ハマスタへ歩行者デッキを整備 横浜市庁舎との回遊性向上(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : ハマスタへ歩行者デッキを整備 横浜市庁舎との回遊性向上(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00032966-kana-l14
 横浜市は、同市中区のJR関内駅近くの現市庁舎街区と横浜スタジアムを結ぶ歩行者用デッキを整備する方針を決めた。デッキを経由して日本大通り方面と大通り公園方面を行き来する人の流れを生み出すことで、線路を挟んで海側と内陸側に分かれた地域の回遊性を高める狙い。 
 市は2020年の市庁舎移転を控え、今月から同街区を再開発する事業者を公募。「国際的な産学連携」や「観光・集客」に資する提案を募り、現市庁舎は再活用と解体の双方を認める。同街区を海側と内陸側との結節点にするため、市がデッキを設置することを提案の前提条件にし、駅側に抜ける動線をつくることを求めている。事業者を9月に選定し、再開発施設は21年1月ごろに着工、その2~4年後の完成が見込まれる。
 一方、スタジアムは20年春の完成を目指し、増築・改修工事が進められている。外周2階部分に高さ5メートルほどの回遊デッキが設けられる予定で、試合開催時以外は開放される見通し。歩行者はスタジアムの外周を回って日本大通りや中華街方面へと向かうことができるようになる。
 歩行者用デッキはこの二つの事業に絡めたもので、再開発施設とスタジアムの回遊デッキとをつなぐ計画だ。高さ5・5メートル、幅6メートル程度で、場所は現市庁舎前のスクランブル交差点付近を想定。再開発施設と同時期の完成を目指す。25日に発表した19年度当初予算案で、測量などの関連費約2千万円を計上した。
 同日の会見で、林文子市長は「回遊性を向上させ、現市庁舎街区のにぎわいを周辺地域に広げていきたい」と説明した。

“ハマスタへ歩行者デッキを整備 横浜市庁舎との回遊性向上(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

宇和島・南楽園に園児手作りおひなさま(愛媛新聞ONLINE)

情報元 : 宇和島・南楽園に園児手作りおひなさま(愛媛新聞ONLINE)愛媛新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-26000401-ehime-l38
 愛媛県宇和島市津島町近家の南楽園で26日に始まる「南楽園梅まつり」を前に、同市宮下の番城美徳認定こども園の年長児が25日、同園管理棟休憩所に手作りのおひなさまを飾り付け、春の雰囲気づくりに一役買った。

“宇和島・南楽園に園児手作りおひなさま(愛媛新聞ONLINE)” の続きを読む

広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : 広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010001-hometvv-l34
中区の縮景園で例年よりも早く梅が咲き始め訪れた人たちを楽しませています。
縮景園の梅は例年より早い先月16日に咲き始めました。園内には白加賀や八重寒紅梅などおよそ18種類の梅が植えられていて開花の基準となる標本木はすでに沢山のつぼみをつけています。
一方、花が少ない時期に園内を彩るのは30株の冬ボタン。直径20センチもの大輪を前に立ち止まって眺める人の姿も見られました。この冬ボタンは今週末まで展示されています。

“広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む

山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000001-utyv-l19
冬の味覚の話題です。
甲府市地方卸売市場で、出荷の最盛期を迎えた山梨特産の枯露柿とあんぽ柿のPRが行われました。
今年はカキが豊作な上、高品質に仕上がり、出荷量は去年を上回る見込みです。
日の出直前の午前6時半。
甲府市中央卸売市場では後藤知事や樋口甲府市長らが、年末年始の贈り物として人気が高い山梨特産の枯露柿とあんぽ柿をPRして、市場関係者にふるまいました。
干し柿は水分が少ないほど甘味が増すといわれ、今シーズンは11月の降水量が少なく、今月に入って空気が乾燥し始めたことから甘味が強く、申し分のない出来に仕上がったということです。
また今年は原料のカキが豊作だったため、去年を上回る出荷が見込まれていて、14日朝のセリでは仲卸業者らが次々と商品をセリ落としていました。
「たくさん買った、年末のお歳暮の準備です」(セリに参加した業者)。
JAによりますと、出荷のピークを迎えている山梨の特産品では、夏の暑さと台風の影響などで富士川町のユズと市川三郷町の大塚ニンジンの出荷量が例年の半分程度に落ち込んでいるということです。
[UTYテレビ山梨]

“山梨特産の枯露柿やあんぽ柿をトップセールス(UTYテレビ山梨)” の続きを読む