西武ライオンズ 群馬開催の試合をPR(群馬テレビ)

情報元 : 西武ライオンズ 群馬開催の試合をPR(群馬テレビ)群馬テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010001-gtv-l10
 昨シーズンのパ・リーグ覇者、埼玉西武ライオンズのチーム関係者が群馬県庁を訪れ、今年5月に群馬県で開催する公式戦をPRしました。
 埼玉西武ライオンズの居郷肇社長などチーム関係者5人が訪れたほか、マスコットキャラクターのレオも駆け付けました。西武ライオンズは5月8日に、2019シーズンのパ・リーグ公式戦を上毛新聞敷島球場で開催します。群馬県での試合は4年連続13回目の開催です。
 大澤知事は「プロチームに群馬で試合をしてもらえるのは、県民にとって非常に嬉しいこと。万全の体制で開催できるよう県としても協力します」と歓迎しました。また、群馬開催の試合では、来場者全員にユニフォーム型のタオルが配布されます。
 前橋育英出身の高橋光成選手をはじめとする6種類のタオルのほか、前橋工業出身の渡辺久信ゼネラルマネージャーの現役当時のユニフォームをデザインしたタオルも、背番号41にちなんで41人限定で配布されるということです。
 昨シーズン10年ぶり17度目のパ・リーグ優勝を果たした西武ライオンズですが、クライマックスシリーズで敗退し日本シリーズ進出はなりませんでした。今年は、悲願の日本一に向けてリベンジのシーズンとなります。

“西武ライオンズ 群馬開催の試合をPR(群馬テレビ)” の続きを読む

浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)

情報元 : 浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010012-minyu-l07
 福島県浪江町に今夏、イオングループでスーパーを展開するイオンリテールの店舗が進出する。吉田数博町長が12日、町議会全員協議会で明らかにした。スーパーの進出により住民の利便性向上や帰還促進が期待される。
 町によると、スーパーは町役場南側の空き店舗をリフォームする予定。店舗の建物面積は約1140平方メートル。
 同町は2017(平成29)年3月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部地域を除き解除された。コンビニで生鮮食料品や日用品などを販売しているものの、町内で幅広い商品が購入できるよう求める声が町民から上がっていた。
 町と同社は19日に商業環境整備の覚書を締結する。

“浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)” の続きを読む

EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00033341-kana-l14
 ごみ焼却で発電した電力を活用して電気自動車(EV)のごみ収集車を走らせる実証試験を進めてきた川崎市は、今月から取り組みを本格的にスタートさせた。実用化は全国初。ごみを資源としてうまく循環させる収集業務への注目度は高く、海外からの問い合わせもあるという。
 EV収集車は約2千万円で最大積載量1・4トン。従来のハイブリッド型収集車の二酸化炭素(CO2)排出量は年間約9トンだったが、ゼロになる。1回の充電で最大60キロの走行が可能。充電に時間を要す点が課題だったが、市はごみ焼却施設「浮島処理センター」(川崎区)に約3450万円を投じて電池ステーションを開設し、電池交換だけで発車できるようにした。
 実証試験は、市とJFEエンジニアリングが2016年3月から約1年間実施。実験で使った車両と新たに購入した車両の計2台のEV収集車で、市は今月から川崎区内でごみ収集を本格的に開始した。
 8日に同区で閉幕した川崎国際環境技術展では、このうち1台を展示。「究極のごみ収集車」と賛辞を贈った福田紀彦市長は「金額の問題もあるが、今後、台数を増やしていきたい」と拡大へ意欲を示した。
 市は19年度以降、三菱ふそうトラック・バス(中原区)とも協力し、EV車を市内の収集業務で使う実証試験を行う予定。

“EVごみ収集車、全国初 ごみ焼却で発電した電力活用(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000008-ibaraki-l08
今年秋の茨城国体・全国障害者スポーツ大会の文化プログラムの一環として開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」(10月4~6日)で実施する3競技のうち、パズルゲーム「ぷよぷよ」の出場登録エントリーが1日、始まった。「小学生の部」「一般の部」(12歳以上)の2部門での個人戦で、各都道府県代表を決める予選は5~8月にかけて行われる。残りの2競技は順次、エントリーを始める。
小学生の部は、47都道府県を八つのブロックに分け、各ブロック別に代表決定戦を行い、勝ち抜いた代表計8人が10月の茨城国体の本大会に挑む。茨城県は関東ブロック(1都7県)に属し、8月12日に埼玉県の「イオンレイクタウンkaze」で開かれる。
一般の部は各都道府県別に代表決定戦を行い代表各1人を選ぶ。茨城県の決定戦は5月18日につくば市の「イオンモールつくば」で実施する予定。いずれも予選は出場登録者がハイスコアを競い順位を決め、成績上位者が対戦型のトーナメント戦に進み代表権を争う。
残る2競技のエントリーは、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」が2月中旬、レースゲーム「グランツーリスモ」が3月から順次開始する。
詳細は茨城国体ホームページ内の特設サイトに掲載。県国体・障害者スポーツ大会局は「多くの人に参加してもらいたい」と呼び掛けている。(朝倉洋)

“都道府県対抗eスポーツ選手権 パズルゲーム登録開始(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)

情報元 : 君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010005-chibatelev-l12
 君津市の小櫃川源流域にある産業廃棄物最終処分場の増設計画に対し、地元の市民団体が31日、千葉県が出した増設許可の取り消しを求める訴えを千葉地裁に起こしました。提訴したのは君津市民らで構成される市民団体の「ふるさとの水を守る会」です。
 訴状によりますと、原告側は君津市の水源地にある産業廃棄物最終処分場では過去に漏水事故が発生しており、その問題が解決しない中で増設工事が行われれば地域住民の生命や健康が侵害されるとして、千葉県に対し増設許可の取消しを求めています。
 君津市の小櫃川源流域にある最終処分場をめぐっては2012年1月、施設の内部から水が漏れ、観測井戸から塩化物イオンが検出されたため、現在も一部の施設で廃棄物の搬入が止まっています。ただ、千葉県は去年8月、「廃棄物処理法の許可基準を満たしている」などとして、運営業者に対し増設工事の許可を出していました。
 今回の提訴について千葉県の廃棄物指導課は「訴状が届いていないので、訴状が届き次第内容を確認して対応を検討したい」としています。

“君津市の市民団体が提訴 千葉県が出した産廃処分場の増設工事許可取り消し求める(チバテレ)” の続きを読む

イオン、欧州産ワイン値下げ EPA発効に併せ 最大330種類を平均1割値下げ 与野店ではフェアも(埼玉新聞)

情報元 : イオン、欧州産ワイン値下げ EPA発効に併せ 最大330種類を平均1割値下げ 与野店ではフェアも(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00010002-saitama-l11
 イオンは2月1日に日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効されるのに併せ、欧州産ワインを値下げする。EPA発効でワインの関税が即時撤廃されるのを受け、1割程度値下げする。国内の家庭用ワイン市場で大きな販売シェアを持つスケールメリットを活用。値下げによる欧州産ワインの需要取り込みを図る。
 イオンは最大330種類を平均で1割値下げする。スペイン産のスパークリングワイン「トップバリュ リゴル エクセレンシア ブリュット」を880円(税別)から730円(同)に、仏産の赤ワイン「シャトーカンペ」を1780円(同)から1680円(同)に値下げする。
 1日の値下げに併せ、埼玉県内では与野店で3日まで、ヨーロッパフェアを開催する。値下げするワインの試飲を行うほか、仏産のチーズや伊産のパスタなどの特売も実施。EPA発効を契機に、消費者に欧州産食材の魅力を訴える。

“イオン、欧州産ワイン値下げ EPA発効に併せ 最大330種類を平均1割値下げ 与野店ではフェアも(埼玉新聞)” の続きを読む

福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000062-minkei-l40
 福岡三越(福岡市中央区天神2)の地下2階で1月19日、バレンタイン商品の展開が始まった。(天神経済新聞)「グマイナー」の「チェリーボンボン」 今年のテーマは「EncounterofValentine~出会い~」。花の国日本協議会が推進する「フラワーバレンタイン」に注目し、チョコレートと共に花を贈る提案や話題のチョコレートとの出会いを提案する。
 ラインアップは、アカデミー賞公式ギフトにも選ばれた「ショコラティン」の「ジュエリーシリーズギフト」(20点限定、4個入り、5,400円)、創業100年を超えるドイツのチョコ「グマイナー」の「チェリーボンボン」(4個入り、1,944円)などが初登場するほか、バラの花びらが入った「玖島ローズ」の「パヴェドローズ」(972円)、「ピエールマルコリーニ」の「バレンタインセレクションリミテッドエディション」(9個入り、3,780円)、「テオムラタ」の「ビーンズショコラ」(38グラム~40グラム、各720円~)など、新規11ブランドを含む全51ブランドを展開する。
 期間中、会場には「ショコラコンシェルジュ」が常駐し商品選びをサポートするほか、「フラワーバレンタイン」を知ってもらうため、同館1階・ライオン広場のライオン像をフラワーバレンタイン仕様にデコレーションする。
 営業時間は10時~20時。2月14日まで。

“福岡三越でバレンタイン商戦 ショコラコンシェルジュによるアドバイスも /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)

情報元 : 習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010001-chibatelev-l12
 3月23日に開幕する選抜高校野球大会の出場校が25日発表され、習志野高校が10年ぶりに出場を決めました。1月25日午後3時14分、第91回選抜高校野球大会の出場連絡が、習志野高校の小西薫校長に届きました。吉報はその後、グラウンドで練習をする野球部員たちに伝えられました。
 習志野高校野球部根本翔吾主将
「選抜に選んでいただいたからには、2か月間しっかり準備して頑張って行きましょう」 
 習志野高校野球部は去年10月に山梨県で行われた秋の関東大会で群馬県の桐生第一高校などの強豪に競り勝ち、ベスト4に進出。そして、1月25日、10年ぶり4度目のセンバツ甲子園出場を決めました。
 習志野高校野球部小林徹監督
「子どもたちの夢が一つかなってホッとしている。千葉県、関東、そして習志野市を代表して、皆さんに応援してもらえるような精一杯のプレーができる準備を2か月していきたい」
竹縄俊希主将
「自分たちの全力プレーや、吹奏楽部の応援など色んな部分に注目してほしい」
根本翔吾主将
「時間が少ない中で、自分たちができる完璧な準備をして大会に臨みたい」
 習志野高校が10年ぶりに出場する春の選抜高校野球大会は、3月23日から阪神甲子園球場で12日間に渡って開催されます。

“習志野高校野球部 10年ぶり4度目の選抜出場に歓喜(チバテレ)” の続きを読む

「三重とこわか国体」をPR 浅尾美和さんらがトークショー 三重(メ〜テレ(名古屋テレビ))

情報元 : 「三重とこわか国体」をPR 浅尾美和さんらがトークショー 三重(メ〜テレ(名古屋テレビ))https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00193812-nbnv-l24
2021年に開催される「三重とこわか国体」の開催まで1000日の節目となった27日、開催をPRするイベントが開かれました。
津市の「イオンモール津南」で開かれたのは三重県の鈴木英敬知事と元ビーチバレー選手で三重県の観光大使の浅尾美和さんによるトークショーです。ステージでは大会を盛り上げようと三重県産の食材を生かしたメニューも紹介されました。2人は三重県産の豚肉「さくらポーク」を使ったチンジャオロースなど3品を試食しました。

“「三重とこわか国体」をPR 浅尾美和さんらがトークショー 三重(メ〜テレ(名古屋テレビ))” の続きを読む

ショッピングモールの初売りに長蛇の列(UTYテレビ山梨)

情報元 : ショッピングモールの初売りに長蛇の列(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000003-utyv-l19
山梨県昭和町のショッピングモールでは初売りが行われ、大勢の買い物客が詰めかけました。
イオンモール甲府昭和では午前8時の開店と共に家族連れなど大勢の買い物客が訪れました。お目当ては約1万8000個用意された限定の福袋です。
このうちコーヒーショップでは、わずか10分で220枚用意した福袋の整理券の配布が終了し、また食料品コーナーでは県産コシヒカリなど9品が入った5000円の福カートが人気を集めていました。
イオンモール甲府昭和では、2日も新春のイベントを予定しているということです。
[UTYテレビ山梨]

“ショッピングモールの初売りに長蛇の列(UTYテレビ山梨)” の続きを読む