【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)

情報元 : 【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000009-san-l14
 鎌倉ビール醸造の地下1階には15個のタンクが設置され、酵母が麦汁をビールに変えていく。日本を代表する観光地・鎌倉市の名を冠する地ビール(クラフトビール)は、従業員数13人の小さな工場で造られている。
 基本的に市内と、かつて存在した「鎌倉郡」の一部である江の島(藤沢市)でのみ、飲むことができる商品だ。
 代表取締役社長の今村仁右衛門さん(61)は、この地で大正7(1918)年に創業した酒の小売店の3代目で、平成9年に父とともに現在の会社を立ち上げた。きっかけは、「鎌倉名物」などと称したみやげものを見たことだった。
 ◆地元に地酒を造る
 「鎌倉のおみやげなのに、生産地が他県のものばかりであることに気付き、愕然(がくぜん)とした。お客さんには鎌倉発の商品を楽しんでもらいたい。そう思って、地酒としてビール造りを決意した」(今村社長)という。
 現在、大手メーカーのほとんどは、発酵温度が低く長時間熟成させる「ラガー」と呼ばれる商品を取り扱っている。品質を均一に、かつ大量生産するのに向いているからだが、対して同社は短期間で発酵させる「エール」タイプを採用している。1度に造れる量は330ミリリットル瓶に換算すると、最大でも4500本。この仕込みを年に約70回繰り返している。
 観光客でごった返すJR鎌倉駅前の「小町通り」でアンケートをとったり、飲食店で消費者の反応を直接、聞いたりしながら、商品の味にはその都度、変化を与えてきた。
 「この街にやってくるのは若い女性が圧倒的に多い。そうした方々にビールについて聞くと、みなさん『苦くておいしくない』と言う。ならば、そうでないものを造ろうと」(同)。ときにはかんきつ系の香りがするホップを使うなど、トライを繰り返している。試飲後、多くの人が抱く感想が「フルーティー」だという。
 ◆レシピ更新50回
 現在、販売されている地ビールの賞味期限はいずれも90日で、大手メーカーが規定する9カ月に比べるとかなり短め。しかも要冷蔵だ。これは酵母を濾過(ろか)せずに生きたまま瓶やたるに詰めているため。「酵母は同じ所作で仕込みを行っても、その日の温度の変化などで微妙に味が変わってくる」(同)。極力、その差が出ないように調整しているというが、「その変化も手作りならではと楽しんでもらえたらありがたい」とも、今村社長は語る。
 国内外のさまざまなバイヤーから異なる原料を調達し、品質を維持するために、これまで約50回ものレシピ更新を行ってきた。そんななか、創業以来一貫して変わらないのが、使われている「水」。意外にも使用しているのは水道水だ。
 「神奈川の水道水は、もとをたどれば富士山の伏流水。ヘタに井戸を掘るよりも、安定的に上質な水を得られる」と今村社長は語る
 ◆飲み手を最優先
 鎌倉という立地条件が味方したおいしい水は、特別な浄水器を通したうえで使用される。こうして造られた商品は今では市内と江の島の200店以上で提供されている。
 今年1月からは、これらの飲食店向けにたる単位で用意していた限定醸造ビールの瓶詰販売も開始。地元を盛り上げるため、今後も販売地域を広げるつもりはない。
 日本のビール市場に占める地ビールのシェアは0・6%。そのなかで目指すのは、「主張はしないが存在感のあるビール造り」。「飲み手にどう感じてもらうかを最優先にしたい」と今村社長の鼻息は荒い。(宇都木渉)
                   ◇
 ■会社概要
 ▽本社=鎌倉市大町5の9の29(0467・23・5533)
 ▽設立=平成9年2月
 ▽資本金=5100万円
 ▽従業員数=13人
 ▽売上高=5億3000万円(平成30年6月期)
 ▽事業内容=地ビール・清涼飲料水・食品の製造販売・コンビニエンスストア事業など

“【かながわ元気企業 年末編】鎌倉ビール醸造 手作りならではの味わいを(産経新聞)” の続きを読む

越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000013-minkei-l11
 越谷の大相模調節池(越谷市レイクタウン4 )で12月22日、青いLEDが光源の「いのり星」1万個を放流する「こしがやイルミレイク2018」が初開催された。主催は越谷市。(春日部経済新聞)
 主催は越谷市で、市の魅力を発信する取り組みの一環。クリスマスイルミネーションとクリスマスマーケット共に、同市で初の開催となる、着水すると光る8,5センチの光の球「いのり星」を大相模調整池に放流した。
 「参加型イルミネーションイベント 『こしがやイルミレイク2018』 “想い”が光り輝く天の川になる」と題した同イベント。先着1250人の来場者が「いのり星」を放流、水面は青い光で埋め尽くされた。
 パンやギョーザなどの飲食店から帽子や雑貨のクラフト店まで計15店がクリスマスマーケットとして出店し、家族連れやカップルが来場した。子どもと来場した越谷在住の女性は、「越谷にこんなおしゃれなイベントがあるのはうれしい。幻想的できれいだった」と話していた。
 クリスマスイルミネーションは今月25日まで。

“越谷レイクタウンの池に一夜限りの天の川 光の球1万個を放流 /埼玉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)

情報元 : 万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000015-san-l10
 自衛官募集や広報活動を行う自衛隊群馬地方協力本部(前橋市)は16日、レザークラフト用品を万引したとして、幹部の男性自衛官を免職処分にした。
 同本部によると、男性は7月15日午前11時ごろ、太田市の商店でレザークラフト用品計16点(販売価格約2万円)を万引した。「所持金では全て購入できないと思い盗んでしまった」と話しているという。
 同本部は「本人に必要以上の不利益を与えない」との理由で役職や階級、氏名、年齢を公表していない。捜査関係者によると、男性は40代。県警に同日、窃盗の疑いで現行犯逮捕、7月17日に送検された。

“万引自衛官を免職 群馬地方協力本部(産経新聞)” の続きを読む

美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)

情報元 : 美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00634580-hokkoku-l17
 美川商工会青年部の「みか1(わん)ナイトフェスティバル~夢の灯(あか)りを繋(つな)ぐ旅~」(本社後援)は11日、白山市のJR美川駅周辺で開かれた。色とりどりのイルミネーションが会場を華やかに彩り、大勢の家族連れが地元グルメを味わいながら、写真撮影やステージイベントなどを満喫した。
 駅南側の白山広場には、地元児童が将来の夢などを書いたプレート入りの発光ダイオード(LED)照明がつるされ、日没とともにカラフルな光が来場者を包んだ。駅2階から広場を見下ろす撮影スポットには「インスタ映え」を狙った特製のフレームも用意され、若者がカメラを構えた。31日まで点灯する。
 ステージでは子どもの太鼓やダンス、空手演武などが繰り広げられ、ゴスペルの歌声やジャズ演奏が響いた。同時開催のクラフトマーケットには県内外の30店が並び、来場者はアクセサリーや木工細工などの買い物を楽しんだ。

“美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)” の続きを読む

美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)

情報元 : 美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00634580-hokkoku-l17
 美川商工会青年部の「みか1(わん)ナイトフェスティバル~夢の灯(あか)りを繋(つな)ぐ旅~」(本社後援)は11日、白山市のJR美川駅周辺で開かれた。色とりどりのイルミネーションが会場を華やかに彩り、大勢の家族連れが地元グルメを味わいながら、写真撮影やステージイベントなどを満喫した。
 駅南側の白山広場には、地元児童が将来の夢などを書いたプレート入りの発光ダイオード(LED)照明がつるされ、日没とともにカラフルな光が来場者を包んだ。駅2階から広場を見下ろす撮影スポットには「インスタ映え」を狙った特製のフレームも用意され、若者がカメラを構えた。31日まで点灯する。
 ステージでは子どもの太鼓やダンス、空手演武などが繰り広げられ、ゴスペルの歌声やジャズ演奏が響いた。同時開催のクラフトマーケットには県内外の30店が並び、来場者はアクセサリーや木工細工などの買い物を楽しんだ。

“美川駅、光で彩る みか1ナイトフェス、家族連れら楽しむ(北國新聞社)” の続きを読む

和紙で作った「海中楽園」 ペーパークラフト100点(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 和紙で作った「海中楽園」 ペーパークラフト100点(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000009-hokuriku-l18
 海の生物をテーマにした越前和紙製のペーパークラフト展が福井県福井市中央1丁目のふくい工芸舎で開かれている。「海中楽園」と題し、ペーパークラフトモデラーの内藤秀信さん=同市=が2カ月ほどかけて制作した作品約100点を展示している。9月2日まで。
 型紙は敦賀市のイラストレーター、時里嶺さんがデザイン。天井につるされたハマチやイルカ、イトマキエイなど、質感あふれる作品が海中の雰囲気を演出している。会場にはプラスチック段ボールで作られた潜水艦も設置。潜望鏡や窓から作品を眺めると、まるで海中にいる気分を味わえる。内藤さんは「子どもの夏休みの課題の参考になれば」と話している。

“和紙で作った「海中楽園」 ペーパークラフト100点(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

秋田・官庁街のダイニングバー「サミット」が1周年 ベルジャンフリッツ看板に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田・官庁街のダイニングバー「サミット」が1周年 ベルジャンフリッツ看板に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000030-minkei-l05
 秋田市の官庁街にあるダイニングバー「SUMMIT」(秋田市山王1、TEL018-838-5155)が7月18日、オープン1周年を迎えた。(秋田経済新聞)「SUMMIT」の看板メニュー「ベルジャンフリッツ」 「北欧の山小屋をイメージした」という約8坪の店内に、テーブル席とカウンター席16席を設け、秋田美人のビール(秋田あくらビール)を含む国内外のクラフトビールをたる生で常時7銘柄(700円~)用意するほか、ワイン(600円~)やクラフトジン(900円)などをそろえる。
 フードメニューは、マヨネーズやホットソースなど10種のソースから選べるベルギーのフライドポテト「ベルジャンフリッツ」(600円~1,000円)を看板メニューに、「骨付きチキンのバジルレモンロースト」(1,200円)、「パエリヤ」(2人前、2,400円)など北欧風料理を中心に提供する。
 1周年を記念し、牛肉のみを使った自家製パテのバーガー「サミットバーガー」(1,200円)をメニューに加え、ベルジャンフリッツやビールをセットした特別メニュー(600円~1,000円)を21日まで提供する。
 近隣にサッカーグラウンドのある立地を生かし、サッカーJ3「ブラウブリッツ秋田」と連携するなどし、「山王エリアに活気を戻すことを目標に営業を続けた」と話す同店マネジャーの藤原森彦さん。「飲食イベントへの出店を通じて、当店の看板メニュー『フリッツ』の認知も広がった。これからも山王に多くのお客さまに足を運んでいただけるよう工夫しながら、当店ならではの新しいコミュニティーづくりができれば」と話す。
 同日、同店メニューなどと交換できるポイントカードを導入。店内で撮影した写真をインスタグラムに投稿することで賞品を進呈する『フォトコンテスト』も開く。
 営業時間は17時~24時(金曜・土曜=17時~翌1時、日曜・祝日定休(ブラウブリッツ秋田ホーム戦の場合は翌日)。

“秋田・官庁街のダイニングバー「サミット」が1周年 ベルジャンフリッツ看板に /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

仙台ロイヤルパークホテルで「星空眺めるビアガーデン」 夏の夜をリゾート気分で /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 仙台ロイヤルパークホテルで「星空眺めるビアガーデン」 夏の夜をリゾート気分で /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000016-minkei-l04
 仙台ロイヤルパークホテル(仙台市泉区寺岡6、TEL022-377-1111)で現在、「星空眺めるビアガーデン」が初開催されている。(仙台経済新聞)バーベキュー付きのプランも クラフトビール4種「496」「ブルックリンラガー」「よなよなエール」「グランドキリン」をはじめ、スパークリングワイン、ノンアルコールスパークリングワイン、ノンアルコールビール、オレンジジュース、アップルジュースを、セルフサービスの飲み放題(90分制、2,500円)で提供する同企画。
 フードは、「ポテトフライ」(500円)、「大根サラダ」「乾物盛り合わせ」(以上650円)、「鳥手羽のから揚げハニーシラチャーソース」(1,000円)、「ソーセージ盛り合わせ」(1,200円)、「ツブ貝、タコ、トマトと茸(きのこ)のプロヴァンス風バターのホイル焼き」「牛たんグリル」(以上1,500円)などの単品料理を用意。バーベキューをセットにした「テラスで楽しむBBQ&星空眺めるビアガーデン」(1人7,500円、利用は2人から、2日前までに要予約)などのプランも用意する。
 金曜・土曜・日曜はホテル利用者を対象に、「星空準案内人」の資格を持つホテルスタッフが星を紹介する「宙(ソラ)ネタリウム」(20時~20時30分、荒天中止、参加無料)を行う。
 6月1日の開始から夫婦やカップル、家族連れ、女性グループ、会社員などでにぎわいを見せている。同ホテル広報担当者は「『ラグジュアリー感がいい』『ゆったりとした気分で楽しめる』などの声を頂いている。食事後にはガーデンのフォトスポットで写真を撮ったり、靴を脱いでガーデン内をはだしで歩いたり(アーシングウオーキング)と、ガーデン内を楽しまれている様子」と話す。「都会の喧騒(けんそう)を忘れて、ガーデンライトアップと星空を眺めながら夏の夜をリゾート気分で楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。
 開催時間は17時30分~21時(土曜・日曜・祝日は21時30分まで)。荒天中止。8月31日まで。

“仙台ロイヤルパークホテルで「星空眺めるビアガーデン」 夏の夜をリゾート気分で /宮城(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分

情報元 : 大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000054-minkei-l44

 大分県内の企業とデザイナーなどが共同で新事業を展開する「CREATIVEPLATFORMOITA」の報告会が3月2日~4日、iichiko総合文化センター(大分市高砂町2)の1階アトリウムプラザで開かれる。(大分経済新聞)企業と商品のブランディング見直しを図るアキ工作社 2016年度から始まった、県の「クリエイティブ・プラットフォーム構築事業」の成果を発表する同イベント。同事業では、技術やノウハウを抱える県内の企業とアートディレクター、デザイナー、コピーライターらが協働し、価値を高めた商品やサービスの開発、新事業の立ち上げなどを目指している。県から業務委託を受けたNPO法人BEPPUPROJECTが窓口となり、交流会や相談室を開き、両者のマッチングを図っている。報告会の実施は初めてで、本年度相談室を利用した約60社のうち取り組みが具体化した18社が参加。それぞれが会場にブースを構えて成果や経過などを報告するほか、12社が特設ステージで事例報告を行う。

 3月2日は5社がステージに上がる。11時からは段ボールクラフト商品などを扱う「アキ工作社」(国東市)と日田市出身のアートディレクター梶原道生さん(福岡県)が、経営・販売戦略を見直し、ロゴ、ホームページを一新する概要を紹介。新しい企業名も発表する。

 3月3日も5社が登壇。11時から文房具店の「明石文昭堂」(別府市)が万年筆の新たな販売方法、14時から「後藤製菓」(臼杵市)が創業100周年を記念した新ブランド開発について報告する。

 最終日の3月4日は2社が発表。このうち14時からの家具メーカー「イトウ」(日田市)は昨年8月に工場が全焼する火災に遭い、それまで進めてきたデザインから製造までの販売戦略を見直す取り組みが白紙に戻された。同社は被災後もクリエーティブディレクターの服部滋樹さん(大阪府)との協働を続け、急きょ、再建計画へと内容を変えて話し合いを重ねてきた。会場では企業復活を懸けたプランを発表する。

 ブースでは青竹細工の「笑竹堂」(由布市)とデザイナーの梅原真さん(高知県)、和菓子の「菓匠花より」(由布市)とイラストレーターの森海里さん(大分市)、ザボン漬けの「南光物産」(別府市)とデザイナーの井下悠さん(大分市)のコラボレーションなど、商品のブランディングやパッケージデザインの変更といった各種事業を紹介する。

 同法人の月田尚子さんは「両者のコラボで付加価値のある成果物を適正な価格で提供するという取り組みを紹介できる。社名変更や会社復活といった大きな話もあるので、企業や事業主の方はもちろん、一般の方にも見て聞いてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時(最終日は15時まで)。参加無料。

“大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分” の続きを読む