ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)

情報元 : ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-chukaiv-l31
サッカーJ3のガイナーレ鳥取に、新たに2人のブラジル人選手が加わることが決まり、米子市で記者会見が行われました。今シーズンからチームに加わるのはユリ選手とアドリエル選手です。2人ともブラジル出身で、昨シーズンまでブラジル国内のプロリーグに所属していました。このうちフォワードのユリ選手は、身長185cm・体重78kgで、高さと恵まれた体格を生かした得点力が期待されます。一方、ディフェンダーのアドリエル選手は、184cmの長身ながら俊敏な動きが持ち味で、ディフェンスの要としての役割が注目されます。
2人はさっそくユニホームに着替えてシーズンでの活躍を誓いました。この日の会見は一般に公開され、会場には約100人のサポーターが駆け付けました。また、本拠地のチュウブYAJINスタジアムでの練習に臨み、チームメイトと汗を流しました。2人は今後、試合形式の練習などに参加し、3月の開幕戦に向けて調整していくということです。

“ガイナーレ鳥取に外国人選手加入(中海テレビ放送)” の続きを読む

栃木SC、新チーム名を検討 17日にサポーターと意見交換(下野新聞SOON)

情報元 : 栃木SC、新チーム名を検討 17日にサポーターと意見交換(下野新聞SOON)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-03134507-soon-l09
 サッカーJ2栃木SC(橋本大輔(はしもとだいすけ)社長)が2009年度のJリーグ参入から10年が経過したことを踏まえ、チーム名変更の検討を開始したことが15日、分かった。新たな名称の決定方法や使用開始の時期は現時点で固まっていないが、クラブ側は17日に宇都宮市内で開催するサポーターとの意見交換会の席で方針を説明する。
 橋本社長は下野新聞の取材に対し、「今季はJリーグ参入から11年目とクラブとして新たな段階に入る。このタイミングで今後10年を見据えた新たな歴史をつくっていきたいと思った」とチーム名変更の検討に入った意図を説明。2017年にJ2再昇格を決めた際、サポーターやスポンサーから『愛称を付けないのか』などの提案が数多く寄せられたことも決断の決め手となったという。
 栃木SCの前身「栃木蹴球団」は1946年に誕生し、80年には栃の葉国体出場メンバーを中心に「栃木教員サッカークラブ」が発足。94年から教員以外の一般社会人にも門戸が開かれ、現在の「栃木サッカークラブ(SC)」になった。
 その後はカテゴリーが変わっても名称はそのままで来たが、日本フットボールリーグ(JFL)に所属していた2006年にはJリーグ準加盟申請を行った時期に新チーム名を公募。2500件を超す応募があったものの変更に反対する声も多く、白紙となった経緯がある。
 クラブが主催するサポーターとの意見交換会「第1回フューチャーカンファレンス」は17日午前10時から、宇都宮市駒生1丁目のコンセーレで開かれ、橋本社長らクラブ幹部が出席する。参加自由で事前申し込みは不要。橋本社長は「変更ありきではないが、丁寧にクラブの考え方を説明していきたい」と話している。

“栃木SC、新チーム名を検討 17日にサポーターと意見交換(下野新聞SOON)” の続きを読む

走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)

情報元 : 走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010004-niigatatvv-l15
サッカーJ2のアルビレックス新潟が、聖籠町のグランドで新体制で初めての全体練習を行いました。雪のない緑のピッチをスローガンの「走れ!ニイガタ流儀」の通り駆け抜けます。片渕浩一郎監督は、「新潟のサッカーの原点は走ること。チームのために走る。サポーターとともに走る。未来に向けて走る。」と意気込みを語りました。病を克服して戻ってきた早川選手は、「トップチームでスタートできるということは僕にとってはうれしいこと。高いモチベーションのままシーズンを戦い抜ければ。」と話しました。16日からは高知キャンプへ向かいます。

“走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)

情報元 : 「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00010004-sakuranbo-l06
サッカーJ2・モンテディオ山形の次期社長に就任する相田健太郎さんが、吉村知事を表敬訪問した。サポーターと一丸となってJ1昇格を目指すと、改めて抱負を語った。
吉村知事のもとを訪れたのは、モンテディオ山形の次期社長に決まっている相田健太郎さん。相田さんは南陽市出身で、プロ野球の東北楽天やJ1の神戸で営業本部長や戦略室長などを務めてきた。吉村知事は、相田さんに「長くプロスポーツの舞台で経験してきたことを活かし、アウェーサポーターも取り込んだ経営を期待したい」と述べた上で、県としても出来る限り協力していくとエールを送った。
相田さんは「スポンサー企業などからも意見を聞き、多くの人がスタジアムに足を運んでくれるシステムを作っていきたい」と語った。
(モンテディオ山形・相田健太郎次期社長)
「見る側やる側ではなくて関わっていただくみなさんとともに戦ってJ1に上がれればいいと思う」
相田さんは来年1月1日付で社長に就任する。

“「経営手腕に期待」モンテ次期社長に吉村知事エール 山形(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)

情報元 : 草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000038-san-l10
 全国の温泉の番付を決めるインターネット接続事業者、ビッグローブ(東京都)主催の「みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞」の投票受け付けが始まった。草津温泉が11年連続で東の、別府温泉郷(大分県)が4年連続で西の「横綱」に輝けるか注目が集まる中、今回は2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、外国人観光客向けランキングを新設。「温泉俳優」を名乗る原田龍二さん(48)もスペシャルサポーターとして一肌脱ぐなど、早くも盛り上がりを見せている。
 温泉大賞は来年2月13日までインターネットで投票を受け付け、温泉地▽旅館・ホテル▽エリア別ランキング▽県別ランキング▽外国人観光客におすすめの旅館・ホテル-の5部門で「温泉番付」を決める。
 投票受け付けが始まった今月3日に東京都内で開かれた記念イベントには、原田さんがスペシャルサポーターとして浴衣姿で登場。熱い「温泉愛」を語った。
 二枚目のイメージを打ち破って、バラエティー番組で「裸芸」を披露し、全裸の写真集出版会見も話題になった原田さんだが、「温泉は入りに行くだけではなく旅のピリオド。旅だからこそ温泉の価値がある」と真面目に力説。
 温泉には、地球の恵みへの感謝の気持ちを込めて、必ず「いただきます」とあいさつしてから入浴するという自身の作法を紹介した。
 さらに、草津と別府の温泉の湯を腕で判別する「利き湯」に挑戦。浴衣を大きくはだけて上半身裸となり、見事に正解を当てた。
 草津温泉は、1月の本白根山の噴火などの影響による観光客の減少を食い止めようと、日帰り入浴施設「西の河原露天風呂」(草津町草津)で11月まで「ふろの日」の毎月26日、水着を着用して男女混浴ができるようにするなどして集客に努めた。
 こうしたユニークな取り組みが投票結果にどう反映されるか。最終結果発表は来年2月末ごろを予定している。

“草津温泉V11なるか 「温泉大賞」投票受け付け開始 外国人観光客向けランキング新設(産経新聞)” の続きを読む

「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)

情報元 : 「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000012-ryu-oki
 サッカーJ3でJ2昇格と優勝を決めているFC琉球の最終節は12月2日午後1時から、富山市の県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦する。最終戦を前にした28日、那覇市の新都心公園で琉球の選手らは練習に汗を流した。朴一圭主将は「勝って最高の形で終わりたい」と力を込める。
 28日は、フィジカルトレーニングを1時間以上行い、パス回しなど基礎練習へ。選手たちは終始和やかな雰囲気だった。その後、実戦形式のミニゲームで、攻守の連係などを念入りに確認した。
 琉球は31試合を終えた通算成績は20勝6分け5敗で勝ち点は66。得失点差は2位の鳥取と18点リードを広げる34点と、リーグ屈指の実力を誇っている。富山はリーグ12位で、今季の開幕戦も4―3で勝利している。過去3年間の対戦成績も2勝3分け。相性の良い相手で最終戦も白星が見込めそうだ。
 琉球は昇格と優勝を決めた後の23日、相模原に4―1で勝利し、約4500人の観客の前で偉業を成し遂げた。金鍾成監督は「優勝と昇格が決まったあとで、スイッチが入りづらい状態だった」と振り返るが、シーズンを通して培ってきた連係や地力の違いを見せつけた。ホーム戦無敗はJ1の浦和に次いで2例目だ。
 2日は現チームでの最終試合だ。J2に向けて選手層やチーム力の課題も見えているが、金監督は「結果も大事だが、選手がどういうサッカーを見せてくれるか楽しみだ」と焦りはなく、笑顔を見せた。
 
◆8日に交流会開催/沖縄市、入場無料
 FC琉球を運営する琉球フットボールクラブは12月8日午後6時から、沖縄市のグリーンフィールドでファンとサポーター向けの交流会を開催する。
 球団によるシーズン報告のほか、FC琉球のダンスチーム「琉球ボンバーズ」や選手のパフォーマンス、記念撮影など、様々な催し物がある。入場は無料。先着で来場した300人に琉球のオリジナルTシャツがプレゼントされる。

“「最高の形で終わる」 FC琉球 来月2日、今季最終戦 アウェー対富山へ調整(琉球新報)” の続きを読む

<西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)

情報元 : <西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-03264645-saga-l41
 佐賀県サッカー協会は22日、天皇杯全日本選手権の4回戦・サガン鳥栖-ヴィッセル神戸戦があった鳥栖市のベストアメニティスタジアムで、西日本豪雨を支援する募金活動を行った。鳥栖西中サッカー部11人も協力し、両チームの多くのサポーターが呼び掛けに応じた。
 日本サッカー協会の復興支援活動として、天皇杯の各試合会場で行われた。鳥栖西中サッカー部はスタジアム入場口の3カ所で「皆さんの温かいご支援をよろしくお願いします」と声をそろえて寄付を募った。幅広い世代の入場者が募金箱に義援金を入れていた。
 募金を呼び掛けた同校2年の下條陽翔さん(13)は「時間がたっても困っている人に手を差し延べる優しさを感じた。このような取り組みを学校でも続けたい」と話した。この日集まった22万9348円の義援金は日本サッカー協会を通じて日本赤十字社に送られ、被災地に届けられる。

“<西日本豪雨>鳥栖西中サッカー部員も協力、ベアスタで募金活動 佐賀(佐賀新聞)” の続きを読む

トーレス、サガン初陣 巧みな技で観衆魅了(佐賀新聞)

情報元 : トーレス、サガン初陣 巧みな技で観衆魅了(佐賀新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-03249123-saga-l41
 サッカー・J1サガン鳥栖に加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手(34)が22日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムであったベガルタ仙台戦に出場した。後半途中からピッチに立ち、巧みな技術でスタンドを沸かせたが、チームは終了間際に失点して0-1で敗戦。笑顔はなく、ほろ苦いJリーグデビューとなった。
 世界的ストライカーへの注目度は高く、スペイン国旗を掲げたサポーターらが試合開始3時間以上前から詰めかけ、1万7537人が観戦した。
 0-0で迎えた後半5分、FW田川亨介選手に代わってトーレス選手が投入されると、「ウォー」というどよめきが起こった。右足から繰り出される正確なシュートや、相手を置き去りにするドリブルなど、ワンプレーごとに歓声がこだました。
 トーレス選手とアトレチコ・マドリードの下部組織で一緒にプレーしたサッカー解説者の玉乃淳さん(34)は「彼がすごいのは常に味方を鼓舞し、敵に向かっていく姿勢。彼のリーダーシップは間違いなく鳥栖でも発揮される」と語る。
 「合流して1週間だが、吉田選手や小野選手といいコンビネーションは見せることができた。ハードに練習し、100パーセントの状態にもっていく」とトーレス選手。記念すべき一戦を勝利で飾ることはできなかったが、鳥栖の歴史に新たな1ページが刻まれた。

“トーレス、サガン初陣 巧みな技で観衆魅了(佐賀新聞)” の続きを読む

華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)

情報元 : 華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010003-suntvv-l28
サッカーのワールドカップロシア大会のスペイン代表で、J1ヴィッセル神戸に加入したイニエスタが22日の試合で途中出場し、Jリーグデビューを果たしました。22日、ヴィッセル神戸の本拠地・ノエビアスタジアム神戸で行われた湘南ベルマーレ戦。スペイン1部リーグの強豪バルセロナから移籍したアンドレス・イニエスタの世界的プレーを見ようと、2万6000人を超えるサポーターが訪れました。
イニエスタはベンチスタート。試合は前半10分、ベルマーレの坂に頭で決められ、ヴィッセルは先制を許します。1点ビハインドで迎えた後半。イニエスタがアップを始めます。しかし、後半3分、ベルマーレの齋藤に追加点を奪われます。この後、その時が訪れます。後半14分、ついにイニエスタがJリーグのピッチに立ちます。そしてファーストタッチ。ディフェンダーをかわし、スルーパス。さらに1点を追加されたヴィッセル。イニエスタがその後も、チャンスを演出して見せ場を作ります。後半44分には、コーナーキックからボレーシュート。
しかし、ここで試合終了。ヴィッセル神戸は湘南ベルマーレに0対3で敗れ、イニエスタ出場の初戦を勝利で飾ることはできませんでした。ヴィッセル神戸は次節、28日にノエビアスタジアム神戸で柏レイソルと対戦します。

“華麗なボールさばき随所に イニエスタがヴィッセルでJデビュー/兵庫県(サンテレビ)” の続きを読む

サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)

情報元 : サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000010-tssv-l34
世界中が熱狂したワールドカップが終了し、18日からリーグ戦が再開。
サンフレッチェ広島はホームでガンバ大阪戦に臨みます。
18日のガンバ大阪との試合を前に、試合が行われるホームエディオンスタジアムで最終調整を行ったサンフレッチェ。
リーグ再開初戦を望むにあたり、練習は冒頭15分のみの公開となりました。
この中断期間で積み上げたトレーニングでさらに勝ち点を上積みできるか、再開初戦の勝敗が大きなカギを握ります。
【柏選手】
「走りの練習だったり、戦術を多くできた。中断前よりワンランクあがった。それをピッチの中でサポーターの皆さんの前で表現したい」
後半戦に弾みをつけるためにも広島に元気を届けるためにも、選手たちは勝ち点3、絶対勝利を誓います。
【柏選手】
「僕たちができることはピッチの中で表現すること。勝って広島の皆さんに勝利を届けることが全て。90分の中でしっかり勝ち切って広島のみなさんに勝利を届けたい」
あすエディオンスタジアムで、よる7時からガンバ大阪と対戦します。
スタジアムでは豪雨災害への募金活動も行われます。

“サンフレッチェ広島 リーグ戦再開へ「広島に元気を!」(テレビ新広島)” の続きを読む