牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000084-minkei-l13
 牧野記念庭園記念館(練馬区東大泉6)で7月14日、夏休み特別展「ドクターマキノと道草たんけん~空飛ぶ胴乱号にのって」を開く。(練馬経済新聞)
 植物の面白さを紹介する科学絵本「ドクターマキノの植物たんけん 雑草のサバイバル大作戦」(作・画=里見和彦さん)の原画を展示する同展。絵本には、採集した植物を入れる胴乱(どうらん)を肩にかけ、野山に出掛けた牧野富太郎博士によく似たキャラクター「ドクターマキノ」が登場する。
 会場では原画のほか、作中で描かれた植物の標本や種子なども紹介。初日には、里見さん本人が登場しギャラリートークで見どころを詳しく紹介する。14時開演。
 関連イベントとして7月22日、子どもにも分かりやすく展示の見どころを解説するギャラリートークと企画展にちなんだ缶バッジ制作を行う。8月19日には、夏休み自由研究相談として名前の分からない植物の同定や牧野博士を調べる研究の手伝いなどを行う。
 観覧時間は9時30分~16時30分。火曜休園。入場無料。9月24日まで。

“牧野記念庭園記念館で里見和彦さん科学絵本原画展 夏休み自由研究相談も /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)

情報元 : 29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00001038-fminpo-l07
 Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)で一部再開翌日の二十九日に催される再始動イベントに参加するサッカー元日本代表選手らが固まった。運営会社Jヴィレッジが十三日、発表した。 
 新たに参加が決まった元日本代表は秋田豊さん、加地亮さん、鈴木啓太さん、福田正博さん、小島伸幸さん。タレントでは三瓶さん(本宮市出身)、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん、Jリーグ女子マネジャーを務めた佐藤美希さんらが来場する。 
 午前十時四十分から開会式を行う。正午からのトークショーでは鈴木さんと佐藤さん、永島昭浩さん、お笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさんとワッキーさんがJヴィレッジの歩みやワールドカップの歴史を語り合う。午後一時半からは元日本代表とタレントの混成チームが「ドリームマッチ」として各年代の来場者と対戦する。 
 センター棟前のピッチでは小島さんと加地さん、元日本代表の平山相太さんらが指導する小中学生・高校生向けサッカー教室、ラグビー元日本代表の守屋篤さんによる全世代対象のラグビー教室を開く。午前十時半から参加者を受け付ける。お笑いステージやサッカークイズも催す。 
 各イベントは男女とも参加可能。隣接する二ツ沼総合公園を駐車場とし、無料シャトルバスを運行する。

“29日のJヴィレッジ再始動催し 元日本代表ら参加へ(福島民報)” の続きを読む

天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000083-minkei-l40
 イムズ(福岡市中央区天神1)3階に7月7日、ローカルの魅力を紹介するショップ「ローカルデベロップメントラボ」がオープンした。(天神経済新聞)
 同店は「都会を“ローカルの力で”元気にする」をコンセプトに、九州をはじめとした各地域の自然や食、アクティビティの開発や紹介、販売を行う。インターナショナル公民館「SUiTOFUKUOKA」を展開する「EAST」代表取締役・長島秀晃さんと地域ブランディング協会理事・佐藤真一さんが手掛ける同店。店舗面積は約50坪。
 「食とくらし」「野遊び」「ツーリズム」をキーワードに複数の店舗が出店する。福岡のけやき通りにも店舗があるグローサリーショップ「&LOCALS」では、地域の特産品などを販売。商品開発や生産者イベントができる「L.D.LKITCHEN」では、フードロスを解消する目的で規格外野菜を使った定食の提供や、新商品の試食・試飲ができるスペースを設ける。「エイ出版社」、「地域ブランディング協会」、「TOYODATRIKE」では、野遊びを通してローカルに興味を持ち楽しむことができるワークショップを開くほか、「VISITKYUSHU」によるモニターツアーなどを実施する。ハウスメーカー「未来工房」では、木に触れる機会を持って知ってもらおうと熊本県の木材を使った子ども部屋をイメージしたブースを用意する。
 店舗では、生産者や自治体からの相談事を話し合える打ち合わせスペースも設け、ローカルと人とをつなぐコミュニティ-の場としても活用できる。
 長島さんは「地域に行くきっかけ作りとして、地域の良いものを見せる場、紹介できる場を作りたい。生産者をどのように支援できるか、つなぎ役として会話や相談ができる場所にしていきたい」と語る。
 佐藤さんは「単なるショップではなく、地域の人と一緒に悩みや問題を解決することで『ローカルが新しい(プレミアム)』という新たな価値観に出会える場、情報発信できる場にしていきたい」と話す。
 営業時間は10時~20時。

“天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-14006901-ehime-l38
 選手が西日本豪雨の募金活動(17時半~18時、正面入り口)
 【マッチタウン】
▽砥部町 砥部焼絵付け体験(16時~)
▽出前木育ひろば(16時~)
▽選手を応援する小型フラッグ「ゲーフラ」作成ブース(16時~)
 【イベント】
▽ネッツトヨタ愛媛スペシャルマッチ 車と愛媛FC選手との写真撮影会(17時15分~)
▽PIT体験タイヤ交換チャレンジ(16時~)=以上、イベント広場で
▽ネッツトヨタ愛媛特製「VICTORYうちわ」を先着3千人にプレゼント(17時~、各入場口)
▽あなたが選ぶMIP=最も印象に残った選手に投票(配布されるプログラムのQRコードにアクセス)
 【臨時バス=JR松山駅―松山市駅―大街道―いよ立花駅―ニンスタ】16~18時、30分ごと。試合後は随時運行
 【駐車場】園内駐車場(有料)、臨時駐車場なし。
 【託児所】あり。愛媛FC=電話089(970)0700

“ニンスタで19時から 愛媛FC、 あす15日 徳島戦(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000060-minkei-l45
 宮崎県立延岡商業高校(延岡市桜ヶ丘、TEL0982‐32‐6348)の生徒が運用するオンラインショッピングモールの企業出店説明会が7月12日、同高で開かれた。(日向経済新聞)生徒が開催した「延商まなびや」の説明会 「延商まなびや」と名付けられた同サイトは、経営情報課の生徒が授業の一環として構築し、2017年12月26日にサービスをスタートした。
 2013年度に文部科学省の新しい学習指導要領に「電子商取引」の授業が採択されたのを機に、静岡県を先駆けに全国で取り組みがスタート。現在、全国で13の「まなびや」が開局しているが、宮崎県内の参入は同高1校のみという。
 同高では生徒の中から会長、社長、専務、部長、課長などの役職を決め、幹部スタッフと教員で構成する「延商まなびや運営委員会」を毎月開催しながら目標を設定。サイトの運営管理をはじめ、イベントの企画などに取り組む。
 現在、市内を中心に趣旨に賛同した13社が参加し、花束や陶器、漬け物、茶、眼鏡、藍染風呂敷、季節の野菜などを販売。開局から今年6月末までの実績は、売上高34万5,650円、アクセス数1万9544件。そのうち栗菓子を提供する「マロンハウス甲斐果樹園」(日之影町)の「栗きんとん栗九里」は全国1位の売り上げを誇る。
 出店説明会には17社が出席。生徒たちがモールの内容紹介、出店の利点、出店方法、決済方法などをプレゼンテーションした後、加入希望企業と個別に打ち合わせした。
 同高の山口博範校長は「学校と地元企業が一緒になって取り組み、地域を盛り上げる試みは、生徒たちにとって生きた教材であり、貴重な体験」と意義を強調する。社長を務める3年生の貴島恋さんは「本年度は年間売上60万円、新規出店20社が目標。多くの企業に支援、協力してもらい、多くの人たちに利用してもらえるよう社員一同努めていきたい。延商まなびやの取り組みを通じ、延岡のものを全国に発信し、延岡を発展させたい」と話す。
 出店の申し込みは同高へ。

“宮崎・延岡で高校生がECサイト「延商まなびや」説明会 全国1位の栗菓子も /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)

情報元 : 九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000020-san-l44
 昨年の九州北部豪雨で被災した大分県日田市で、日田祇園祭の関連行事に女性のおはやしグループが初参加する。約300年の歴史を誇る祭りは女人禁制とされるが、19日開催の事前行事は観光イベントと位置付け、初めて山鉾に女性が乗ることが可能となった。グループは「被災した方に元気を届ける」と意気込んでいる。
 参加する「日田祇園囃子なでしこ会」は、小学生から50代の女性17人で構成する。毎週稽古を続け、市内の行事などで年に10回以上、息の合った音色を披露してきた。
 人形や花などで飾られた豪華な山鉾9基が市の中心部のJR日田駅前に集う「集団顔見世」に登場。このうち高さ約10メートルの平成山にメンバー約10人が乗り込み演奏する。
 同会は昨年の顔見世に参加する予定だったが、豪雨被害でイベント自体が中止となっていた。会長の山本友紀さん(43)は「期待を裏切らない演奏をしたい」と話した。日田祇園祭は風水害を払い安泰を願うもので、今年は21日から2日間開催する。2016(平成28)年には、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録された。

“九州豪雨復興盛り上げ 日田祇園祭イベントに女性ばやしが初参加へ(産経新聞)” の続きを読む

中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)

情報元 : 中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010005-dtohoku-l02
 21日に青森県八戸市三日町にオープンする八戸まちなか広場「マチニワ」の内覧会が12日、開かれた。市がメインのイベントスペースやシンボルオブジェ「水の樹」など施設内を初めて関係者に公開。八戸中心商店街連絡協議会の松井正文会長は「市民がゆっくりくつろげる施設ができた。来街者が増加し、店を訪れる人も増えてほしい」と期待を膨らませた。
 施設は2階建てで、「自由な雰囲気の場所」として空間に仕切りがないのが特徴。市はバスの待合や食のイベントなどさまざまな用途を想定している。
 水の樹は、複数の柱と水の受け皿でできており、1時間に1回、水が流れる仕組み。このほか、施設内には203インチの大型ビジョンや市営バスの運行状況が把握できるモニターなども設置している。
 内覧会には中心街関係者ら約120人が参加。マチニワを管理するはっちの安原清友館長は取材に「施設は、はっちとブックセンターの中間に位置しており、文化芸術の振興や中心街のにぎわい創出につなげたい」と強調した。
 市は13日から始まる「八戸七夕まつり」に合わせ、同日午後4時からプレオープンし、市民に開放する。

“中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市

情報元 : 道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市チバテレ(千葉テレビ放送)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180402-00010001-chibatelev-l12

 拡張整備が進められてきた、香取市佐原の道の駅・「水の郷さわら」の工事が完了し、1日、竣工式が行なわれました。

 竣工式には多くの関係者が出席し、テープカットなどでリニューアルオープンを祝いました。「水の郷さわら」は国道356号と利根川に挟まれた堤防に設けられていて、地場野菜の直売所やフードコートを持つ「道の駅」と水に親しむ様々な施設を備えた「川の駅」を融合したユニークな総合観光施設として2010年にオープンしました。オープン以来多くの客を迎え、手狭になったことから拡張整備を進めていたもので、リニューアルを記念したイベントも行われました。

“道の駅「水の郷さわら」リニューアル /香取市” の続きを読む

神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す

情報元 : 神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000012-kobenext-l28

 都心のオアシスの魅力向上へ-。神戸市役所南側の東遊園地(同市中央区加納町6)について、同市は19日午前、学識者らでつくる再整備検討委員会を開き、人を呼び込むカフェなどの新たな拠点施設を整備し、社会実験として行っている芝生化も本格的に継続する基本計画案を示した。歩行者中心のまちづくりを目指す三宮中心部と、ウオーターフロントの再開発を予定する神戸港の中間に位置することから、にぎわいを生み出すことで、観光客らの回遊性も高める狙い。(若林幹夫)【イメージ図】東遊園地の再整備 東遊園地では2015年度、市が「にぎわいづくり」の社会実験として、敷地のうち約200平方メートルを芝生化。16年度から約2500平方メートルに拡大して実験を続けている。土日曜を中心にさまざまなイベントが開かれ、市民らが芝生でくつろぐ姿が見られた。

 一方で、年末の神戸ルミナリエなど大型行事のたびに芝生が踏まれて消失したが、市は芝を張り替えずに、養生シートなどで回復が可能と判断。今後も芝生化を続けると決めた。物資を搬入する車両スペースだけ舗装する案なども示した。

 カフェなどの新たな拠点施設は、芝生スペースと隣接して整備する予定。芝生化の社会実験では、オープンカフェが人気を集め、市が実施したインターネットアンケートでも希望が多かった。ほかに書店や、子どもが遊べる施設などを望む声もあり、民間事業者の活用も含めて検討していく。

 現在、噴水広場がある同遊園地の南エリアにも集客機能を持たせ、道を挟んだ北エリアとの分断感も解消する。「慰霊と復興のモニュメント」は残す。

 整備時期は未定。市は今後、商業・文化機能を持った複合ビルに建て替える市役所2号館と合わせ、詳細な計画をつくる方針。

“神戸・東遊園地にカフェ計画 三宮のにぎわいスポット目指す” の続きを読む

長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎

情報元 : 長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000064-minkei-l42

 長崎港沿いの商業施設「出島ワーフ」(長崎市出島町)で3月3日、大学生が中心となって飲食イベント「満月BAR(バー)」を開催した。(長崎経済新聞)チケット売り場 同イベントは、昨年10月に若者の県内定住を促進するため長崎県と長崎大学、地元企業の産学官連携で立ち上げられた「縁JOYプロジェクト」の一環。大学生が中心となり、全国に広がっている「満月バー」を出島ワーフの飲食店と協力して開いた。長崎市は同イベントを「長崎創生プロジェクト事業」に認定し、開催に先立って同プロジェクト学生代表で長崎大学環境科学部3年の伊藤大悟さん(愛知県出身)に認定書を手渡した。

 当日は雨天のためウッドデッキにテントを設営して行われたが、学生スタッフたちは笑顔で熱心に接客した。サポートする社会人スタッフの一人は「雨天にもかかわらず、皆さんの協力でチケットが100組以上売れていた。学生たちが自分の子どものように思えて、つい手を出したくなったが、彼らの自主性を最大限に尊重した。この経験を将来ぜひ役立ててほしい」とほほ笑む。

“長崎・出島ワーフで「満月バー」 大学生らが運営 /長崎” の続きを読む