春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)

情報元 : 春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)北海道放送(株)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000004-hbcv-hok
胆振の豊浦町では、春の香りが楽しめる特産のアサツキの収穫が最盛期を迎えています。
雪に囲まれたビニールハウスの中に、春を感じさせる青々とした景色が広がります。
豊浦町の根津公男さんは、毎年およそ2.5トンのアサツキを出荷しています。
野生種を品種改良した豊浦町のアサツキは、葉が太く、卵とじのほかジンギスカンやギョーザに入れても香りや甘みを楽しめます。
今年は先月に寒い日が続きましたが、生育は順調だということです。
「生育は至って順調で、おかげさまでちょうどいい春一番のアサツキを食べてもらえるかなと思っている」(根津公男さん)
収穫は4月まで続き、地元の道の駅のほか、農協を通して札幌などにも出荷されます。

“春の香り…特産のアサツキ収穫が最盛期 北海道豊浦町(HBCニュース)” の続きを読む

ミュージカル「引き出しの中のアフリカ」 高松の劇団・銀河鉄道が上演へ /香川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : ミュージカル「引き出しの中のアフリカ」 高松の劇団・銀河鉄道が上演へ /香川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000016-minkei-l37
 劇団「銀河鉄道」によるオリジナルミュージカル「引き出しの中のアフリカ」が12月1日・2日、サンポートホール高松(高松市サンポート)で上演される。(高松経済新聞)
 高松市を拠点にさまざまなスタイルのミャージカルを世に送り出してきた同劇団。同作品はコメディー要素を取り入れた「青春サスペンス」。
 「アフリカに行きてえ」が口癖で元暴走族の主人公カツジが、元ボクサーで兄貴分のタカシと探偵として繰り広げるエンターテインメントに仕上がっている。
 主演の川端健悟さんは「笑いあり、友情あり、ちょっと切ないところもありで、みんなに楽しんでいただけるようなミュージカルになったのでは」と話す。
 開演は、1日=18時30分、2日=13時30分・18時30分。入場料は2,800円(当日券)。

“ミュージカル「引き出しの中のアフリカ」 高松の劇団・銀河鉄道が上演へ /香川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む