横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000056-minkei-l05
 地域の世代間交流を目的とした冬季イベントが2月2日、秋田県南部老人福祉総合エリア(横手市大森町、TEL0182-26-3880)で開かれる。「エリア雪まつり2019」と銘打ち、同施設で例年開かれている。(横手経済新聞)「エリア雪まつり」のステージイベントの様子 そり滑りコースやミニかまくら作りなどの雪遊び向けスペースを会場内に設ける。甘酒や豚汁、コーヒーなどを振る舞うほか、お好み焼きやうどんを提供する。象潟の道の駅が海産物などを出張販売。民謡ショーや「超神ネイガー」が菓子をまいたりするステージも特設する。当日、施設内入浴場を割引価格で利用できる。
 開催時間は10時~15時(甘酒の振る舞いは9時30分~)。入場無料。入浴料は310円(小学生以下は160円)。

“横手の福祉総合施設で冬季イベント 「雪遊び」で世代間交流促進 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)

情報元 : アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-sanyo-l33
 フィギュアスケートのアイスダンス強豪国で、岡山県倉敷市出身の女子選手が技を磨いている。19歳の平山姫里有(きりあ)=倉敷FSC=はシングル中心の国内で組む相手が見つからず、昨年1月に渡ったフランスの男子選手とコンビを結成した。昨年末の全日本選手権は初出場で準優勝し、「もっと活躍して日本のアイスダンスを盛り上げたい」と銀盤を舞う。
 今季初戦となった昨年11月の西日本選手権を制し、臨んだ全日本選手権。ミスが出たリズムダンス3位からフリーで順位を上げ、平山は「世界の舞台を目指し、進化したい」とさらなる成長を期した。
 倉敷FSCで6歳の時にスケート靴を履き、国内トップ級で長く活躍した同じクラブ出身の平井絵己さん(32)に憧れて10歳でアイスダンスを始めた。岡輝中では全国大会の表彰台にも立ったが、年齢が上がるとパートナーがシングルに専念し、岡山南高時代は2年間試合に出られなかった。
 「練習も一人。かなり気落ちしていた」という平山に渡仏を勧めたのは、自身も同じ悩みから海外に出た平井さんだ。現役引退後、日本とフランスでコーチを務めており、22歳のアクセル・ラマッセとの縁をつないだ。
 「音楽への感性が高く、演技に華がある」と平井さんも認める平山と、スピードスケート・ショートトラックで鍛えたスピードある滑りが持ち味のラマッセ。今後もフランスを拠点に平井さんらの指導を受け、日本連盟所属で試合に出場する。
 全日本選手権は健闘するも、得点は狙っていた国際大会の派遣基準に届かなかった。悔しさも糧に平山は「世界選手権などトップ大会で勝負するのが目標」と目線を高く挑む。

“アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)

情報元 : 皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010001-soon-l09
 天皇陛下在位30年を記念した「皇室と鉄道展」(JR東日本主催)が29日、JR東京駅丸の内北口の東京ステーションギャラリーで始まった。鉄道で那須御用邸に向かう陛下の姿やJR日光、黒磯両駅の貴賓室を撮った写真も飾られ、鉄道が結ぶ本県と皇室の軌跡も伝わる企画となっている。【動画】鉄道が結ぶ本県と皇室の軌跡も伝わる企画となっている「皇室と鉄道展」
 陛下や皇族が鉄道を利用された際の写真パネルを中心に約120点を展示。本県関係では日光田母沢御用邸に向かわれる5歳の時の陛下や、皇太子時代に日光駅に到着された際に撮影した写真などが紹介されている。
 天皇、皇后らが使う特別列車の変遷や装備品のコーナーのほか、東京駅駅長室で保存されている大正天皇が使ったと伝わる「玉座」、日本画の巨匠横山大観(よこやまたいかん)の作品で同駅貴賓室蔵の「富士に桜」も展示した。
 来場した東京都練馬区、会社員加藤幸男(かとうゆきお)さん(48)は「(特別列車が先頭車両に掲げる)日章旗の展示が特に印象に残っている」と感激した様子だった。
 2月3日まで。事前予約が必要だが、定員枠(5040人)は既に埋まっている。キャンセルが出た場合は、専用のインターネットサイト(https://kousituphotoexhibition.jp)から予約できる。

“皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)” の続きを読む

東京五輪控えテロ対策訓練(東武宇都宮駅)(19-01-29)(とちぎテレビ)

情報元 : 東京五輪控えテロ対策訓練(東武宇都宮駅)(19-01-29)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010000-tochitelev-l09
東京オリンピック・パラリンピックを2020年に控えテロ対策を強化しようと29日、東武宇都宮駅で訓練が行われた。警察や消防、駅員など約50人が参加。電車の中に有毒な化学物質が入ったペットボトルが放置され乗客が体調不良を訴えているという想定で行われた。防護服を着て駆け付けた消防が倒れている乗客を担架に乗せて救出。さらに警察が液体が有毒かどうかを検査してペットボトルを回収した。テロ対策として実際の電車を使った訓練は県内で初めて。

“東京五輪控えテロ対策訓練(東武宇都宮駅)(19-01-29)(とちぎテレビ)” の続きを読む