滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)

情報元 : 滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010002-bbcbiwakov-l25
皆さんはVチューバーをご存知ですか?「ヴァーチャルユーチューバー」、ユーチューブなどで動画を配信するキャラクターのことで、このほど県内の自治体では初めて、湖南市が採用しました。
3月1日にデビューする湖南市の公式Vチューバー、「Minami(ミナミ)」です。市の広報によると「猫耳萌え系少女キャラ」で、名前以外のプロフィールは明らかにされていません。
インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」などで人に成り代わって動画配信を行うVチューバーは茨城県などがすでに導入していますが、滋賀県内の自治体で採用するのは湖南市が初めてです。
今後は、市のユーチューブ公式チャンネルや、2月28日開設されたツイッターなどで様々な広報動画を配信していくということです。
湖南市では、3月1日以降、少なくとも月に1回以上動画を配信し、チャンネルの登録者やフォロワーを増やしていきたいとしています。

“滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)

情報元 : 仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00389584-okinawat-oki
 【久米島】県移住定住促進事業を活用した移住体験ツアー(主催・おきなわ移住の輪・結)が町内で7日から2泊3日の日程であった。
 「久米島の仕事と住まいを見るツアー」をテーマに東京や横浜から3組5人が参加。職場見学や空き物件見学、買い物施設の視察などで久米島についての見聞を深めた。
 昨年5月に初めて久米島を訪れ、人々の良さにひかれて家族3人で移住を決めたという横浜市の佐藤久美さん(49)は「人々は親切で、心穏やかになる。父は農業の経験者で農業に意欲的」と声を弾ませた。
 東京から家族5人で移住を決めた田中雅規さん(39)は「移住者の先輩から話を聞き不安が解消された。職場も決まった」と笑顔を見せた。
 東京出身で、大学でまちづくりや都市開発を学ぶ入沢公也さん(21)は「暖かい地域に移住したい思いで、インターネットで調べて移住ツアーを知り参加した。久米島の面白い環境にひかれた。大学を卒業してから地域おこし協力隊として移住したい」と思いを語った。
 町企画財政課の移住定住島ぐらしコンシェルジュの上江洲幹子さんは「個人の移住下見旅行ではなかなか見ることのできないプログラム。これまで医療福祉人材に限ってのツアー実施はあったが、通常の求人企業を見学するツアー開催は初めて」と話した。
(比嘉正明通信員)
…………………………………………………………
移住体験ツアーを通して久米島への思いを深めた参加者=9日、久米島空港

“仕事も空き家も見学できる! 沖縄の離島へ移住お試しツアー 仕事が決まった家族も(沖縄タイムス)” の続きを読む

「辞めたくなった」兵庫の自衛隊員が無断欠勤 東京のネカフェで発見(神戸新聞NEXT)

情報元 : 「辞めたくなった」兵庫の自衛隊員が無断欠勤 東京のネカフェで発見(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000006-kobenext-l28
 陸上自衛隊千僧駐屯地(兵庫県伊丹市緑ケ丘7)は25日、無断で1日欠勤したとして、第3後方支援連隊の男性陸士長(24)を停職1日の懲戒処分にしたと発表した。
 陸士長は1月6日、帰隊時刻になっても戻らず、翌7日に東京都内のインターネットカフェにいるのが見つかった。調べに対し「自衛隊を辞めたくなった」などと話したという。

“「辞めたくなった」兵庫の自衛隊員が無断欠勤 東京のネカフェで発見(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)

情報元 : 福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00001275-fminpo-l07
 県は県内の魅力を発信する新たな動画「もっと 知って ふくしま!」を制作し、十八日にインターネット動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開を始めた。特産品や名所、方言などの基本情報と魅力を六秒間のアニメに凝縮した二十五編のシリーズで、JR山手線の車内や首都圏の街頭ビジョンでも流す。
 内堀知事が定例記者会見で発表した。県クリエイティブディレクターの箭内道彦さんが監修し、イラストレーターの寄藤文平さんが作画・監督を務めた。
 味わい深い画と楽しげな音楽に合わせ、キビタンや赤べこをモチーフとしたキャラクターが「朝ラー」「常磐もの」「馬刺し」などの食文化や民謡の会津磐梯山、祭礼の相馬野馬追などを紹介。アクアマリンふくしま、Jヴィレッジなどの名所や「さすけねえ」など方言もPRしている。
 内堀知事はユーチューブなどで浸透している秒単位のPR動画を広報戦略に用いたと狙いを説明。「福島を応援してくれる企業や自治体に活用してもらい、福島の魅力を身近に感じてほしい」と語った。
 三月上旬以降、風評払拭(ふっしょく)に協力している大手企業や九都県市首脳会議の構成自治体が放映に協力する。特設サイト(http://ch.pref.fukushima.lg.jp/shitte/)で閲覧できる。
■3月8日からPR動画放映 東邦銀全営業店
 東邦銀行は三月八日から、「もっと知ってふくしま!」を同行全営業店で放映する。県と締結した包括連携協定に基づき、PRに協力する。

“福島県が新PR動画を配信 ユーチューブなどで公開(福島民報)” の続きを読む

ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000060-minkei-l41
 「ゆめタウン佐賀」(佐賀市兵庫北5)2階に2月8日、「楽天モバイルゆめタウン佐賀店」がオープンした。(佐賀経済新聞)「楽天モバイル」店内に並ぶスマートフォン 「楽天モバイル」では今年10月、国内4社目の移動体通信事業者(MNO)としての参入を予定している。インターネットのほか、専門ショップや量販店など全国約420店舗で新規契約を受け付けている。
 九州では「博多駅地下街店」(福岡市博多区)に次ぐ4店舗目、佐賀県では初の楽天モバイル専門店となるゆめタウン佐賀店は、「楽天モバイル」の新規契約やMNPを含む機種変更、SIMカードのサイズ変更、スマートフォンアクセサリーの販売を行う。利用者に代わり初期設定を行うサービス(有料)も用意する。
 同社担当者は「佐賀で集客力あるゆめタウンへの出店が果たせた。オープン前から問い合わせも入っており、今後にも期待したい。店内に展示した端末を手に取って自由に試すことができるので、ぜひ来店してほしい」と話す。
 営業時間は10時~21時。

“ゆめタウン佐賀に県内初「楽天モバイル」専門店 機種変更やSIMサイズ変更にも対応 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)

情報元 : NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010000-tokushimav-l36
 皆さん、こんにちは! NMB48チームB2の愛媛県出身、「しおり」こと水田詩織です。今回が17回目の連載です。今回は同じチームB2のキャプテン、「りなっち」こと久代梨奈(くしろ・りな)さんを紹介させていただきます。【動画】♪水田詩織さんインタビュー 私と同い年で20歳のりなっちさんは、チームB2のキャプテンに17歳という若さで就任されました。キャプテンというのは自分のこと以上にチームのことを考え、まとめなくてはならない大変な役割だと思います。
 それでもりなっちさんは、悩みながらもいろんな重圧に負けずにその役割をこなしてチームを引っ張ってくださっていて、強くてかっこいいと思います。常に後輩のことを気にかけてくださる優しさもお持ちです。
 ハムスターを飼われているのですが、そのハムちゃんがそれはもうかわいいことかわいいこと…! ツイッターやインスタグラムに写真をよく載せられているので、どれほどかわいいかぜひ見ていただきたいです!!
 りなっちさんといえば、印象的なのが口もとにあるセクシーなホクロ。顔からセクシーさがあふれ出ているので、周囲から子どもっぽく見られがちな私からすればすごくうらやましいです。
 そして、りなっちさんは歌がお上手です。私は公演終わりにインターネット配信されている動画を毎回見ますが、りなっちさんの歌声が好きでソロパートを何回も巻き戻して聴きます。それくらいすてきな歌声です。
 ダンスもしなやかでお美しいです。激しめの曲では、しなやかさの中にしっかりと力強さもあって、そこがまたすてきです。演技にも挑戦されていて、舞台で主演を務められたこともあるほどの実力の持ち主です。
 NMB48劇場での公演では、こうした美しい歌声としなやかなダンス、豊かな演技力が一体となった魅力的なパフォーマンスを披露されていて、表現の面でもチームを引っ張ってくださっています。
 他にも、パワーポイント作りがお好きで、NMB48の紹介資料を作ってインターネット動画配信サービス「SHOWROOM」で披露されたり、ソロで劇場公演をされたりと、さまざまなことに挑戦されています。
 20歳の誕生日を祝う「生誕祭」では「ドラマに出演したい」「物語を考えるのが好きなので、脚本を書いたり、私の脚本でメンバーと一緒にお芝居ができたりしたらいいと思います」と目標を語られていました。
 夢をたくさん持ち、いろんなことにチャレンジする姿はかっこいいです。何事もやってみなきゃ分からない! これを読んだそこのあなたも、これを機にNMB48の応援に足を突っ込んでみては?! まずは片足からでも、小指からでもどうぞ!
 NMB48にはまだまだ魅力的なメンバーがたくさんいます。チェックよろしくお願いします! 2月20日にはNMB48の20枚目シングル「床の間正座娘」が発売されますので、そちらもチェックよろしくお願いします。
 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。次回もお楽しみに!

“NMB48水田詩織の「大阪へいらっしゃい!」 第17回 ~メンバー紹介編 久代梨奈さん【徳島新聞連載】(徳島新聞)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)

情報元 : 皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00010001-soon-l09
 天皇陛下在位30年を記念した「皇室と鉄道展」(JR東日本主催)が29日、JR東京駅丸の内北口の東京ステーションギャラリーで始まった。鉄道で那須御用邸に向かう陛下の姿やJR日光、黒磯両駅の貴賓室を撮った写真も飾られ、鉄道が結ぶ本県と皇室の軌跡も伝わる企画となっている。【動画】鉄道が結ぶ本県と皇室の軌跡も伝わる企画となっている「皇室と鉄道展」
 陛下や皇族が鉄道を利用された際の写真パネルを中心に約120点を展示。本県関係では日光田母沢御用邸に向かわれる5歳の時の陛下や、皇太子時代に日光駅に到着された際に撮影した写真などが紹介されている。
 天皇、皇后らが使う特別列車の変遷や装備品のコーナーのほか、東京駅駅長室で保存されている大正天皇が使ったと伝わる「玉座」、日本画の巨匠横山大観(よこやまたいかん)の作品で同駅貴賓室蔵の「富士に桜」も展示した。
 来場した東京都練馬区、会社員加藤幸男(かとうゆきお)さん(48)は「(特別列車が先頭車両に掲げる)日章旗の展示が特に印象に残っている」と感激した様子だった。
 2月3日まで。事前予約が必要だが、定員枠(5040人)は既に埋まっている。キャンセルが出た場合は、専用のインターネットサイト(https://kousituphotoexhibition.jp)から予約できる。

“皇室と鉄道の軌跡紹介 栃木県関連の展示も 東京駅で企画展(下野新聞SOON)” の続きを読む

高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)

情報元 : 高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00693078-hokkoku-l17
 市が8月に初開催する高校生対象の和食料理コンテスト「全日本高校生WASHOKUグランプリ」のプレ大会は27日、金沢学院大で開かれ、県内外の5校6チームが「和食のまち・金沢」で腕を競った。次代を担う人材の発掘と育成を狙いとした大会で、グランプリには屋代南(長野)が輝いた。市はプレ大会を弾みに引き続き本大会のPR、出場の呼び掛けを行い、機運醸成を図る。
 チームは2人1組で、県内から金沢学院高料理部の1チーム、鵬学園の2チーム、県外から相可(三重)、屋代南、綾羽(滋賀)の各校1チームが参加した。
 テーマは「丼物と汁物」で、加賀野菜や松阪牛など各校の地元食材を生かした品が並んだ。グランプリ開催委員長である日本料理店「銭屋」主人の高木慎一朗氏、東京つきぢ田村の田村隆氏、金沢学院短大の原田澄子氏が審査員を務め、出来栄えやチームワーク、料理に込めた思い、工夫点を語るプレゼンテーションの内容を審査した。
 グランプリに選ばれた屋代南は、信州サーモンのなめろうにハスの花をイメージしてユリ根を飾り付けた丼と、彩り豊かな信州野菜の汁物を作り、見た目の良さなどが評価された。屋代南の2人には、市内料理店での研修や食事体験が副賞として贈られた。
 金沢学院高料理部は加賀れんこんや五郎島金時の素揚げを載せた丼と手まり麩を入れたみそ汁を作った。鵬学園の「ハッピー」チームは車麩の卵とじ丼と加賀れんこんのすり流し汁、「スマイル」チームは治部煮丼と干しくちこのすまし汁を仕上げた。県勢3チームを含む屋代南以外の5チームには審査員特別賞が贈られた。プレ大会の様子はインターネットで全国にライブ配信された。
 本大会は「だしを使った和食」をテーマに、書類審査を通過した8チームによる決勝大会が8月7日に行われる。パリの人気フレンチレストランのオーナーシェフであるドミニク・ブシェ氏などが審査員に加わる。グランプリのチームには副賞としてニューヨークでの研修が贈られる。

“高校生、和食の腕競う 金沢市がコンテストプレ大会(北國新聞社)” の続きを読む