小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000068-minkei-l14
 小田原出身のお笑い芸人でパラデル漫画家の本多修さんが、米国テキサス州オースティンで開かれる最先端テクノロジーのイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」に招待されることになった。(小田原箱根経済新聞)「First&Stadium」が試作を担当したパーカ 本多さんはパラパラ漫画に実写部分を入れて人物などが画面から出てくるように表現する「パラデル漫画」の作品を発表し続けている。
 発端は、中居正広さんがMCを担当し、2018年9月まで放送されていたTBS系番組「なかい君の学スイッチ」。番組で紹介されるとユーチューブの視聴回数も増加。昨年12月には、フジテレビ系バラエティー番組「ワイドナショー」で、事務所の先輩のダウンタウン・松本人志さんに絶賛され人気が急上昇。登場するキャラクターも注目を集め、キャラクターをあしらったパーカやTシャツの販売も始めた。
 2月21日には、デジタルメディア協会(AssociationofMediainDigital=AMD)が主催する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー18/第24回AMDアワード」で、新人賞となる「江並直美賞(NaomiEnamiaward)」を受賞した。今年は優秀賞に、DAPUMPの「U.S.A.」、テレビ朝日系人気ドラマ「おっさんずラブ」、話題の映画「カメラを止めるな!」などが選ばれている。
 3月には、米テキサス州オースティンで行われる、音楽、映画、インタラクティブコンテンツ、コメディー、ゲームなどの最先端テクノロジーのイベント「SXSW」に個人資格で招待されており、世界的にも注目され始めている。
 よしもと芸人が趣味や特技でつながり、新しい「居場所」をつくり、芸にも生かしていく「よしもと部活動プロジェクト『ブカツ!』」の発表会見が2月27日に都内で行われ、本多さんも登壇した。
 部活動には、「RGツーリングクラブ」(レイザーラモンRG、チュートリアル福田)、「料理部」(バンビーノ藤田、イシバシハザマ石橋)、「バスケ部」(麒麟・田村、大西ライオン)など総数で18部があり、記者会見には12部が参加。本多さんも「マンガ部」の部長として登壇した。
 本多さんは、登壇した芸人から「お笑い芸人として仕事しているのか」と聞かれ、「ほぼしていない」と即答。「収入比率は?」の質問には「0対10でパラデル漫画が10」と回答すると、「それでも芸人か」の声も聞かれた。本多さんは、パラデル漫画を始めたきっかけが「仕事に遅刻し、反省のため謹慎している間にやることがなくパラデル漫画を思いつき制作していた」ことを明らかにした。
 本多さんは、この日も開発したキャラクターがプリントされているパーカ姿。デザインが完成した後の試作は、小田原のアメカジ・ストリートファッションセレクトショップ「First&Stadium(ファースト&スタジアム)」(小田原市栄町2)。1枚でもプリントができるシステムを利用して納得のいくデザインを作り上げ、決定後は本多さんがメーカーに委託する方法で商品化している。
 試作を担当した佐野陽平さんは「小田原からクリエーターが世に出て行くのはうれしい。日本だけでなく世界に羽ばたき始めた。パラデル漫画と本多さんには可能性がある。いつまでも応援していきたい」と誇らしげに話す。

“小田原出身・パラデル漫画の本多修さん世界へ 芸人とパラ漫の収入比率は0対10 /神奈川(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

小説に焦点、大阪で大人のためのムーミンフェス開幕(Lmaga.jp)

情報元 : 小説に焦点、大阪で大人のためのムーミンフェス開幕(Lmaga.jp)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00060213-lmaga-l27
世界中から愛されるキャラクター「ムーミン」。原作の世界観が楽しめる催事『ムーミンフェスティバル2019』が2月16日から、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でスタート。初日から大勢のファンが訪れて賑わった。【写真】会場限定のアイテム文学や芸術面でも非常に高い評価を受けている作家トーベ・ヤンソンの小説にクローズアップした同企画。ムーミンやリトルミイらムーミン谷の仲間たちによる哲学的エピソードをセレクトし、会場で紹介。また、画家でもあるトーベが描いた小説の挿絵をモチーフとしたコップや皿などの会場限定品や、ステーショナリー、輸入雑貨、書籍、ファッション・アイテムなど、さまざまなグッズが並ぶ。
特に人気だったのは限定500本の「パイロット」のボールペン(2052円)。こちらは1人2本までで、希望者には無料でネーム入れをしてもらえる。豊中市から訪れた20代女性は、「小学生の頃から原作が好きでずっと読んでいます。家にはムーミンのアイテムがたくさんあるのですが、今回は原作の挿絵のアイテムを目当てに訪れました」と、じっくり買い物を楽しんでいた。期間は2月25日まで、入場無料。

“小説に焦点、大阪で大人のためのムーミンフェス開幕(Lmaga.jp)” の続きを読む

山梨県知事に就任する長崎幸太郎氏が小池都知事と会談(UTYテレビ山梨)

情報元 : 山梨県知事に就任する長崎幸太郎氏が小池都知事と会談(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000005-utyv-l19
新たに山梨県知事に就任する長崎幸太郎さんの動きです。
12日夕方、長崎さんは東京都の小池百合子知事と会談し、防災対策などで連携を呼びかけました。
長崎幸太郎さんは12日夕方都庁を訪れ、小池百合子都知事と面会しました。
2人は2005年のいわゆる郵政選挙で郵政民営化に反対した自民党議員の刺客として立候補し、長崎さんは応援を受けた経緯があります。
面会で長崎さんは、山梨県の一部が東京都の河川の上流になっていることや首都直下地震への対応などを挙げ、協力について話し合う器を作れないかと連携を呼びかけました。
これに対し小池都知事は、「共存共栄ができればと思う」と応じ、さらに東京オリンピックの自転車ロードレースのコースになっていることから、応援を盛り上げていけたらと話しました。
「この会談をキックオフに組織と組織の付き合いにしたい。具体的な成果物を挙げたい」(来週山梨県知事に就任する長崎幸太郎氏)。
また山梨ー東京間の通勤や、高齢者の介護問題などで山梨県も東京都と協力できることもあると話し、県の東京事務所などの役割を強化する考えを示しました。
[UTYテレビ山梨]

“山梨県知事に就任する長崎幸太郎氏が小池都知事と会談(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)

情報元 : 川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-03129125-tokushimav-l36
 乃木坂46の1期生でファッション雑誌「Popteen」の専属モデルも務めた川後陽菜(20)が22日、グループからの卒業を発表した。12月20日に武蔵野の森総合スポーツプラザで開かれるアンダーライブが乃木坂46としての最後の活動になる。
 川後はこの日、自身のブログを更新し「乃木坂に13歳の中学2年の夏に加入し、7年が経ち20歳になりました。よくアイドルがいう『青春のすべてでした!』ってやつ、本気で体現したし捧げた10代をすごしました」と振り返った。
 その上で「20代をどう過ごしていこうかなって考えるようになりました。悩むことも耐えることも、葛藤したり周りに焦りを感じたりを去年まではしてたのに、ふと今年にはいって心が和らいで環境への安心感、余裕があることに気がつきました」と心境の変化を説明。
 「〝この現状で満足してます〟というのも変な話だし、まだまだ目標にすべき場所とか上があるのだけれど、なんかまた余裕ないくらいせかせかと働きたい。初心に戻りがむしゃらにやりたい。そう思って。乃木坂46卒業しようと決めました」と卒業を決めた理由をつづった。
 さらに「今いる環境がどれだけ恵まれているか、それは過去を振り返れば痛いほど分かっていて、きっとここを離れればもっともっと現状が分かると思います。それでも今の有難い場所から離れてでもまた1からチャレンジしたいと思い決意しました」と考え抜いた末の決断だったことを強調。
 
 「この先のことを考えても簡単に人生上手くいかないものだけど、新しい一歩にすごくワクワクしてるんです。夢は叶うとファンの人が教えてくれた。周りが支えてくれたし実行してきた自分がいる。だから挑戦は楽しい。いつか、また夢が叶ったよ。って言えるように頑張りたいな」と前向きな決意を表明した。
 最後の舞台となるアンダーライブについては「幕張で特典として始まった1回目から全部参加しているのは実は私だけなんです。前に聞いたときは、悔しくて泣けてきたし、良いのか悪いのかと難しいとこだけど、私しかいないのすごい! 達成感あるぞ! とポジティブに思えたの」とアンダーでの活動が多かった自身のキャリアに対する思いを吐露。
 その上で「人が入らず呼びかけてたときから、信じられないくらいの規模で開催したり地方回ったり、アンダーライブの成長とともに、自分が成長できた大切な場所。だからそんな場所で最後を迎えれるのは本当に有難いことです。ラストライブすごく楽しみだな。残り少ないですが悔いなく楽みたいと思います」と全力パフォーマンスを誓った。
 川後は2011年8月に乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。7枚目シングル「バレッタ」で初めて選抜入りした。「Popteen」では15年9月号から18年11月号まで専属モデルを務めた。

“川後陽菜が乃木坂46卒業を発表(徳島新聞)” の続きを読む

高校生が商業施設でファッションショー 山陽小野田市(宇部日報)

情報元 : 高校生が商業施設でファッションショー 山陽小野田市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010001-ubenippo-l35
 山口県山陽小野田市厚狭高(徳田充校長)の総合家庭科によるファッションショーが18日、おのだサンパークで開かれた。商業施設での開催は初の試み。「KAKERU―未来創造維新」をテーマに、授業で培った技術で仕上げた衣装50点を、生徒自らがモデルとなって披露した。
 3部構成の1部では、柳井商工高と連携してデザイン・制作している県の伝統織物「柳井縞(じま)」を使い、伝統と新しいもののミックスを楽しんだ洋服を紹介。2部は、2015~17年度に各種コンクールに入賞した先輩たちの作品を着てランウエーを歩いた。
 3部では、3年生10人の力作が登場。布を染めたり、刺しゅうや機織りをしたりして作り上げた万華鏡を思わせる模様、色と膨らみが金魚ぢょうちんを連想させるスカート、工場夜景のようにきらびやかなデザインの衣装が観客の目を楽しませていた。

“高校生が商業施設でファッションショー 山陽小野田市(宇部日報)” の続きを読む

大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000010-minkei-l44
 大分初お目見えの洋服や雑貨などを取り扱うセレクトショップ「asterisk(アスタリスク)」(大分市府内町3、TEL097-574-6462)が8月3日、大分市の中心街にオープンした。(大分経済新聞)老舗ブティックをイメージしたレディースフロア 店主は大分市出身の森島稚葉(わかば)さん(23)。福岡のファッションデザイン専門学校で店舗経営などについて学び、佐賀県の老舗アパレルショップでバイヤーとして腕を磨いた。国内外を飛び回る中で商品を見極める確かな目を養い、若くして店を任されるようになった。さまざまな商品と向き合う中で「感性が若いうちに地元に戻って自分の店を開きたい」と強く思うようになったという。
 店舗運営にはアパレル業界20年以上という風見耐治さん(44)もディレクターとして参加。東京をはじめ全国各地で培った知識と経験を生かし、商品構成や店内レイアウトについて森島さんをサポートする。
 店舗は約66平方メートル。テーマカラーのミント色でまとめた。入口側のレディースフロアは「パリのクールな老舗ブティックのイメージ」と森島さん。奥のメンズコーナーは「木の温もりを感じさせるアットホームな空間に仕上げた」。2つの空間に洋服、シューズ、アクセサリー、雑貨、インテリア、フレグランス、ソープ、ランジェリーなど2人の異なる視点で集めた多様な商品を並べる。店内ではスムージー(350円~)なども販売しており、テラスやカウンターで味わえる。
 取り扱うブランドは、日本の「CINOH(チノ)」「UNFIL(アンフィル)」「WESTOVERALLS(ウエストオーバーオールズ)」「SHINYAKOZUKA(シンヤ・コヅカ)」、イギリスブランドの「STUDIONICHOLSON(スタジオ・ニコルソン)」、フランス発の「DROLEDEMONSIEUR(ドロール・ド・ムッシュ)」など25種類以上。「背景があり、今、勢いのある新しいブランドを選んだ。ほとんどが大分初」と森島さん。
 このほか、「ファブリック」×「加賀美健」による「実家帰れ」シリーズのキャップやバッグ、映画「時計じかけのオレンジ」とのコラボ商品など遊び心が詰まった商品も並べている。風見さんは「こうした『抜け感』もコンセプトの1つ。方向性を偏らせないことで、気分、季節、TPOなど、さまざまな切り口に合わせられるようにした」と話す。
 オープン間もないが、口コミやSNSで開店を知った人がフレッシュな品ぞろえを楽しみに訪れるという。「WEST―」のデニムのパンツやジャケット(20,520円~)、オープニングに合わせてデザインしたオリジナルTシャツ(8,100円)のほか、「実家―」や「時計―」の商品も人気。一人一人の滞在時間も長めで、森島さんは「商品をじっくり見てくれるお客さんが多いので、本当にうれしい」と笑顔を見せる。風見さんも「どの商品についても細かく語ることができる。スムージーを飲みながらでも、冷やかしでもいいから聞いてほしい」と笑う。
 店名の語源には「小さな星」の意も。森島さんは「大分の街になじみながらささやかに輝いていきたい。商品を見に、話を聞きに足を運んでもらえれば」と来店を呼び掛ける。
 営業時間は11時~20時。休みは元旦のみ。

“大分市にセレクトショップ「アスタリスク」 目利き2人が選ぶ大分初の洋服ずらり /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

【小・中学校将棋団体戦】大分大教育学部付属小、及ばず準優勝(産経新聞)

情報元 : 【小・中学校将棋団体戦】大分大教育学部付属小、及ばず準優勝(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000023-san-l44
 東京都墨田区のKFC(国際ファッションセンター)で9日開かれた「文部科学大臣杯 第14回小・中学校将棋団体戦」(産経新聞社・日本将棋連盟主催)の決勝大会で、大分県代表の大分大教育学部付属小は準決勝をストレートで勝ち、決勝に進出したが、一歩及ばず準優勝に終わった。
 準決勝では習志野市立鷺沼小(千葉)を3勝全勝で破った。麻生潤君(6年)は「序盤の手が最後に生きて幸運だった」。
 決勝では、「いい将棋が指せた」という市岡真悟(まさと)君(6年)が1勝をあげたが、その後2敗を喫し、優勝を逃した。
 ◇準決勝
 大分大教育学部付属小(市岡真悟、麻生潤、市岡知悟)○3-0●習志野市立鷺沼小(千葉)
 ◇決勝
 大分大教育学部付属小●1-2○川口市立戸塚東小(埼玉)

“【小・中学校将棋団体戦】大分大教育学部付属小、及ばず準優勝(産経新聞)” の続きを読む

佐賀県立博物館で「すごいぞ!ボクの土木展」 佐賀ゆかりのクリエーターが土木の魅力紹介 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 佐賀県立博物館で「すごいぞ!ボクの土木展」 佐賀ゆかりのクリエーターが土木の魅力紹介 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000075-minkei-l41
 佐賀県立博物館(佐賀市城内1)で7月25日、特別展「すごいぞ!ボクの土木展 佐賀をつくる・守る・支える、人と技術」が始まった。(佐賀経済新聞)子どもたちが実際に触って楽しめる「土木展」展示の一部 明治維新150周年に合わせ、佐賀の先人たちが築いた「土木の技・人・志」をあらためて知ってもらおうと企画した同展。
 佐賀県県土整備部の伊東大輝さんは「平地では難しいとされた治水を、江戸で学んだ水路建設の技術で解決した成富兵庫茂安(なりどみひょうごしげやす)の功績など、佐賀の土木工事の歴史を知ってほしい」と話す。
 会場には、段ボール製の石で原寸大の佐賀城の石垣を作り、江戸時代の土木工事を体験する「佐賀城石垣」(ミヤザキケンスケさん)、砂箱とプロジェクションマッピングを組み合わせ、土木の「盛る」「掘る」工程での土地の変化を学ぶ「砂場マッピング」、有明海の潮位と堤防の役割を学ぶ体験型映像作品「潮位の壁」(以上「アールテクニカ」)など佐賀にゆかりのあるクリエーターら26人による「見て、触って楽しく学べる」作品計17点が並ぶ。土曜・日曜はワークショップを開催するほか、ティーンズミュージカルSAGAによる工事作業着ファッションショー「ドボクコレクション」などのイベントを展開する。
 伊東さんは「展示を見た子どもたちが土木に興味を持ち、将来の選択肢の一つに考えてくれれば。クリエーターの協力で、勉強という固いイメージから離れた分かりやすく楽しい展示ができた。子どもたちや土木に関する知識がない人も楽しく学べる。ぜひ足を運んでいただければ」と呼び掛ける。
 開館時間は9時30分~18時。入場無料。9月2日まで。

“佐賀県立博物館で「すごいぞ!ボクの土木展」 佐賀ゆかりのクリエーターが土木の魅力紹介 /佐賀(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む