東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)

情報元 : 東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000017-san-l10
 2020年東京五輪・パラリンピックの旗が全国の都道府県で巡回展示される「フラッグツアー」が30日、県入りする。旗は12月27日まで13市町村を巡回。これまで訪れた都道府県でのイベントの様子を伝えるパネルなどとともに展示される。関連イベントには過去の大会に出場した県出身のオリンピアンも駆けつけ、五輪ムードを盛り上げる。(住谷早紀)
 県入りする30日には、前橋市の県庁県民ホールで「フラッグ歓迎イベント」を開催。千代田町出身でロンドン五輪レスリング銅メダリストの松本隆太郎さんがアンバサダーとして参加する。
 旗は翌12月1日から県庁県民ホールを皮切りに、吉岡町、川場村、草津町、嬬恋村などを巡回。同24、25日には高崎市の高崎アリーナ1階事務所前で展示され、貴重な「クリスマスプレゼント」になりそうだ。
 また、期間中の同17日には、フェアプレー精神や多様性への理解を深める「東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校」として認証を受ける桐生大付属中(桐生市小曽根町)に、オリンピアンが訪問する予定。教師役となり、自らの経験を通して大会の価値を生徒たちに伝えるという。
 ツアーは平成28年10月に東京都をスタートし、来年3月の高知、山梨両県まで全国を巡回する。
 大会開催年の3月31日と4月1日には、福島県を起点とした聖火リレーが県内を通過する予定。4~6月に開催される大型観光キャンペーン「デスティネーションキャンペーン(DC)」とともに、県の魅力をPRする絶好のチャンスになると期待される。

“東京五輪・パラ「フラッグツアー」 30日から群馬県内13市町村巡回 県出身オリンピアンも参加(産経新聞)” の続きを読む

梅田で「年末ジャンボ宝くじ」発売 お笑いコンビ「和牛」らが大喜利で盛り上げ /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 梅田で「年末ジャンボ宝くじ」発売 お笑いコンビ「和牛」らが大喜利で盛り上げ /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000038-minkei-l27
 お笑いコンビ「和牛」「ヤンシー&マリコンヌ」、お笑い芸人のすっちーさん、吉田裕さんをゲストに11月21日、「年末ジャンボ宝くじ」の発売記念イベントが大阪駅前第4ビル(大阪市北区梅田1)特設売り場で行われた。(梅田経済新聞)約200人が宝くじを求めた 今年も1等・前後賞を合わせて10億円の賞金額を用意する「年末ジャンボ宝くじ」。「ミニ」「プチ」も合わせて販売する。3つのくじで、10万円以上の当選本数が16万1195本と、前年に対し6万7680本増加した。今年から公式サイトで24時間宝くじの購入が可能となった。
 会場には8時の発売から、約200人が宝くじを求めて集まった。イベントでは、「平成最後の年やり残していること」についてゲストがトークした。「ヤンシ―&マリコンヌ」の森田まりこさんは「一番きれいなときだからこそグラビア」、「和牛」の水田信二さんは「M-1(エムワン)グランプリ優勝」を挙げた。「10億円が当たった」ことを想定した大喜利では、すっちーさんが審査員となり、「買った船を『ジャンボンギョン号』と名付けた」と答えた川西賢志郎さんが優勝。川西さんは「M-1への良いステップにしたい」と喜びを見せた。
 すっちーさんは「もし10億円が当たったら、『吉本西梅田劇場』の隣に『吉本西梅田東劇場』を作りたい」と笑いを誘い、「インターネットでも買えるようになったが、ぜひ売り場にも来て験担ぎをして」と呼び掛けた。
 なんばグランド花月(中央区)では今月27日~12月3日の7日間、宝くじをストーリーに盛り込んだオリジナル公演「年末ジャンボ宝くじオリジナル吉本新喜劇」を行う。
 価格は1枚300円。販売は12月21日まで。当選は31日に発表。

“梅田で「年末ジャンボ宝くじ」発売 お笑いコンビ「和牛」らが大喜利で盛り上げ /大阪(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

さよなら 憩いのテラス 移転で閉館イベント 松山(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : さよなら 憩いのテラス 移転で閉館イベント 松山(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-20003501-ehime-l38
 2014年11月から愛媛県松山市湊町3丁目で社会実験の拠点として運用していた多目的スペース「もぶるテラス」が18日、移転に伴い閉館した。最終日は利用者らがさまざまなイベントを楽しんだ。

“さよなら 憩いのテラス 移転で閉館イベント 松山(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

明治の焼き物デザイン紹介 越前古窯博物館、開館1周年記念(産経新聞)

情報元 : 明治の焼き物デザイン紹介 越前古窯博物館、開館1周年記念(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000059-san-l18
 越前焼研究の第一人者だった水野九右衛門氏のコレクションを収蔵、展示する越前古窯博物館(越前町小曽原)で、明治期の越前焼のデザインなどを紹介する展示が開かれている。25日まで。
 開館1周年の記念イベントの一つ。明治9(1876)年に米国・フィラデルフィアで開かれた万博に合わせ、国が全国の産地に呼びかけて作製したデザイン帳「温知図録」に掲載された焼き物の図案の複写を展示。明治30年代に地元の資産家が中心になり設立され、10年ほどで廃業となった窯元「日渉園」が生産した焼き物なども並ぶ。
 同博物館は1周年記念イベントとして、24日午前10時、午後1時の2回、焼き物にまつわる寄席も開催。参加費500円。定員は各25人。問い合わせは同博物館(0778・32・3262)。

“明治の焼き物デザイン紹介 越前古窯博物館、開館1周年記念(産経新聞)” の続きを読む

【アートいちはら2018秋】里山舞台に展示や体験 11月23日、芸術の祭典幕開け(千葉日報オンライン)

情報元 : 【アートいちはら2018秋】里山舞台に展示や体験 11月23日、芸術の祭典幕開け(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010007-chibatopi-l12
 現代アートの展示や体験型ワークショップなどが楽しめるイベント「アートいちはら2018秋」が11月23~25日と12月1、2日の計5日間、市原市南部で開かれる。舞台は紅葉シーズンを迎える里山や廃校。地域資源に光を当てるアートの祭典が、再び幕開けする。
 2020年に予定され、まちの活性化に期待が高まる3回目の芸術祭に向け、徐々に根付く地域主体の取り組みを広げるための関連イベント。小湊鉄道沿線を中心とした七つのエリアが会場となる。
 今回の目玉は新進気鋭の染織画家、西形彩庵さんが養老渓谷エリアの「アートハウスあそうばらの谷」で手掛ける展示。「不確かな世界の中で」と題し、築100年超の古民家に“色彩の宇宙”を出現させる。
 他のエリアもニュージーランド出身で同市在住の写真家、デイモン・ベイさんの作品を並べたり、ものづくりのワークショップを開催したりと多彩な内容。また、連携会場として市中部にある鶴峯八幡宮が特別参加し、伝統の神楽を披露するという。
 午前10時~午後4時。鑑賞パスポート300円。各会場に無料駐車場を設け、無料周遊バスも運行する。問い合わせは市芸術祭推進課(電話)0436(50)1160。
 「アートいちはら2018秋」に合わせ、小湊鉄道(石川晋平社長)などは12月1日、市原市牛久の県立市原高校で、「牛久シネマパラダイス」と題したDJスタイルのショートムービーショーを開催する。
 同社によると、ショーは「中房総をシネマで元気にするプロジェクト」として老若男女が楽しめる上映イベントを目指す。日本を旅する映画館「キノ・イグルー」が協力するという。
 上映されるのは長編映画でなく、世界各国のショートフィルムやアニメーション、CM、ミュージックビデオなど。同社は「各年代がみんなで見て会話もできる内容。お題は見てのお楽しみ」としている。
 午後5~7時。入場料500円。定員800人。チケット購入は同社ウェブサイトと電話、上総牛久駅前の深山文具店でも受け付けている。問い合わせは同社(電話)0436(21)3133。

“【アートいちはら2018秋】里山舞台に展示や体験 11月23日、芸術の祭典幕開け(千葉日報オンライン)” の続きを読む

噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-11566403-colocal-l31
日本のどこかで、数日間だけオープンするプレミアムな野外レストラン〈DININGOUT〉。一流の料理人がその土地の食材を、新しい感覚で切り取って料理にするという他ではない体験ができるイベントで、毎回好評を得ています。〈DININGOUT〉のコロカルレポートはこちら【写真で見る】噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!〈DININGOUTTOTTRI-YAZUwithLEXUS〉/鳥取そんなプレミアムな野外レストラン〈DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS〉が、2018年9月8日(土)から9日(日)、9月9日(日)~10日(月)の二夜限りで、鳥取県八頭町で開催されます。ロケーションは日本の原風景を思わせる、懐かしい景色が広がる八頭町ですが、〈DININGOUT〉の詳しい場所は参加者にしか明かされません。
毎回テーマが異なる本イベント、今回は、古代からのパワースポットでもある八頭町にちなんだ「EnergyFlow-古からの記憶を辿る-」がテーマです。八頭という地に古来より漂う、“生命力”や“自然の神秘”を表現します。
毎回担当するシェフが変わるのも〈DININGOUT〉の特徴。今回担当するのは、イタリア・ミラノで本場イタリアンの店をオープンし、わずか10ヶ月でミシュラン一つ星を獲得した、今、最も注目されるシェフの一人である徳吉洋二シェフ。徳吉シェフは鳥取出身でもあり、世界から地元に凱旋して一緒に作り上げる“凱旋DININGOUT”となるのが目玉。イタリアで研鑽した技に合わせて、地元食材を見つめ直すことで、どのようなコース料理が完成するのでしょうか?!
ホスト役は、東洋文化研究家のアレックス・カー氏。レストランプロデューサーの大橋直誉氏がサービス統括を務めます。調理やサーブは、八頭町や周辺の地域から参加した約100名の地元スタッフが担当。DININGOUTを盛り上げていきます。
information
DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)※2日間限定
場所:鳥取県八頭町
募集人数:各回40名、計80名限定
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)

情報元 : 米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000009-ryu-oki
 【宜野湾】昨年12月に米軍の部品カバーが落下した沖縄県宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園の父母らが、来月で事故から1年が経過するのに合わせ、音楽&トークイベント「ことりフェス」を計画している。同じく米軍ヘリの窓が落下した普天間第二小の関係者も含め、交流を通して当事者を孤立させず、事故の風化を防ぐことが目的。12月22日午後2時半から、市立中央公民館で開く。参加無料。
 「ことり」には「小鳥だけが飛ぶ空でありますように」との思いを込めた。出演者は宜野湾市の特産の田芋を普及する「タイモーズ」、アーティストの「むぎ(猫)」さん、演芸集団「FEC」が決定しており、今後も増える予定。事故から1年が経過する今も米軍機が上空を飛行し続ける現状や、子育てに関する思いを父母が話すリレートークも計画している。司会はフリーパーソナリティーの島袋千恵美さんらが務める。
 実行委員長の与那城千恵美さん(45)は「子どもたちと一緒に楽しみながら、こういう事故が起きる現状を考えるきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛けた。実行委では随時協賛を受け付けている。問い合わせは実行委(電話)070(5485)0623。

“米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)” の続きを読む

別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000029-minkei-l44
 「第二回Beppuブルーバード映画祭」が11月23日、「別府ブルーバード劇場」(別府市北浜、TEL0977-21-1192)で始まる。小山明子さん、加藤雅也さん、津田寛治さん、真木よう子さんら豪華ゲストを迎え、3日間で「厳選」42本を上映する。(大分経済新聞)岡村さんは映画祭仕様のネイルで窓口に 1949(昭和24)年創業の老舗映画館を守り続ける館長の岡村照さん(87)を映画でたたえるイベントで、昨年に続いて2回目。アニメ、ドラマ、ホラー、ミュージカル、特撮などのジャンルで、新作や初公開作品を含めた42本を公開する。ゲストは小山さん、加藤さん、津田さん、真木さん、高野八誠さん、須賀貴匡さん、長濱慎さん、中原翔子さん、青柳尊哉さんほか多数。各回とも上映にはゲストのトークが盛り込まれる。
 23日10時30分からの「少年」で開幕。故大島渚監督の作品で、妻の小山さんがトークショーで当時を振り返る。14時からの「フラッシュバックメモリーズ」では同劇場初の3D上映を行う。23時30分からはミッドナイトシネマとして3本をオールナイトで上映する。
 24日10時からは真木さんをゲストに迎え、新作「焼肉ドラゴン」と「さよなら渓谷」を公開。19時30分からの新作「ココロ、オドル」では加藤さんがステージに登場する。
 最終日は10時30分から新作「名前」、13時から「イズ・エー」。ゲストは津田さん。16時30分からは初公開作品「デリバリー」をプレミア上映する。長濱さん、中原さんらが登壇するほか、スペシャルメッセージムービーも用意している。
 クロージングの「プリシラ」は入場無料。女装家「ドラァグクイーン」の3人旅を70年代の曲に乗せて映像化した作品で、ゲストはブルボンヌさん。観客参加型のショーも用意している。20時からの後夜祭にはTAK∴(坂口拓)さん主演の「TEBANASANKICHI」「RE:BORN」の2本を上映する。
 ショートフィルムセレクションは3日間で4枠を用意。1枠で3本を流す。幼児虐待事件を描いた「我が名は理玖」、タレント野沢直子さんの初監督作品「MonkfishDream」、レズビアンを題材とする「きみは海」など。
 25日は「Beppu特撮フェスティバル!」も同時開催する。9時30分から「劇場版ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!」などを上映するほか、「第13回全国自主怪獣映画選手権別府大会」を行う。全国の高校、大学、社会人のアマチュア監督が撮影したショートムービー8本を紹介。大分舞鶴高放送部の「大分怪獣ブゴン」などを上映する。入退場自由。
 映画祭を切り盛りする映画ライターの森田真帆さん(38)は「気軽に足を運んでもらえるようにジャンルも時間もバラバラで誰でも何かが楽しめるようにした。特に若い世代に見てほしいという思いも強く、学生価格はできるだけ下げた。『前売り』も事前に予約して当日受け取るいう形もセーフ。とにかく映画の面白さを伝えたい」とアピールする。
 岡村さんは「みんなに支えられて今年も開けるのでありがたい気持ちでいっぱい。個人的には同年代の小山明子さんと話せるのがうれしい」と笑顔で話す。イベントに合わせてネイルも映画祭仕様に整え「窓口でチケットをやりとりするときに指先を楽しんでもらえれば。皆さんに会うのを楽しみに待っている」と来場を呼び掛ける。
 チケットは、前売り=1,000円、当日=1,500円。学生は前売り・当日とも500円。新作は一律1,500円。4回券=3,000円、3日通し券=1万円。

“別府市のブルーバード劇場で映画祭 加藤雅也さん、真木よう子さんら登壇 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市の高崎山で「入場無料の日」 サルいなければスタッフが「代役」に /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の高崎山で「入場無料の日」 サルいなければスタッフが「代役」に /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000019-minkei-l44
 大分市の高崎山自然動物園(大分市神崎、TEL097-532-5010)で11月17日、恒例イベント「高崎山無料の日」が開かれる。サルが山から降りてこない場合はスタッフが代役を務める。(大分経済新聞)「高崎山無料の日」チラシ(表) 高崎山のキャラクターで宣伝部長の「たかもん」の誕生日「11月の第3土曜日」を入場無料とする感謝デーで、今年で10回目。例年約5000人が来場する人気の催しとして定着している。
 10時10分からの「たかもんの誕生日会」には、別府市宣伝部長の「べっぴょん」と、高崎山の宣伝隊として活動する「たかもんガールズ『PEAKL(ピークル)』」が駆け付ける。
 催し物は、サルと一緒に写る記念撮影会(9時40分~15時10分)、○×クイズ(12時40分)、「たかもん」との尻相撲(13時10分)、縄跳び大会(14時10分)など。「Wanted!あいつを探せ!」(13時40分)は大きな写真パネルにしたサルと同じサルを見つけてもらい撮影するイベントで、正解者にオリジナルグッズを進呈する。抽選で高崎山のカレンダーなどのオリジナルグッズが当たるミッションゲームも予定する。
 同園では11月11日現在、B群642匹、C群588匹を確認。今年生まれた子ザルはそれぞれ74匹、70匹となっている。サルが寄せ場に降りて来ない「欠勤問題」などもあるが、ここ数日、B群に関しては午後を中心に姿を見せるようになっている。
 当日は朝からスタッフ総出でサルの誘導に全力を尽くすという。下村忠俊さん(45)は「C群は来たらラッキー、B群は恐らく来てくれる―と信じている。もし、サルがいなかったら自分たちがサルになり切って盛り上げる。それはそれで自信がある。どちらに転んでも面白いと思うのでぜひ来場してほしい」と呼び掛ける。
 営業時間は8時30分~17時。モノレールは有料(100円)。

“大分市の高崎山で「入場無料の日」 サルいなければスタッフが「代役」に /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

陶工の技楽しむ壺屋陶器まつり 23~25日、那覇・壺屋小(琉球新報)

情報元 : 陶工の技楽しむ壺屋陶器まつり 23~25日、那覇・壺屋小(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000013-ryu-oki
 第39回壺屋陶器まつり(主催・同まつり実行委員会、壺屋陶器事業協同組合)が23~25日の3日間、那覇市立壺屋小学校で開かれる。各工房から出品された作品のオークションや2割を超える割引となる展示即売会、陶工たちがリレー式でいかに早く美しい作品を仕上げられるかを競う「カーミスーブ」など多彩な催しが予定されている。
 16日、那覇市泉崎の琉球新報社を訪れた同組合広報・販売担当の新崎貴江さんと新城加奈さんは「陶器の関心の有無にかかわらず、誰でも楽しめるイベント。手にとって陶器の温かみに触れてほしい」と述べ、多くの来場を呼び掛けた。
 入場無料で午前10時~午後6時。問い合わせは同組合(電話)098(866)3284。

“陶工の技楽しむ壺屋陶器まつり 23~25日、那覇・壺屋小(琉球新報)” の続きを読む