アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)

情報元 : アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00010000-jomo-l10
 過食と嘔吐(おうと)を繰り返したり、食事をほとんど取らなくなったりする摂食障害。万引したとして窃盗罪に問われ、前橋地裁太田支部で猶予判決を受けた元マラソン日本代表の原裕美子さん(36)は現役時代に発症し、現在も治療を続ける。厳しい体重管理に心身をむしばまれるアスリートは珍しくない。専門家は「極端な食事制限はかえって選手生命を縮めることになる」と警鐘を鳴らす。
 「1日に4~6回の体重測定があり、何グラム増やしてはいけないと決まっていた」。原さんは今月3日の判決後に開いた記者会見で、実業団時代に強いられた過酷な減量を明かした。「ペットをしつけるような」管理とは裏腹に、食べ物への執着が強くなったという。
 善悪の判断がつかなくなるという摂食障害の恐ろしさを語り、「幼い頃から体重管理をしたり、無理をさせたりするチームは多い。指導者は選手を長い目で見て、自分のように苦しむ選手を出さないでほしい」と訴えた。
 高校、大学で陸上部に所属した群馬県内の20代女性は「監督の前で体重計に乗るのが嫌だった」と振り返る。もともと食欲旺盛だったが、高校では体重が増えるのを恐れて食べられなくなり激やせ。その後、隠れて大食いするようになり、15キロほど太った。
 大学でも食欲は抑えられず、周りには吐いて体形を維持する部員もいた。「食べちゃ駄目、と頭ごなしに言われるから余計食べたくなる。なぜ体重管理しなくてはいけないのか、選手に分かるような丁寧な指導が必要ではないか」と話した。
 高崎健康福祉大の木村典代(みちよ)教授(スポーツ栄養学)は「過酷な食事制限は栄養素の不足を起こし、免疫力や気力、判断力まで低下させる。食べることは頑張った褒美でもあり、結果的に選手生命の維持につながる」と指摘した。
 体重測定や食事制限をあえてしないのは、ヤマダ電機陸上競技部女子中長距離部門の森川賢一監督(60)だ。体形や感覚の変化を基に本人が管理するよう指導しており、「ストイックで真面目な選手ほど摂食障害になりやすい。指導者も選手も、やせないと走れないという意識から脱却しなければいけない」と強調する。
 原さんは「摂食障害を絶対に治す」と宣言、治せる病気だと伝えていきたいとした。摂食障害を克服し、これまで約90人の相談に応じてきた沢崎聡子さん(25)=高崎市=は「摂食障害はいくつかの原因が重なって発症する場合が多く、複合的な治療が必要。原さんのように本人が覚悟を決め、周りが治療に専念できる環境をつくってあげることが大事」と話す。

“アスリートの摂食障害 極端な減量 心身むしばむ 選手生命縮む危険も 治療専念の環境を(上毛新聞)” の続きを読む

府中のプラネタリウムで「クリスマス星空コンサート」 最新投影機による映像と幻想的な音楽で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 府中のプラネタリウムで「クリスマス星空コンサート」 最新投影機による映像と幻想的な音楽で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000012-minkei-l13
 府中市郷土の森博物館プラネタリウム(府中市南町6、TEL042-368-7921)で12月9日、ヴァイオリンとハープによる「クリスマス星空コンサート」が開かれる。(調布経済新聞)ヴァイオリン奏者の奥村愛さん(左)とハープ奏者の山宮るり子さん(右) 今年5月2日にリニューアルした同施設。最新プラネタリウム投映機による美しい星空を見ながら、以前より広くなったシートでゆったりリラックスして音楽を聴くことができる。新設されたステージで開催する初めてのコンサートとして注目を集め、チケットは好調に売れている(前売券残りわずか、当日券あり)ため早めの購入を呼び掛けている。
 コンサートは、ヴァイオリン奏者の奥村愛さんとハープ奏者の山宮るり子さんによる生演奏で「星に願いを」サン=サーンス作曲「ヴァイオリンとハープのための幻想曲」などを披露する。星やクリスマスにちなんだ曲も演奏し、途中で解説員が冬の星座解説を行う。
 広報の鈴木さんは「ヴァイオリンとハープの幻想的な演奏と、美しい星の輝きを楽しんでほしい。親しみやすい曲も演奏するので、子どものクラシックデビューにもおすすめ。この機会に新しくなったプラネタリウムに足を運んでいただければ」と話す。
 公演時間は、第1回13時~13時45分、第2回14時30分~15時15分。前売券は大人=550円、中学生以下=250円。当日券は大人=600円、中学生以下=300円。博物館入館料が必要。

“府中のプラネタリウムで「クリスマス星空コンサート」 最新投影機による映像と幻想的な音楽で /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

名古屋駅前のナナちゃん人形がアスリート姿に 2026年地元開催のアジア大会をPR(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 名古屋駅前のナナちゃん人形がアスリート姿に 2026年地元開催のアジア大会をPR(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00184907-nbnv-l23
ナナちゃんがアスリート姿で、愛知・名古屋共催のアジア大会をPRします。
8月18日からインドネシアでアジア大会が開催されるのに合わせ、名古屋駅前のナナちゃん人形がアスリート姿になりました。2026年に愛知県と名古屋市が共催するアジア大会のPRが目的で、イメージカラーの虹色をあしらった特注のスポーツウエアを着用しています。アスリート姿のナナちゃんが見られるのは21日までです。

“名古屋駅前のナナちゃん人形がアスリート姿に 2026年地元開催のアジア大会をPR(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

[NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)

情報元 : [NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00010005-iwanichi-l03
 2017年度にNIE新規実践指定校となった花巻市松園町の花巻東高校。「表現力の向上と主体的に意見表明に取り組む姿勢の育成」を掲げ、文章表現によって言葉の重みが実感できる学習に全校で取り組んでいる。
 各学年で総合学習の時間を使い実践。各紙で報じられたニュースから問題点などを見つけて考える「課題作文」の製作などを行っている。
 6月27日は、国語科教諭で同校NIE統括責任者を務める夏井友也教諭(44)らの指導で、3年生約180人が学んだ。一人ひとりが新聞記事を参考に、進路選択について紙面風にまとめた「進路新聞」づくりなどに挑戦。各教室には授業のために全国紙、地方紙、業界紙などが用意され、数紙を読み比べる生徒の姿もあった。
 授業を受けた林颯太君(18)は、目に留まった経済ニュースやコラムを参考に記事を執筆。「文字が多くて難しい印象だったが、読んでみると、いろんな意見が発見できた。新聞は世の中を知ることができる」と発見できた様子。看護師志望という佐藤花音さん(18)も「医療コーナーや看護の記事などを切り抜いている。関連する話題が近くに掲載されているなど、新聞は内容が頭に入ってきやすい」と話し、理解を深めていた。
 夏井教諭は「あるニュースに対し表層的なコメントしかできなかったのに、それについて自分で話し、解決策を書くまでになる生徒もいる。知識だけのレベルにとどまらず、ニュースを身近な出来事として捉えられるなど、徐々に変わってきたと感じる」と、新聞による教育効果を指摘する。
花巻東高校
 私立の全日制普通高校。前身の花巻商業高と谷村学院高が1982年に合併し現校名となる。特別進学やアスリート特進などのコースを設置。硬式野球やソフトボール、サッカーなどスポーツが盛ん。小田島順造校長。生徒640人。花巻市松園町55の1。
NIEとは?
 Newspaper in Educationの頭文字で、「エヌ・アイ・イー」と読む。「教育に新聞を」と訳し、米国で始まった運動で、わが国では1989年から新聞界を挙げて取り組んでいる。

“[NIE]新聞と歩む 復興、未来へ ◆花巻東高校(岩手日日新聞社)” の続きを読む

東北の底力、世界に発信 森喜朗五輪組織委会長にインタビュー(福島民友新聞)

情報元 : 東北の底力、世界に発信 森喜朗五輪組織委会長にインタビュー(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00010016-minyu-l07
 2020年東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長は24日、福島民友新聞社など被災3県の地方紙によるインタビューで「東日本大震災から復興した東北の姿、日本の底力を全世界に見てもらうチャンスを逃さない。『復興五輪』が源流にあることを忘れず、組織委のスタッフやボランティアと理念を共有していく」と語り、「復興五輪」を前面に打ち出して準備を着実に進める姿勢を強調した。
 ―「復興五輪」を掲げた思いを改めて伺いたい。
 「石原慎太郎東京都知事(当時)を説得し、一度は失敗した五輪誘致に再挑戦すると決心した日が2011(平成23)年3月11日だった。だから源流に『3・11』がある。1964(昭和39)年の前回は日本が敗戦から立ち上がり、インフラ整備も進んだ。五輪の力を知っている。東日本大震災で国際社会から受けた応援に感謝し、東北が頑張っている姿を全世界に見てもらうことが全ての基本だ」
 ―「復興五輪」の姿勢が見えないと批判もあった。
 「ビルを建てる際に基礎づくりに時間をかけるように準備をしてきた。被災者に希望と勇気を持ってもらえる取り組みをしっかりと考えている。聖火リレーの日程やマスコットも決まり、国民と触れ合う機会が増えてくる。来年は6千人に増える組織委のスタッフ、組織委と都が募るボランティア計11万人に『復興五輪』の意義を理解してもらい、大会を成功させたい」
 ―本県では野球・ソフトボール競技の実施が決まった。レガシー(遺産)をどう残すべきだと考えるか。
 「みんなで力を合わせることが大切だ。組織委の理事会を(30日に)福島で開こうと私が発案した。被災3県では聖火リレーを1日多い3日間とし、福島から始める案も練りに練った。福島だけでなく宮城、岩手両県に喜んでもらえることも考えている。有識者に検討を任せているが、五輪・パラリンピックの開会式、開会式を通じて『復興五輪』のカラーがうまく出せるよう年内に中身をまとめたい。『外国人が被災3県に行ってみたい』と思ってもらえるよう(各国の)五輪、観光関係者らにも働き掛けていく。アスリートに贈る副賞についても協力してレガシーが残るようにしたい」
 ―風評払拭(ふっしょく)に向け、選手村で本県など被災地産の食材を活用する考えは。
 「組織委の会合や行事で福島産を使おうという取り組みは今後も続けていく。ただ、選手村の食事は厳しい管理が求められる。国際オリンピック委員会(IOC)が責任を持っており、風評に関係なく、食材の提供は難しい。選手村の外や会場周辺では努めて東北の食材を出すことはあるだろう。風評がなくなるよう東北以外の国内、海外に対し、率先して食の魅力を知らしめていくことが重要だ」
 もり・よしろう 石川県出身。早大商学部卒。1969(昭和44)年の衆院選で初当選。文相などを経て2000(平成12)~01年に首相を務めた。衆院当選14回。12年に国政を引退した。日本体協会長、日本ラグビー協会長を歴任。14年1月に東京五輪大会組織委員会長に就任した。81歳。

“東北の底力、世界に発信 森喜朗五輪組織委会長にインタビュー(福島民友新聞)” の続きを読む

越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010002-teletama-l11
2020年の東京オリンピックまでいよいよあと2年。県内でもオリンピック開催の気運を高めようと、埼玉にゆかりのあるアスリートたちによるイベントが行われました。
21日のイベントでは記念セレモニーが開かれ、出席した上田知事は「聖火リレーのコースが決まるなど着々と準備が進んでいる。オリンピックでは埼玉の伝統や文化もPRしていきたい」とあいさつしました。
続いて、毛呂山町出身で競泳男子の瀬戸大也選手や、2大会連続で銅メダルを獲得した越谷市出身で元競泳選手の星奈津美さんなど6人のオリンピアンとスペシャルゲストが登壇し、2020人の県民が参加して制作した「フォトモザイクアート」がお披露目されました。そして、瀬戸選手らに大会を盛り上げる「SAITAMAPRIDEスペシャルアンバサダー」が委嘱されました。
瀬戸選手は「東京オリンピックを現役として迎えられるのは幸せなこと。埼玉代表、日本代表として活躍できるよう頑張ります」と大会への意気込みを語りました。

“越谷市でイベント 東京五輪 開催まで2年!/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む