下田・あずさ山の家、宿泊休業へ 指定管理者見つからず(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 下田・あずさ山の家、宿泊休業へ 指定管理者見つからず(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00000028-at_s-l22
 下田市須原の農村体験宿泊施設「あずさ山の家」について、市は15日の市議会全員協議会で、2019年度から一部機能をのぞいて休業する方針を明らかにした。公設民営で19年度から5年間の次期指定管理者を募集したが、条件に合う事業者が見つからなかった。市は「地域住民の意見を聞きながら、今後の管理運営方法を検討したい」(産業振興課)としている。
 市によると、18年8月に公募し、現在の指定管理者1社が申請したが、収支計画の管理経費が市の設定上限を超えていた。10月の再募集に申し込んだ別の事業者1社も、同じく管理経費が設定を上回り、指定管理者が決まらなかった。
 このため、市は宿泊事業の休止を決め、「当面は単発イベントなどで活用しながら維持管理する」という。
 あずさ山の家は市北部の山間部の小学校跡地を活用し、1992年に開設した。4941平方メートルの敷地内に管理棟や宿泊棟、浴室、食堂などがあり、陶芸を体験できる。年間宿泊者は90年代の4949人をピークに1347人まで減り、市は2006年度に指定管理者制度を導入した。
 17年度は3896人まで盛り返したが、赤字が続いていた。年450万円前後の財政負担が必要で、老朽化に伴う多額の修繕費も見込まれるため、市は直営しない方針を示した。過疎化で市の財政状況は厳しく、廃止を含めて検討するとみられる。

“下田・あずさ山の家、宿泊休業へ 指定管理者見つからず(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)

情報元 : 下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000001-minkeiv-l35
 下松市笠戸島全域をコースにした「くだまつ笠戸島アイランドトレイル2019」が2月10日、開催された。(周南経済新聞)
 下松、笠戸島の魅力発信と交流人口の増加を目的とした大会で、4回目を迎える今回は全国35都府県と韓国や中国から928人がエントリーし、799人が出走した。
 笠戸島ハイツをスタート・ゴールにしたコースは32キロと19キロの2種類で、標高200メートルを超える山々や海岸沿いの断崖絶壁を駆け抜ける。島内3カ所に設けられた給水所では、地元住民を中心とした約400人のボランティアスタッフが声援を送り、地元特産品を使ったスープなどを振る舞った。
 大会には村岡嗣政山口県知事もゲストランナーとして参加し、ショートコースを完走した。ゴール後、村岡知事は「山を登った後の景色が最高。穏やかな海が広がり、きれいな島が見える。笠戸島最高」と話した。
 大会の順位結果は次の通り。ロング男子の部=中村卓也(福岡県福岡市、2時間58分55秒)、ロング女子の部=安ケ平萌子(北海道札幌市、3時間41分17秒)。ショート男子の部=山下慎一郎(福岡県福岡市、1時間41分05秒)、ショート女子の部=武居修子(下松市、2時間13分55秒)。

“下松・笠戸島でトレイルラン 山口県知事も参加 /山口(MINKEITV)” の続きを読む

縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)

情報元 : 縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-fukui-l18
 「縄跳びを極めたい」―。7重跳びのギネス記録を持つ福井県福井市出身の森口明利さん(29)=愛知県蟹江町=は、会社を辞め今年から縄跳びの「プロ」として活動している。イベントでパフォーマンスを披露するほか、福井県内外の小学校や教室で子どもたちを指導していくつもりで「縄跳びの魅力を広めたい」と意欲を燃やしている。
 小学生のころから縄跳びが得意で、京都大学の縄跳びサークルに入ってから競技として本格的に始めた。「跳び方の組み合わせ次第で無限に技の種類があるのが奥深い」ととりこになり、次々と高難度の技を習得していった。垂直跳び約90センチのジャンプ力を生かし、5重跳びや6重跳びの連続成功数で次々とギネス記録を樹立。2017年には世界で初めて7重跳びを成功させギネス記録に認定された。
 「プロとして生きていきたい」。大学生の時から漠然と抱いていた夢の実現に向け、昨年8月に会社を退職。今月から愛知県蟹江町の縄跳び教室の講師となり、4月からは運動教室を主宰する「エーアイきっずくらぶ」(福井県坂井市)の講師としても活動することになっている。2月9日に福井市のエルパで開かれた「なわとびフェス」では「もりぞー」の愛称で登場。6重跳びなどのパフォーマンスを披露し、子どもたち一人一人を指導した。ユーモアたっぷりのマイクパフォーマンスと優しい笑顔で子どもたちの心をつかんでいた。
 競技者としては、前人未到の8重跳びの成功が目標。語呂合わせで今年8月10日に挑戦することにしている。現在は滞空時間を0・78秒から0・83秒に伸ばすためジャンプ力に磨きをかけている。「年齢的にも最後。なんとしても成功させたい」と力を込める。
 「子どもたちが楽しそうに縄跳びをしている姿を見るのが楽しい」と語り「縄跳びの達人と言えば『もりぞー』と言われるようになりたい」とさらなる高みを目指す。

“縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

倉敷のカフェで焼き菓子イベント 店主セレクトの8組50種、一堂に /岡山(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 倉敷のカフェで焼き菓子イベント 店主セレクトの8組50種、一堂に /岡山(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000018-minkei-l33
 県内外の手作り焼き菓子を一堂に集めて販売するイベント「コーヒーとこうちゃでいただく焼菓子の楽しみ方。」が現在、ギャラリーカフェ「フューチャーヒャクカフェ」(倉敷市鶴形1、TEL086-423-1011)で行われている。(倉敷経済新聞)「カフェアンドゥ」のレモンクッキー 初開催の同イベント。「自分が実際に食べて『おいしい』と思った焼き菓子を集めた」と店主の渡辺剛広さん。カフェ、ケーキ店、パン店、焼き菓子作家など8組による焼き菓子約50種を販売する。
 参加店は、「yokotanami」「risupoche」「ArtBrut」「Scarecrow」「カフェアンドゥ」(以上、岡山県)、「パン工房MAAMVERANDA」「caf?wakaya」(以上、三重県)、「エトセトラ」(滋賀県)。
 イベントはワンオーダー制で、「ティーラテ」(450円)、「ソイラテ」「カフェラテ」(以上550円)、「アメリカーノ」(500円)などテークアウト用ドリンクメニューも用意する。
 渡辺さんは「冬は温かいドリンクがおいしい季節。さまざまな焼き菓子と一緒に楽しんでもらいたい」と話す。
 開催時間は7時~20時(土曜は22時まで)。金曜定休。2月17日まで。

“倉敷のカフェで焼き菓子イベント 店主セレクトの8組50種、一堂に /岡山(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00033441-kana-l14
 津波で多くの犠牲者を出した東日本大震災を教訓に、いざというときの行動につなげてもらおうと、高台への避難を体験するイベントが11日、法性寺(神奈川県逗子市久木)で開かれた。被災地支援活動を続ける団体「逗子災害ボラバスターズ」が主催。4回目の今年は市民ら約60人が参加し、山門から本堂正門までの急坂を駆け上った。
 中学生以上の男女で着順を競うものや、子ども連れら誰でも参加できるものなど、五つの部門で実施。「逃げろ!」の合図をもとに、児童や母親、幼児を抱えた父親らが150メートルを駆け上った。車椅子にくくり付けたひもで車椅子利用者を引っ張り上げる練習も行われたほか、避難するまでの時間を把握してもらうために全員のタイムを計測。早い人で30秒から50秒弱で本堂正門にたどり着いた。
 市内に住む男児(11)と弟(9)の兄弟は「もし津波が来たら、必死で逃げようと思った」と話し、父親(40)は「子どもたちもイベントを通し、高台へ逃げることの大切さをより理解できたと思う」と話した。団体は震災後、宮城県女川町や岩手県陸前高田市で、畑の開墾の手伝いやバスツアーの企画など復興支援を続けている。女川町内で高台への避難を体験するイベントが行われていることを知り、「海沿いの逗子でも、津波から逃げる大切さを伝承したい」とイベントを企画した。団体は「震災からもうすぐ8年。被災地を忘れず、復興への応援を続けながら、地元でもできることをしていきたい」と話している。

“「逃げろ!」が号砲 高台への避難をイベントで体験 逗子(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000027-minkei-l13
 メロンパン専門店「Melondemelon(メロンドゥメロン)新高円寺店」(杉並区高円寺南2)が2月16日、ルック商店街にオープンする。(高円寺経済新聞)人気の「リッチプレーン」 「焼きたてパンで毎日においしさの喜びを」をテーマに、素材にこだわったメロンパンやアップルパイをテークアウトで提供する「メロンドゥメロン」。全国に60店以上をチェーン展開する。
 高円寺に出店した理由について、オーナーの小原さんは「おいしいメロンパンを届けることでお客さまの笑顔を広げたいという思いから出店を決意した。高円寺はお祭りやイベントも多いので、活気あふれる街づくりの一役を担えれば」と話す。
 一番人気は「リッチプレーン」(190円)で、スイス産の発酵バターを使い、カスタードクリームを練りこんだビスケット生地が特徴。そのほか、外も中もチョコの「チョコチョコメロンパン」(210円)、「クロワッサン」(180円)もファンが多いという。
 小原さんは「焼きたてを味わっていただけるように、店で一つ一つ丁寧に焼き上げている。地域の方に必要とされる店にしていければ」と話し、来店を呼び掛ける。
 営業時間は10時~20時。

“高円寺・ルック商店街にメロンパン専門店「メロンドゥメロン」 焼きたてを提供 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000003-utyv-l19
山梨県甲州市にある国の重要文化財「甘草屋敷」で、江戸時代から現代まで約4000点のひな飾りの展示が始まりました。
ひな飾りの展示は、甲州市の「ひな飾りと桃の花まつり」のイベントとして行われているものです。
メイン会場の甘草屋敷には、江戸時代に流行した浮世絵風の顔立ちが特徴の「古今雛」や御殿の中に人形を飾る「御殿飾り雛」、そしてなじみの深い段飾りまで約4000点が展示されています。
また、11日は琴の演奏も披露され、大勢の人が春の雰囲気を楽しんでいました。
このひな飾りの展示は、4月18日まで行われています。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県甲州市で「ひな飾りと桃の花まつり」 (UTYテレビ山梨)” の続きを読む

神戸の南京町で「春節祭」 中華料理店で特別メニューも(MBSニュース)

情報元 : 神戸の南京町で「春節祭」 中華料理店で特別メニューも(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00026532-mbsnewsv-l28
 神戸・元町の中華街「南京町」では、旧正月を祝う「春節祭」が行われています。
 神戸の中華街「南京町」では今月5日から旧暦の正月を祝う「春節祭」が開催されていて、特設ステージでは、一瞬にして顔の面を変える「変臉」や獅子舞の演舞など中国文化にちなんだイベントが行われています。また、一部の中華料理店では特別メニューが提供されています。
 「パンダのあんまんとブタの肉まん、おいしいです、かわいいし」(来場した女性)
 春節祭は11日が最終日で、期間中の4日間で25万人余りの来場客を見込んでいます。

“神戸の南京町で「春節祭」 中華料理店で特別メニューも(MBSニュース)” の続きを読む

結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)

情報元 : 結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010002-dtohoku-l02
 昨年11、12月に五所川原市などで本戦が開催された「青森県ジュニア学童野球選手権2018」で、結成1年目の東北町の東北クラブが初優勝した。メンバーは6日、町役場本庁舎に蛯名鉱治町長を訪ね、快挙を報告。全国大会に向け、決意を新たにした。
 同選手権は、東北地方で学童野球大会を運営する「ビッグウエストカップ」と、県小学生野球交流協会の共催。本戦には76チームが出場した。
 昨年6月に発足した同クラブは、持ち前の堅守とつなぐ打線で勝ち上がり、決勝では藤崎レッドファイターズ(藤崎町)を14―1で圧倒。8月に兵庫県淡路島で行われる第40回全日本都市対抗少年野球大会の切符を手にした。
 同日はメンバー20人と槙田真一コーチが訪問。蛯名町長は「優勝おめでとう。これからも勝とうとする野球を目指してください」と激励した。主将で町立蛯沢小5年の笹倉未羽さん(11)は「声を出してチームのいい雰囲気をつくれた。優勝できてすごくうれしい」と笑顔。全国大会に向け、「ピンチでも声を掛け合えるように、練習を頑張りたい」と力を込めた。

“結成1年目、東北クラブ初優勝 全国大会へ決意/青森県ジュニア学童野球(デーリー東北新聞社)” の続きを読む

大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)

情報元 : 大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00059897-lmaga-l29
日本屈指の桜名所・吉野山(奈良県吉野郡)で『鬼フェスin吉野山』が11日まで開催。その目玉として9日、奈良県内寺社の鬼が勢ぞろいする『鬼の夜会in吉野山』が開催された。【写真】ちょこんとお座りして護摩法要を受ける鬼たち県内6つの寺社から節分会、追儺会(ついなえ)などに登場する鬼たちが集結。吉野山の中千本エリアにある東南院から金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂まで、修験者が吹くほら貝の音と共に、行列して道中で鬼踊りなどの所作を披露した。
ご夫婦で訪れた花岡さん(奈良県大和高田市在住・女性)は、「なかなか普段行きたくても、見に行けなかった鬼さんたちが揃っていてうれしかった。来年は更に多くの鬼さんが集まるかもしれないとのお話が出ていたので、本当に楽しみ」と笑顔で語った。
会場のひとつ「金峯山寺」は、修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ)が開いた修験道の総本山。約1300年前、役行者が奈良の生駒山中で鬼の夫婦を改心させた、という言い伝えがあることから、2018年より同『鬼フェス』が開催されている。
金峯山寺・五條良知(ごじょうりょうち)管長は、「役行者にこらしめられた仏法護法の鬼の夫婦(前鬼と後鬼)が、以来、役行者に付き従って多くの人々を助けてきたことから、吉野では節分で『鬼も内』と言う。鬼を集めてここで改心していただくというものなので、みなさんの心の鬼をこらしめて」と話した。
取材・文・写真/いずみゆか

“大勢の鬼が吉野山を行列、奈良の寺社から集結(Lmaga.jp)” の続きを読む