなかったが「開幕には、しっかりした状態で投げられる」と自信をのぞかせた。
 来年3月29日に本拠地・札幌ドームで迎える開幕カードは、くしくも古巣のオリックス戦。北の大地で“弌”からスタートを切る。

“長野商出身の日本ハム・金子投手、千尋→弌大に登録名変更し心機一転(産経新聞)” の続きを読む

黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)

情報元 : 黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000552-san-l06
 上山城(山形県上山市湯町)周辺を黒板塀で景観形成しようと平成17年から活動している市民団体「城下町再生志士隊」(酒井信一郎隊長)が進めてきた旅館山城屋(同市湯町)の市松扇の黒板塀が完成し、12日にお披露目された。
 今回完成したのは、大正11年築の登録有形文化財「山城屋」入り口右手に連なる黒板塀で、既存のブロック塀裏に控え壁を取り付けて補強、ブロック塀を覆い隠す形で黒板塀を完成させ、高さ1・2~1・5メートル、長さ27・4メートルに及ぶ。山城屋は、上山市出身の歌人、斎藤茂吉の弟、高橋四郎兵衛が経営し、茂吉もたびたび訪れたところでもある。
 平成17年に上山城周辺の武家屋敷通りの整備が完了したことから、建築士、造園業、塗装業、左官業など多彩なメンバーが集まり、城下町再生志士隊を結成。「景観に対する市民の意識を高められれば」と、市民のボランティア18人が日曜に集まり、手弁当で8月から約2カ月をかけて進めてきた。酒井隊長は「東京五輪・パラリンピックを控え、末広がりの意味から扇模様を入れ、多くの人たちが集まり、一つ一つの縁がつながり、地域がつながればという意味を込めた」とした。
 14年目に入った黒板塀づくりは、今年の完成で16カ所、長さ約307・9メートルに及び、設置費用も寄付金や市民の善意で賄い、今年は上山市の補助金も含め約103万円かけて完成した。完成式典には横戸長兵衛市長も参加、「市のまちづくりのグレードアップにもつながっており、ボランティアでまちづくりをしてくれることに感謝している」と述べた。
 酒井隊長は「市民からオファーを受けた中から選び、来年以降も黒板塀づくりを続けていきたい」としている。

“黒板塀で城下町再生 山形・上山(産経新聞)” の続きを読む

60歳以上は14.7% 和歌山県内の常用労働者(紀伊民報)

情報元 : 60歳以上は14.7% 和歌山県内の常用労働者(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00362687-agara-l30
 和歌山県内の企業(31人以上規模)1094社で働く60歳以上の常用労働者は1万9291人(6月1日現在)で、全年代の常用労働者13万1404人の14・7%を占めていることが分かった。
 和歌山労働局が毎年、高年齢者の雇用措置状況について調べている。60~64歳の常用労働者は1万714人。11年から毎年、1万人程度で推移している。一方、65歳以上は8577人で、11年の2843人から毎年増え続けており、3倍になった。
 希望者全員が65歳以上まで働ける企業数は、昨年より38社多い870社(全企業79・5%)になった。このうち、定年制をなくしている企業は昨年と同じ28社。定年を65歳以上にしているのは昨年より26社多い207社。残りは継続雇用制度を利用している。
 また、70歳以上まで働ける企業は全体の28%に当たる306社で、昨年より37社増えた。

“60歳以上は14.7% 和歌山県内の常用労働者(紀伊民報)” の続きを読む

ずっこけ警察犬「きな子」が銅像に!丸亀駅前に完成 香川(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : ずっこけ警察犬「きな子」が銅像に!丸亀駅前に完成 香川(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010001-ksbv-l37
 かわいらしいずっこけぶりで長年、多くの人に愛され、2017年3月に息を引き取った元嘱託警察犬「きな子」の銅像がJR丸亀駅前に完成しました。
 きな子の銅像を一目見ようとJR丸亀駅前には、多くの人が集まりました。きな子の娘や孫も祝福に駆けつけました。
 丸亀市で生まれたきな子は、7回目の挑戦でようやく試験に合格し、香川県警の嘱託警察犬として活躍しました。
 ずっこけぶりや警察犬を目指してひたむきに頑張る姿が全国で人気を集めて映画のモデルにもなりました。
 2017年3月に永眠したきな子をいつまでも忘れないでほしいという思いから、「警察犬きな子銅像建立の会」が発足し、2018年2月から銅像の製作が始まりました。
 写真を参考にしながら作り、完成した銅像はぼてっとしたおなかやお尻、左側だけ少し開き気味の足などきな子そっくりです。また、少し下がった目や笑った時の口角など表情も細かく再現されています。
(丸亀警察犬訓練所/亀山伸二 所長)
「すごいでしょ。よく似ているでしょ。丸亀市でこれをみんなが(待ち合わせ場所として)活用してくれたらありがたい」
きなこ子の銅像は訪れた人が頭をなでられるよう、少し低めに作られているそうです。

“ずっこけ警察犬「きな子」が銅像に!丸亀駅前に完成 香川(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

横手で秋田美大教員の3人展 漆工芸・陶彫・染織作品など18点 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で秋田美大教員の3人展 漆工芸・陶彫・染織作品など18点 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000019-minkei-l05
 雄物川郷土資料館(横手市雄物川町沼館高畑)で現在、「第3回 雄物川をめぐる芸術~美の水脈をもとめて~秋田公立美術大学教員三人展」が開かれている。(横手経済新聞)横手市の雄物川郷土資料館で開かれた講演会の様子(11月10日) 年4回行われる特別展で、秋田公立美術大学の教員3人による展示は初めて。展示室には、同大の教員で漆工芸が専門の熊谷晃さん、彫刻の皆川喜博さん、染織の長沢桂一さんの3人が制作した漆工芸、陶彫、染織作品18点を展示する。
 12月8日には、同会場で3人が展示作品の解説を含む講演会も開く。
 同資料館解説員の冨田郁巳さんは「今回の展示会は、彫刻・織・漆の3つの分野でそれぞれ違いがあるが、見事に融合し作品が一つにまとまって見える。講演では作品の特徴など興味深い話を聞くことができるので足を運んでもらいたい」と呼び掛ける。
 開館時間は9時~17時。入場料は100円(大学生・高校生50円、中学生以下無料)。講演会は12月8日14時~15時30分。12月16日まで。

“横手で秋田美大教員の3人展 漆工芸・陶彫・染織作品など18点 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

海岸に無人の漁船が漂着 他の船と衝突か?52歳男性が行方不明 香川・土庄町(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 海岸に無人の漁船が漂着 他の船と衝突か?52歳男性が行方不明 香川・土庄町(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00010003-ksbv-l37
 12日午前、香川県土庄町で無人の漁船が漂着しているのが見つかりました。他の船と衝突した可能性があり、乗っていた男性は、まだ見つかっていません。
 12日午前7時5分ごろ、香川県土庄町の千振島の海岸に、無人の漁船が漂着しているのが見つかりました。
 高松海上保安部によりますと、漁船の持ち主は、土庄町の四海漁協に所属する52歳の男性です。
 巡視船や巡視艇で捜索していますが男性はまだ見つかっていません。
 男性は、12日午前5時ごろ、現場近くで底引き網漁をしているのを、同じ漁協の組合員が目撃していました。
 見つかった漁船は、船尾部分が損傷し、別の船の塗料が付いていました。他の船と衝突し、男性が海中に転落した可能性があるとして、高松海上保安部が捜査しています。

“海岸に無人の漁船が漂着 他の船と衝突か?52歳男性が行方不明 香川・土庄町(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

平成最後の運試し 鶴来で辻占づくり(北國新聞社)

情報元 : 平成最後の運試し 鶴来で辻占づくり(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00677639-hokkoku-l17
 正月の縁起菓子「辻占(つじうら)」づくりが石川県内で始まった。白山市鶴来本町3丁目の「御菓子司(つかさ)むらもと」では、店主の村本賢治さん(55)、妻千穂さん(47)が平成最後の新年を占う花びら形の菓子をこしらえ、作業場に一足早い新春の華やぎを広げた。
 辻占は砂糖やもち米を練った生地におみくじ紙を包んだ和菓子。茶菓子にもなる華やかな生地と形は加賀藩ならではで、県外からの引き合いも増えている。
 紙には「福が来る」「今年は当たり年」などと書かれ、新年の運試しや、赤、黄、緑の3色を食べて書かれた文言をつなげる「言葉の福笑い」を楽しめる。
 108種あるおみくじは縁起の良い言葉ばかりでなく、戒めや注意を促すものも。村本さんは「藩政時代から続く菓子で、平成最後の運試しをして遊んでみてほしい」と話した。年内に約5万個を仕上げる。

“平成最後の運試し 鶴来で辻占づくり(北國新聞社)” の続きを読む

地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)

情報元 : 地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00015023-miyazaki-l45
 環太平洋連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の発効が間近に迫る中、県は11日、関税引き下げに伴う地域経済への影響の検証や農林水産業の生産基盤強化を国に要望した。

“地域経済影響、国検証を 県、TPP発効控え要望(宮崎日日新聞)” の続きを読む

「列車運転に支障するものを仕掛けた」JR佐世保駅にいたずら電話か、運休や遅れ 5日(佐賀新聞)

情報元 : 「列車運転に支障するものを仕掛けた」JR佐世保駅にいたずら電話か、運休や遅れ 5日(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-03311110-saga-l41
 5日午前11時55分ごろ、JR佐世保線の佐世保駅(長崎県佐世保市三浦町)に「駅周辺に列車運転に支障するものを仕掛けた」と電話があり、一時運転を見合わせた。点検したが、異常は見つからなかった。
 佐世保-早岐(長崎県佐世保市早岐)間で特急を含めて上下線4本が運休、博多発-佐世保行き特急が最大35分遅れ、約200人に影響が出た。

“「列車運転に支障するものを仕掛けた」JR佐世保駅にいたずら電話か、運休や遅れ 5日(佐賀新聞)” の続きを読む