水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000006-ibaraki-l08
水戸市立図書館は所蔵する1890(明治23)年から1935(昭和10)年までの市内の地図13点をインターネットで公開している。時系列で見比べることができ、戦前の街発展の様子を知ることができる。また、明治期の偕楽園案内書「常磐公園攬勝(らんしょう)図誌」も公開した。
同図書館の指定管理者「図書館流通センター」の関連会社「TRC-ADEAC」が運営するデジタルアーカイブシステム「ADEAC」を活用した。資料をフルテキスト化し目録データを制作しており、検索機能が付いている。
作品保護のため博物館や美術館などでは照明が落とされ、細かい文字まで確認できないことが多いが、ADEACは高精細画像で閲覧ができる。
水戸市街改正全図、水戸市現勢地図、水戸市及び三浜全図などの8点は、同一地点で街の変遷を比較して見ることができる。これにより、千波湖の埋め立て前と後の様子も見比べることが可能。那珂川沿いにあった競馬場や、水浜電車の停留場名も記載されている。大日本職業別明細図(1925年)では、商店街に並ぶ店の屋号が記されており、当時の茨城新聞社が南町に所在していたことなどが確認できる。
常磐公園攬勝図誌(1885年)は、水戸市の画家・松平雪江が描いた偕楽園と周辺の案内書。関わりがある漢詩や和歌が盛り込まれている。徳川斉昭が偕楽園で行った催事を絵入りで紹介している。原本の画像と翻刻文を同時に見ることが可能だ。
地図愛好家が見るだけでなく、児童生徒の調べ学習への活用が期待できる。パソコンやタブレット端末で閲覧可能で、プログラムのダウンロードも不要。ホームページはhttps://trc-adeac.trc.co.jp/
(清水英彦)

“水戸市立図書館 戦前地図、ネット公開 13点、街の発展見比べ(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

前橋市教委、不正アクセスへの対策方針発表(産経新聞)

情報元 : 前橋市教委、不正アクセスへの対策方針発表(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000017-san-l10
 前橋市教育委員会のサーバーが不正アクセスを受け、同市の児童生徒ら約4万8000人分の個人情報が流出した恐れがある問題で、市教委は9日、セキュリティー対策実施方針を発表した。
 再発防止にむけた具体的な取り組みとして、これまで一本化されていた教育情報システムを「校務系システム」「校務外部接続系システム」「学習系システム」の3系統に分離する。このうち、成績などの個人情報を扱う「校務系システム」は、外部へのインターネット接続を行わず、個人情報保護に関するセキュリティーを強化する。またシステム全体を統括できる人材を確保するため、庁内からシステム管理の専門性を持った3、4人を選任するとしている。
 市教委のサーバーへの不正アクセスは3月に発覚。6月に、原因究明と再発防止策を検討していた第三者委員会が、組織の見直しなどを市教委に提言していた。

“前橋市教委、不正アクセスへの対策方針発表(産経新聞)” の続きを読む

ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00028515-kana-l14
 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法の成立に絡み、菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)は11日までに、総合的なギャンブル依存症対策の強化を本格化させる意向を明らかにした。競馬や競輪など公営ギャンブル場への入場規制を念頭に、「家族の反対があれば、参加できない仕組みにしたい」と説明。パチンコの射幸性抑制を徹底する考えも示した。神奈川新聞社のインタビューに答えた。
 政府は昨年12月、依存状態にある人の家族の申告で、馬券などのインターネット購入やレース場、場外券売り場への入場を制限できる制度に関する指針を策定。日本中央競馬会(JRA)はネット購入の制限をすでに始めており、他の事業者も同調する動きをみせている。
 菅氏はギャンブル依存症対策法の成立を踏まえ、「今まで全くできていなかったパチンコや競馬、競輪、競艇などの依存症対策をしっかり進めるいい機会だ」と述べ、利用制限も含め改めて事業者に理解を求めていく姿勢を示した。
 一方、パチンコののめり込み防止策については「射幸性を少なくすることをしっかりやる」と説明。今年2月に出玉の上限を従来の3分の2程度に引き下げる関係規則が施行されており、機種入れ替えなどで最大3年間の猶予期間を設けた対策の実効性を確保する考えを明らかにした。
 IR整備法については、「観光立国を目指す日本の新たな起爆剤になる」と強調。シンガポールの大型施設を例に「観光客数は1・5倍に増え、若い女性客が一番多い。カジノ以外にも展示ホールやプール、水族館など世界から多くの人が来場して遊べるものになる」と語り、地域振興への期待感を示した。 

“ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

偽ブランド販売で容疑の男再逮捕 バッグなど全て偽物 唐津(佐賀新聞)

情報元 : 偽ブランド販売で容疑の男再逮捕 バッグなど全て偽物 唐津(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-03258021-saga-l41
 インターネットオークションで偽ブランド品を販売したとして、県警サイバー犯罪対策課と唐津署は10日、商標法違反の疑いで、唐津市、飲食店経営の男(56)を再逮捕した。
 逮捕容疑は1月下旬から2月上旬にかけ、ネットオークションで高級ブランド「エルメス」に類似する商標を付けたバッグ1点と財布1点を計約2万9千円で販売し、商標権を侵害した疑い。容疑を認めている。
 サイバー犯罪対策課によると、容疑者は2016年9月以降、中国の大手ショッピングサイトで、偽ブランド品を約640回に渡って購入して仕入れ、オークションで少なくとも400万円以上を売り上げたとみている。県警が7月に押収した容疑者のバッグなど143点は、鑑定した結果、全て偽物だった。

“偽ブランド販売で容疑の男再逮捕 バッグなど全て偽物 唐津(佐賀新聞)” の続きを読む

警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)

情報元 : 警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000024-kobenext-l28
 第100回全国高校野球選手権大会に合わせ、兵庫県警の車両が甲子園球場(西宮市)前で電光掲示しているメッセージが、観戦に訪れた人らの注目を集めている。「よこ道は まさかの危険 迫る道」(南神奈川・横浜高)、「おおがた車 サイドにしかく 側方注意」(北大阪・大阪桐蔭高)など、その日に出場する学校名に引っ掛けた標語で大会期間中の毎日、交通安全を呼び掛けている。インターネット上でも話題となっているが、さて交通事故防止の効果のほどは?【写真】南神奈川・横浜高のバージョン 全56の出場校をもじった標語は7月から、甲子園署の和泉幸男・交通課長(45)が一人でこつこつと考えたという。お気に入りは、地元の兵庫県勢2校の「いほうちゅうしゃ うっとうしいし とにかく危険」(東兵庫・報徳高)と「あぶないよ! かくにん不足! しんごう無視!」(西兵庫・明石商業高)。両校がそろって初戦に臨む11日にお披露目する。
 大会が進むにつれ、短文投稿サイト「ツイッター」などで「高校野球愛がすごい」「兵庫県警の粋な計らいをご覧ください」といった反応が相次ぎ話題に。車両の前では、入場者らが足を止めて見入っている。
 和泉課長は「話題になっているのはうれしい。高校野球の応援と一緒に、交通安全意識も高めてもらえたら」と話している。(杉山雅崇、名倉あかり)

“警察電光掲示に「高校野球愛」 全56校もじる 甲子園前(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00010000-ksbv-l37
 JR四国がリハビリに特化したデイサービス事業をスタートさせました。
 高齢化が進む中、少しでも多くの人が健康で自由に過ごせるようにとスタートさせた事業です。株式会社インターネットインフィニティーと共同で、リハビリ特化型のサービスを提供します。
 8月1日、高松市の1号店でオープニングセレモニーが開かれました。
 式のあとには実際に行われる運動プログラムも、実演されました。様々な道具を使って体を動かしながら、脳も一緒に鍛えていきます。
 JR四国のイメージキャラクター「すまいるえきちゃん」もプログラムに挑戦しました。
(JR四国/半井真司 社長)
「元気に旅行する方が増えるということは、我々にとっても非常にうれしい」

“JR四国がデイサービス事業に参入 高松市に1号店がオープン(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)

情報元 : 【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000070-san-l12
 今年も全国高校野球選手権大会が8月5日に阪神甲子園球場で開幕します。私の母校、履正社は7月27日に大阪桐蔭と北大阪大会の準決勝でぶつかりました。この日、私が出場する2軍の試合がたまたまナイターだったこともあり、インターネットの中継で両校の試合を見ることができました。結果は九回2死から逆転負け。すごくいい試合で、最後まで何が起こるか分からない野球の怖さを感じた試合でもありました。
 必死に頑張る後輩たちの姿は自分の刺激にもなりました。とても悔しい結果ではありますが、これで野球人生が終わるわけではありません。この悔しさはきっとこれからに生きると思います。聞けば、3年生の全員が大学で野球を続けるとのこと。これからも続く野球人生で素晴らしい栄光をつかんでくれることを願っています。
 思えば私自身も高校3年生の夏は大阪大会の準決勝で大阪桐蔭に敗れ、甲子園出場はなりませんでした。その時は4打数1安打。抜ければ試合展開が変わったであろう大きな当たりがあったのですが、中堅手にとられる悔しい場面もありました。
 大阪桐蔭は春の選抜大会の決勝で負けた相手だったということもあり、なんとかリベンジをしようと燃えていたのですが、それはかないませんでした。自分の中では負けても泣かないと決めていたのですが、試合後のミーティングでキャプテンから一言があり、次に副キャプテンの私が話をする番となったときに自然と涙がこぼれました。仲間たちと甲子園に行けなかった悔しさが自然と沸き上がってきました。その時の気持ちは今でも鮮明に覚えています。
 今にして思えば、あの日の悔しい思いこそが、もっともっとうまくなってやろうという私の原動力になっています。プロになった今も忘れることのない私の原点だと思います。
 さて現在の私ですが、調整は順調で、けがもなく試合に出続けることができています。1軍のペナントレースも後半戦に入り、残り試合数も減ってきました。今はいつ呼ばれてもいいような準備ができている状態です。なんとか後半戦で1軍デビューをして、1軍の戦力として活躍をしたいと思っています。
 呼ばれるその日までしっかりと身も心も備えていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。

“【千葉のゴジラへの道・安田尚憲】忘れることのない私の原点 悔しい思い原動力に(産経新聞)” の続きを読む

リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)

情報元 : リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000022-ryu-oki
◆原点回帰し新展開へ/ホールディングス 糸数剛一会長
 終戦から3年という物資の乏しい時代に誕生し成長を続けてきたリウボウグループは今、国境や業種さえも超えた大競争時代を迎えている。リウボウホールディングスの糸数剛一会長がキーワードに上げたのは、世界を相手にビジネスをするという「原点回帰」だ。
 地域や時間の制約が少ないインターネット通販の成長や他業種の参入により、競争環境は激化している。一方でITの発展や技術の進歩を背景に、アイデア次第で大きな飛躍を遂げる企業も現れている。「やる気と知恵と実行力さえあれば何でもできる時代だ。日本本土から遠く離れた沖縄でも、新しいビジネスモデルを考えれば勝てる」と前向きに捉えている。
 新たなモデルとして、県内だけで過当競争に陥るのではなく、世界を対象にしたビジネスに乗り出している。2017年には、共同出資で設立した会社がベルギーの高級チョコレートブランド「Galler(ガレー)」の日本販売代理店となり、全国でガレーブランドを販売した。台湾ではこれまで知られていなかった沖縄の商品を相次いで出し、高い評価を得た。糸数会長は「もう一度琉球貿易という原点に戻って世界を相手に仕入れ、さらに沖縄の良い物を世界中で売って行く。100年企業を目指すためにも、マーケットは世界軸にする」と意気込む。
 人材育成にも力を注ぐ。県外の大手企業などから貿易実務やITなどさまざまな分野のプロを採用し、一緒に仕事をすることで自社の若手や中堅社員に経験を積ませている。「変革のスピードを上げたい。5年後、10年後には国際性があり、東京と比べても遜色のない人材を育てたい」と話す。
 革新的な取り組みを続ける糸数会長だが、先人への畏敬の念は強い。「あの貧しい時代にリスクを取って起業した先人は本当にすごい。先人が現在のわれわれを見て、トホホと思ってしまうようでは申し訳ない。70周年を機に覚悟と気持ちを新たにし、世界に出て行くことで沖縄に恩返しをしたい」と言葉に力を込めた。

“リウボウ70周年(下) 世界市場視野に(琉球新報)” の続きを読む

宮崎虫虫新聞(宮崎日日新聞)

情報元 : 宮崎虫虫新聞(宮崎日日新聞)宮崎日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00013760-miyazaki-l45
 ◎…虫の旬の話題が満載です-。宮崎市の大淀川学習館は、虫に関する記事を掲載する「宮崎虫虫新聞」を製作している=写真。A2判で、同館2階にある学習室前のロビーに掲示している。
 ◎…開催中の「カブトムシ・クワガタ展」に合わせて製作。本やインターネットの情報や、同館の学芸員の話を参考にして職員が執筆。6月に1面を製作し、順次、2面以降を編集する。
 ◎…昆虫食の記事を扱った1面には「食糧難の救世主登場」などの見出しが並ぶ。「県民になじみが薄い話題を届けたい」と担当者。物事を細かく見る「虫の目」で、ネタ探しに余念がない様子。

“宮崎虫虫新聞(宮崎日日新聞)” の続きを読む

橿原・今井町にフリーWi-Fi 町内全域をカバー(産経新聞)

情報元 : 橿原・今井町にフリーWi-Fi 町内全域をカバー(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000026-san-l29
 江戸時代の民家が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている橿原市今井町で、無料でインターネットに接続できる公衆無線LANサービスが始まった。町を訪れた観光客らがスマートフォンやタブレット端末で情報を入手するなど、さっそく重宝されている。
 国が地域の公共サービス向上のために導入した「地域BWA(広帯域移動無線アクセス)システム」を県内で初めて採用。近くにある近鉄大和八木駅南側の鉄塔上に基地局を設け、通信用のWi-Fi機器を町内の街路灯や市施設など計25カ所に設置した。
 景観への配慮から、無電柱化を推進する今井町の事情に即し、通信回線も地中化。同町の全域(東西約600メートル、南北約300メートル)をカバーしているという。
 市の担当者は「(主要な観光スポットである)今井町にフリーWi-Fiを全面的に整備することが目的だった。外国人観光客らがWi-Fiを使い、橿原の情報を世界に発信してもらえたら」としている。

“橿原・今井町にフリーWi-Fi 町内全域をカバー(産経新聞)” の続きを読む