スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)

情報元 : スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000027-kyt-l26
 16日午後2時5分ごろ、京都市左京区高野東開町のスーパー「イズミヤ高野店」で、1階レジ付近にいた従業員の女性(35)が、男に包丁で背中と首の数カ所を刺された。女性は救急搬送時、意識はあったという。京都府警は午後3時すぎ、逃走したとみられる男を現場から北東約200メートルの自宅マンションで発見し、殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。
 下鴨署によると、男は左京区一乗寺赤ノ宮町、無職の男(45)。「僕が包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めているという。男が着ていた服と、自宅から見つかった包丁には血のようなものが付着していたという。
 逮捕容疑は、1階食料品売り場のレジ付近で、仕事中の女性に背後から近づき、背中と首をいきなり刺した疑い。下鴨署の説明では、男は事件当時、野球帽をかぶり、マスクを着用していたという。
 男とみられる男が包丁を持ったまま現場から逃走した後、自宅マンションに向かう姿が付近で目撃されていた。同マンションに駆けつけた捜査員が、自宅にいた藤井容疑者から事情を聴いたところ、犯行を認めたため、緊急逮捕した。
 関係者によると、男は約6年前から同マンションで1人暮らしをしていた。2~3カ月前から、他の居住者との間で騒音などをめぐってトラブルを起こしていたという。
 現場は叡山電鉄茶山駅から北西約400メートルの商店や住宅が立ち並ぶ地域。

“スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)” の続きを読む

変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)

情報元 : 変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00010000-jomo-l10
 セーブオンの群馬県内の店舗が31日午前7時に看板を下ろし、35年の地場コンビニの灯が消える。本格的な人口減少を迎える中、コンビニが提供する「便利さ」は地域の活力維持に欠かせない生活基盤になりつつある。
 店内にみそだれの香りが漂った。今月中旬、コンビニエンスストア「セーブオン吉岡上野田南店」。店頭で調理する焼きまんじゅうを目当てに母親と共に訪れた榛東村の主婦(48)は「地元のコンビニでしょ。よく使うセーブオンがなくなるのは残念」と寂しげに注文し、焼きたてを受け取った。
 セーブオン(前橋市)は今月末、自社ブランドでの営業を終了する。県内に159店(7月末現在)ある店舗は一部の完全閉店を除き、改装を経て約1カ月後から順次、「ローソン」に変わる。同社はその後、ローソン(東京都)と2017年1月に結んだフランチャイズ(FC)契約に基づき、メガFCとしてローソン店舗の運営に当たる。
 セーブオンは地域色のある商品づくりに定評があった。県内5店で販売する焼きまんじゅう(1串150円)はその代表格。ただ、ローソンへの転換後は他のオリジナル商品も含め「扱いは協議中」(セーブオン)としており、常連客から惜しむ声が上がる。
 納入業者も不安を隠さない。セーブオンに「ぐんまちゃんヌードル」などを卸す大黒食品工業(玉村町)は転換後の出荷について、「推移を見守るしかない」としている。
 高崎市内のパスタ店が競うイベント「キングオブパスタ」では、最高位を勝ち取ったパスタを期間限定でセーブオンが商品化してきた。キングオブパスタ実行委員会の井上幸己事務局長は「継続をお願いして、ローソンの販売網で広がればうれしいが、どうなるか分からない」と困惑する。
 セーブオンは、スーパーのベイシア(前橋市)グループのコンビニとして1983年に渋川市行幸田で1号店を開いた。商品調達力を背景に低価格路線を進め、48円アイス、298円弁当、男性客に人気のボリューム感のあるメニューを並べ、エリアは最大10県、店舗数は2015年に605店へとそれぞれ広げた。

“変わる群馬のコンビニ勢力図 セーブオン閉店で「3強時代」に 地域性や独自性 惜しむ声(上毛新聞)” の続きを読む

花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)

情報元 : 花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010001-saitama-l11
 NHKテレビの「おかあさんといっしょ」の出演者らが、おなじみの歌や体操、踊りを繰り広げるスペシャルステージが18、19日、埼玉県さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで行われ、2日間の6公演に約7万8千人の親子が訪れた。NHKエデュケーショナル主催、埼玉新聞社など後援。今年で13回目。赤ちゃんのおでこに朱印、健やかな成長を祈う 行田の前玉神社で初山、泣きだす子どもに祖父母ら笑顔 今回のステージは、「みんなでわくわくフェスティバル!!」をテーマに、花田ゆういちろうさんら出演者とキャラクター「ガラピコぷ~」が音楽や踊りなどの世界に入り込む演出を披露した。ステージを中心に、アリーナ一体を包む光と音の演出に、観客の熱気も最高潮。子どもたちもリズムに合わせ、一生懸命声を張り上げていた。
 東京都杉並区から妻と3歳の双子の女の子の家族4人で来場した清水豊さんは「毎日テレビで見ているけれど、コンサートに来たのは初めて。最初は子どもたちも大迫力の演出に圧倒されていたが、終始笑顔で楽しそうだった」と話していた。
 同公演には毎年児童養護施設の子どもたちを招待しており、今年も20団体約380人の子どもたちと施設関係者が招待された。
 テレビ放映は、9月24日午前9時からEテレで予定されている。

“花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)” の続きを読む

【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-ksbv-l37
豪雨に台風、猛暑と自然災害が相次ぎ、野菜が打撃を受けています。旬を迎えた夏野菜の値上がりに消費者だけでなく販売する側も頭を抱えています。
 (コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「夏野菜と言われる果菜類、キュウリであったりトマトであったり、そちらの方が若干高い気がします」
 高松市のコープ扇町店では果菜類と呼ばれるトマトやキュウリの価格が上がっています。取材した日はキュウリ1本68円、トマトは1個148円でした。
 また値上がりだけではなく、ナスは擦れが目立ったり、トマトは日持ちせずすぐに皮にしわが寄ったりと品質が安定しません。
(コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「急に頼んでいた物が入ってこなかったり入ってきても品質が悪かったりしたときにどうしても売り場を埋めなければならないので、そういうときにちょっと苦労したりします」
(田嶌万友香リポート)
「スーパーでは商品がなかなか揃わないため、関連する調味料などを並べることで商品棚を埋めています」
(買い物客は―)
「結構半額商品を狙っているので例えばキャベツなんかでも4分の1とかでも60円とか半額で、そんなときに2つまとめて買ったりとか」
「だいぶ高いなとは思いますけど仕方がないことだなと思っています。いろんなところの雨の被害だとかお天気だとか。採れない、腐っちゃうというのをテレビで見ますので農家さん大変だなという思いなので」
 野菜を飲食店や施設などに販売している河野商店では、注文を受けた分だけ量を揃えられなかったり、商品があっても高すぎるために原価で販売せざるを得なかったり対応に苦慮しています。
(河野商店/河野江津子さん)
「今までで一番、お嫁にきて40年近くになるんですけど、初めてです。こんなにキャベツの値段が高かったり、青物類が高いのは初めてです。とっても高くてお客様に申し訳ないくらい。量が取れなくて、だから注文いただいてもそれをそろえるのが大変です」

“【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000005-minkei-l13
 秋葉原で8月5日、「ロボットガールズNEO完成披露上映イベント」が開かれた。(アキバ経済新聞)
 「マジンガーZ」をはじめとする歴代スーパーロボットを美少女キャラ化し、2014年1月から「ロボットガールズZ」アニメーション作品として本格始動。「ロボットガールズNEO」は、「ロボットガールズZ」の新展開としてスタートした。
 廃虚と化した超未来の練馬を舞台に、「効率の悪い前時代のエネルギー」と呼ばれる光子力を使って2人きりで生活するZちゃん(=マジンガーZ)とグレちゃん(=グレートマジンガー)。人々の生活を脅かす機械仕掛けの獣「マジン」を狩り、採取したマジンのパーツを売りさばくのをなりわいとする2人の元にグレンダちゃん(=グレンダイザー)が転がり込んできた。Zちゃんたちが住むボロボロの「光子力ハウス」とは雲泥の差の、きらびやかな特別地域から逃げてきたという彼女の正体は…というストーリー。
 今回開催されたイベントは、同作品Blu-ray発売時に、映像特典として「『ロボットガールズZ』新作ぷちキャラアニメーション」を制作するために実施したクラウドファンディング出資者への返礼品の一つ。
 司会進行に「ロボットガールズZ」Zちゃん役の声優・本多真梨子さんを迎えてイベントはスタート。まずは完成したばかりの「ロボットガールズNEO」2話を上映した。続いて、「ロボットガールズNEO」のキャスト・木野日菜さん(Zちゃん)、萩原あみさん(グレちゃん)、井澤美香子さん(グレンダちゃん)の3人が登場。完成作品を見て、「制作予算に対してお金の使い方のメリハリが効いている」などのコメントを3人が述べた後、アフレコまでのせりふ練習の話や、アフレコ現場にクラウドファンディング出資者が見学に来た緊張のエピソードを披露した。
 クラウドファンディングで集まった金額「1,115万1,005円を自由に使えたら?」という質問に、萩原さんから「同作品のその後のエピソードを制作」という回答が発せられたほか、「端数の5円をおさい銭に」(木野さん)、「全身脂肪吸引してよりゴージャスに」(井澤さん)という回答も寄せられた後、締めの本多さんによる「投資信託・貯金」という現実的な回答で幕を閉じた。
 合わせて、オンラインゲーム「ロボットガールズZオンライン」に「ロボットガールズNEO」の「ニューチームZ」3人が参戦すること、「『ロボットガールズZ』新作ぷちキャラアニメーション」にキャラクター「ポセス02(オミクロンツー)」が登場することが発表された。
 「ロボットガールズNEO」の放送はANIMAXonPlayStationで8月18日から始まる。

“歴代スーパーロボットを美少女化・アニメ「ロボットガールズNEO」完成上映会 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

人口73人の島で生まれた「20年ぶりの商店」が教えてくれたこと ネット通販の時代に「あえて店をする」(withnews)

情報元 : 人口73人の島で生まれた「20年ぶりの商店」が教えてくれたこと ネット通販の時代に「あえて店をする」(withnews)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000003-withnews-l46
 地方出身の人なら、なじみのある「商店」。お菓子から洗剤、おもちゃまで、だいたいのものがそろう地域の重要な場所でした。今では、コンビニやショッピングセンターにおされ、ほとんど見かけなくなった「商店」を開店させた人がいます。しかも、人口わずか73人の島で。島の生活でもネットスーパーが普及している時代。それでも開いた理由は? ぶっちゃけもうかっているの? 真相を探りにフェリーに飛び乗り、東シナ海に浮かぶ鹿児島県三島村の竹島に向かいました。(朝日新聞鹿児島総局記者・加藤美帆)【画像】見たらきっと行きたくなる……小さな島に生まれた「ステキな商店」
 北海道生まれの私が鹿児島に赴任したのは今年4月のこと。福岡から鹿児島へ転勤し「島担当」を命じられました。
 南北600キロに広がる鹿児島県は全国で4番目に多い26の有人離島があり、私は赴任直後、前任者から「人口73人の島に20年ぶりに商店ができるらしい」と聞いていました。
 道産子としては「南の島」と聞くだけでワクワクします。
 「人口73人しかいない島に、どうしてわざわざ店をつくるの?」「そもそも南の島ってどんなところ?」次々に疑問がわいてきました。
 「島担当が行かないわけに行かない」と思い立ち、5月中旬、竹島行きのフェリーに飛び乗りました。
 竹島行きのフェリーは週に4便しかなく、無事島にたどり着いても、台風など悪天候の際は船が遅れ何日も帰れないこともあります。
 1泊2日の予定ですが、スーツケースにもう数泊分の衣類を入れ鹿児島港へ向かいました。
 フェリーが出るのは鹿児島市本港新町にある鹿児島港です。海の向こうに雄大な桜島を臨みます。
 桜島やほかの離島へ行くフェリー乗り場が集まっています。乗客は島の住人や島でも工事の仕事をしている人が多そうです。
 島民にとって本州との唯一の交通手段であるフェリー。その大きさは全長89.5メートルで、思ったより大きい。
 港の待合所でチケットを買います。
 船の前には、車でお弁当やパンを売る店が2店あります。船の中ではお弁当などを販売していないため売っているそうです。
 みな立ち寄ってはお弁当を買って船内へ。私ものぞいてみると手作りのお弁当やパンがずらりと並んでいました。
 コンビニでパンを買っていましたが、サンドイッチがどうしてもおいしそうで、卵サンドを買ってしまいました。
 腹が減っては戦は出来ぬ……食料を調達したところでいよいよ乗船。いよいよ気分が高まります。
 中も思ったより広く、明るく開放感がありまるでホテルのよう。
 食事が取れる広い部屋や飲み物やカップラーメンを売る自販機もあります。
 心配していた波による揺れも少なく、予想よりも広く快適です。
 船室では、約3時間の航海で仮眠が取れるよう枕や毛布が用意されています。
 約90キロ南の沖合に浮かぶ竹島は鹿児島市から南方向で最も近い離島。とはいえ、約3時間の船旅の始まりです。

“人口73人の島で生まれた「20年ぶりの商店」が教えてくれたこと ネット通販の時代に「あえて店をする」(withnews)” の続きを読む

【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)

情報元 : 【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00010000-oabv-l44
県特産の露地カボスが旬入りを迎え、本格的な出荷が始まりました。カボスの重さに対して果汁の量が20パーセントを超えると県カボス振興協議会が旬入りを宣言します。大分市公設地方卸売市場では、臼杵や竹田などから集まった、1400キロが競りにかけられました。平均価格は1箱2キロが900円と例年並みということです。2018年は春先から気温が高かったため生育がよく、2017年の1.5倍にあたる約5800トンの出荷を見込んでいます。出荷のピークは7月末までで九州を中心に関東や関西のスーパーなどで販売されます。

“【大分】露地栽培のカボス ”旬宣言”(OAB大分朝日放送)” の続きを読む

佐賀発ギョーザ新商品「チーズ&おから」 斬新さで「食の感動」伝えたいと意欲 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 佐賀発ギョーザ新商品「チーズ&おから」 斬新さで「食の感動」伝えたいと意欲 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000066-minkei-l41
 「佐賀ん餃子(ぎょうざ)やしき」(佐賀市神野東1、TEL0952-23-0088)が7月27日、新商品「世界のチーズ&ヘルシーおから餃子」の販売を始めた。(佐賀経済新聞)「世界のチーズ&ヘルシーおから餃子」(左)と「佐賀牛餃子」(右) 佐賀市高木瀬東の専用工場で冷凍生ギョーザを製造し、神野東の直営店のほか九州、関西、中部地方のスーパーマーケットなど約70店舗で販売する同社。創業者の馬場利治さんは、栃木県宇都宮市の名物ギョーザをヒントに「佐賀でもギョーザでまちおこししたい」と2008年から5年程かけてレシピを開発。当時82歳と高齢だったことから近くに住む吉浦宏治さんに後継を前提とした共同創業を依頼し、2013年に創業した。同年、馬場さんが引退。吉浦さんが事業を引き継いだ。吉浦さんは「考えてもいないことだったので一度は断ったが、その年齢で事業を始める馬場さんのバイタリティーに感銘を受けた。何より馬場さんのギョーザを食べた瞬間、思わず『うまい』と言葉がこぼれるほど感動し、これならやっていけると確信した」と振り返る。
 吉浦さんが今回の新商品開発を始めたのは今年5月ごろから。「食べられずに捨てられてしまうことも多いが体によい食品として活用したい」と思っていたおからにチーズを合わせると食べやすくなると聞いた吉浦さんは、ドイツ産のモッツァレラ、イタリア産のパルミジャーノ・レッジャーノの2種類のチーズと国産のおからを使ったギョーザを開発した。
 「ある時ふと頭の中にレシピが浮かび、作ってみたら、ものすごくおいしくて我ながら驚いた。その後、何度も試作を重ねたがその味を超えるものはできず、最初に作った時そのままのレシピで商品化した」と吉浦さん。おからのしっとり感とチーズの風味が特徴で「タレをつけずに食べてほしい」と話す。同商品は「プレミアム佐賀ん餃子シリーズ」として、今年開発した「佐賀牛餃子」と共に展開する。
 吉浦さんは「意外性のある食材で新しい商品を送り出すことができ、今までとは違うステージに進めたと手応えを感じている。創業者が作ったギョーザを私が初めて食べた時のような『食の感動』を多くの人に伝えていきたい。まずは地元の人に喜んでもらい、地道に少しずつ他地域にも広げていけたら」と話す。
 価格は10個入り=690円。直営店で販売する。

“佐賀発ギョーザ新商品「チーズ&おから」 斬新さで「食の感動」伝えたいと意欲 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

栄養管理について知識と関心を(RKK熊本放送)

情報元 : 栄養管理について知識と関心を(RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180805-00000004-rkkv-l43
8月4日の「栄養の日」にちなみ、栄養管理について知識と関心を深めてもらうイベントが開かれました。
これは「熊本県栄養士会」が開いたもので、会場となった熊本市内のスーパーでは買い物客が骨密度や筋肉量、体脂肪率などを測定しました。
また、普段の食事の内容を模型で再現し栄養価や栄養バランスを診断するコーナーでは、塩分や食物繊維、カルシウムなどの摂取状態を確認し、食事の改善点などのアドバイスを受けていました。
栄養士会では「多くの人に食事について見直す機会にしてほしい」と話していました。

“栄養管理について知識と関心を(RKK熊本放送)” の続きを読む

三河一色産ウナギ、こんがり 土用の丑の日(福井新聞ONLINE)

情報元 : 三河一色産ウナギ、こんがり 土用の丑の日(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010001-fukui-l18
 7月20日の「土用の丑の日」を前に、福井県内のスーパーなどで19日、焼きたてのウナギのかば焼きが並んだ。香ばしいにおいに誘われ、家族連れらが買い求めていた。【動画】ウナギ、炭火でじっくり 福井市のバロー新田塚店では、店頭入り口付近に特設コーナーを設け午前10時すぎから販売を始めた。ウナギは品質に定評のある愛知県三河一色産で、店内分を含め約450匹を準備。たれを塗ったうなぎを網に乗せ、炭火でじっくりと焼き上げた。
 同店水産部門の谷口真朗さん(32)は「夏を乗り切るには栄養満点のうなぎが一番。違う味を楽しめる白焼きもお薦め」と話していた。

“三河一色産ウナギ、こんがり 土用の丑の日(福井新聞ONLINE)” の続きを読む