市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)

情報元 : 市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010001-ibciwatev-l03
 岩手県盛岡市の商業施設「ななっく」が5月末で閉店することがわかりました。「ななっく」はガス爆発事故の影響で閉店した旧・中三をリニューアルした店舗で、再び中心部の核店舗が無くなることに衝撃が走っています。
 複数の関係者によりますと「ななっく」を運営している会社の担当者から一部のテナントに対し、5月末での閉店が伝えられたということです。盛岡市中ノ橋通の「ななっく」は、東日本大震災が原因のガス爆発事故で休業していた旧・中三盛岡店を東京にある投資会社マイルストーンターンアラウンドマネジメントが譲り受けて、2012年に開業しました。運営はこの投資会社の100%子会社が行っています。
 東京商工リサーチによりますと、2013年度から昨年度まで毎年度23億円前後の売り上げを計上していましたが、開業以来すべての年度で赤字決算となっていました。
 出店しているテナントのオーナーはIBCの取材に対し「安くない設備投資をして出店したので閉店されるのは困る。働いている人だけでなく地域の人たちも動揺している」と話しました。
 
一方「ななっく」を利用する近隣住民も驚きを隠せません。
「閉店するんですか?大変だ。私たちは不便だ。買い物するのにいいんですよ、ここは来やすくて。5月で!?本当に?(よく利用される?)もう常にです。だから無くなるなんてことになったら大変です。無くなったらおばあちゃんたち、どこに行くってね。かわいそう」
「私たちもここがあるから(肴町に)来ている。どうなるか想像つかないですが大変だと思いますよ」
(リポート)
「こちらでは急遽、市が呼び掛け、市とななっく周辺の商店街関係者が集まり、情報共有のための会議が行われています」
 盛岡市は28日午後、「ななっく」近辺の商店街の関係者など20人あまりを交えて会合を開きました。会合は非公開で40分ほど行なわれましたが、盛岡市によりますと、28日現在、市をはじめ会合の参加者に「ななっく」側から閉店の連絡はないということです。
(盛岡市商工観光部経済企画課・小原勝博課長)
「ななっくは肴町・河南地区の核店舗だったので、閉店という報道が出て正直困惑しているところです。日々買い物などで使っている方々が直接的には影響を受けると思います」
 盛岡市は今後「ななっく」側から正式に閉店の報告があれば対応していくとしています。

“市中心部の商業施設「ななっく」5月で閉店へ/岩手・盛岡市(IBC岩手放送)” の続きを読む

名画を背に大立ち回り システィーナ歌舞伎開幕 徳島・大塚国際美術館(徳島新聞)

情報元 : 名画を背に大立ち回り システィーナ歌舞伎開幕 徳島・大塚国際美術館(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-03166304-tokushimav-l36
 鳴門市の大塚国際美術館で22日、第9回システィーナ歌舞伎(同館主催、徳島新聞社共催)が開幕した。7回連続で主役を務める片岡愛之助さんらが新作「新説諸国譚TAMETOMO」を熱演し、2回の公演に訪れた約950人を魅了した。24日まで。
 曲亭馬琴の伝奇小説「椿説弓張月」を基に、琉球王朝のお家騒動を題材にした物語。保元の乱で敗れた源為朝が琉球にたどり着き、王女を助けて息子を王にするまでを描く。
 バチカンのシスティーナ礼拝堂を再現したホールで、片岡さん演じる為朝が大立ち回りを繰り広げた。歌舞伎俳優中村壱太郎さんや、宝塚歌劇団出身の舞羽美海さんも共演。琉球の伝統舞踊や音楽も披露された。
 初めて鑑賞した東條有希子さん(40)=鳴門市撫養町南浜、会社員=は「舞台の距離が近く、役者の息づかいまで聞こえた。名画との取り合わせも独特の世界観を味わえた」と話した。

“名画を背に大立ち回り システィーナ歌舞伎開幕 徳島・大塚国際美術館(徳島新聞)” の続きを読む

アニメ「吉田忠雄物語」完成 YKK創業者(北日本新聞)

情報元 : アニメ「吉田忠雄物語」完成 YKK創業者(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00120390-kitanihon-l16
 YKKグループの創業者、故吉田忠雄さんの生涯と考え方を伝えるアニメーションの完成試写会が31日、黒部市吉田のYKKセンターパークで開かれた。古里・魚津市での少年時代から世界のファスナー王になるまでの姿を描き、企業精神になった「善の巡環(じゅんかん)」を、子どもたちにも分かりやすいように表現した。2月上旬に同パークで上映を開始する。
 産業観光として一般公開するYKKセンターパークでは子どもの来園が増えつつあり、創業者の生き方と思いを多くの子どもたちに伝えようと、アニメ化を企画した。吉田さんの古里・魚津市の教育委員会や小学校長らが協力し、約1年間かけて制作した。
 アニメは約18分。同市住吉で過ごした少年時代、上京してからの起業、東京大空襲で工場を失いながらも古里で再起を図る様子が、絵本のような優しいタッチで描かれている。県出身の女優・室井滋さんが語りを担当した。
 試写会には、吉田さんの長男でYKKとYKK APの吉田忠裕取締役、YKK APの吉崎秀雄会長、石井隆一知事、村椿晃魚津市長、能澤雄二黒部市副市長ら約40人が訪れた。吉田取締役は「(父に聞いた)昔の光景が魚津の光景と相まってよみがえる。イメージ通りの作品になった」と語った。
 石井知事は「まさしく善の巡環の思想が描かれていて、多くの子どもたちが生きざまや教えを体感できる」と述べ、村椿市長は「魚津の偉大な先人をしっかり子どもたちに伝えていきたい」と話した。
 特別ゲストとして室井さんも登場。なまりを交えて熱演した収録を振り返り、「絵本を何回も何回も読んでいくようなシンボリックな作品。また見てみたいと思っていただけるはず」と語った。
 アニメは、YKKセンターパークで2月上旬にも上映を始める。新年度にはパーク内に新たに子ども向けスペースを整備し、常時上映する。
 YKKと同市は「ふるさと教育推進に関する包括協定」を結んでおり、アニメは古里教育にも活用される。吉田さんの母校・住吉小など3校が統合し、4月に開校する星の杜(もり)小学校に整備される先人・偉人の顕彰施設で常時上映され、市は他校の児童や市民にも鑑賞の機会を設ける。

“アニメ「吉田忠雄物語」完成 YKK創業者(北日本新聞)” の続きを読む

「奄美・沖縄」世界自然遺産の再推薦が閣議了解 鹿児島(KKB鹿児島放送)

情報元 : 「奄美・沖縄」世界自然遺産の再推薦が閣議了解 鹿児島(KKB鹿児島放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-kkbv-l46
 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」は、亜熱帯気候に属する琉球列島の島々で構成され1000万年前には広大なユーラシア大陸と陸続きでした。長い年月の間に地殻変動や海面の高さが変わることで島が分離したり、くっついたりを繰り返し、それぞれの島で多くの生き物が固有の進化を遂げています。
 おととしにも世界自然遺産に推薦されましたが、諮問機関から推薦区域などを課題とされ、政府は推薦を一旦取り下げていました。その後、24に分断されていた区域を5つにまとめるなどの見直しを行い、政府は来年の登録に向け再び推薦することで閣議了解しました。
 現地で環境保護に取り組む人たちからも期待の声が聞かれます。
(徳之島虹の会美延睦美事務局長)
『自分たちが取り組んでいることが実を結ぶ。また延期にならなければ良いけど』
 政府は来月1日までに推薦書を提出。夏から秋ごろにある諮問機関の現地調査を経て来年夏ごろに登録の可否が審議される見通しです。

“「奄美・沖縄」世界自然遺産の再推薦が閣議了解 鹿児島(KKB鹿児島放送)” の続きを読む

大鳥居にジャンボ熊手 岩峅雄山神社、初詣準備整う(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 大鳥居にジャンボ熊手 岩峅雄山神社、初詣準備整う(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000003-hokuriku-l16
 立山町岩峅寺の岩峅雄山神社は28日、商売繁盛や家内安全の願いを込めたジャンボ熊手を大鳥居に取り付け、初詣客を迎える準備を整えた。
 ジャンボ熊手は高さ7メートル、幅4メートル。地元の松や竹を使い、お多福、大黒様、えびす様などの絵を飾り付けた。高所作業車2台を使って大鳥居に固定した。取り付け後、高倉文尚権禰宜(ごんねぎ)がおはらいをした。
 高倉さんは「たくさんの福をかき集められるようにという思いを込めた。来年は平成最後の年でもあり、新たな生まれ変わりの年になることを期待したい」と話した。
 ジャンボ熊手は20年ほど前から毎年飾っており、来年1月5日まで設置している。同神社は三が日で16万人の参拝客を見込んでいる。

“大鳥居にジャンボ熊手 岩峅雄山神社、初詣準備整う(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む