福島医大が東北初!ロボ用い「呼吸器手術」 映像見て遠隔操作(福島民友新聞)

情報元 : 福島医大が東北初!ロボ用い「呼吸器手術」 映像見て遠隔操作(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00010009-minyu-l07
 福島医大は14日、同大付属病院呼吸器外科で、手術支援ロボット「ダ・ビンチ」を用いた呼吸器外科分野では東北初となる縦隔(じゅうかく)腫瘍手術を1月30日に実施したと発表した。
 縦隔腫瘍は心臓や大血管、気管など左右の肺の間の臓器にできた腫瘍の総称。ダ・ビンチを用いた手術では、患者の腹部数カ所に小さな穴を開け、3Dカメラと前後左右に動くロボットアームを挿入、医師が拡大された3D映像を見ながらアームを遠隔操作する。人間の手では動かせない角度にもスムーズに動かすことができ、手ブレにも左右されないため、通常の内視鏡手術よりもさらに精密な手術が可能だという。

“福島医大が東北初!ロボ用い「呼吸器手術」 映像見て遠隔操作(福島民友新聞)” の続きを読む

縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)

情報元 : 縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)福井新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010000-fukui-l18
 「縄跳びを極めたい」―。7重跳びのギネス記録を持つ福井県福井市出身の森口明利さん(29)=愛知県蟹江町=は、会社を辞め今年から縄跳びの「プロ」として活動している。イベントでパフォーマンスを披露するほか、福井県内外の小学校や教室で子どもたちを指導していくつもりで「縄跳びの魅力を広めたい」と意欲を燃やしている。
 小学生のころから縄跳びが得意で、京都大学の縄跳びサークルに入ってから競技として本格的に始めた。「跳び方の組み合わせ次第で無限に技の種類があるのが奥深い」ととりこになり、次々と高難度の技を習得していった。垂直跳び約90センチのジャンプ力を生かし、5重跳びや6重跳びの連続成功数で次々とギネス記録を樹立。2017年には世界で初めて7重跳びを成功させギネス記録に認定された。
 「プロとして生きていきたい」。大学生の時から漠然と抱いていた夢の実現に向け、昨年8月に会社を退職。今月から愛知県蟹江町の縄跳び教室の講師となり、4月からは運動教室を主宰する「エーアイきっずくらぶ」(福井県坂井市)の講師としても活動することになっている。2月9日に福井市のエルパで開かれた「なわとびフェス」では「もりぞー」の愛称で登場。6重跳びなどのパフォーマンスを披露し、子どもたち一人一人を指導した。ユーモアたっぷりのマイクパフォーマンスと優しい笑顔で子どもたちの心をつかんでいた。
 競技者としては、前人未到の8重跳びの成功が目標。語呂合わせで今年8月10日に挑戦することにしている。現在は滞空時間を0・78秒から0・83秒に伸ばすためジャンプ力に磨きをかけている。「年齢的にも最後。なんとしても成功させたい」と力を込める。
 「子どもたちが楽しそうに縄跳びをしている姿を見るのが楽しい」と語り「縄跳びの達人と言えば『もりぞー』と言われるようになりたい」とさらなる高みを目指す。

“縄跳びギネス男性、会社辞めてプロに 森口明利さん、8重跳び成功が目標(福井新聞ONLINE)” の続きを読む

ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)

情報元 : ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)福島民報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00001100-fminpo-l07
 Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズは9日、熊本県の水俣市総合体育館で熊本ヴォルターズと対戦した。今季初の延長の末、118-110で競り勝ち連敗を2で止めた。通算成績は18勝20敗。 
 ボンズは第1クオーター、序盤に一時11点差とされる苦しい展開となったが、ニカ・ウィリアムスの4連続得点で一気に追い上げると、村上慎也の3点シュートで追い付き27-27で終えた。第2クオーターは古巣対決に燃える神原裕司が得意のスティールから得点を決めるなど守備からリズムをつくり、48-44とリードを奪って折り返した。最終クオーター、村上が残り1秒で2点シュートを沈めて100-100とし延長戦に持ち込んだ。 
 延長戦は村上、武藤修平がともに6得点を挙げる活躍などで息詰まる接戦を制した。 

“ボンズ、延長制す 熊本に118-110で競り勝つ(福島民報)” の続きを読む

鎮火まで約12時間 産廃処理場の火事 (RKK熊本放送)

情報元 : 鎮火まで約12時間 産廃処理場の火事 (RKK熊本放送)RKK熊本放送https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000005-rkkv-l43
6日未明、熊本市南区の産業廃棄物処理場で発生した火事は、12時間経ち鎮火しました。
「火災発生から約5時間が経過していますが、今もまだ煙が上がっています」(記者)
警察によりますと、6日午前3時半ごろ、熊本市南区南高江の産業廃棄物処理業「熊本新明産業」で「積み上げられた鉄くずが燃えている」と119番通報がありました。
消防が駆け付け、消火にあたりましたが、約1500平方メートルが燃えていて、12時間経った午後3時21分に鎮火しました。
この火事でのけが人は確認されていませんが、周辺など広い範囲で異臭が広がりました。
「車で来てちょっとドアを開けたらにおいがすごかった」
「ふだんはぜんぜんこんなにおいしないからこんなきついとは思わなかった」(近くの職場の人)
現場には、鉄くずやプラスチックごみが集められているということで、警察が火事の詳しい原因を調べることにしています。

“鎮火まで約12時間 産廃処理場の火事 (RKK熊本放送)” の続きを読む

千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000053-minkei-l12
 「幕張新都心ビジネススクール」が2月23日、神田外語大学(千葉市美浜区若葉)で行われる。主催は、幕張新都心ビジネススクール実行委員会(TEL043-245-5278)。(千葉経済新聞)ディスカッションを行う学生(過去開催の様子) 千葉市、市原市、四街道市に在住・在学の高校生を対象に「キャッシュレスの最前線を体験しよう」をコンセプトに掲げた講義とグループディスカッションを行うもの。
 千葉市が市内の大学や企業と連携して次世代の産業を担う子どもに、ものづくりの楽しさや経済・金融の仕組みを教える取り組みの一環。ビジネスマネジメントの交渉や取引を、神田外語大学准教授の豊田聡さんとゲーム形式で体験、決済サービスの会社の担当者からキャッシュレスの現状について学ぶ。
 開催時間は10時~17時。参加無料。要事前申し込み(ホームページか電子メールで受け付け)。2月13日まで。

“千葉で高校生対象にビジネススクール 交渉や取引、ゲーム形式で学ぶ /千葉(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)

情報元 : イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000034-san-l12
 船橋市議会は7日、島田泰三市議(72)が辞職したと発表した。
 議会事務局によると、島田氏は今月3日、船橋市内で開催された音楽イベントに協賛金を支出した疑いがあり、公職選挙法に抵触する可能性があることから鈴木和美議長らが6日、事実確認を行った。島田氏は事実関係を認め、7日、辞職願を提出したという。議会事務局は「協賛金の金額は不明」としている。

“イベントに協賛金 島田・船橋市議辞職(産経新聞)” の続きを読む

1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)

情報元 : 1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00010000-ibciwatev-l03
 2015年に盛岡の保育施設に預けられた当時1歳の女の子が塩化ナトリウム中毒で亡くなった事件に関連して、遺族が元経営者に損害賠償を求めている裁判で、7日、両者の間で和解が成立する見通しでしたが、成立せず持ち越しとなりました。
これは、2015年、盛岡の認可外保育施設に預けられていた下坂彩心ちゃん(当時1歳)が塩化ナトリウム中毒で死亡したものです。遺族は「元経営者による傷害致死である」として、元経営者に6270万円の損害賠償を求めています。
前回、裁判所は、元経営者が和解金の一部を事前に遺族に支払うことで和解するよう提案し、原告・被告ともにこれを受け入れていました。
しかし、支払い期日の7日に開かれた和解協議に出席した元経営者は和解金を持参せず、和解は成立しませんでした。
原告側の弁護士によりますと、元経営者は和解金について「今後の支払いのめどが立たない」と話したということです。
(原告側弁護士)
「とりあえず誠意を示してもらいたいと。(遺族は)いまだかつて誠実に謝ってもらったっていう風に思っていない。それだと判決で傷害致死だとはっきり認定してもらいたい」
和解協議は今月26日に再度行われますが、この日に和解が成立しなければ28日に裁判所が判決を言い渡します。この事件の刑事裁判では去年、盛岡地裁が元経営者に、業務上過失致死の罪で禁錮1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡し、刑が確定しています。

“1歳女児塩中毒事件・損害賠償訴訟 和解成立せず持ち越しに/岩手(IBC岩手放送)” の続きを読む

松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)

情報元 : 松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00400114-kantelev-l30
和歌山県新宮市で、松明を持った男たちが一斉に神社の参道を駆け下りる「御燈祭り」が行われました。
松明を手に集まった「上がり子」と呼ばれる約1700人の男たち。
新宮市の神倉神社で行われている「御燈祭り」です。
午後8時、門が開くと「上がり子」は勢いよく飛び出し、538段の石段を駆け下りました。
「御燈祭り」は、神武天皇がこの地を訪れた際、松明の火で迎えた事が起源と言われ、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
祭りが終わると、この地方には春が訪れるとされています。

“松明を手に闇の参道を駆け下りる「御燈祭り」(関西テレビ)” の続きを読む

六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000067-minkei-l13
 東京の夜景と共にバレンタインの光の演出が楽しめるイベント「天空のバレンタイン2019」が現在、六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」(港区六本木6)で開催されている。(六本木経済新聞)同イベントに合わせて用意された「ストロベリーアフタヌーンティー」 夏休みやクリスマスなど、季節ごとに催し物を行っている東京シティビュー。東京の景色が一望できることから、東京の景色に合ったイルミネーションをともすなど、さまざまな演出を用意する。
 今回は、屋上「スカイデッキ」にピンクと赤さの光のイルミネーションを設置。バレンタインに合うBGM曲も用意し、ロマンチックな演出を施す。
 同企画に合わせ、東京シティビューに隣接するバーラウンジ「THEMOON」では、バレンタインにちなんだメニューを用意。イチゴを多く使った「ストロベリーアフタヌーンティー」(4,104円)や、平日限定の「パルフェオフレーズ」(1,620円)、「淡い恋心」がテーマというカクテル「シークレットギフト」(1,944円)などを提供する。
 森ビル東京シティビュー企画担当の内田芽亜理さんは「スカイデッキのイルミネーションは見た目もかわいいピンクをベースに、サプライズバージョンも用意した。サプライズバージョンは見ているだけでハッピーになれる演出なので楽しみにしてほしい。52階に登場したフォトスポットはデートにぴったり。バレンタイン気分がさらに盛り上がる」と話す。「夜景やイルミネーションを含んだデートを楽しみたい方、デートの記念に写真撮影を楽しみたいカップルに来場いただきたい」とも。
 営業時間は10時~23時(金曜・土曜は翌1時まで)。イルミネーション点灯時間は17時30分~22時。入場料は一般=2,300円、高校・大学生=1,700円、4歳~中学生=900円、シニア(65歳以上)=2,000円。2月14日まで。

“六本木ヒルズ展望台で「天空のバレンタイン」 ピンクと赤の光で演出 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000066-minkei-l13
 新馬場駅近くの荏原神社(品川区北品川2)で現在、境内のカンヒザクラ(寒緋桜)が満開となり、参拝客が冬の花見を楽しんでいる。(品川経済新聞)709年創建された荏原神社 709年創建と伝わる同神社は、品川の龍神として源氏や徳川など多くの武家の信仰を受けてきた。毎年6月に行われる牛頭天王(ごずてんのう)を祭る「天王祭」で知られる。東海七福神の一社として恵比寿神を御祭神とし、年始には東海道七福神巡りに訪れる参拝客でにぎわう。
 境内にある2本のカンヒザクラは同神社のご神木。区内で一番早く咲く桜として、地域住民に親しまれている。枝先には、花蜜を求めてメジロやヒヨドリが止まることもある。5日は、望遠レンズ付きの一眼レフカメラを持ち、撮影を楽しむ人の姿が多く見られた。
 カンヒザクラは台湾や中国南部が原産地で、日本では鹿児島や沖縄を中心に自生しており、鮮やかな緋紅色(ひこうしょく)の花が鐘状に下向きに咲くのが特徴。ヒカンザクラ(緋寒桜)とも言われるが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違われることから、カンヒザクラと呼ばれることが多いという。
 同神社スタッフは「今年は1月下旬から咲き始め、例年並みの開花となった。荒天がなければ、2月中旬までお楽しみいただけるのでは」と話す。
 参拝に訪れた女性の一人は「青い空に桃色の花びらが映え、とてもきれい。毎年見に来ているが、この桜の美しさは何度見ても飽きない」と笑顔を見せていた。

“新馬場・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月中旬まで見頃 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む