ジャンボ張り子(関西テレビ)

情報元 : ジャンボ張り子(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-01165404-kantelev-l30
和歌山県田辺市の川湯温泉で冬の風物詩のジャンボ張り子がお目見えしました。
クレーン車で運ばれているのは大きな打ち出の小づちです。
他にも縁起物の宝船など色とりどりの張り子が河原へと運ばれていきます。
和歌山県田辺市本宮町の川湯温泉では薬師如来が年に一度、川を渡って対岸に里帰りするという言い伝えから毎年1月12日に川にしめ縄を張り、お供え物として大きな張り子を吊るします。
ことしは、干支のイノシシや絵馬などのほか去年の台風20号で大きな被害を受けた川湯温泉の復興を願う地元の小学生による応援の垂れ幕も一緒に吊るされました。
川湯温泉のジャンボ張り子は、2月中ごろまで楽しめるということです。

“ジャンボ張り子(関西テレビ)” の続きを読む

グランドパティオ高崎跡「カフェレストラン」が好調な滑り出し /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : グランドパティオ高崎跡「カフェレストラン」が好調な滑り出し /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000005-minkei-l10
 グランドパティオ高崎跡に昨年12月にオープンしたカフェレストラン「SUNNYKITCHEN(サニーキッチン)」(高崎市上大類町、TEL027-352-0117)が好調に滑り出した。(高崎前橋経済新聞)【写真】野菜たっぷりのスパゲティ(ランチ) SUNNYKITCHENはメモリード(本社=前橋市大友1)の直営。昨年4月にグランドパティオ高崎を閉館。そこの衣装店を改装した。
 同館の至近には昨年1月に「トリドールホールディングス」(本社=兵庫県神戸市)が運営するハワイアンカフェ「コナズ珈琲高崎店」がオープンし、活況を呈している。加えて、メモリード系の「サニーパンケーキ」(三重県鈴鹿市)が好調なことから、パンケーキとイタリアン、ステーキを主力メニューにした。
 地産地消にこだわり小麦、卵、米、肉など群馬県産を使用しているのが特長で、メニューは「サニーパンケーキ」(900円)、「パスタランチ」(1,000円)、「ステーキランチ」(1,050円から3,250円)など。税別。
 同社担当者は「12月、2週間で約2,000人を集客した。9割が女性。手応えは予想以上」と胸を張る。
 営業時間はランチタイム10時~15時、ティータイム15時~17時、ディナータイム17時~22時。火曜定休。

“グランドパティオ高崎跡「カフェレストラン」が好調な滑り出し /群馬(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)

情報元 : BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000077-rnb-l38
建設業関係者のシンポジウムが11日、松山市で開かれ、西日本豪雨の復旧対応にあたった建設会社から、BCP=事業継続計画の重要性などが報告された。
愛媛大学で開かれた建設業関係シンポジウムには、愛媛県の職員や建設関係者など、約170人が参加した。
まず、愛媛大学防災情報研究センターの森脇亮センター長が、西日本豪雨による被災状況や課題を説明した。
そして、復旧・復興に関わった建設会社の発表では、BCP=事業継続計画の重要性などが報告された。
BCPは、企業や組織が自然災害などの緊急事態に備え、どのように事業を継続するか事前に決めておく計画のこと。
本社が被災地・宇和島市にある浅田組の浅田春雄社長は、BCPに沿って対策本部の立ち上げがスムーズにできたことから、協定先や住民からの要請などに適切に対応できた事例などを紹介した。

“BCPの重要性など報告 建設業関係シンポ(愛媛県)(南海放送)” の続きを読む

魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000002-hokuriku-l15
 新潟県魚沼市七日市新田の薬師スキー場で、今シーズンの「子供スキー教室」が開校した。子どもたちは早速、上達を目指し練習に取り組んだ。
 教室は、薬師スキー学校(星光一校長)が主催。保育園年長組から小学校6年生までの184人が参加した。レベルにより10班に分け、3月10日まで計20回開かれる。
 開校式は5日に開かれた。星校長が「スキーが上手になるだけではなく、友達と仲良くすることも大切です」とあいさつ。「教室が終わる頃、全員がゲレンデの上の方から滑れるようになりましょう」と呼び掛けた。
 同市の梅田勝教育長は「寒い冬、暖かい部屋でゲームをしたりテレビを見たりせず、あえてスキー教室を選んだことをうれしく思います」と激励した。教室を支援している電源開発からは、子どもたちの代表にゼッケンが贈られた。
 開校式に続き、子どもたちは一斉にゲレンデへと繰り出し、ボランティアスタッフ約20人の指導を受けながら、練習に汗を流した。

“魚沼・薬師スキー場 子どもの教室を開校(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)

情報元 : 夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00010001-fukui-l18
 福井県は1月7日、文豪夏目漱石の第一高等中学校(後の旧制一高、東京大教養学部の前身)在学時の成績を記した手帳が、越前市生まれの哲学者で教育者の松本源太郎が残した資料群から見つかったと発表した。松本が同校教諭時代に採点した論理学の成績とみられ、漱石がクラスでトップの優秀な生徒だったことが分かる。【画像】こちらも福井で発見、漱石直筆はがき 漱石研究者の中島国彦・早稲田大名誉教授は「今までほとんど資料がなかった第一高等中学校時代の勉学の状況を知ることでき大変貴重」としている。
 漱石が本科1年だった1888~89年の論理学の成績とみられ、1学期は「80」、2学期は「90」で合計点数はクラス最高だった。成績帳には漱石のほか俳人正岡子規や福井市生まれの国文学者芳賀矢一らの成績も記されており、各界で活躍した先人たちの若き日の様子もうかがえる。
 松本の子孫が2015年に成績帳を含む資料群を越前市に寄託し、県立こども歴史文化館が漱石研究者の中島名誉教授らに確認し貴重な資料と分かった。

“夏目漱石の成績、福井で発見「優秀」 恩師が記録、正岡子規も(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000010-minkei-l44
 大分初お目見えの洋服や雑貨などを取り扱うセレクトショップ「asterisk(アスタリスク)」(大分市府内町3、TEL097-574-6462)が8月3日、大分市の中心街にオープンした。(大分経済新聞)老舗ブティックをイメージしたレディースフロア 店主は大分市出身の森島稚葉(わかば)さん(23)。福岡のファッションデザイン専門学校で店舗経営などについて学び、佐賀県の老舗アパレルショップでバイヤーとして腕を磨いた。国内外を飛び回る中で商品を見極める確かな目を養い、若くして店を任されるようになった。さまざまな商品と向き合う中で「感性が若いうちに地元に戻って自分の店を開きたい」と強く思うようになったという。
 店舗運営にはアパレル業界20年以上という風見耐治さん(44)もディレクターとして参加。東京をはじめ全国各地で培った知識と経験を生かし、商品構成や店内レイアウトについて森島さんをサポートする。
 店舗は約66平方メートル。テーマカラーのミント色でまとめた。入口側のレディースフロアは「パリのクールな老舗ブティックのイメージ」と森島さん。奥のメンズコーナーは「木の温もりを感じさせるアットホームな空間に仕上げた」。2つの空間に洋服、シューズ、アクセサリー、雑貨、インテリア、フレグランス、ソープ、ランジェリーなど2人の異なる視点で集めた多様な商品を並べる。店内ではスムージー(350円~)なども販売しており、テラスやカウンターで味わえる。
 取り扱うブランドは、日本の「CINOH(チノ)」「UNFIL(アンフィル)」「WESTOVERALLS(ウエストオーバーオールズ)」「SHINYAKOZUKA(シンヤ・コヅカ)」、イギリスブランドの「STUDIONICHOLSON(スタジオ・ニコルソン)」、フランス発の「DROLEDEMONSIEUR(ドロール・ド・ムッシュ)」など25種類以上。「背景があり、今、勢いのある新しいブランドを選んだ。ほとんどが大分初」と森島さん。
 このほか、「ファブリック」×「加賀美健」による「実家帰れ」シリーズのキャップやバッグ、映画「時計じかけのオレンジ」とのコラボ商品など遊び心が詰まった商品も並べている。風見さんは「こうした『抜け感』もコンセプトの1つ。方向性を偏らせないことで、気分、季節、TPOなど、さまざまな切り口に合わせられるようにした」と話す。
 オープン間もないが、口コミやSNSで開店を知った人がフレッシュな品ぞろえを楽しみに訪れるという。「WEST―」のデニムのパンツやジャケット(20,520円~)、オープニングに合わせてデザインしたオリジナルTシャツ(8,100円)のほか、「実家―」や「時計―」の商品も人気。一人一人の滞在時間も長めで、森島さんは「商品をじっくり見てくれるお客さんが多いので、本当にうれしい」と笑顔を見せる。風見さんも「どの商品についても細かく語ることができる。スムージーを飲みながらでも、冷やかしでもいいから聞いてほしい」と笑う。
 店名の語源には「小さな星」の意も。森島さんは「大分の街になじみながらささやかに輝いていきたい。商品を見に、話を聞きに足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。
 営業時間は11時~20時。休みは元旦のみ。

“大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む