志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)

情報元 : 志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000075-san-l24
 伊勢志摩国立公園内にある志摩市の「横山展望台」がリニューアルされた。展望デッキは2倍以上の広さとなり、「横山天空カフェテラス」もオープン。涼を取りながら英虞湾の絶景を一望できるとあって多くの観光客が訪れている。
 同展望台は昭和30年代から段階的に整備が進められてきた。平成28年には賢島で伊勢志摩サミットが開催され、オバマ元米大統領ら各国首脳が英虞湾の眺望を堪能した。
 環境省は28年に同公園を含めた全国8国立公園を世界水準のナショナルパークとして整備し、外国人観光客の増加を目指す「国立公園満喫プロジェクト」を展開。同公園では昨年9月から、約9億円をかけ駐車場やアクセス道も含めて整備していた。
 県産ヒノキの展望デッキはそれまでの92平方メートルから倍以上の225平方メートルに拡張。以前よりさらに斜面にせり出した。山側には木造2階建ての休憩所(延べ床面積約150平方メートル)を建設し、志摩地中海村(同市浜島町)に運営委託した。
 カフェテラスのメニューは軽食や飲み物、スイーツなど約30点。志摩市産の食材を使った「勝つおバーガー」や「アカモクアイス」「志摩シソヨーグルト」などをそろえた。
 さらに頂上側に「木もれ日テラス」や「そよ風テラス」を整備し、英虞湾のさまざまな表情を楽しめるようにリニューアルした。

“志摩・横山展望台リニューアル カフェテラスで絶景一望 広さ倍以上、観光客に人気(産経新聞)” の続きを読む

島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-11572003-colocal-l32
2017年3月、島根県出雲市にある民藝の窯元〈出西窯〉が暮らしにまつわるさまざまなアイディアを発信する新しい空間〈出西くらしのvillage〉をスタートさせました。そして2018年5月、同敷地内にベーカリーカフェ〈ルコションドール出西〉がオープン。早くも人気を集めているようです。【写真で見る】島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ルコションドール〉による新しい空間がオープン!■出西くらしのヴィレッジが誕生するまで
1947(昭和22)年、柳宗悦さんをはじめとする民藝運動のメンバーに指導を仰ぎながら、5人の若者の志によって始まった出西窯。
出西窯/出西くらしのヴィレッジ代表の多々納真さんが「うつわを中心に生活文化全体を提案していくようなことができたら」と構想を抱き始めたのは、いまから10年ほど前のこと。出西窯の良さをより多くの人に伝えるために、試行錯誤を重ねていた頃でした。
それから数年後、多々納さんは鳥取市内にある〈ルコションドール〉というベーカリーを営む倉益孝行さんと出会います。
「お土産でいただいたルコションドールのパンがあまりにもおいしくて、一度現場にいって買ってみようと、店を訪ねました。そこで初めてジャムおじさんのような倉益君と出会い、気持ちのいい青年だったし、何よりもそのおいしさに感動しました」(多々納さん)
以来、互いに行き来するようになった多々納さんと倉益さん。数年後には出雲で暮らしを彩るうつわと地元の素材をたっぷり使ったパン、そして料理を提供する場所をつくる計画が動き始めました。
その構想の背景には、出西窯の先代の師匠であった民藝プロデューサー、吉田璋也さんの影響がありました。医師でもあった吉田さんは、鳥取で開業医を務めながら民藝の職人たちを支援するため、彼らの手がけたものを販売する〈たくみ工藝店〉とそれらのうつわを用いて郷土料理を提供する〈たくみ割烹〉を営んでいました。
出西窯の先代は、かつて吉田さんに自分たちがつくったうつわと食事を一緒に提供することを薦められたことがあったといいます。多々納さんはその話を思いだし、現代ならベーカリーとカフェという形でそのアイデアを実現できるのではと考えたのだそうです。
■暮らしのなかのパンと出会える〈ルコションドール出西〉
ソムリエの資格をもっている両親の元に生まれ、子どもの頃から舌が鍛えられていたというルコションドール出西・シェフの倉益孝行さん。パン職人になったのも、両親が神戸で買ってきたパンのおいしさに感動したことがきっかけでした。
そんな倉益さんは、もともとパンというものを食事やワインに合わせる「生活のなかのパン」と捉えていたといいます。出西くらしのvillageでは、自分たちが欲しいと思ううつわも、陶工さんにすぐ試作してもらえるのがありがたいのだとか。
ルコションドール出西では奥出雲産の豆腐を入れたフォカッチャや、出雲蕎麦からイメージしたそば粉のルヴァンなど、出雲の恵みたっぷりのパンが楽しめます。
カフェには、サンドイッチはもちろん、地元産のお米を使ったカレーライスなども。夏は細めのうどんに肉味噌やきゅうり、錦糸卵を乗せ、ポン酢で味つけしたジャージャー麺が人気です。これは吉田璋也さんが薦めていたメニューなのだそう!
また、パンを入れる籠に出西窯創業者のひとり、多々納弘光さんのコレクションだったものを使っていたりと、お店のあちこちにストーリーのあるものを発見できるのも楽しいです。

“島根に民藝の窯元〈出西窯〉と〈ル コションドール〉による新しい空間がオープン!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180824-00000030-minkei-l20
 松本市梓川に雑貨店「yonematsu(ヨネマツ)」(松本市梓川倭、TEL0263-50-8955)が7月14日、オープンした。(松本経済新聞)セレクトした「気楽に、でも長く付き合えるもの」 今年3月に閉店したカフェ「VALO(バロ)」の跡で、店舗面積は約15坪。米倉千賀子さん・小松美穂さん姉妹が「2人で店を持ちたい」という長年の夢をかなえて開業した。
 「気楽に、でも長く付き合えるもの」がセレクトの基準。「器も服も、がんがん洗うことができて、毎日使えるものがいい」と小松さん。食器や布もの、文具、服、アクセサリーのほか、お茶やお菓子なども扱う。
 岐阜・土岐で女性2人が手掛ける「KANEAKISAKAIPOTTERY」は、使いやすい食器のシリーズ。「シンプルなフォルム、優しいラインと色合い。女性2人というところも通じるものを感じた。店を始めるときに絶対に紹介したいと思っていた」。北海道在住のイラストレーター夫婦によるユニット・「ネクタイ」の鳥や草花をモチーフにしたペーパーアイテムや静岡・「KUKAI」のお茶なども用意する。小松さんが手掛ける「accessoryimo」のアクセサリーも。
 2人は、松本・平田の雑貨店「スタンダードスタイル」に20年以上勤務。「姉妹で店を持ちたいとずっと思っていたが、居心地が良かったのと、タイミングもあって、なかなか始められなかった」と振り返る。今年3月、この場所を見て、「駐車場があり、窓からの開けた眺めも良くて、ここだと思った」。勤務を続けながら、取引先の手配や什器(じゅうき)の調達など少しずつ準備を進めてきた。
 店名は2人の名字から1字ずつ取ったもの。仕入れやお金の関係は米倉さん、パソコン関係は小松さんと、それぞれの得意分野を生かしつつ、「好みは似ているので、『いいね』『ちょっと違うかも』などと話しながら選んでいる」と2人は笑顔を見せる。
 「これまでが忙しい店だったので、ゆったりとした雰囲気にはまだちょっと慣れない(笑)。でも、自分が仕入れたものを手に取ってくれる人を、ありがたいと思って見ている」と米倉さん。今後は、アイテム数を増やしながら、秋にはカフェ営業もできるようにしたいという。「ゆっくりのんびり、ふらりと立ち寄ってもらえれば」と小松さん。
 営業時間は10時~18時。木曜定休。

“松本・梓川に「yonematsu」 地元雑貨店に長年勤めた姉妹が独立開業 /長野(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

第35回産経国際書展で会長賞の大久恵華さんの個展始まる 山形(産経新聞)

情報元 : 第35回産経国際書展で会長賞の大久恵華さんの個展始まる 山形(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000035-san-l06
 第35回産経国際書展で産経国際書会会長賞を受賞した大久恵華(おおひさ・けいか)さん(64)の個展「書の小品展」が高畠町竹森のカフェ&ギャラリー「ル・オンブラージュ」で始まった。
 大久さんは近代詩文書の先駆けとして活躍した石澤煌峰(こうほう)、国井誠海両氏に師事。現在は産経国際書会審査会員、書道団体「書成会」審査会員を務める。
 大久さんは心に響いた言葉を書き留め、それを制作に生かしてきたという。書を身近に感じてもらおうと、家庭に飾れる作品を中心に自身の詩を含め、13点を展示。「山川草木」は象形文字に着想を得た作品。「水石穿」は努力の積み重ねが大きな結果を生むというメッセージ性の高い作品になっている。開催日は18、19、24、25、26日。

“第35回産経国際書展で会長賞の大久恵華さんの個展始まる 山形(産経新聞)” の続きを読む

「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)

情報元 : 「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000054-san-l31
 スズキの大型バイク「隼」の“聖地”に約2千台が結集-。山あいを走る鳥取県の第三セクター、若桜鉄道・隼駅の地元、八頭町で、全国の「隼」愛好者と地域住民の交流イベントが開かれた。猛烈な暑さの中、凍らせた特産の甘柿が参加者に振る舞われた。
 同じ名の駅として二輪専門誌に取り上げられたのを機に、多くの隼ライダーが訪れるように。5日に開かれたイベントは今年で10回目で、当初200台程度だった参加車両は増えた。
 北海道から鹿児島まで、全国各地から集まった車両のほとんどは隼。昭和初期に建てられた木造駅舎を背景に記念撮影しようと、長い車列ができたほか、メイン会場の芝生公園では「隼」の人文字をライダーらが作った。また、プロレーサーのトークショーなども開かれた。
 茨城県結城市の自営業、奈良部孝二さん(49)は「のどかな町に全国の隼が集まったかのような光景にびっくり。長く続けてほしい」と話した。イベントを始めた「隼駅を守る会」の西村昭二会長(74)は「夜間に走らないなど紳士的な人が多い。若い人が来訪者のためカフェを立ち上げるなど、地域に活気が出てきた」と手応えを語った。

“「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)” の続きを読む

「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)

情報元 : 「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000054-san-l31
 スズキの大型バイク「隼」の“聖地”に約2千台が結集-。山あいを走る鳥取県の第三セクター、若桜鉄道・隼駅の地元、八頭町で、全国の「隼」愛好者と地域住民の交流イベントが開かれた。猛烈な暑さの中、凍らせた特産の甘柿が参加者に振る舞われた。
 同じ名の駅として二輪専門誌に取り上げられたのを機に、多くの隼ライダーが訪れるように。5日に開かれたイベントは今年で10回目で、当初200台程度だった参加車両は増えた。
 北海道から鹿児島まで、全国各地から集まった車両のほとんどは隼。昭和初期に建てられた木造駅舎を背景に記念撮影しようと、長い車列ができたほか、メイン会場の芝生公園では「隼」の人文字をライダーらが作った。また、プロレーサーのトークショーなども開かれた。
 茨城県結城市の自営業、奈良部孝二さん(49)は「のどかな町に全国の隼が集まったかのような光景にびっくり。長く続けてほしい」と話した。イベントを始めた「隼駅を守る会」の西村昭二会長(74)は「夜間に走らないなど紳士的な人が多い。若い人が来訪者のためカフェを立ち上げるなど、地域に活気が出てきた」と手応えを語った。

“「隼の聖地」に2千台 鳥取・八頭町で交流イベント(産経新聞)” の続きを読む

群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000000-minkei-l10
 群馬大学と漫画家の井田ヒロトさんによるコラボ動画「お前はまだグンダイを知らない編」が国立大学では異例の再生回数となっている。(高崎前橋経済新聞)【写真】オープンキャンパス「女子カフェ」とは 「お前はまだグンダイを知らない編」は6月20日、YouTubeで公開。再生回数は7月31日までで247万回を超えた。
 これに伴い、8月17日に開催されるオープンキャンパス「GU’DAY2018」の参加予約が4000人を超えた。例年は1回の開催で1000~1500人程度で、動画もオープンキャンパスも大盛況だ。
 群馬大学の担当者は「オープンキャンパスを昨年リニューアルしたこともあるが、それ以上にPR動画の効果が大きい」と話す。
 オープンキャンパスの対象は高校生、中学生、保護者などで教育学部、社会情報学部、医学部、理工学部を見学できる。8月16日まで予約を受け付ける。

“群馬大学×井田ヒロト「PR動画」再生247万回 オープンキャンパス4000人 /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000024-minkei-l32
 隠岐・島前西ノ島に7月21日、町が設ける公共図書館「コミュニティ図書館いかあ屋」(西ノ島町浦郷、TEL08514-2-2422)が開館した。(隠岐経済新聞)海に臨んだ芝生広場も備える トンネルを挟んで浦郷港の東側に当たる浦ノ谷地区にオープンした同施設。建物面積は約1000平方メートル。現在の蔵書数は約2万3000冊で、収蔵最大冊数5万冊の規模を持つ。従来は蔵書数4000冊に満たない町中央公民館の図書室が図書館代わりになっていたところへ、公共図書館に多目的室や娯楽室、キッズスペース、カフェスペース、クッキングスタジオを併設する「コミュニティ図書館」の新設を計画。昨年7月に着工していた。
 計画では、開館に先立ち同図書室に専門の司書を配置。島ならではの図書館の在り方を探ろうと、島民の意見を広く求めるワークショップを開くなどして準備を進めた。施設の愛称は「いかあ屋」。いかあは、地元の言葉で「行こうよ」という意味。同図書館の開館で隠岐4島には、全ての町村で公共図書館が整った。
 当日は、14時にテープカットで開館。瀬戸内市民図書館(岡山県)の嶋田学館長を招いての記念シンポジウムなどを開いた。翌22日は、同島からも生徒が通う隠岐島前高校(海士町)の有志らがバンド演奏を披露したほか、館内の設備を活用してカレーライスや弁当、茶菓などを提供。両日にわたって開かれたマルシェと併せ、新しい図書館を一目見ようと訪れる来館者でにぎわった。
 開館時間は10時~19時。水曜休館。

“西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000001-utyv-l19
甲斐市篠原の山縣神社の南にあるカフェL.D.Kはママさんに人気のカフェ。
ソファ席などくつろげる店内や、オムツ替えのできるトイレなど、ママさんが喜ぶような店作り。
L.D.Kがおすすめするのは、地元の野菜をふんだんに使った地産地消ランチ。
画像はパスタですが、野菜の仕入れ状況によってカレーなどメニューが変わります。
この夏のおすすめスイーツは、L.D.K自家製のジェラート。
手作りのアイスは、フレーバーが6種類ほど。カップもコーンでできているこのアイスは濃厚な味。
TheCAFEL.D.K
住所:山梨県甲斐市篠原274-1
営業時間:11:00~22:30
     
休み:なし 
※UTYテレビ山梨のウェブサイトでは、写真を複数枚掲載しています。
 ぜひhttp://www.uty.co.jp/utopics/にアクセスを!
[UTYテレビ山梨]

“山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その5【カフェL.D.K】(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

北九州の個人経営店26店が共同販促「街の店に行こう」 雑貨店主が呼び掛け /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 北九州の個人経営店26店が共同販促「街の店に行こう」 雑貨店主が呼び掛け /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000008-minkei-l40
 北九州市や近郊エリアの雑貨店やカフェ、ブティックなど26店舗が協力する販促企画「街のお店に行こう」が始まって2カ月が過ぎた。(小倉経済新聞)
 来店客が所定のスタンプカードを提示すると、用意したプレゼントや割引が得られるシステムで、ヨーロッパのビンテージ雑貨を主に扱う「イエンカン・ブロカンテ」(北九州市小倉北区井堀3)店主の福田幸美さんが、旧知の友人やマルシェ出店で知り合った同業者、知人の店舗オーナーに呼び掛けて始めた。
 福田さんは「毎年、梅雨から夏にかけて個人経営店は集客に苦戦している。特に今年は梅雨の豪雨の後の記録的な酷暑で、お客さまが外出したがらず経営は厳しい。来店の動機付けや、まだ知らない店へ足を運ぶきっかけになれば」という。開始から2カ月が過ぎ、「SNS中心に告知を呼び掛けてきたがまだあまり効果が出ていない。お店同士がつながることで何かを生み出せたら」と期待を込める。
 9月9日まで。スタンプカードは各店で入手できる。

“北九州の個人経営店26店が共同販促「街の店に行こう」 雑貨店主が呼び掛け /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む