奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)

情報元 : 奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010002-mbsnews-l29
30年以上フリーカメラマンとしてテレビ番組づくりに携わってきた男性。5年前に「直腸がん」と診断され、余命2か月と宣告されました。その後、がんと闘い続けながら奈良の風景を撮り続けています。
映像作家・保山耕一さん(55)は、奈良の風景にカメラを向け撮影し続けています。
Q.何を撮ってらっしゃる?
「ハスを。夏の花と言えば、ハスのイメージ」(保山耕一さん)
色鮮やかに咲き誇る花。流れる雲、風や光など、保山さんが撮影するのは特別な場所、瞬間ではなく、当たり前にある奈良の風景です。
フリーカメラマンとして30年以上、第一線でテレビの制作に携わってきた保山さんを5年前、病魔が襲います。「末期の直腸がん」と診断されました。手術は成功したものの直腸を全摘出。抗がん剤治療も続き、しばらくテレビの現場を離れることになりました。
「仕事だけの人間だったんで、がんになって倒れて、人のつながりもなくなって、社会とのつながりもなくなって、ただ食べて、出してというか。『しんどい、しんどい』と言いながら、あと何年生きるんやみたいな。副作用と後遺症に苦しむ毎日で。何よりも生きていることを実感したくて、撮影したいと。結局、自分にできることは撮影することしかないということがすごくよくわかって。とりあえず何か撮ろうと」(保山耕一さん)
そのとき、手にしたのが「スマホ」でした。
「絶望しかしてへんときにスマホをいじっていたら、動画機能があるということを初めて知ったんですね。『これ動画撮れるんか』と思って。撮っているときは、スマホであってもしんどいのを忘れるんですよ。気持ちがいいっていうわけじゃないけど、『ああ、こんな自分久しぶりやな』って思って」(保山耕一さん)
「自分の撮りたいものを撮ろう」と決めた保山さんは、必要最低限の機材を揃え自身が暮らす奈良の風景を被写体に選びました。
「奈良の一番すごいところは、やっぱり季節感なんですよね。四季があるというか、365日毎日毎日違った表情がある。その日の季節を撮って、フェイスブックやユーチューブに、その日のうちにアップすると決めた」(保山耕一さん)
抗がん剤の副作用によるめまいで車を運転することができず、電車やバスで県内をめぐりながらひとり撮影を続けた保山さん。がんの再発も乗り越え、撮り続けた作品は当初目標としていた365本を超え500本目前です。

“奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)” の続きを読む

南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)

情報元 : 南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)MBC南日本放送|鹿児島https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00031370-mbcnewsv-l46
県内の職場チームなどで競う南日本新聞社杯ナイターソフトボールの決勝大会がきのう開幕しました。
ことしの決勝大会には県内各地区の予選を勝ち抜いた単独の部・36チーム、混成の部・38チームの合わせて74チームが進みました。鹿児島市の鹿児島ふれあいスポーツランドで開かれた開会式では、知覧ソフトボールクラブの飯野大選手が選手宣誓をしました。
(知覧ソフトボールクラブ飯野大選手)
「チームメイトとの絆を大切にしながらこの歴史ある大会を盛り上げられるよう正々堂々プレーすることをここに誓います」
開会式の後、さっそく試合が始まり、熱戦を繰り広げていました。
決勝戦は日程が順調に進めば来月8日に南九州市の知覧平和公園多目的球場で行われます。決勝戦の模様はMBCテレビで来月28日の午後1時55分から放送する予定です。

“南日本ナイターソフト決勝大会 開会式(MBC南日本放送)” の続きを読む

豪雨被害で最上伝承野菜「畑なす」に深刻被害 山形・新庄市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 豪雨被害で最上伝承野菜「畑なす」に深刻被害 山形・新庄市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010002-sakuranbo-l06
豪雨による農作物への被害が拡大している。山形県新庄市では最上川沿いで栽培されている伝承野菜「畑なす」が大きな被害を受けている。
豪雨による大きな被害を受けたのは新庄市本合海の畑。現地を訪ねると・・・。
(畑なす生産者の会・松田佳祐代表)
「ブヨブヨになって腐ってきている」
最上伝承野菜の「畑なす」は古くから最上川沿いの肥沃な土地で栽培されてきた丸ナスで、現在は松田さんなど7軒の農家が「生産者の会」を組織して栽培に取り組んでいる。
京都の加賀なすと似ていて、大きさは直径10センチ前後と大きく、約300年前に最上川舟運によって本合海に伝わったとされている。その最上川が5日、牙をむいた。
(記者)
「大雨で最上川の水位が上昇し農業用水に水が逆流した。その水が畑まで来てしまい、一時はこの棒の高さ1メートルくらいまで水位が上がってきたという」
今がまさに収穫のピークだが、2.5アールある畑の8割以上が泥を被り、2トンあった去年の収穫量は今年は半分以下になると予想している。また松田さん以外でも今回の豪雨で4軒の農家が被害を受けた。
(畑なす生産者の会・松田佳祐代表)
「少しでも木にかかる負担を少なくするために全部実を落としている。出荷できないので」
地域に根付く伝承野菜を後世に伝えようと松田さんは、地元の小学生に栽培技術を伝える活動も行っている。来年以降は栽培面積も増やし、出荷量も伸ばそうと意気込んでいた矢先の豪雨だった。
(畑なす生産者の会・松田佳祐代表)
「少しでも良いので実がなってほしい。そうでないと途絶えてしまうので」
豪雨被害から1週間。地域の宝「畑なす」を守るための奮闘が続いている。

“豪雨被害で最上伝承野菜「畑なす」に深刻被害 山形・新庄市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

山中湖で水上バイクとボート衝突 1人が頭の骨を折る重傷(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山中湖で水上バイクとボート衝突 1人が頭の骨を折る重傷(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000001-utyv-l19
16日午前、山梨県の山中湖で水上バイクとモーターボートが衝突し、水上バイクに乗っていた男性が大けがをしてドクターヘリで病院に運ばれました。
富士吉田警察署によりますと16日午前9時半頃、山中湖の北東の沖合いで水上バイクとモーターボートが衝突し水上バイクに乗っていた男性2人が湖に落ちました。
落ちた2人はモーターボートに乗っていた友人に救助されましたが、このうち埼玉県から来たベトナム国籍の34歳の男性が頭を強く打ちドクターヘリで甲府市内の病院に運ばれました。
男性は頭の骨を折るなど重傷を負いましたが命に別状はないということです。
事故当時は時折、強い横風が吹いていた可能性があり警察で詳しい状況を調べています。
[UTYテレビ山梨]

“山中湖で水上バイクとボート衝突 1人が頭の骨を折る重傷(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

少女(15)の裸の動画を拡散、15歳から16歳の少年ら14人書類送検 愛知県警(中京テレビNEWS)

情報元 : 少女(15)の裸の動画を拡散、15歳から16歳の少年ら14人書類送検 愛知県警(中京テレビNEWS)中京テレビNEWShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010012-sp_ctv-l23
 少女に裸の動画を撮影させ拡散したなどの容疑で少年ら14人が17日、児童ポルノ禁止法違反などの疑いで名古屋地方検察庁に書類送検されました。
 書類送検されたのは、いずれも愛知県内に住む15歳から16歳の少年少女計14人です。
 警察によると、少年少女らは今年5月、女子高校生(15)にスマホで自らの裸の動画を撮影させて送信させたり、その動画を同級生らに拡散したりした疑いがもたれています。
 調べに対し全員が容疑を認めた上で「知らない人だから拡散しても構わないと思った」などと話しているということです。

“少女(15)の裸の動画を拡散、15歳から16歳の少年ら14人書類送検 愛知県警(中京テレビNEWS)” の続きを読む

豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)

情報元 : 豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010001-sakuranbo-l06
13日は盆の入り。記録的な豪雨に見舞われた山形県戸沢村はいつもの年と異なるお盆を迎えた。豪雨被害から1週間、住民たちは今なお、土砂の片づけなどに追われている。
被害が大きかった戸沢村蔵岡地区。ある家は福岡県から帰省した次男が片づけに追われていた。
(福岡県から帰省した男性)
「今年は帰ってくる予定はなかったが急きょ戻って来た。初めて家の中を靴で歩いた」
盆の入りを2日後に控えた11日、100人を超えるボランティアが蔵岡地区に入っていた。墓参りに間に合うよう丸一日かけて泥の掻き出しを行なった。
(蔵岡地区の男性)
「体も精神的にも滅入っているので、ボランティアの方々はすごくありがたい」
そして13日も、蔵岡地区の長林寺にはまだ泥が残る墓を掃除する人の姿があった。少しでもきれいな墓で墓参りしてほしいという寺の檀家だった。
(長林寺・斉藤仙邦住職)
「(ボランティアの人が)一切分け隔てなく、知らないお墓もみんなで綺麗にしていたのはすごく印象に残った」
多くの人の支えがあって迎えた盆の入り。訪れた家族は先祖に静かに手を合わせていた。
(墓参りに来た娘)
「雨で被害が大きかったが(墓が)無事に残っていて良かった」
(墓参りに来た父)
「墓参りできるか心配だったが、今年も来ることができて良かった」
一方、戸沢村の旧古口小学校は、後片付けの残骸いわゆる「災害ゴミ」の仮置き場となっていたが…
(記者)
「先週まで多くのゴミが置かれていたが、今はすっかり元通りになっている」
村によると、ゴミは12日までに全て撤去され、今後出たゴミは収集車で回収していくという。また大規模な崩落で寸断されていた県道も仮復旧している。復旧が進んでいるようにも見えるが、蔵岡地区では16日に開催予定だった夏祭りを今年は中止とした。
(蔵岡地区の女性)
「お祭りも全部中止で全部だめ。早く元の生活に戻りたい」
地域の年1回の楽しみも豪雨によって奪われた蔵岡地区の人たち。地区では14日、災害ボランティアによる復旧作業が再開される。

“豪雨1週間…復旧道半ば 山形・戸沢村も盆の入り(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

障がいのある人たちのアート展  三重・津リージョンプラザ(三重テレビ放送)

情報元 : 障がいのある人たちのアート展  三重・津リージョンプラザ(三重テレビ放送)三重テレビ放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00010000-mietvv-l24
 障がいのある人たちの作品を集めた作品展が、現在、三重県津市にある津リージョンプラザで開かれています。
 オープニングセレモニーで津市の前葉市長は「それぞれの環境で、それぞれの個性をいかすことの大切さを感じてほしい」とあいさつしました。
 会場には、プラスチック粘土で作られた恐竜や色彩豊かな絵画など、枠にとらわれない作品が数多く展示されています。
 作品展は、19日まで開かれていて、入場は無料です。

“障がいのある人たちのアート展  三重・津リージョンプラザ(三重テレビ放送)” の続きを読む

早大合唱団が大田原でミニコンサート(18-08-14)(とちぎテレビ)

情報元 : 早大合唱団が大田原でミニコンサート(18-08-14)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010000-tochitelev-l09
県内で合宿を行っている早稲田大学合唱団の学生たちが14日、大田原市でミニコンサートを行った。これは毎年、夏のコンサートを各地で行う早大合唱団が、県内でコンサートを行うのに合わせて開かれたもの。大田原市の道の駅、那須与一の郷には約100人の学生が集い、美しいハーモニーを披露した。合唱団は18日に那須野が原ハーモニーホールで、地元の少年少女合唱団も交えたコンサートを予定している。

“早大合唱団が大田原でミニコンサート(18-08-14)(とちぎテレビ)” の続きを読む

ギアがドライブのまま…停車中のパトカー動き出し警官に事情聴かれていた男性にぶつかる(東海テレビ)

情報元 : ギアがドライブのまま…停車中のパトカー動き出し警官に事情聴かれていた男性にぶつかる(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180817-00004488-tokaiv-l24
 三重県伊賀市で、17日未明、停車中のパトカーが動きだして事情を聴いていた男性にぶつかり、男性が軽いケガをしました。
 17日午前4時前、交通トラブルの通報を受けた警察官2人が、伊賀市大内の市道にパトカーで駆け付け、近くで車を運転していた会社員の男性(18)から事情を聴いていたところ、停車したパトカーが動き出しました。
 ギアをドライブに入れたままだったためで、53歳の男性巡査部長が運転席に戻り、停車させようとしましたが、ブレーキとアクセルを踏み間違え、男性に接触しました。
 男性は弾みで転倒し、腰に軽いけがをしました三重県警伊賀署は、「事故防止を徹底してまいります」とコメントしています。

“ギアがドライブのまま…停車中のパトカー動き出し警官に事情聴かれていた男性にぶつかる(東海テレビ)” の続きを読む

世界バドミントン選手権大会優勝 「ナガマツ」ペアら県庁で報告会(CNA秋田ケーブルテレビ)

情報元 : 世界バドミントン選手権大会優勝 「ナガマツ」ペアら県庁で報告会(CNA秋田ケーブルテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00010000-cnaakitav-l05
中国・南京市で開かれた世界バドミントン選手権大会(2018年7月30日~8月5日)の女子ダブルスで、日本勢として41年ぶりに優勝した北都銀行の永原和可那(わかな)選手と松本麻佑(まゆ)選手の「ナガマツ」ペアら4人の選手が9日、秋田県庁で堀井啓一副知事に大会報告を行いました。
永原選手は「今回初めての世界選手権だったが2人で力を合わせて金メダルを取ることができた。日ごろから応援して下さっている秋田の方々のおかげだと思っている」と述べ、松本選手は「初出場で優勝できたのは自分たちにとってとても大きな成長。これからも2人で一緒に頑張っていきたい」と優勝の喜びを語りました。
堀井副知事は「秋田を『バドミントンの聖地』にするための一歩をさらに進めることができたと思っている」と述べ、県から両選手に県民栄誉章を授与することについて説明しました。
報告後に、ナガマツペアは今後の抱負について次のように話しました。
「今回の結果で満足せず、自分たちを信じて一つ一つ頑張っていきたい(松本選手)」
「国内の争いもこれからどんどん熾烈になっていくと思うので、置いていかれないように、上を目指してみんなで切磋琢磨しながら頑張っていきたい(永原選手)」

“世界バドミントン選手権大会優勝 「ナガマツ」ペアら県庁で報告会(CNA秋田ケーブルテレビ)” の続きを読む