長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)

情報元 : 長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000003-nagasaki-l42
 長崎のまちに約1万5千個の明かりがともる26回目の長崎ランタンフェスティバルが2月5日から19日まで15日間、長崎市中心部で開かれる。新地町の湊公園に置かれるメインオブジェは、吉祥に関わる霊獣、麒麟(きりん)5頭を配置した「五麟(ウーリン)」(高さ10メートル、幅4・5メートル)。16日の皇帝パレードは、サッカーJ2、V・ファーレン長崎の手倉森誠監督が皇帝役を務める。
 実行委が1月17日、イベント概要を発表した。
 長崎ランタンフェスティバルは新地町の長崎新地中華街の人々が始めた「春節祭」に由来。今年は人気アニメ「キングダム」とのコラボレーションや、江戸町の出島表門橋公園でランタンを夜空に浮かべる「スカイランタン」などもある。
 皇帝パレードは2月9日と16日。午後2時に賑町の中央公園で出発式。浜町の商店街などを通り、諏訪町の市立諏訪小へ向かった後、湊公園まで練り歩く。同校から湊公園までは、全日本マーチングコンテスト金賞の活水中・高吹奏楽部が先導する。
 9日の皇帝役は長崎ランタンフェスティバル企画幹事会相談役の林敏幸さん、皇后役は人気アイドルグループ「乃木坂46」を昨年12月に卒業した本県出身の川後陽菜さん。16日の皇后役は長崎生まれのタレント、松尾悠花さんが務める。
 10日と17日は市民約100人による「媽祖(まそ)行列」がある。
 期間中のランタンやオブジェの点灯時間は午後5時~10時。期間中の金、土曜は一部を除き点灯時間を1時間延長する。

“長崎ランタンフェスティバル 2月5日から華やかに 皇帝にV長崎・手倉森監督(長崎新聞)” の続きを読む

大阪・阿波座で「LGBTリーディングカンパニー認証」申請受付 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大阪・阿波座で「LGBTリーディングカンパニー認証」申請受付 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000023-minkei-l27
 「大阪市LGBTリーディングカンパニー認証制度」の申請受付が1月10日、大阪・阿波座の「大阪市人権啓発・相談センター」(大阪市西区立売堀4、TEL06-6532-7631)で始まった。(船場経済新聞)「大阪市人権啓発・相談センター」入り口 「LGBT(性的少数者)」にかかる取り組みについて先進的・先導的に推進している、大阪市内にある事業所または市内に事業所を持つ事業者が対象。全20項目の認証基準に適合する項目数が10以上であれば三つ星、4以上9以下であれば二つ星、1以上3以下であれば一つ星として認証する。
 認証基準は、商品やサービスの提供に関する項目、雇用主としての取り組み、PRやイベント参加などそのほかの取り組みに関する項目を設ける。項目の認定はチェックシートへの記入と適合を証明する関係書類で審査する。
 認証事業者・事業所には、認証書(有効期間3年)を交付するほか、大阪市ホームページなどでの情報発信、求職者への情報提供などを行う。認証事業者・事業所は商品、広告、事業場、ホームページ、求人情報などで認証を受けた旨を表示できる。
 大阪市民局ダイバーシティ推進室の森浩一課長は「大阪市はLGBT当事者の生き方を尊重する社会の実現を目指し、パートナーシップ宣誓証明制度やLGBT支援サイト、事業者向けガイドブックの作成などの施策を行ってきた。民間への働きかけでさらに当事者が生きやすく、住みやすい市になれば」と話す。
 市では2月28日までに申請を受け付けた事業者などに対して3月中に認証を行う。申請は来所または郵送で受け付ける。受付時間は、9時~12時15分、13時~17時30分。

“大阪・阿波座で「LGBTリーディングカンパニー認証」申請受付 /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

富山でDJイベント「LOVEBUZZ」 ゲストに「KONCOS」と「smoug」ら /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 富山でDJイベント「LOVEBUZZ」 ゲストに「KONCOS」と「smoug」ら /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000011-minkei-l16
 DJイベント「LOVEBUZZ(ラブバズ)」が1月26日、富山駅前にあるライブハウス「MAIRO(マイロ)」(富山市桜町2)で行われる。(富山経済新聞)イベントのフライヤー 富山県内在住のDJが集まり、洋楽・邦楽や年代を問わずロックに特化した選曲が特徴となる同イベント。16年続くイベントには、県内外からさまざまなバンドやDJなど多くの出演者を招いてきた。県内のライブハウスやカフェ、イベントスペースで毎月1回行われており、2018年にDJのYAMARIさんが加入し、現在は5人で活動している。
 今回は東京を拠点に活動する3人組バンド「KONCOS(コンコス)」をゲストに招く。同バンドは2011年に北海道帯広市出身の鍵盤の古川太一さん、ギターの佐藤寛さんによって結成。2012年10月にファーストアルバム「ピアノフォルテ」を発売し、全国47都道府県48カ所でライブツアーを行い、インディーロックファンの間で話題となった。現在は、ドラムの紺野清志さんを迎えた3人編成で活動しており、ライブハウスのステージを縦横無尽に動き回る激しいライブが人気を集めている。
 2016年まで富山城址公園(富山市本丸)を会場に開催されていた、野外音楽イベント「ビートラム・ミュージック・フェスティバル」に最多出演するなど、富山との縁も深い。
 KONCOSのほかに、富山県在住のメンバーを中心とした5人構成のエレクトロニカ・ポストロックバンド「smoug(スマウグ)」、東京のラテンやスカ、レゲエDJチーム「VIENDA!SEXTET!」、福井のイベント「NOTORIOUSROCK」のDJらが出演する。
 ラブバズのDJCHIGONさんは「結成から今まで長い間コンコスを見ているが、ライブパフォーマンスは常に進化しており、見ていて飽きることがない。何度も見た人はもちろん、初見の人も楽しめると思う。DJもさまざまなジャンルの選曲になり、当日の混沌とした雰囲気を楽しんでもらえたら」と話す。
 20時開演。料金は、前売り=2,500円、当日=3,000円。

“富山でDJイベント「LOVEBUZZ」 ゲストに「KONCOS」と「smoug」ら /富山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「フナ」 パンで楽しむ料理に サモサ、カレー…岡山・総社で講座(山陽新聞デジタル)

情報元 : 「フナ」 パンで楽しむ料理に サモサ、カレー…岡山・総社で講座(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010005-sanyo-l33
 岡山県備中地域伝統の食文化を学ぶ「備中食魅力講座」が14日、総社市久代の総社西公民館久代分館で開かれ、昔から食べられてきたフナを使った創作料理を作った。
 地域住民ら30人が参加。市内のパン店などが行っている食べ歩きイベント「パンわーるど」にちなみ、パンに合う料理として、料理研究家の村田裕子さんが考案したフナミンチのサモサ、フナミンチと根菜のカレースープなど4品を調理した。
 サモサは、ネギやショウガ、みそなどを練り込んだフナミンチを、春巻きの皮で包んで揚げた。カレースープにもミンチを団子状にしたものを入れた。2時間ほどで完成し、市内のパン店のパンと一緒に味わった。
 参加した主婦(37)=総社市=は「県外出身なのでフナを食べたのは初めて。臭みもなくておいしかった。家でもアレンジしてつくってみたい」と話していた。
 同講座は本年度、備中県民局と青果卸の浅原青果(倉敷市玉島)が備中地域7カ所で開催しており、今回が6カ所目。次回は2月17日に笠岡市で開く。

“「フナ」 パンで楽しむ料理に サモサ、カレー…岡山・総社で講座(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)

情報元 : 新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)チバテレ(千葉テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010001-chibatelev-l12
 千葉市動物公園でサルたちに暖を取ってもらおうと「サル山」で焚き火のサービスをしました。さて、サルたちの反応は?
 千葉市動物公園のサル山では現在、30頭のニホンザルが飼育されています。冬の寒い時期には数頭で身を寄せ合って、暖を取っています。そこで動物公園では、一年の中でもっとも寒いとされるこの時季に、サル山で焚き火のサービスを行おうというものです。
 焚き火をみたサルたちがどのような反応を見せるのか、焚き火で焼いた熱々の焼き芋をどのように食べるのか、興味をそそるところです。このイベント、2月24日までの毎週日曜日に行われ、日によって来園者に焼き芋の販売も行われるということです。

“新たな冬の風物詩 ”サル山でたき火” 千葉市動物公園(チバテレ)” の続きを読む

別府市の洋菓子店「ニュードラゴン」 閉店&統合で新商品「ゆず胡椒ラスク」進呈 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市の洋菓子店「ニュードラゴン」 閉店&統合で新商品「ゆず胡椒ラスク」進呈 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000026-minkei-l44
 別府市の洋菓子店「ニュードラゴン」は12月29日・30日の2日間、流川店(別府市中央町、TEL0977-22-8540)の閉店と統合に合わせたイベントで、利用者に新商品「ゆず胡椒ラスク」入りの2枚セットを進呈する。(大分経済新聞)購入者にプレゼントするラスクセット 12月31日に、1970(昭和45)年に創業した流川店を閉店。1月5日から本店機能を持つ東荘園店(別府市東荘園町、TEL0977-24-6045)に統合する。イベントは「ありがとう&よろしく」キャンペーンとして両店で実施。半世紀にわたって流川店を愛してくれた地域住民への感謝と、統合のあいさつを兼ねて行う。1,000円(税別)以上の商品購入者にゆずこしょう味とプレーンのラスク2枚セット(280円相当)を進呈する。
 プレゼントする「ゆず胡椒ラスク」は別府市とセレクトショップ大手のビームス(本社=東京都渋谷区)が展開する「あたらしいみやげもの」のうちの一つで、社長の笠木隆弘さん(51)が試作を重ねて完成させた。年明けから新しい別府土産として販売を始める予定で、今回は先行して味わってもらう。開発に当たっては、大分のクリを使ったモンブランやカボス風味のラスクなども作ったが「ゆずこしょうを使ったラスクの出来が想像以上だった」という。
 同店の顔となっているロールケーキをスライスして乾燥させ、ゆずこしょうをバタークリームのペースト状にして塗り、再度焼き上げて作る。「香りと辛み、ロールケーキの甘みの妙を味わってほしい」と笠木さん。2日間で300枚以上を用意する予定で「できるだけたくさん作りたい。なるべく多くのお客さんに味わってもらえれば」と意気込む。
 一つの大きな節目を前に、「伝統の味を引き継ぎ、今後は新しい商品も積極的に手掛けていきたい」と笠木さん。「『ゆず胡椒ラスク』はその一つで、これまでの感謝や未来への思いなどを込めて作った。ニュードラゴンの新たな味をぜひ楽しんでほしい」と話している。
 開店時間は流川店=10時~19時、東荘園店=9時~20時。年内営業は27日~31日。2019年は1月5日から。
 ニュードラゴンは繁華街を抜ける流川通りに、先代の笠木敏弘さん(故人)が創業。ロールケーキ発祥の地とされる。1987(昭和62)年に東荘園店を開店。業務の効率化を図り、2019年1月5日から東荘園店に一本化する。

“別府市の洋菓子店「ニュードラゴン」 閉店&統合で新商品「ゆず胡椒ラスク」進呈 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-11566403-colocal-l31
日本のどこかで、数日間だけオープンするプレミアムな野外レストラン〈DININGOUT〉。一流の料理人がその土地の食材を、新しい感覚で切り取って料理にするという他ではない体験ができるイベントで、毎回好評を得ています。〈DININGOUT〉のコロカルレポートはこちら【写真で見る】噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!〈DININGOUTTOTTRI-YAZUwithLEXUS〉/鳥取そんなプレミアムな野外レストラン〈DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS〉が、2018年9月8日(土)から9日(日)、9月9日(日)~10日(月)の二夜限りで、鳥取県八頭町で開催されます。ロケーションは日本の原風景を思わせる、懐かしい景色が広がる八頭町ですが、〈DININGOUT〉の詳しい場所は参加者にしか明かされません。
毎回テーマが異なる本イベント、今回は、古代からのパワースポットでもある八頭町にちなんだ「EnergyFlow-古からの記憶を辿る-」がテーマです。八頭という地に古来より漂う、“生命力”や“自然の神秘”を表現します。
毎回担当するシェフが変わるのも〈DININGOUT〉の特徴。今回担当するのは、イタリア・ミラノで本場イタリアンの店をオープンし、わずか10ヶ月でミシュラン一つ星を獲得した、今、最も注目されるシェフの一人である徳吉洋二シェフ。徳吉シェフは鳥取出身でもあり、世界から地元に凱旋して一緒に作り上げる“凱旋DININGOUT”となるのが目玉。イタリアで研鑽した技に合わせて、地元食材を見つめ直すことで、どのようなコース料理が完成するのでしょうか?!
ホスト役は、東洋文化研究家のアレックス・カー氏。レストランプロデューサーの大橋直誉氏がサービス統括を務めます。調理やサーブは、八頭町や周辺の地域から参加した約100名の地元スタッフが担当。DININGOUTを盛り上げていきます。
information
DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)※2日間限定
場所:鳥取県八頭町
募集人数:各回40名、計80名限定
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)

情報元 : 徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-03148977-tokushimav-l36
 四国大生が徳島駅前の活性化を目的としたイベント「四国大学 徳島駅前にぎわいキャンパス」を企画した。駅周辺の3会場をキャンパスに見立て、若者や親子連れを対象にした催しを行う。期間は12日から3月7日まで。
 徳島市から駅前のにぎわい創出への協力を求められ、四国大生活科学科の学生57人が企画した。徳島駅クレメントプラザとアミコ専門店街、ポッポ街商店街を会場に、バルーンアート体験やポスター展など六つの催し(いずれも無料)を実施する。事業費は66万円。徳島市の「市中心市街地賑わい創出事業」の補助(3分の2)を受けた。
 初日の12日は、3年生24人が、バルーンアート体験や歯磨き指導などを3会場で実施。親子連れらが大勢訪れ、犬やハート型の風船を作ったり、学生から歯の磨き方を教わったりした。
 学生が手掛けたバレンタインデー用ポップ広告の展示会(16日~2月14日)、駅前の24店を紹介するポスター展(2月15日~3月7日)を予定している。今月25、26両日は、来場者にカラーコーディネートを助言するブースを設ける。
 3年の國久真依さん(20)=徳島市多家良町=は「若い世代や子どもたちが楽しめる空間をつくり、駅前をにぎやかにしたい」と話した。

“徳島駅前ににぎわいを 四国大生がイベント(徳島新聞)” の続きを読む

上越 2月2、3日レルヒ祭 スキー、食イベントも(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 上越 2月2、3日レルヒ祭 スキー、食イベントも(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000010-hokuriku-l15
 日本にスキーを伝えたオーストリア・ハンガリー帝国のレルヒ少佐の功績を伝える「レルヒ祭」(レルヒ祭実行委員会主催)が2月2、3日、新潟県上越市の金谷山スキー場などで開かれる。
 開幕は2日正午。同日は小学生対象のスキーレッスン会や特設ステージでの音楽イベントなどが開かれ、午後6時半以降に、たいまつを掲げての滑降や花火の打ち上げなどが予定されている。3日は午前9時20分~午後3時。一本杖(づえ)スキーの披露や雪中宝探しなどが開かれる。
 上越地域のグルメを集めた屋台エリアが両日設けられるほか、高田本町商店街では2日、食のイベントなどが開かれる。
 一部イベントは事前申し込みが必要。問い合わせは実行委事務局の上越観光コンベンション協会、025(543)2777。

“上越 2月2、3日レルヒ祭 スキー、食イベントも(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

最年少プロ棋士になる仲邑菫さん(9)が井山裕太棋聖と対局(関西テレビ)

情報元 : 最年少プロ棋士になる仲邑菫さん(9)が井山裕太棋聖と対局(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-18171706-kantelev-l27
東大阪市では囲碁フェスティバルが開かれ、名誉市民の井山裕太棋聖と最年少プロになることが決まった仲邑菫さんの記念対局が行われました。
ことしで2回目を迎えた東大阪市の新春囲碁フェスティバル。
名誉市民で5つのタイトルを持つ井山裕太棋聖による指導もあり、参加者たちは大喜びでした。
【参加した子供】
「サインしてもらった。嬉しかった。初めて会ったからドキドキした」
そしてこの日のメインイベントには、ことし4月から最年少プロ棋士になることが決まった大阪市此花区の小学4年生・仲邑菫さん(9)が登場し、井山棋聖と対局しました。
対局はハンデなしの菫さん先手で行われ、前半は菫さんが押し気味で勝負手を打つ場面もありましたが、最後は井山棋聖の優勢で時間切れとなりました。
【仲邑菫さん】
「打ててうれしかったです」
【井山裕太さん】
「今まで見たことない才能。自分の9歳の頃とは比べものにならないくらい強い。これからすごい棋士になることは間違いないと思います」
将来が楽しみな菫さんの今後に期待が高まります。

“最年少プロ棋士になる仲邑菫さん(9)が井山裕太棋聖と対局(関西テレビ)” の続きを読む