滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)

情報元 : 滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00010002-bbcbiwakov-l25
皆さんはVチューバーをご存知ですか?「ヴァーチャルユーチューバー」、ユーチューブなどで動画を配信するキャラクターのことで、このほど県内の自治体では初めて、湖南市が採用しました。
3月1日にデビューする湖南市の公式Vチューバー、「Minami(ミナミ)」です。市の広報によると「猫耳萌え系少女キャラ」で、名前以外のプロフィールは明らかにされていません。
インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」などで人に成り代わって動画配信を行うVチューバーは茨城県などがすでに導入していますが、滋賀県内の自治体で採用するのは湖南市が初めてです。
今後は、市のユーチューブ公式チャンネルや、2月28日開設されたツイッターなどで様々な広報動画を配信していくということです。
湖南市では、3月1日以降、少なくとも月に1回以上動画を配信し、チャンネルの登録者やフォロワーを増やしていきたいとしています。

“滋賀県初!湖南市に公式Vチューバー誕生(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

警察も人材確保に苦労 香川県警が仕事の魅力を伝える説明会(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 警察も人材確保に苦労 香川県警が仕事の魅力を伝える説明会(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00010001-ksbv-l37
 警察官の仕事のやりがいや魅力を伝える体験型説明会が24日、高松市で行われました。
 香川県警が毎年この時期に行なっている説明会で、高校生や大学生など49人が参加しました。少子化の影響などで警察も人材の確保に苦労していて、警察官の仕事のやりがいや魅力をPRするのが目的です。
 逮捕術の体験では、2人1組でさすまたを使って犯人を制圧する方法などを学びました。
(香川県警本部人事課/岡田将史 課長補佐)
「将来の職業の選択肢として、警察官、香川県警察を目指していただけたら」

“警察も人材確保に苦労 香川県警が仕事の魅力を伝える説明会(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)

情報元 : 弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-19294308-kantelev-l27
大阪市で元交際相手の女性を殺害した罪に問われている男の裁判員裁判で、検察は懲役15年を求刑しました。
無職の河本智旭被告(29)は2010年12月から翌年1月の間に、大阪市阿倍野区で元交際相手の比樂あゆみさん(当時21~22)を殺害した罪などに問われています。
19日の論告で検察側は、「河本被告は、比樂さんがよりを戻してくれないことに絶望して命を奪っていて動機は身勝手で悪質」と指摘し、懲役15年を求刑しました。
これに対し弁護側は、「河本被告は以前から自傷行為をしていた比樂さんから『殺して』と頼まれ殺害した」として、より刑が軽い嘱託殺人に留まり、懲役3年以下が妥当だと反論しました。
判決は2月26日に言い渡されます。

“弁護側は”『殺して』と頼まれての殺害”…と反論。元交際相手を殺害の男に検察は「懲役15年」を求刑(関西テレビ)” の続きを読む

東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)

情報元 : 東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00010007-chibatopi-l12
 昨年4月に始まった東京ディズニーリゾート35周年イベント「HappiestCelebration!」が、3月25日でフィナーレを迎える。パレードが特別バージョンになるなど、節目の最後を盛り上げるにふさわしい演出があちこちに盛り込まれている。
         ★         
 東京ディズニーランド(TDL)の35周年パレード「ドリーミング・アップ!」は、フロートが途中で停止し、ディズニーの仲間たちとゲストが一緒になって手拍子や手振りをするパートを追加。パレードを「見る」だけでなく「参加する」楽しみも加わり、フィナーレならではの特別感にあふれる。
 ワールドバザールで上演中の「セレブレーションストリート」は、夜限定でフィナーレバージョンに変更。映像に35周年のロゴやディズニーの仲間たちが登場したり、リボンテープが舞う演出を取り入れたりして、より華やかな音楽と光の世界を届けている。
 他にも、期間限定の飲食メニューやグッズもたくさん用意されている。35周年のフィナーレまであと1カ月と少し。名残惜しさを感じつつも、最後まで祝祭を楽しみ尽くそう。
(舞浜特派員・中島悠平)
 東京ディズニーシー(TDS)のレストラン「ケープコッド・クックオフ」で働き5年目を迎えた。レジ打ちや料理提供のほか、店内上演のショー「マイ・フレンド・ダッフィー」の客席案内など毎日が忙しい。
 そんな中、支えになるのがゲストからの言葉だ。「夫婦のゲストが手をこするしぐさをしていたので、おしぼりを差し出したら『今日一番うれしかった』と言っていただけた。小さなことでも喜んでもらえるんだと分かった」
 TDSでは3月25日まで「ダッフィーのハートウォーミング・デイズ」を開催中だ。レストランでも記念品付きのメニューが充実する。「どれにするかゲストが悩まれたら、私も一緒に迷ってご提案します」
TDL「スウィートハート・カフェ」で販売中のフィナーレ期間限定メニュー「ミッキーパン」の耳には35周年のロゴがあしらわれている。
◆泡がミッキー形に
「35周年ビオレu泡ハンドソープ」はミッキー形の泡が出てくる商品。パーク内にもミッキー形の泡が出る施設があり、その楽しみを自宅に持ち帰れる。
◆壁面彩るパネル
TDLのトゥモローランド大規模開発エリアの壁には、ディズニーの仲間たちのパネルがフィナーレ期間限定で掲示されている。
※東京ディズニーリゾートの今がわかる「舞浜タイムズ」は毎月第3火曜日に掲載します。

“東京ディズニーリゾート35周年フィナーレへ パレードも特別演出に 【舞浜タイムズ2月号】(千葉日報オンライン)” の続きを読む

本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000009-hokuriku-l18
 図書館でおみくじを引いて、職員おすすめの”ラッキー本”を借りるイベント「開運!ぶっくじ」が2月15日、福井県越前市立図書館で始まった。中央図書館は28日、今立図書館は27日まで。週末の23、24の両日には、子ども向けのラッキー本も用意されている。
 新たなジャンルの本に触れるきっかけにしてもらおうと、市立図書館が初めて企画した。期間中に本を3冊以上借りた人は、箱に入ったおみくじに挑戦できる。
 おみくじには「金運」「恋愛運」「旅行運」などの運勢が書かれ、おみくじの番号に応じたラッキー本を借りることができる。ラッキー本には和紙のブックカバーが掛けられ、中身は持ち帰ってからのお楽しみ。
 金運にはビジネス書、恋愛運には恋愛小説を割り振るなどの工夫を凝らし、どのジャンルも「運気が上がるよう気分が明るくなる本を選んでいる」(担当者)という。図書館のイベント情報、便利なサービスを紹介する「ラッキー情報」を記したおみくじもある。
 子ども向けには、おみくじの代わりに5色のスーパーボールを用意。未就学児、小学1~3年生、同4~6年生に応じたラッキー本を貸し出す。当たりの赤いボールを引いた場合は、好きな色のボールをプレゼントする。
 同館では「くじを引く楽しみに加え、どんな本に出合えるかというわくわく感も味わってもらいたい」と話している。

“本選びはおみくじで 越前市・図書館 運勢応じ紹介(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)

情報元 : 浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00010012-minyu-l07
 福島県浪江町に今夏、イオングループでスーパーを展開するイオンリテールの店舗が進出する。吉田数博町長が12日、町議会全員協議会で明らかにした。スーパーの進出により住民の利便性向上や帰還促進が期待される。
 町によると、スーパーは町役場南側の空き店舗をリフォームする予定。店舗の建物面積は約1140平方メートル。
 同町は2017(平成29)年3月に東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が一部地域を除き解除された。コンビニで生鮮食料品や日用品などを販売しているものの、町内で幅広い商品が購入できるよう求める声が町民から上がっていた。
 町と同社は19日に商業環境整備の覚書を締結する。

“浪江に「イオンスーパー」 今夏開店へ、住民の利便性向上期待(福島民友新聞)” の続きを読む

「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)

情報元 : 「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)伊勢新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00001502-isenp-l24
 【亀山】亀山市と市総合環境研究センターは9日、同市若山町の市社会福祉センターで、平成30年度「環境講演会」を開き、朴恵淑・同研究センター長(三重大人文学部教授)と同大教育学部の平山大輔准教授が「今後の亀山市の環境関連計画のあり方」と題して講演。市民ら100人が聞き入った。
 講演会は、市民に環境問題への意識を持ってもらおうと毎年開催。
 朴センター長は、全世界の人らが取り組む「国連持続可能な開発目標」(SDGs)に掲げる、質の高い教育▽安全な水とトイレ▽エネルギーをクリーンに▽気候変動に具体的な対策―など17項目の目標を紹介。
 その上で「情報発信などによるピーアールが大切。亀山がトップランナーとして実践しましょう」と促した。
 平成31―32年度を計画期間とする市の環境基本計画作成に携わる平山准教授は「環境プラン実施計画、一般廃棄物処理基本計画、地球温暖化防止対策実行計画の三計画を一体化することが重要」と述べた。
 さらに「自然保護や生物多様性保全の枠組みを超え、多様な主体の参画により、自然資本を生かした取り組みが必須だ」と語った。

“「国連の環境目標」実践を 亀山市、市民向け講演会(伊勢新聞)” の続きを読む

第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)

情報元 : 第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010005-minyu-l07
 東京電力は7日、福島第1原発で廃炉作業に当たる全作業員に労働環境の実態を尋ねた第9回アンケートの実施内容を公表した。無回答78人を除いた回答者4953人のうち「第1原発で働くことに不安を感じている」と答えた人が2075人(41.9%)で、前回と比べ3.2ポイント上回った。
 福島市で同日開かれた県や原発周辺市町村、専門家による県廃炉安全監視協議会労働者安全衛生対策部会で、東電が説明した。不安を感じている人の理由(複数回答)は「先の工事量が見えないため、いつまで働けるか分からない」が935人で最多。「被ばくによる健康への影響」が814人、「安定的な収入が保証されない」が738人と続いた。

“第1原発・全作業員「廃炉」アンケート…雇用や健康の影響不安(福島民友新聞)” の続きを読む

県内に交通死亡事故多発警報/滋賀(BBCびわ湖放送)

情報元 : 県内に交通死亡事故多発警報/滋賀(BBCびわ湖放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010001-bbcbiwakov-l25
県内で交通死亡事故が多発しています。県交通対策協議会は6日、県内に今年度初めての「交通死亡事故多発警報」を発令しました。
県内では先月下旬から交通死亡事故が連続発生していて、先月27日から5日までに起きた5件の事故で5人が死亡しています。
このうち先月27日には、栗東市のスーパーの駐車場で、両親と買い物に来ていた2歳の女の子が、他の買い物客が運転する普通乗用車にはねられ死亡しています。
こうした状況を受け、県や県警などでつくる県交通対策協議会では、6日から今月12日までの1週間、「交通死亡事故多発警報」を発令し、県民に、事故への警戒を促しています。
期間中は、街頭啓発活動などを通し、歩行者には道路を横断する際の左右確認や夕暮れ時・夜間の反射材着用などを呼びかけることにしています。
またドライバーについてはスピード違反や飲酒運転、横断歩行者の妨害など、悪質・危険性の高い違反の取り締まりを強化していく方針です。

“県内に交通死亡事故多発警報/滋賀(BBCびわ湖放送)” の続きを読む

日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)

情報元 : 日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00059170-lmaga-l27
イタリアのペルージャで毎年10月におこなわれるチョコの祭典『Eurochocolate(ユーロチョコレート)』が日本初上陸。2月1日から14日まで「堂島リバーフォーラム」(大阪市福島区)で開催される。【写真】木槌でチョコを割って量り売り。ローチョコレートの「ビーウェル」は、ナッツもイタリア産のビオにこだわるイタリアでは10日間で約100万人が訪れるという、このヨーロッパ最大級のチョコイベント。日本ではあまり知られていないが、イタリアのチョコレート工房13社とともに初上陸を果たした。チョコレートアドバイザーの齋藤奈津子さんは「イタリアのチョコレートのなかでも、日本にあまり入ってきていないウンブリア州のショップを多めに選んでいます。パーム油を使用せず、品質にとことんこだわったお店ばかりです」と、出店工房の選定に自信をみせた。
現地の雰囲気を味わってほしいと、ショップの約半分が量り売り。陽気なイタリア人スタッフの呼びかけで試食をしながら、お気に入りのチョコレートを見つけて50グラムから購入できる。注目は、ウンブリア州ペルージャの「BEWELL(ビーウェル)」。非加熱製法のローチョコレートが、体にいいだけでなく、口溶けもなめらか。クコの実など栄養価が高いスーパーフードをミックスしたタブレットもあり、美容にもよさそうなチョコレートがならぶ。
イタリアならではのチョコは、チョコレートとジャンドゥーヤ(ナッツのペーストとチョコレートを混ぜたもの)が3層になったクレミーノ。クリーミーな味わいに品質の高さを感じる「TOCIOK(トチョック)」と「MELILLO(メリッロ)」の2工房で楽しめる。ほかにも、カカオバターを使わず伝統的な製法で作るシチリア島「DONPUGLISI(ドンプリージ)」のモディカチョコレートは、口溶けとは無縁のザクザクした食感が新鮮。入場料は大人400円(金土日祝は500円)。
取材・文・写真/太田浩子

“日本初、大阪で陽気なイタリアのレアチョコ祭典が開幕(Lmaga.jp)” の続きを読む