板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)

情報元 : 板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00096041-gifuweb-l21
 岐阜県が関市板取の板取川支流に整備を進めていた小水力発電施設「板取川清流発電所」が完成し5日、運転を開始した。
 農業用水として利用する同川支流の岩本谷川で24メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。最大出力は52キロワットで、年間発電量は一般家庭約120世帯の使用電力量に相当する43・1万キロワット時を想定する。総事業費は3億900万円。
 関市が管理運営主体で、地元自治会が実際の管理を担う。発電した電気は電力会社に売る。農業用水を活用する小水力発電所としては県内11施設目で、同市では初。売電による収入は最大で年間約1400万円になる見込みで、施設の管理費や市内の土地改良施設の維持管理費に充てる。
 通電式があり、尾関健治市長や尾藤義昭県議会議長、地元関係者らが出席。尾関市長は「東日本大震災以来、自然エネルギーの必要性を実感していた。市も管理に力を尽くしたい」と述べた。続いて出席者がボタンを押し、通電を開始した。

“板取川支流で小水力発電 「清流発電所」稼働(岐阜新聞Web)” の続きを読む

<北海道>「雪ミク電車」登場 今年は「プリンセス」がテーマ(HTB北海道テレビ放送)

情報元 : <北海道>「雪ミク電車」登場 今年は「プリンセス」がテーマ(HTB北海道テレビ放送)HTB北海道テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000002-htbv-hok
 札幌では仮想アイドル、初音ミクを車体に描いた路面電車が公開されました。今年のテーマは「プリンセス」です。
 きらびやかなドレスをまとった「雪ミク」。今年のテーマは、「プリンセス」です。「雪ミク電車」は、初音ミクの冬バージョン「雪ミク」が車体に描かれた車両で、2011年から毎年様々な衣装に姿を変えています。車内にも雪ミクのイラストが展示されているほか、声優による車内アナウンスも流れます。雪ミク電車は3日から来年3月26日まで運行します。

“<北海道>「雪ミク電車」登場 今年は「プリンセス」がテーマ(HTB北海道テレビ放送)” の続きを読む

川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)

情報元 : 川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-03129125-tokushimav-l36
 乃木坂46の1期生でファッション雑誌「Popteen」の専属モデルも務めた川後陽菜(20)が22日、グループからの卒業を発表した。12月20日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれるアンダーライブが乃木坂46としての最後の活動になる。
 川後はこの日、自身のブログを更新し「乃木坂に13歳の中学2年の夏に加入し、7年が経ち20歳になりました。よくアイドルがいう『青春のすべてでした!』ってやつ、本気で体現したし捧げた10代をすごしました」と振り返った。
 その上で「20代をどう過ごしていこうかなって考えるようになりました。悩むことも耐えることも、葛藤したり周りに焦りを感じたりを去年まではしてたのに、ふと今年にはいって心が和らいで環境への安心感、余裕があることに気がつきました」と心境の変化を説明。
 「〝この現状で満足してます〟というのも変な話だし、まだまだ目標にすべき場所とか上があるのだけれど、なんかまた余裕ないくらいせかせかと働きたい。初心に戻りがむしゃらにやりたい。そう思って。乃木坂46卒業しようと決めました」と卒業を決めた理由をつづった。
 さらに「今いる環境がどれだけ恵まれているか、それは過去を振り返れば痛いほど分かっていて、きっとここを離れればもっともっと現状が分かると思います。それでも今の有難い場所から離れてでもまた1からチャレンジしたいと思い決意しました」と考え抜いた末の決断だったことを強調。
 
 「この先のことを考えても簡単に人生上手くいかないものだけど、新しい一歩にすごくワクワクしてるんです。夢は叶うとファンの人が教えてくれた。周りが支えてくれたし実行してきた自分がいる。だから挑戦は楽しい。いつか、また夢が叶ったよ。って言えるように頑張りたいな」と前向きな決意を表明した。
 最後の舞台となるアンダーライブについては「幕張で特典として始まった1回目から全部参加しているのは実は私だけなんです。前に聞いたときは、悔しくて泣けてきたし、良いのか悪いのかと難しいとこだけど、私しかいないのすごい! 達成感あるぞ! とポジティブに思えたの」とアンダーでの活動が多かった自身のキャリアに対する思いを吐露。
 その上で「人が入らず呼びかけてたときから、信じられないくらいの規模で開催したり地方回ったり、アンダーライブの成長とともに、自分が成長できた大切な場所。だからそんな場所で最後を迎えれるのは本当に有難いことです。ラストライブすごく楽しみだな。残り少ないですが悔いなく楽みたいと思います」と全力パフォーマンスを誓った。
 川後は2011年8月に乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。7枚目シングル「バレッタ」で初めて選抜入りした。「Popteen」では15年9月号から18年11月号まで専属モデルを務めた。

“川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)” の続きを読む

アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)

情報元 : アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000019-san-l10
 明和町教育委員会は、10月13日に同町南大島の日本キャンパックホール(同町ふるさと産業文化館)で公開審査と表彰式が行われる「第12回明和フォトコンテスト」に合わせ、地元出身の著名写真家、野村誠一さんが指導するモデル撮影会を9月1日に同ホールで開く。プロの女性モデルを撮影でき、コンテストの「モデルの部」の応募対象となる。女性をより一層美しく撮る秘訣(ひけつ)が学べそうだ。
 野村さんはアイドル撮影の第一人者で、グラビア界の巨匠で知られる。最近では、韓国の女性プロゴルファー、アン・シネさんを撮影した写真集も話題となった。本業の傍ら、同町の「ふるさと大使」も務めている。
 撮影会のモデルは、CMや舞台で活躍の場を広げるタレントの芦田美歩さん、ヴァニーさん、野村さんが「発掘」した16歳の逸材、長谷川愛さんの3人。
 参加費無料。資格は原則、町と近隣市町に在住、在勤、在学している人。申し込みは今月24日まで、同ホールで指定用紙によるファクス0276・84・5580か、(電)0276・84・5555で受け付ける。
 コンテストは「モデルの部」のほか、町内で撮影し、町の魅力を表現した作品の「ふるさと明和の部」、身近で大切な人の笑顔を撮影した作品の「みんなの笑顔の部」も。各部門の最優秀賞1点、優秀賞2点、入選5点を表彰する。
 資格は撮影会と同様で、各部門とも1人3点まで応募可能。締め切りは9月22日で、郵送の場合は当日必着。問い合わせは同ホール(電)0276・84・5555。

“アイドルを美しく、巨匠の技学ぶ 9月に明和でモデル撮影会(産経新聞)” の続きを読む

突如出現!頭のようなパイン 沖縄・読谷の畑(沖縄タイムス)

情報元 : 突如出現!頭のようなパイン 沖縄・読谷の畑(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00294212-okinawat-oki
 沖縄県読谷村長浜の土木建設業、當山安一さん(67)の畑で収穫されたパイナップルが話題を呼んでいる。“頭上”の葉が茂るその姿から愛称はその名も「キジムナーパイナップル」。畑作業で當山さんの助手を担う孫の喜友名輝仁(きらと)君(6)=渡慶次小1年=も思わず「なんじゃこりゃ~!」と目を丸くした。(中部報道部・篠原知恵)【びっくり】汚水槽から首だけ出ていた…オオコノハズク発見 當山さんの約400坪の畑で突如出現、7月に収穫した。パイナップルを育てて10年、年300個以上を出荷する當山さんも「こんなの初めて」という。あまりの珍しさに週4日ほど足を運ぶ村長浜の居酒屋「キッチンダイニング鬨(とき)」に持ち込んだ。
 「特に外国人のお客さんに人気。もう店のアイドルですよ」と笑うのは店主の當眞嗣鬨さん(59)。来客があるたび「何これ?」と問われるため、名札も付けた。
 ほろ酔いの常連男性(72)は「葉のパーマネントが神様のように見えてきた。政治などで異常続きの世の中が明るくなるように祈ろう」と手を合わせた。
 山芋ひと株の総重量を競う村の山芋スーブチャンピオン大会で優勝するなど山芋愛好家の顔を持つ當山さん。農業は20年来の腕前で、島らっきょうやサトウキビ、ニガウリなど島野菜全般も育てる。
 だが、長年の経験や知識を持ってしても「なぜこんなパインができたか分からない」と首をかしげる。「だから農業は面白い。孫もかわいいけど、丹精込めて植えて育て、やっと収穫できた野菜や果物は同じくらいかわいい」と日焼けした顔をほころばせた。
 こんもりとした葉に栄養が偏ったのか、キジムナーパイナップルの実は小さくて食べられない。読谷産パイナップルは本来、とびきりの甘さとしっかりした酸味が自慢。當山さんは「ぜひ読谷産パインを味わってほしい」と語った。

“突如出現!頭のようなパイン 沖縄・読谷の畑(沖縄タイムス)” の続きを読む

STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)

情報元 : STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-03075662-tokushimav-l36
 徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と、瀬戸内地域の観光振興に向けて7県の官民でつくられた「せとうちDMO」は19日、西日本豪雨の被災地支援を目的とした募金活動「がんばろう! 瀬戸内」を共同でスタートさせた。
 募金活動は、DMOが開設しているインターネット上のクラウドファンディングサイト「せとうちチアーズ」で行われている。義援金の額は1口1000円から10万円までの6コース。募金した人にはSTU48メンバーからのお礼メッセージと、募金活動の報告がメールで届く。
 募集期間は8月31日までの44日間。寄せられた義援金は、クレジットカード決済代行会社に支払う手数料を除いた全額が日本赤十字社に寄付され、豪雨被災地の復興支援に充てられる。
 募金受付は「がんばろう! 瀬戸内」のサイト https://setouchibrand.jp/cheers/project/s/project_id/16
 STU48は豪雨被害に配慮して、8月29日に予定していた2枚目シングル(タイトル未定)の発売を延期し、今夏に予定していた船上劇場のオープンも見送った。キャプテンの岡田奈々さんやセンターの瀧野由美子さんらは会員制交流サイト(SNS)などを通じて「被災地を支援するために私たちにできる活動をしたい」と心境を語っていた。

“STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)” の続きを読む

STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)

情報元 : STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-03075662-tokushimav-l36
 徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と、瀬戸内地域の観光振興に向けて7県の官民でつくられた「せとうちDMO」は19日、西日本豪雨の被災地支援を目的とした募金活動「がんばろう! 瀬戸内」を共同でスタートさせた。
 募金活動は、DMOが開設しているインターネット上のクラウドファンディングサイト「せとうちチアーズ」で行われている。義援金の額は1口1000円から10万円までの6コース。募金した人にはSTU48メンバーからのお礼メッセージと、募金活動の報告がメールで届く。
 募集期間は8月31日までの44日間。寄せられた義援金は、クレジットカード決済代行会社に支払う手数料を除いた全額が日本赤十字社に寄付され、豪雨被災地の復興支援に充てられる。
 募金受付は「がんばろう! 瀬戸内」のサイト https://setouchibrand.jp/cheers/project/s/project_id/16
 STU48は豪雨被害に配慮して、8月29日に予定していた2枚目シングル(タイトル未定)の発売を延期し、今夏に予定していた船上劇場のオープンも見送った。キャプテンの岡田奈々さんやセンターの瀧野由美子さんらは会員制交流サイト(SNS)などを通じて「被災地を支援するために私たちにできる活動をしたい」と心境を語っていた。

“STU48とせとうちDMOが募金開始 西日本豪雨被災地支援「がんばろう!瀬戸内」(徳島新聞)” の続きを読む

元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)

情報元 : 元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000562-san-l15
 アイドルグループ「モーニング娘。」の元リーダーでタレントの道重さゆみさん(29)の写真集を万引したとして、新潟県警新潟署は13日、窃盗の疑いで新潟市西区西有明町の無職の男(63)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前11時50分ごろ、同市中央区の書店で道重さんの写真集「DREAM」(2500円)を盗んだとしている。警備員が、店内でかばんの中に写真集を入れ会計せずにそのまま店を出た男を取り押さえ、署員に引き渡した。
 「DREAM」は道重さんの約3年9カ月ぶりの写真集で、米ロサンゼルスなどで撮影され、この日が発売日だった。男は「女性アイドルが好きで、家に帰って見たかった」と供述しているという。

“元モー娘。写真集を発売日に万引 63歳男「家で見たかった」(産経新聞)” の続きを読む