架空請求書などで1億3千万円を脱税 石綿処理会社と社長を起訴(神戸新聞NEXT)

情報元 : 架空請求書などで1億3千万円を脱税 石綿処理会社と社長を起訴(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000027-kobenext-l28
 架空の外注費を計上するなどし約1億3千万円を脱税したとして、神戸地検特別刑事部は31日、法人税法違反や消費税法違反などの罪で、兵庫県西宮市津門稲荷町、アスベスト(石綿)処理会社「K&Sマテリアル」を起訴し、同社の社長(48)を在宅起訴した。
 起訴状によると、2014年3月~17年2月、所得額を偽る確定申告書を出すなどして、法人税や消費税など計約1億3千万円を脱税したとされる。地検は認否を明らかにしていない。
 地検によると、取引先から架空の請求書を出させたり、石綿除去の業務を発注した際に実際の費用より水増しした請求書を出させたりする手法で所得を隠したとみられる。大阪国税局が刑事告発していた。

“架空請求書などで1億3千万円を脱税 石綿処理会社と社長を起訴(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

”ひったくり” 高校生ら2人を逮捕 去年11月 帰宅中の女性が被害 福岡市(TNCテレビ西日本)

情報元 : ”ひったくり” 高校生ら2人を逮捕 去年11月 帰宅中の女性が被害 福岡市(TNCテレビ西日本)テレビ西日本https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000005-tncv-l40
去年11月、福岡市博多区で、帰宅途中の女性から、現金が入ったバッグをひったくった疑いで、男子高校生ら2人が逮捕されました。
ひったくりの疑いで逮捕されたのは、ともに16歳で、福岡市博多区の男子高校生と、東区の無職の少年です。
警察によりますと、2人は去年11月、福岡市博多区竹下の路上で、歩いて帰宅していた会社員の女性に、背後から走って近づき、現金およそ2万5千円などが入ったバッグを、ひったくった疑いです。
2人は先月、福岡市博多区のマンションのエントランスに進入した疑いで逮捕されていて、その後の調べの中で「ひったくりは自分がした」と、実行犯の男子高校生が自供したということです。
調べに対し、2人とも容疑を認めた上で「盗んだお金は、飲食代に使った」と話しているということです。

“”ひったくり” 高校生ら2人を逮捕 去年11月 帰宅中の女性が被害 福岡市(TNCテレビ西日本)” の続きを読む

のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)

情報元 : のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00694202-hokkoku-l17
 イノシシの解体や販売などを行う羽咋市の合同会社「のとしし団」が提供する能登産イノシシ肉「のとしし」を使う飲食店が都内で増えている。新鮮でくせがなく、おいしいと評判で、徐々に口コミなどで広がり、取引先は2016年度から右肩上がりで推移する。都内への出荷量は全体の1割に上っており、今後ものとししの魅力を発信して販路の拡大につなげる。
 のとししを使う和食店「ご馳走(ちそう)や叶(かな)え」では神楽坂店と新宿歌舞伎町店で、バラ肉の角煮や、すね肉を使った赤ワイン煮込み、スペアリブ、ぼたん鍋、ぼたんすき焼きなどを提供する。2年半前に神楽坂店近くで開かれた石川県のフェアでのとししを知ってから使い始めた。
 新宿歌舞伎町店では毎月24キロを使用し、客からは「臭みもなく、脂もベタベタしない」「豚肉みたい」などの感想が聞かれる。大谷友伸店長・料理長は「今後はイノシシが好物とするイモ類との組み合わせで、話題の新メニューを開発してみたい」と話す。
 東京・代々木八幡で新アメリカ料理を扱う「ヨル15℃」には、昨年夏から塩漬けしたバラ肉入りのカルボナーラと、肩ロース肉とロース肉の炭火焼がメニューに登場している。杉窪章匡オーナーシェフが石川県出身という縁もあり、1カ月で8キロ程度を使っている。
 同店では「脂もしつこくなく、おいしい」「カルボナーラとイノシシがこんなに合うのですね」と客からの評判も上々で、運営会社のウルトラキッチンの広報担当者は「肉のおいしさや品質に信頼を置いている」と太鼓判を押す。
 のとししは、新鮮さを維持するため、捕獲したイノシシを現地で仕留めて血抜きし、高圧洗浄機できれいにして施設に運び入れ、1時間以内で処理する。皮はぎや洗浄、乾燥を経て部位に切り分けた後、真空パックで急速冷凍している。
 のとしし団によると、のとししを使う都内の飲食店は2016年度が2店、17年度は11店、18年度は13店と増え、年間出荷量の約1割に相当する約400キロに上る。担当者は「今後も継続的に使ってもらうために努力したい」と話した。

“のとしし都内で拡販 羽咋の合同会社が提供 利用店増加、出荷量全体の1割に(北國新聞社)” の続きを読む

横手で「かまくら」作り始まる 祭りの成功願い詰め所開きも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「かまくら」作り始まる 祭りの成功願い詰め所開きも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000055-minkei-l05
 1年間の見習い期間を経て正式にかまくら作りに携わることができる横手市観光協会認定の「かまくら職人」15人が、直径3.5メートル、高さ3メートルほどのかまくらを市内に約100基作る。(横手経済新聞)横手市で行われる「かまくら」作りの様子 同日、横手市就業改善センター(横手市条里2)で開かれた「詰め所開き」で、かまくら職人や関係者などが祭りの成功と安全を誓った。
 同観光協会の打川敦会長は「横手のかまくらは、綺麗な形が特長。職人の皆さんには長丁場になるが、ぜひ美しいかまくらを作ってもらいたい」と職人を激励した。
 かまくら職人の北嶋親方は「横手の雪は水分が多くかまくらを作りやすい。けがや事故などがないように頑張りたい」と意気込む。
 かまくらは2月15日・16日、横手市役所本庁舎前道路公園、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通りなどを会場に開催予定。

“横手で「かまくら」作り始まる 祭りの成功願い詰め所開きも /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

真冬に雪色ねぶた あえて色を使わず冬の街を彩る? 青森市中心街で展示中(Web東奥)

情報元 : 真冬に雪色ねぶた あえて色を使わず冬の街を彩る? 青森市中心街で展示中(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000005-webtoo-l02
 ねぶたの技法を活用した「灯(あか)りの彫刻」展が青森市のアスパムなど中心商店街の5カ所で開かれている。紙と針金で制作し、色をつけない作品の数々は「白い造形」として、ねぶたの新たな魅力を提案している。
 電器店で赤々と燃えるストーブ、青森駅前の市場入り口で氷詰めにされた鱈(たら)、天に向かい何かを訴えているような腕。紙の質感や厚さで濃淡を表現し、白い青森の冬を表現した。作品のテーマは「雪」。県観光連盟が企画し、竹浪比呂央ねぶた研究所のメンバー5人が制作した。
 展示場所にあるマップを手に冬の青森市内で、ねぶたを訪ね歩くのも楽しい。2月11日まで。

“真冬に雪色ねぶた あえて色を使わず冬の街を彩る? 青森市中心街で展示中(Web東奥)” の続きを読む

工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)

情報元 : 工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000017-hbcv-hok
函館市の工藤寿樹市長が、4月の市長選挙に出馬し3選を目指すことを表明しました。
函館市の工藤市長は30日午後の記者会見で、3選への出馬を決めた動機を語りました。
「健康や経済面や生活面のレベルアップを図って市民生活の底上げを図らなければ」「単に人口が減るだけではなく、マチが本当の意味で衰退していく」(函館市・工藤寿樹市長)
工藤市長は69歳。
副市長などを経て、2011年の市長選で現職を破り初当選しました。
函館市長選は工藤市長のほかに出馬の動きはみられず、戦後初の無投票になる可能性もあります。

“工藤寿樹函館市長3選出馬を表明 市長選は戦後初の無投票になる可能性も 北海道函館市(HBCニュース)” の続きを読む

西日本豪雨受け4地下道に水位感知器 広島県福山市、注意促す電光掲示板も(山陽新聞デジタル)

情報元 : 西日本豪雨受け4地下道に水位感知器 広島県福山市、注意促す電光掲示板も(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00010006-sanyo-l34
 昨年7月の西日本豪雨災害で、JR線路下をくぐる広島県福山市の管理する地下道(アンダーパス)が相次ぎ冠水し、1カ所では通行車両が動けなくなる事故が起きたことを受け、市は市内4カ所の地下道に、冠水状況を市役所で把握できる「水位感知器」と、ドライバーに注意を促す「電光掲示板」を取り付ける。感知器は各1基、掲示板は各2基で近く工事着手し、今夏の梅雨期までに完了させる。
 同豪雨では、今回工事する4カ所すべてが冠水。うち芦田川西岸の地下道(神島町)=地図(2)=では、水深約1メートルまで浸かり、通り抜けようとしたトラックが立ち往生し、救助される事態も起きた。大雨が起きるたびに冠水の傾向にある東福山駅東側の地下道(引野町)=同(1)=は同約4メートルも水がたまり通行止めとなった。
 「人命に関わる事態」と判断した市は、国土交通省に対策を要望。昨冬、同省災害対策緊急事業に採択された。事業費は5400万円で国が半額を助成する。市は昨年の12月議会で予算化した。
 市の計画では、設置するのは神島、引野町の各1カ所のほか、JR福塩線の横尾駅南側、上戸手駅西側に各1カ所=同(3)(4)。地下道(市道)の最深部壁面に水位感知器を取り付け、10~15センチの冠水でも市役所に自動で警告電話が掛かるようにする。地下道の両入り口には路上に電光掲示板も設置。雨量に応じて「通行止め」「冠水中」などと表示する仕組み。自動電話を受けた市は、職員を急行させ道路閉鎖や誘導などを行う。
 市道路整備課は「早期に工事に取り掛かり、ドライバーの安全を確保したい」としている。

“西日本豪雨受け4地下道に水位感知器 広島県福山市、注意促す電光掲示板も(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

在大阪・神戸インド総領事が境港市を訪問(中海テレビ放送)

情報元 : 在大阪・神戸インド総領事が境港市を訪問(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010000-chukaiv-l31
在大阪・神戸インド総領事が、21日境港市の中村市長を表敬訪問し人材交流や企業連携などについて意見を交わしました。
境港市役所を訪れたのは在大阪・神戸インド総領事のバラスブラマニアン・シャムさんです。
中海圏域の5つの市などで作る「中海・宍道湖・大山圏域市長会」では2015年12月にインド・ケララ州政府と経済交流拡大を目指す覚書に調印し人材の受け入れや企業連携の推進に力を入れています。
この日は、中海・宍道湖・大山圏域市長会の会長をつとめる中村市長のもとを去年7月に赴任したシャム総領事が表敬訪問しました。
訪問では、中村市長が「中海圏域市長会では、これまでインドとの交流に力を入れてきましたが今後、ますます交流を深めたいのでさらなるお力添えをお願いします」とあいさつしました。
これに対し、シャム総領事は「日本には非常に高い技術力がありますが、人口の減少が続いていることから維持が難しい状況にあると思います。
今後インドと日本でどのような関係が築けるのか考えていきたいです」と話しました。
「中海・宍道湖・大山圏域市長会」では留学生インターンシップや日本語教育支援などおもにIT分野での人材の確保や企業連携などに取り組んできており、今後もさらに交流を広げていきたいとしています。

“在大阪・神戸インド総領事が境港市を訪問(中海テレビ放送)” の続きを読む

大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)

情報元 : 大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-19402204-kantelev-l27
追手門学院大学アメリカンフットボール部の元主将の男が大麻を所持した罪に問われた事件で、大阪地方裁判所は男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
直圭一郎被告(22)は、追手門学院大学のアメリカンフットボール部で主将を務めていた去年11月、大麻「1.2gあまり」を所持していた罪に問われています。
これまでの裁判で直被告は起訴内容を認めていて、大阪地裁の中川綾子裁判官は「被告は反省している上、報道されたことで社会的制裁は受けている」として、直被告に懲役10ヵ月、執行猶予3年を言い渡しました。
大麻を巡っては、去年、大阪府で検挙されたうち、約7割が未成年と20代で、若者への蔓延が社会問題となっています。

“大麻所持の罪で「追手門学院大学アメフト部・元主将の男」に有罪判決 大阪地裁(関西テレビ)” の続きを読む

守山のお好み焼き店に「看板イノシシ」 迷子のうり坊を保護 /滋賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 守山のお好み焼き店に「看板イノシシ」 迷子のうり坊を保護 /滋賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000031-minkei-l25
 創業38年のお好み焼き店「文珍」(守山市水保町)に「看板イノシシ」がいると話題になっている。(びわ湖大津経済新聞)バーナーでチーズをあぶる店主 昨年6月に亀岡の山奥で親とはぐれて弱っていたイノシシの赤ちゃん「うり坊」を保護。譲り受けた同店の店主が哺乳瓶でミルクをあげて育てた。客に名前を募集し、「モダンちゃん」と名付けられたうり坊は近所の人気者になった。店主は「毎日会いにくる親子もいる。今年のえとなので、年末には年賀状用に写真を撮りに来る人もいた」と話す。
 1キロにも満たなかったうり坊はキャベツやドッグフードなどを食べ、日々成長し、現在は約40キロ。赤ちゃんの時から育てているので人に懐いているという。
 「文珍」は地元の常連客に人気の店で、お好み焼きはふわふわの生地が特徴。チーズトッピングは女性に人気で、チーズをバーナーであぶって提供する。
 営業時間は11時~14時、17時~21時。月曜定休。

“守山のお好み焼き店に「看板イノシシ」 迷子のうり坊を保護 /滋賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む