多彩な作風 独特の世界観 陶芸家・村田陶苑の作品50点展示 京都(産経新聞)

情報元 : 多彩な作風 独特の世界観 陶芸家・村田陶苑の作品50点展示 京都(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000032-san-l26
 京焼のあらゆる技法を駆使して独自の世界観を作り上げた京都の陶芸家、村田陶苑(1905-2002年)の作品展が、府立京都学・歴彩館(京都市左京区)で開かれている。子供や鬼などをモチーフにした人形や陶彫、絢爛(けんらん)な茶陶まで、1人の作家から生み出される多彩な作風が楽しめる展示になっている。
 村田は明治38年に京都・五条坂に江戸時代から続く陶匠、村田家の長男として生まれる。祖父や父に技術を学ぶ一方で日本画家の山元春挙に写生を学び、京焼に近代化を持ち込んだとされる京都陶磁器合資会社でのデザイン経験を経て、30代半ばに制作を始めている。
 今回の作品展は、遺族から作品の寄贈を受けて開催。デビュー最初期の陶彫「軍鶏(しゃも)」(昭和15年)から、亡くなる直前の作品(絶作)とされる赤絵丸皿「鬼の念仏」(平成14年)までの50点を展示している。中でも、低火度焼成で制作された柔らかみのある風合いの「東山人形」は、顔料で彩色を施して、童子がかわいらしく表現されている。また陶彫「作陶鬼」では、ふくよかな女性の制作に励む鬼の姿を自分の姿とダブらせている。
 このほか、絵付けをして一度焼いた作品の上に金箔(きんぱく)を貼り、さらに釉薬をかけて金色を永遠なものとした豪華絢爛な「釉裏(ゆうり)金色絵唐子遊図皆具(からこあそびずかいぐ)」なども並ぶ。
 村田は昭和39年に国立近代美術館初代館長の岡部長景との縁もあり、東京で初の個展を開催。44年に府伝統産業優秀技術者表彰、49年に「現代の名工」の表彰を受け、「自分の作りたいものを作れる作家」を目指して自由な作陶生活と続けたという。
 同館の担当者は「1人の作家からこんなに多彩な作風が生み出されるのかと驚くばかり。そんな自由な発想で制作された京焼の世界を楽しんでもらえれば」と話している。
 入館無料。3月10日まで。休館日は祝日と第2水曜日。

“多彩な作風 独特の世界観 陶芸家・村田陶苑の作品50点展示 京都(産経新聞)” の続きを読む

走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)

情報元 : 走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010004-niigatatvv-l15
サッカーJ2のアルビレックス新潟が、聖籠町のグランドで新体制で初めての全体練習を行いました。雪のない緑のピッチをスローガンの「走れ!ニイガタ流儀」の通り駆け抜けます。片渕浩一郎監督は、「新潟のサッカーの原点は走ること。チームのために走る。サポーターとともに走る。未来に向けて走る。」と意気込みを語りました。病を克服して戻ってきた早川選手は、「トップチームでスタートできるということは僕にとってはうれしいこと。高いモチベーションのままシーズンを戦い抜ければ。」と話しました。16日からは高知キャンプへ向かいます。

“走れ!アルビレックス新潟 初練習(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

ドローン操縦機会を提供 日本航空学園、フライトクラブ設立(産経新聞)

情報元 : ドローン操縦機会を提供 日本航空学園、フライトクラブ設立(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000035-san-l19
 日本航空学園(甲斐市宇津谷)は今月、「JAAドローンフライトクラブ」を設立した。同学園の滑空場を活用し、小型無人機・ドローンの操縦技術を養い、飛行経験を重ねる機会を提供する。
 同クラブによると、ドローン認定団体の指定を受けた同学園の「日本航空教育協会」などが発行するライセンス取得が入会条件。双葉(全長850メートル)と韮崎(同1千メートル)の両滑空場を含む広大な空域で飛行経験を積むことができる。
 会員同士の情報交換、操縦技術の競技会、航空撮影のテクニックや映像編集の講習もある。クラブで優秀なパイロットを育成し、ドローンを活用したビジネスチャンスにもつなげていきたいとしている。
 1日の発足式で、梅沢重雄会長(日本航空学園理事長)は「ライセンス取得者が増える一方で、操縦できる場所が少ないという問題がある。実地訓練ができる広い場所を提供し、高い操縦技術を持つパイロットを養成していきたい」と語った。
 問い合わせは同協会(0551・28・7651)。

“ドローン操縦機会を提供 日本航空学園、フライトクラブ設立(産経新聞)” の続きを読む