対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00000006-at_s-l22
 中日本高速道路は26日、中部横断自動車道の新清水ジャンクション―富沢インターチェンジ(IC)間(21キロ)の開通を前に報道向けの見学会を開き、県内区間の高速道路で初の暫定2車線通行(対面通行)に備え、安全面を重視した整備を公開した。
 山間部を通り、約8割がトンネルと橋で構成され、傾斜が大きいのが路線の特徴。県内高速道で初となるトンネルのアクセント照明や、正面衝突事故防止を図るワイヤロープ方式の防護柵などの設備を説明した。
 アクセント照明はLD照明で壁面を部分的に照らし、単調なトンネル内の景観を変化させる仕組み。ワイヤロープは道路中央部に設けることで、対向車線への飛び出し事故の減少効果が期待できるという。
 中日本高速道路の生川賀啓工務課長は「スムーズな交通により観光や物流の活性化につながれば」と話した。
 同区間は山梨県側の下部温泉早川IC―六郷IC間とともに3月10日に開通する。

“対面通行、安全面を重視 中部横断道・新清水―富沢、報道公開(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)

情報元 : 国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-iwanichi-l03
 岩手県は21日、奥州市江刺梁川-北上市口内町で整備を進めている国道107号梁川口内トンネルが3月28日に開通すると発表した。北上市街地方面と釜石道江刺田瀬インターチェンジ(IC)へのアクセスが大幅に改善され、物流効率化や産業振興、観光活性化、交通円滑化など多方面の効果が期待される。開通へ膨らむ期待 梁川-口内町の現道は急カーブや急勾配が連続。特に冬場は事故が多発し、大型車は坂を上れなくなるなど運行に支障を来していた。県は国道107号を復興支援道路に位置付け、県南広域振興局土木部が2013年度に事業着手した。全体事業費は約50億円。
 17年2月からトンネル(1022メートル)の築造工事に着手し、18年10月までに本体工事が完了。現在はトンネル内の舗装と電気、防災設備などの工事、トンネル前後の接続路の道路改良工事を手掛けている。順調に進み、目標としていた18年度内の開通にめどが立った。
 開通後は現道より約250メートル短くなり、所要時間は1分ほど短縮される。18年度内には釜石道が全線開通の予定で、梁川口内トンネルの開通と合わせ内陸部と沿岸部とのアクセスが格段に向上すると見込まれる。
 同局土木部の木村智道路整備課長は「トンネル開通で冬期間の交通難所が解消され、釜石道と一体で三陸沿岸の復興を力強く後押しできる。年度内開通に向け、残る工事も全力で進めていく」としている。開通式典や開通時間は未定。同部はトンネル開通後も、梁川側190メートル区間の道路拡幅工事を続ける。

“国道107号梁川口内トンネル 3月28日 開通へ 奥州市江刺―北上市口内町【岩手】(岩手日日新聞社)” の続きを読む

甲信越この1年(1~3月)(産経新聞)

情報元 : 甲信越この1年(1~3月)(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000022-san-l19
 甲信越3県では今年、地元ゆかりのスポーツ選手の活躍など明るい話題に加え、政治や経済、事件・事故など、さまざまなニュースが相次いだ。「平成」最後の年の瀬。この1年の出来事を4回に分け、3カ月ごとに振り返る。
                   ◇
 ◆山梨
 ■県立中央病院にドクターヘリ給油施設 県立中央病院(甲府市富士見)で1月11日、ドクターヘリへの給油が始まった。地下タンクからポンプで屋上ヘリポートに燃料を送り、1回5分で給油。より迅速な出動が可能になった。以前は往復を含め1回14分をかけて、甲斐市内の日本航空学園の施設で給油していた。
 ■「チーム富士急」初の日本一 カーリング女子「チーム富士急」が2月4日、北海道名寄市で開催された日本選手権で初優勝。平成22年の発足以来の快挙となった。3月の世界選手権では決勝トーナメントに進出できなかったが、2022年北京五輪へ期待は高まる。
 ■平昌で菊池ら女子追い抜きで金 2月21日、韓国で2月9日に開幕した平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで、日本が金メダルを獲得した。富士急の菊池彩花はカナダとの準決勝に出場し、頂点への道を開いた。
 ■「甲武信」エコパークに推薦 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国内委員会が3月7日、山梨、長野、埼玉、東京の4都県にまたがる甲武信ケ岳(2475メートル)周辺地域を生物圏保存地域「エコパーク」登録に向け、推薦することを決めた。登録の可否は来年に判断される予定。環境保全と地域活性化が期待される。
 ■リニア南アトンネル、本線掘削始まる JR東海は3月14日、早川町のリニア中央新幹線「南アルプストンネル」山梨工区で、完成後に列車が通る本線(約7.7キロ)で掘削工事を開始した。同工区は地表から最深1000メートルに達する現場もあり、難工事も予想される。
 ■「スーパーあずさ」新型に JR東日本は3月17日のダイヤ改正で、中央線特急「スーパーあずさ」の車両を、平成5年にデビューしたE351系からE353系にすべて置き換えた。カーブ区間の走行性能が高まり、乗り心地も向上した。16日は甲府駅などで引退するE351系のラストランをファンらが見送った。
 ■笹子事故、中日本高速の当時の社長ら不起訴処分 甲府地検は3月23日、平成24年の中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故で、業務上過失致死傷の疑いで書類送検されていた中日本高速道路の金子剛一前社長ら関係者10人を、「嫌疑不十分」で不起訴処分とした。事故では9人が死亡しており、遺族らは「誰の責任も問えないことは、日本の司法の限界を示すもの」とコメント。8月1日、不起訴処分を不服として、甲府検察審査会に審査を申し立てた。
 ■北富士演習場、使用協定を更新 5年間の使用協定が期限切れとなる陸上自衛隊北富士演習場の更新協議で、防衛省と県、同演習場対策協議会(演対協)などが3月29日、第10次協定を締結。地元は大地震や富士山噴火など災害時の活用などを要望。一定の理解を得た。
                   ◇
 ◆長野
 ■「春高バレー」で男子・松本国際(旧創造学園)が2回戦で敗退、女子・松商学園は1回戦で敗れる 東京・千駄ケ谷の東京体育館で1月4日に開幕したジャパネット杯「春の高校バレー」第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会で、県代表の男子・松本国際が1回戦で前橋商(群馬)を下した。だが、5日の2回戦で開智(和歌山)に惜敗。女子・松商学園は1回戦で大和南(神奈川)に敗れた。
 ■軽井沢バス事故2年 大学生ら15人が死亡、26人が負傷した平成28年の軽井沢スキーバス事故から2年となった1月15日、悲惨な事故に胸を痛めた県民らが、国道18号碓氷バイパスの事故現場を訪れ、犠牲者を悼んだ。
 ■県内で初めて北アに氷河確認 信州大学と大町市立大町山岳博物館などでつくる学術調査団が1月18日の記者会見で、長野、富山両県にまたがる北アルプス・鹿島槍ケ岳(標高2889メートル)のカクネ里雪渓(同市)で、下層部分の氷体が氷河であることが、学術的に認められたと発表した。富山県側の雪渓2カ所でも確認された。長野県内で確認されたのは初めて。
 ■小平奈緒ら3人を表彰 県は3月2日、平昌五輪のスピードスケートで金メダルを獲得した小平奈緒、菊池彩花、高木菜那の県勢3選手に県民栄誉賞を授与する方針を決めた。27日にJR長野駅で表彰式が行われた。
 ■県消防防災ヘリの墜落事故1年 県消防防災ヘリコプター「アルプス」の墜落事故から1年となった3月5日、松本市のホテルで追悼式が開かれた。遺族や同僚、友人は悲しみを新たにし、阿部守一知事は安全確保に向けた取り組みに尽力することを誓った。
                   ◇
 ◆新潟
 ■大雪でJR信越線が立ち往生 1月11日午後6時55分ごろ、三条市のJR信越線東光寺-帯織間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が積雪で動けなくなった。約15時間半後の12日朝に運転を再開するまで、乗客約430人が車内に閉じ込められた。想定を超える降雪に加え、除雪作業に手間取るなど対応が後手に回ったことが原因。強い寒気の影響で11~12日は県内各地で大雪となり、新潟市中央区で平成22年以来8年ぶりとなる80センチの積雪を観測。同市西区では宅配便大手のヤマト運輸が配達する荷物の受け付けを中止するなど、市民生活に大きな影響を及ぼした。
 ■佐渡で大断水 佐渡市では強い寒波の影響で水道管の破損が相次ぎ、1月29日に島全体の半数近くにあたる約1万世帯で断水した。同市からの要請を受け、県は陸上自衛隊に災害派遣要請を行った。要請を受けた自衛隊は県内外から給水車など計49台の車両を派遣し、市内で給水活動を展開した。計画断水の実施や、水道管の漏水調査などの復旧作業を市が進めた結果、断水は2月2日に解消された。
 ■平昌五輪で平野選手が銀メダル 平昌五輪で、村上市出身の平野歩夢選手=木下グループ、日大=がスノーボード男子ハーフパイプ(HP)で2大会連続の銀メダルを獲得した。同五輪には県にゆかりのある選手5人が出場。このうち、南魚沼市出身の小野塚彩那選手=石打丸山スキークラブ=がフリースタイルスキー女子HPで5位入賞、妙高市出身の冨田せな選手=開志国際高(当時)=がスノーボード女子HPで8位入賞を果した。
 ■妙高でスキー国体 第73回国体冬季大会スキー競技会「にいがた妙高はねうま国体」が、2月25日に妙高市で開幕した。県内での開催は平成21年の「トキめき新潟国体」(湯沢町など)以来、9年ぶり9度目。47都道府県から選手と役員ら約1800人が参加。26日から28日まで、妙高高原赤倉シャンツェや赤倉観光リゾートスキー場などで熱戦が繰り広げられた。
 ■新潟空港に初のLCC就航 新潟空港(新潟市東区)と関西国際空港との間を結ぶピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の新規路線が、3月1日に開設された。新潟空港に乗り入れる初の格安航空会社(LCC)で、新潟-関西線は約18年ぶりの復活就航となった。

“甲信越この1年(1~3月)(産経新聞)” の続きを読む

色鮮やかに咲き誇る HTB大胡蝶蘭展(長崎新聞)

情報元 : 色鮮やかに咲き誇る HTB大胡蝶蘭展(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000003-nagasaki-l42
 長崎県佐世保市のハウステンボス(HTB)で、200種のコチョウランが咲き誇る「大胡蝶蘭展」が開かれ、来園者は華やかな空間を楽しんでいる。2月18日まで。
 楽園や虹、きらめきといった七つのテーマのアート作品が宮殿「パレスハウステンボス」にお目見え。目玉は高さ3メートル、長さ10メートルの「蘭のトンネル」。白やピンク、赤など色鮮やかなコチョウランがアーチ形に並び、甘い香りに包まれている。
 川崎市の会社員、小谷野未菜さん(24)は「どこを見てもコチョウランが咲いていて、色鮮やかできれい。写真映えする」と話した。

“色鮮やかに咲き誇る HTB大胡蝶蘭展(長崎新聞)” の続きを読む

奄美トレイル21年度開通へ 自然遺産見据え「地域の宝」コースに 鹿児島県奄美群島(南海日日新聞)

情報元 : 奄美トレイル21年度開通へ 自然遺産見据え「地域の宝」コースに 鹿児島県奄美群島(南海日日新聞)奄美の南海日日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00010000-nankainn-l46
 鹿児島県は奄美大島と徳之島の世界自然遺産登録に向け、奄美群島をつなぐ長距離の自然歩道「奄美トレイル」のコース設定を進めている。群島内を14地区に分け、それぞれ3~4通りのルートを設定。29日現在、喜界島以外の4島で4地区計15ルートが開通した。2021年度までに順次開通させていく。コースが決まっていない地区では本年度、住民参加のワークショップが開かれており、参加者はコース設定の鍵となる「地域の宝」を再確認しながら、意見やアイデアを出し合っている。
 奄美トレイルは、群島全体への世界自然遺産登録効果波及が目的。既存の道を利用し、距離は各コース10キロ程度に設定する。群島内のトレイルコース選定は16年度にスタートした。
 ワークショップの内容はトレイルについて専門家の講話による理解の浸透や、コースの素案づくりへ向けた各地区の自然や伝統文化、景勝地、食べ物などの「地域資源」の抽出、複数のコース案からの絞り込みなど。具体的なルート決定まで複数回開く。
 本年度は19年度以降の開通を目指す7地区(奄美市名瀬、同笠利町、瀬戸内町本島部、同島しょ部、大和村、龍郷町、天城町)で実施している。27日には瀬戸内町の島しょ部、29日には龍郷町と奄美市笠利町で初のワークショップが開かれた。
 龍郷町のワークショップは町役場会議室であり、町内各集落から21人が参加。町内を▽秋名―安木屋場▽龍郷―玉里▽浦―中勝▽戸口―赤尾木―の4地区に分け、それぞれの地区で意見交換。隕石でできたとされる赤尾木の「奄美クレーター」や、「かがんばなトンネル」に夕日がかかる「龍の目」などを資源とするルートが提案され、参加者からは「足元の資源を見直す良い機会にもなった」などの声も寄せられた。

“奄美トレイル21年度開通へ 自然遺産見据え「地域の宝」コースに 鹿児島県奄美群島(南海日日新聞)” の続きを読む

ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)

情報元 : ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000536-san-l12
 自転車に追突して男性にけがを負わせたのに、その場から逃走したとして、千葉県警君津署は14日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで、千葉県南房総市和田町下三原の自称学習塾経営、鈴木文彦容疑者(55)を逮捕した。調べに対し、「ガードレールにはぶつかったが、人にはぶつかっていない」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は3日午後1時ごろ、同県君津市豊英の国道410号のトンネル内で、乗用車で自転車に追突したにもかかわらず、逃走したとしている。自転車に乗っていた東京都の男性(41)は右足を捻挫するなどの軽傷を負った。
 同署によると、現場に鈴木容疑者の乗用車から落ちたとみられる左サイドミラーが残されていたことから、鈴木容疑者を特定した。

“ひき逃げ容疑で学習塾経営の男を逮捕 千葉・君津(産経新聞)” の続きを読む

山形県の記録的豪雨・JR奥羽線と陸羽西線は当面運転見合わせ(さくらんぼテレビ)

情報元 : 山形県の記録的豪雨・JR奥羽線と陸羽西線は当面運転見合わせ(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010002-sakuranbo-l06
5日から6日にかけての記録的大雨により、山形県内の鉄道は大きな被害を受けている。これまで明らかになっていた奥羽線(新庄~村山間)の路盤損壊の他に、奥羽線の別区間と陸羽西線にも大きく壊れた所があることが分かった。
JR東日本山形支店によると、7日に新たに損壊が確認されたのは奥羽線(新庄~釜淵)と陸羽西線(新庄~狩川)。このうち奥羽線は線路の土台となる地面の土砂が流出した。また陸羽西線は雪よけに設置されたトンネル状の覆いの内部に木などが流入した。
復旧には時間がかかる見込みで、JR東日本山形支店は奥羽線の新庄~院内間と陸羽西線の新庄~余目間を当面の間、終日運転を見合わせると発表した。
また、山形新幹線の山形~新庄間と奥羽線の村山~新庄間は9日まで運転を見合わせる。山形新幹線は東京~山形間の折り返し運転となり、上りの一部列車は村山発となる。

“山形県の記録的豪雨・JR奥羽線と陸羽西線は当面運転見合わせ(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000024-minkei-l32
 隠岐・島前西ノ島に7月21日、町が設ける公共図書館「コミュニティ図書館いかあ屋」(西ノ島町浦郷、TEL08514-2-2422)が開館した。(隠岐経済新聞)海に臨んだ芝生広場も備える トンネルを挟んで浦郷港の東側に当たる浦ノ谷地区にオープンした同施設。建物面積は約1000平方メートル。現在の蔵書数は約2万3000冊で、収蔵最大冊数5万冊の規模を持つ。従来は蔵書数4000冊に満たない町中央公民館の図書室が図書館代わりになっていたところへ、公共図書館に多目的室や娯楽室、キッズスペース、カフェスペース、クッキングスタジオを併設する「コミュニティ図書館」の新設を計画。昨年7月に着工していた。
 計画では、開館に先立ち同図書室に専門の司書を配置。島ならではの図書館の在り方を探ろうと、島民の意見を広く求めるワークショップを開くなどして準備を進めた。施設の愛称は「いかあ屋」。いかあは、地元の言葉で「行こうよ」という意味。同図書館の開館で隠岐4島には、全ての町村で公共図書館が整った。
 当日は、14時にテープカットで開館。瀬戸内市民図書館(岡山県)の嶋田学館長を招いての記念シンポジウムなどを開いた。翌22日は、同島からも生徒が通う隠岐島前高校(海士町)の有志らがバンド演奏を披露したほか、館内の設備を活用してカレーライスや弁当、茶菓などを提供。両日にわたって開かれたマルシェと併せ、新しい図書館を一目見ようと訪れる来館者でにぎわった。
 開館時間は10時~19時。水曜休館。

“西ノ島に「コミュニティ図書館 いかあ屋」 隠岐4島に公共図書館出そろう /島根(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

高知自動車道 通行止めが1週間ぶりに解除(テレビ高知)

情報元 : 高知自動車道 通行止めが1週間ぶりに解除(テレビ高知)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010000-kutvv-l39
記録的な豪雨の影響で高知自動車道は大豊町にある橋が土砂崩れにより押し流され、通行止めが続いていましたが、きょう、1週間ぶりに解除されました。観光や物流の大動脈が開通したことで、今後の復旧や復興への弾みとなることが期待されます。
高知自動車道では今月7日、大豊町立川の上り線にある橋が大規模な土砂崩れにより押し流されました。大豊インターチェンジから川之江東ジャンクションの区間が上下線とも通行止めになっていましたが、きょう午前11時およそ1週間ぶりに解除され、下り線を活用した片側1車線の対面通行となりました。対面通行は大豊インターチェンジから先およそ3キロ地点から、笹ヶ峰トンネルの手前までのおよそ8キロの区間で、速度が50キロに制限されています。
南国サービスエリアでは通行止めの解除を待ち望んでいた利用客から喜びの声が聞かれました。
「よかった!きのう下道を高知まで走ってきた。高知で泊まって愛媛に行こうと思ったけれど、予定を変えて京都に戻ります」
大豊町の観光地『ゆとりすとパークおおとよ』では6日から続く通行止めの影響で、きょうまで利用客のキャンセルが相次いでいました。
「岡山の方や今一番被害がひどいところの方からも、キャンセルというご連絡をいただきました」
あすからの3連休では例年通りの人出を見込んでいるといいます。
「これからここの避暑地で盛り上がっていこうという矢先だったので開通はうれしい限りですね」
ネクスコ西日本によりますと、被害を受けた道路の完全復旧のめどはまだ立っていません。対面通行区間では大規模な渋滞の発生も予想されることから時間に余裕を持って出かけてほしいと話しています。

“高知自動車道 通行止めが1週間ぶりに解除(テレビ高知)” の続きを読む