知人男性母語る「6日から行方不明」十日町殺人死体遺棄事件(UX新潟テレビ21)

情報元 : 知人男性母語る「6日から行方不明」十日町殺人死体遺棄事件(UX新潟テレビ21)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010002-niigatatvv-l15
十日町市の林道で、新潟市の女性の遺体が見つかった事件。殺された谷さんの手には縛られたような痕があり、警察は十日町市内の複数のホームセンターを訪れ、結束バンドの販売履歴などを調べています。
一方、警察が行方を探している谷さんの知人男性。その母親がUXの取材に応じ、今月6日に友達の家に行くと言って自宅を出たあと、行方が分からなくなっていることを明かしました。警察は、事件との関連を調べるとともに知人男性の行方を探しています。

“知人男性母語る「6日から行方不明」十日町殺人死体遺棄事件(UX新潟テレビ21)” の続きを読む

花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)

情報元 : 花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00010001-saitama-l11
 NHKテレビの「おかあさんといっしょ」の出演者らが、おなじみの歌や体操、踊りを繰り広げるスペシャルステージが18、19日、埼玉県さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで行われ、2日間の6公演に約7万8千人の親子が訪れた。NHKエデュケーショナル主催、埼玉新聞社など後援。今年で13回目。赤ちゃんのおでこに朱印、健やかな成長を祈う 行田の前玉神社で初山、泣きだす子どもに祖父母ら笑顔 今回のステージは、「みんなでわくわくフェスティバル!!」をテーマに、花田ゆういちろうさんら出演者とキャラクター「ガラピコぷ~」が音楽や踊りなどの世界に入り込む演出を披露した。ステージを中心に、アリーナ一体を包む光と音の演出に、観客の熱気も最高潮。子どもたちもリズムに合わせ、一生懸命声を張り上げていた。
 東京都杉並区から妻と3歳の双子の女の子の家族4人で来場した清水豊さんは「毎日テレビで見ているけれど、コンサートに来たのは初めて。最初は子どもたちも大迫力の演出に圧倒されていたが、終始笑顔で楽しそうだった」と話していた。
 同公演には毎年児童養護施設の子どもたちを招待しており、今年も20団体約380人の子どもたちと施設関係者が招待された。
 テレビ放映は、9月24日午前9時からEテレで予定されている。

“花田ゆういちろうさんらと歌や踊りの世界に Sアリーナで「おかあさんといっしょ」、7万8千人が大歓声(埼玉新聞)” の続きを読む

爆発事故から5年 福知山市で花火大会(関西テレビ)

情報元 : 爆発事故から5年 福知山市で花火大会(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-06162601-kantelev-l25
京都府福知山市の花火大会で起きた爆発事故から5年、NPO団体が「地元を盛り上げたい」と2年ぶりに花火を打ち上げました。
18日午後8時、福知山市の夜空を花火が彩りました。
5年前、福知山市の花火大会の会場で、露天商の男が携行缶の扱いを誤り、ガソリンが爆発し3人が死亡、55人が重軽傷を負いました。
花火大会は地元の団体が2年ぶりに企画したもので、露店は禁止しました。
【地元の人は】「夏といえば福知山(の花火は)小さい頃から見ていたので(これからも)あってほしい」
主催者団体は、「福知山市を盛り上げたい」と話す一方で、被害者家族会の会長は「被害者の中には、気持ちの整理がついていない人も多くいるので非常に残念」としています。

“爆発事故から5年 福知山市で花火大会(関西テレビ)” の続きを読む

行方不明直前に容疑者と2人でタクシー乗車(読売テレビ)

情報元 : 行方不明直前に容疑者と2人でタクシー乗車(読売テレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000001-ytv-l27
加古川市のダムで遺体で発見された小西優香さん。行方がわからなくなる直前の今月9日に大阪市内の防犯カメラに森翔馬容疑者とみられる男とタクシーに乗り込む姿が映っていた。この2日後小西さんの遺体は衣装ケースに入った状態で加古川市のダムで見つかった。

“行方不明直前に容疑者と2人でタクシー乗車(読売テレビ)” の続きを読む

長門市・海水浴で49歳男性が溺れて死亡(tysテレビ山口)

情報元 : 長門市・海水浴で49歳男性が溺れて死亡(tysテレビ山口)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00000003-tys-l35
今日午前、長門市の海水浴場で49歳の男性がおぼれて死亡しました。死亡したのは防府市に住む会社員、新沼義彦さんです。午前11時ごろ新沼さんは妻と一緒に二位ノ浜海浜公園を訪れ、1人で遊泳中におぼれました。別の海水浴客に救助されましたがおよそ1時間後に死亡が確認されました。

“長門市・海水浴で49歳男性が溺れて死亡(tysテレビ山口)” の続きを読む

【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-ksbv-l37
豪雨に台風、猛暑と自然災害が相次ぎ、野菜が打撃を受けています。旬を迎えた夏野菜の値上がりに消費者だけでなく販売する側も頭を抱えています。
 (コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「夏野菜と言われる果菜類、キュウリであったりトマトであったり、そちらの方が若干高い気がします」
 高松市のコープ扇町店では果菜類と呼ばれるトマトやキュウリの価格が上がっています。取材した日はキュウリ1本68円、トマトは1個148円でした。
 また値上がりだけではなく、ナスは擦れが目立ったり、トマトは日持ちせずすぐに皮にしわが寄ったりと品質が安定しません。
(コープ扇町店/農産担当矢野弘明さん)
「急に頼んでいた物が入ってこなかったり入ってきても品質が悪かったりしたときにどうしても売り場を埋めなければならないので、そういうときにちょっと苦労したりします」
(田嶌万友香リポート)
「スーパーでは商品がなかなか揃わないため、関連する調味料などを並べることで商品棚を埋めています」
(買い物客は―)
「結構半額商品を狙っているので例えばキャベツなんかでも4分の1とかでも60円とか半額で、そんなときに2つまとめて買ったりとか」
「だいぶ高いなとは思いますけど仕方がないことだなと思っています。いろんなところの雨の被害だとかお天気だとか。採れない、腐っちゃうというのをテレビで見ますので農家さん大変だなという思いなので」
 野菜を飲食店や施設などに販売している河野商店では、注文を受けた分だけ量を揃えられなかったり、商品があっても高すぎるために原価で販売せざるを得なかったり対応に苦慮しています。
(河野商店/河野江津子さん)
「今までで一番、お嫁にきて40年近くになるんですけど、初めてです。こんなにキャベツの値段が高かったり、青物類が高いのは初めてです。とっても高くてお客様に申し訳ないくらい。量が取れなくて、だから注文いただいてもそれをそろえるのが大変です」

“【解説】豪雨に猛暑…旬の夏野菜が高騰 販売店や飲食店からも悲鳴(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)

情報元 : お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010002-kutvv-l39
きょうは盆の入り。高知市のわんぱーくこうちは帰省客や家族連れでにぎわいました。
きょうも気温が上がり、日中の最高気温は大栃で34.7度、高知で34.5度など県内全域で真夏日に、江川崎では35.1度と猛暑日となりました。この暑さの中、高知市のわんぱーくこうちはお盆の帰省客や観光客らでにぎわい、多くの家族連れが水遊びなどを楽しんでいました。
「楽しいです。(夏休みにしたいことは)虫取り。」
また、わんぱーくこうち内にはミストが設置されている場所があり、訪れた人たちの憩いの場になっていました。
「暑いですね今年は特に。ここ(ミストの中)はすごく涼しいですね。ありがたいです。」
暑さ対策は動物たちにも。ミストの下で休むシマウマや飼育員さんにもらった氷のペットボトルにぴったり寄り添うモルモットの姿が見られました。この暑さに日陰に大集合した動物たちもぐったり。あまりの暑さに百獣の王ライオンもこの姿。
わんぱーくこうちアニマルランドではさらにホットな話題が・・・
今月10日、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生しました。名前はまだ決まっていませんがすでに展示されています。大人のニホンカモシカと違い真っ黒な毛が特徴的で、一年もすれば親離れするということです。
お母さんカモシカに甘える可愛らしい姿を見られるのも今だけです。こちらがカモシカの赤ちゃんの写真です。お母さんにぴったり寄り添う姿が愛くるしいですよね。この夏ぜひニホンカモシカの赤ちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

“お盆でにぎわうわんぱーくこうち(テレビ高知)” の続きを読む

よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)

情報元 : よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010000-kutvv-l39
開幕に先立ち、高知市の中央公園で安全祈願祭が行われました。
65回目の節目となる今年のよさこい祭り。今回は206チーム、約1万8000人の踊り子が参加します。開幕を前に高知市の中央公園では、安全祈願祭が開かれ、尾崎知事ら関係者が玉串を捧げました。そして尾崎知事が「平成最後のよさこい。世界のよさこいにしていけるようみなさんと盛り上げたい」とあいさつしました。
よさこい祭りはあす、あさってが本番で、12日には、全国大会・後夜祭が開かれます。

“よさこい開幕に先立ち安全祈願祭(テレビ高知)” の続きを読む

大阪・西成区のパチンコ店 スプレーで薬品噴射か 12人搬送(関西テレビ)

情報元 : 大阪・西成区のパチンコ店 スプレーで薬品噴射か 12人搬送(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-09383701-kantelev-l27
大阪市西成区のパチンコ店で、客がスプレーで薬品のようなものを撒いて逃走し、12人が病院に運ばれました。
17日午後8時40分ごろ、西成区玉出中のパチンコ店で「スプレーで何かまかれ息が苦しいです」と客から消防に通報がありました。
警察によると男性2人が口論になり、1人が相手に向けてスプレーで薬品のようなものを吹きかけたということです。
当時店内には60人ほど客がいてそのうち12人が目や喉の痛みを訴え病院に運ばれました。
全員症状は軽いということです。
【当時店内にいた客】「刺激臭というか、喉が痛くて。たばこ吸いすぎかなと思ったら消防士が来て『何かまかれたから出て行って下さい』って言われて」
2人はその場から立ち去っていて、警察が調べています。

“大阪・西成区のパチンコ店 スプレーで薬品噴射か 12人搬送(関西テレビ)” の続きを読む

奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)

情報元 : 奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010002-mbsnews-l29
30年以上フリーカメラマンとしてテレビ番組づくりに携わってきた男性。5年前に「直腸がん」と診断され、余命2か月と宣告されました。その後、がんと闘い続けながら奈良の風景を撮り続けています。
映像作家・保山耕一さん(55)は、奈良の風景にカメラを向け撮影し続けています。
Q.何を撮ってらっしゃる?
「ハスを。夏の花と言えば、ハスのイメージ」(保山耕一さん)
色鮮やかに咲き誇る花。流れる雲、風や光など、保山さんが撮影するのは特別な場所、瞬間ではなく、当たり前にある奈良の風景です。
フリーカメラマンとして30年以上、第一線でテレビの制作に携わってきた保山さんを5年前、病魔が襲います。「末期の直腸がん」と診断されました。手術は成功したものの直腸を全摘出。抗がん剤治療も続き、しばらくテレビの現場を離れることになりました。
「仕事だけの人間だったんで、がんになって倒れて、人のつながりもなくなって、社会とのつながりもなくなって、ただ食べて、出してというか。『しんどい、しんどい』と言いながら、あと何年生きるんやみたいな。副作用と後遺症に苦しむ毎日で。何よりも生きていることを実感したくて、撮影したいと。結局、自分にできることは撮影することしかないということがすごくよくわかって。とりあえず何か撮ろうと」(保山耕一さん)
そのとき、手にしたのが「スマホ」でした。
「絶望しかしてへんときにスマホをいじっていたら、動画機能があるということを初めて知ったんですね。『これ動画撮れるんか』と思って。撮っているときは、スマホであってもしんどいのを忘れるんですよ。気持ちがいいっていうわけじゃないけど、『ああ、こんな自分久しぶりやな』って思って」(保山耕一さん)
「自分の撮りたいものを撮ろう」と決めた保山さんは、必要最低限の機材を揃え自身が暮らす奈良の風景を被写体に選びました。
「奈良の一番すごいところは、やっぱり季節感なんですよね。四季があるというか、365日毎日毎日違った表情がある。その日の季節を撮って、フェイスブックやユーチューブに、その日のうちにアップすると決めた」(保山耕一さん)
抗がん剤の副作用によるめまいで車を運転することができず、電車やバスで県内をめぐりながらひとり撮影を続けた保山さん。がんの再発も乗り越え、撮り続けた作品は当初目標としていた365本を超え500本目前です。

“奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)” の続きを読む