長期の停電反省 関電が早期復旧策強化(紀伊民報)

情報元 : 長期の停電反省 関電が早期復旧策強化(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00363448-agara-l30
 関西電力は、9月の台風21号による大規模停電に対する反省と対策をまとめた報告書を公表した。長期間にわたる停電に加えて復旧見通しの情報提供も不十分だったと反省した上で、停電の早期復旧に向けた体制強化や停電状況が分かる専用アプリの開発など対策を進めていく。
 9月4日に関電管内を縦断した台風21号により、管内では延べ220万戸で停電が発生、和歌山県内では最大24万戸が停電した。
 県内の復旧作業は12日間かかった。管内では全面復旧に17日間かかった。関電のホームページでは、停電地域を示す情報が一時閲覧できなくなる障害が発生し、停電状況や復旧見通しの情報も適切に提供できなかった。
 そのため、多くの客に不便と迷惑を掛けたと受け止め、これを教訓に今後の大規模災害に備えるため「台風21号対応検証委員会」を設置した。
 来年の台風シーズンまでには新技術の導入や応援の見直しにより、停電の早期復旧に向けた体制を強化し、客が必要とする情報にアクセスしやすい環境を整えるという。

“長期の停電反省 関電が早期復旧策強化(紀伊民報)” の続きを読む

広告供養(RKK熊本放送)

情報元 : 広告供養(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00000001-rkkv-l43
今年一年に使われた広告物に感謝する「広告供養」が熊本市の本妙寺で営まれました。
チラシやポスター、パンフレットなどの供養は全国でも珍しい取り組みです。16回目の今年は広告に携わる約20の企業から40人程が集りました。
熊本広告業協会によりますと、広告需要は熊本地震で一旦は落ち込んだものの、現在は地震前の水準まで戻ってきたということです。
来年の見通しについては、ラグビーとハンドボールの世界大会が控えていることを挙げ、「広告を使って大会への機運を盛り上げたい」としています。

“広告供養(RKK熊本放送)” の続きを読む

那須塩原でイノシシの畑アート公開(産経新聞)

情報元 : 那須塩原でイノシシの畑アート公開(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000063-san-l09
 那須塩原市西遅沢の県道沿いの畑に来年のえとにちなみ、イノシシなどをデザインした畑アートが公開されている。田んぼアートを手がける同市の農業、中野登喜男さん(73)が家族とともに約15アールの六条大麦の畑に制作した。
 テーマは「夢」。イノシシ(全長15メートル、幅4メートル)や初日の出(全長25メートル、幅6メートル)のデザイン、夢の文字の上に「○」を配置し、ここに夢を描くというイメージだ。夜間にプロジェクターを使って輪郭線に沿って棒を立て、絵や文字の部分以外に種をまいた。
 高さ6メートルのやぐらから見ることができ、中野さんは「来年も良い年で飛躍の年であるように願って制作した。年賀状にも使ってほしい」と話す。公開は3月末まで。午前9時~午後3時半。

“那須塩原でイノシシの畑アート公開(産経新聞)” の続きを読む