国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-iwanichi-l03
 岩手県は21日、奥州市江刺梁川-北上市口内町で整備を進めている国道107号梁川口内トンネルが3月28日に開通すると発表した。北上市街地方面と釜石道江刺田瀬インターチェンジ(IC)へのアクセスが大幅に改善され、物流効率化や産業振興、観光活性化、交通円滑化など多方面の効果が期待される。開通へ膨らむ期待 梁川-口内町の現道は急カーブや急勾配が連続。特に冬場は事故が多発し、大型車は坂を上れなくなるなど運行に支障を来していた。県は国道107号を復興支援道路に位置付け、県南広域振興局土木部が2013年度に事業着手した。全体事業費は約50億円。
 17年2月からトンネル(1022メートル)の築造工事に着手し、18年10月までに本体工事が完了。現在はトンネル内の舗装と電気、防災設備などの工事、トンネル前後の接続路の道路改良工事を手掛けている。順調に進み、目標としていた18年度内の開通にめどが立った。
 開通後は現道より約250メートル短くなり、所要時間は1分ほど短縮される。18年度内には釜石道が全線開通の予定で、梁川口内トンネルの開通と合わせ内陸部と沿岸部とのアクセスが格段に向上すると見込まれる。
 同局土木部の木村智道路整備課長は「トンネル開通で冬期間の交通難所が解消され、釜石道と一体で三陸沿岸の復興を力強く後押しできる。年度内開通に向け、残る工事も全力で進めていく」としている。開通式典や開通時間は未定。同部はトンネル開通後も、梁川側190メートル区間の道路拡幅工事を続ける。

“国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)

情報元 : ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00001237-fminpo-l07
 全国高校ダンスドリル冬季大会は十八、十九の両日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれ、郡山商高チアリーディング部がPOM(ポン)部門(Large編成)で五連覇を果たした。学法石川高チアリーディング部がミリタリー部門で初優勝した。
 ポン部門は手に小道具の「ポンポン」を持ってチアダンスの難度や創造性を競う。郡山商高チアリーディング部は二十六人が臨んだ。伊東凜乃部長(二年)は「チームとしてまとまらない時期を乗り越えてきたのでうれしい。練習の成果を発揮できた」と喜びを語った。
 学法石川高が優勝したミリタリー部門は、腕やフットワークなど、きびきびとした動きと隊列の統一性などで競った。このほか郡山高がバレエテクニックを中心とした動きを競うジャズ部門で、学法石川高はポン部門(Small編成)で、ともに二位に輝いた。

“ポン部門郡山商5連覇 ミリタリー部門学法石川初V 全国高校ダンスドリル(福島民報)” の続きを読む

川越市議セクハラ問題 市議2人がハラスメント認め謝罪/埼玉県(テレ玉)

情報元 : 川越市議セクハラ問題 市議2人がハラスメント認め謝罪/埼玉県(テレ玉)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181206-00010004-teletama-l11
川越市の新井喜一元市議が自宅で開いた宴会の席で、市の女性職員にハラスメントを行ったと第三者委員会が認定した問題で、宴会に参加していた川越市議会の男性市議2人が、会見を開き、女性職員へのハラスメントに関わったことを認め謝罪しました。
この問題は、ことし9月、川越市議会の議会事務局に務める30代の女性職員が新井元市議にセクハラを受けたとして厳重な処分を求めたものです。
先月29日に第三者委員会が公表した報告書は、女性職員がセクハラと訴えた19の行為のうち新井元市議の自宅で開かれた宴会で、女性職員に強く飲酒を勧めるなどした5つの行為をセクハラやパワハラにあたると認定しています。
この宴会に川越市議会の樋口直喜市議と海沼秀幸市議が同席し、新井元市議のハラスメントに同調していたということです。
樋口市議は「私の非を認め女性本人に謝罪をし謝罪の思いを受け止めて頂いた」と話し、海沼市議は「女性職員に不快な思いや悲しい思いをさせたことをお詫び申し上げるとともに深く反省しております」と話しました。両議員は代理人弁護士を通して謝罪を申し入れ、おととい、女性職員に謝罪をしたということです。
また、謝罪を行うことに対し、新井元市議から圧力があったことも明らかにしました。樋口市議は新井元市議から「『今は自分の考えで動くな2人は静観していろ』という趣旨の言葉を突きつけられた」と話しました。
両議員は、女性職員から「ハラスメント防止や職場環境の改善に努めて欲しい」と言葉をかけられたと話し、今後は、職務を全うするため、議員を続ける意向を示しました。

“川越市議セクハラ問題 市議2人がハラスメント認め謝罪/埼玉県(テレ玉)” の続きを読む

群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)

情報元 : 群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000035-san-l10
 団体職員の女性に対するセクハラ疑惑問題で、みなかみ町議会で不信任決議が可決された同町の前田善成町長(50)が辞職せず、議会を解散する意向を固めたことが31日、分かった。関係者が明らかにした。町長は不信任決議が可決された7月27日の会見でも、「職責を全うしたい」と続投への意欲を強調していた。セクハラ疑惑問題は町長と議会の深刻な対立を招き、議会解散は不可避の状況となった。 
 前田町長は今月6日までに辞職か議会解散かを正式に決め、小野章一議長に通知する予定になっているが、近い関係者によると、「絶対に辞職しない。強制わいせつ容疑にあたる行為も、セクハラ行為もしていない」と周辺に説明しているという。
 前田町長は疑惑の発覚後、キスなどの行為は認めたが、一貫してセクハラには当たらないとの認識を表明。周囲に続投の意思を伝えていた。
 反町長派の町議らは「セクハラ疑惑が浮上したこと自体が問題だ」とし、辞職を要求。これに対し、町長側は、いったん辞職して町長選を通じて町民の信を問う方法を選択すれば、「間接的にセクハラを認めることになる」として続投の意向を崩さなかった。
 前田町長は4月18日夜、町内で開かれた送別会の2次会で、女性に抱きついたり、キスをしたりしたとされる。
 一連の行為について、前田町長はブログなどを通じ、女性の方から腕を絡ませ、キスをした▽お互いに好意があった-などと説明した。
 しかし、女性の弁護士は「(町長が)右腕でいきなり肩を引き寄せ、女性の頬を引き、口にキスをしてきた」などとし、双方の主張に隔たりがある。

“群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)” の続きを読む

群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)

情報元 : 群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180801-00000035-san-l10
 団体職員の女性に対するセクハラ疑惑問題で、みなかみ町議会で不信任決議が可決された同町の前田善成町長(50)が辞職せず、議会を解散する意向を固めたことが31日、分かった。関係者が明らかにした。町長は不信任決議が可決された7月27日の会見でも、「職責を全うしたい」と続投への意欲を強調していた。セクハラ疑惑問題は町長と議会の深刻な対立を招き、議会解散は不可避の状況となった。 
 前田町長は今月6日までに辞職か議会解散かを正式に決め、小野章一議長に通知する予定になっているが、近い関係者によると、「絶対に辞職しない。強制わいせつ容疑にあたる行為も、セクハラ行為もしていない」と周辺に説明しているという。
 前田町長は疑惑の発覚後、キスなどの行為は認めたが、一貫してセクハラには当たらないとの認識を表明。周囲に続投の意思を伝えていた。
 反町長派の町議らは「セクハラ疑惑が浮上したこと自体が問題だ」とし、辞職を要求。これに対し、町長側は、いったん辞職して町長選を通じて町民の信を問う方法を選択すれば、「間接的にセクハラを認めることになる」として続投の意向を崩さなかった。
 前田町長は4月18日夜、町内で開かれた送別会の2次会で、女性に抱きついたり、キスをしたりしたとされる。
 一連の行為について、前田町長はブログなどを通じ、女性の方から腕を絡ませ、キスをした▽お互いに好意があった-などと説明した。
 しかし、女性の弁護士は「(町長が)右腕でいきなり肩を引き寄せ、女性の頬を引き、口にキスをしてきた」などとし、双方の主張に隔たりがある。

“群馬・みなかみ町長セクハラ疑惑 辞職せず、町議会解散へ 「職責を全う」続投意欲(産経新聞)” の続きを読む

狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)

情報元 : 狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000079-san-l13
 セクハラ問題による高橋都彦(くにひこ)前市長の辞職に伴う狛江市長選が15日、告示される。
 これまでに共産党の田中智子市議(60)と元副市長の松原俊雄氏(66)がいずれも無所属で立候補する意向を表明、新人2人の争いとなる見込み。22日に投開票される。
 田中氏は平成9年から都議を1期務めた後、19年に市議に初当選して現在3期目。前市長のセクハラ問題を追及した女性市議らのグループの一員で「セクハラやパワハラをなくし職員、市民の人権が守られる市を目指す」という。共産党と狛江生活者ネットワーク、社民党の推薦を受ける。
 松原氏は昭和49年に狛江市職員となり、平成20年から4年間、副市長を務めた。「人の尊厳を傷つけるハラスメント行為は断じて許せない。職員の混乱を早急に収め、市民参加を基本に再発防止に取り組む」としている。自民党と公明党の推薦を受ける。
 選挙人名簿登録者数(6月1日現在)は6万9500人。

“狛江市長選あす告示 新人一騎打ち見込み(産経新聞)” の続きを読む