大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)

情報元 : アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00010001-sanyo-l33
 フィギュアスケートのアイスダンス強豪国で、岡山県倉敷市出身の女子選手が技を磨いている。19歳の平山姫里有(きりあ)=倉敷FSC=はシングル中心の国内で組む相手が見つからず、昨年1月に渡ったフランスの男子選手とコンビを結成した。昨年末の全日本選手権は初出場で準優勝し、「もっと活躍して日本のアイスダンスを盛り上げたい」と銀盤を舞う。
 今季初戦となった昨年11月の西日本選手権を制し、臨んだ全日本選手権。ミスが出たリズムダンス3位からフリーで順位を上げ、平山は「世界の舞台を目指し、進化したい」とさらなる成長を期した。
 倉敷FSCで6歳の時にスケート靴を履き、国内トップ級で長く活躍した同じクラブ出身の平井絵己さん(32)に憧れて10歳でアイスダンスを始めた。岡輝中では全国大会の表彰台にも立ったが、年齢が上がるとパートナーがシングルに専念し、岡山南高時代は2年間試合に出られなかった。
 「練習も一人。かなり気落ちしていた」という平山に渡仏を勧めたのは、自身も同じ悩みから海外に出た平井さんだ。現役引退後、日本とフランスでコーチを務めており、22歳のアクセル・ラマッセとの縁をつないだ。
 「音楽への感性が高く、演技に華がある」と平井さんも認める平山と、スピードスケート・ショートトラックで鍛えたスピードある滑りが持ち味のラマッセ。今後もフランスを拠点に平井さんらの指導を受け、日本連盟所属で試合に出場する。
 全日本選手権は健闘するも、得点は狙っていた国際大会の派遣基準に届かなかった。悔しさも糧に平山は「世界選手権などトップ大会で勝負するのが目標」と目線を高く挑む。

“アイスダンスで世界目指す平山姫里有 岡山・倉敷出身、仏拠点に成長を期す(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000002-hokuriku-l16
 高岡市の高岡伝統産業青年会(和田瞬佑会長)は2月に千葉市の幕張メッセで開かれる立体造形の祭典「ワンダーフェスティバル2019冬」に初出展する。全国からフィギュア愛好家が集まるイベントで、高岡銅器の技術をアピールする。メンバーは26日、同市波岡の梶原製作所で展示品の梱包(こんぽう)作業を行った。 (高岡支社編集部・安多萌子)
 ワンダーフェスティバルは、造形メーカー「海洋堂」(大阪)などが主催する。プロ、アマチュアを問わず約2千ブースが並び、フィギュアなどの模型を展示販売する。
 青年会は、釈迦如来立像の仏頭(高さ約2メートル)や四天王の一つ多聞天像(同)などの銅像を展示するほか、手のひらサイズの仏像や螺鈿(らでん)、蒔絵(まきえ)の置物など計約300点を展示販売する。伝統技術を広く紹介しようと鋳物体験や、高岡銅器と高岡漆器の製造工程を紹介するパネル展示も行う。高岡の伝統産業を若年層にアピールするとともに、フィギュア分野での伝統技術の需要も見込めるという。
 この日は搬出に向け、メンバーが仏頭などの展示品を木枠で囲む作業を行った。和田会長は「細かい技巧が凝らされた仏像は高岡銅器の粋の結集。高岡の造形技術をしっかりとアピールしたい」と意気込んだ。

“高岡銅器の技術見て 幕張の立体造形フェスでPR(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)

情報元 : 仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00010001-oxv-l04
フィギュアスケーター、浅田真央さんの衣装や写真などの展覧会が、仙台市青葉区で始まりました。全国から多くのファンが集まり、会場は一時、入場規制もかけられるほどのにぎわいを見せました。
記者リポート
「オープン30分前なのですが、100人以上のお客さんが長い列を作っています」
訪れた人
「東京から来ました。夜行バスで」
訪れた人
Q何時から並んでいる?
「朝4時半か5時くらいです。生で衣装を見られるということなので楽しみにしています」
青葉区の藤崎前にできた長い行列。集まった人たちが心待ちにしていたのが、浅田真央さんの展覧会、その名も「浅田真央展」です。
幼少の頃から去年、引退を発表するまでの貴重な写真や大会で使用した衣装など、約120点が展示されています。
こちらは、浅田さんが使っていたスケートシューズ。
つま先にはたくさんの傷が残り、努力を積み重ねてきた様子が思い浮かびます。
会場には「MAO(まお)シアター」と名付けられたコーナーも設置されました。
ここでしか見ることが出来ない撮り下ろしのインタビュー映像が鑑賞できます。
秋田県から来場した女性
「自分が見ていた時の状況を思い出してきて感情がよみがえってきました」
多賀城市から来場した女性
「衣装を見て、この時はこうだったあの時はこうだったといろんなシーンを思い出すので。ファンの一人としてこれからもよろしくお願いしますと伝えたい」
19日は入場規制もかけられるほど多くの人が訪れ、浅田真央さんのこれまでを振り返っていました。
この展覧会は入場無料で12月26日まで開催されています。

“仙台で「浅田真央展」始まる 真央ちゃんの名場面が蘇る!全国のファン感激 初日は一時、入場規制も(仙台放送)” の続きを読む

青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)

情報元 : 青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000013-san-l31
 「名探偵コナン」などの作者・青山剛昌さんの作品世界を紹介している「青山剛昌ふるさと館」(鳥取県北栄町)の入館者が15日、100万人を突破し、記念セレモニーが行われた。
 100万人目は北九州市の小学3年、中村吏玖(りく)さん(8)。家族4人での鳥取旅行中に立ち寄った。
 松本昭夫・同町長からコナングッズなどの記念品を贈られ、「コナンと新一が好き。100万人目になってうれしい」と喜んでいた。
 同館は、同町出身で作品が国際的に人気がある青山さんの資料館として平成19年3月に開館。コナンを中心に原画・原稿やイラスト、フィギュアなどを展示して人気がある。近年では全入館者中、台湾、韓国などの海外客が15%程度を占めている。

“青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)” の続きを読む

青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)

情報元 : 青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000013-san-l31
 「名探偵コナン」などの作者・青山剛昌さんの作品世界を紹介している「青山剛昌ふるさと館」(鳥取県北栄町)の入館者が15日、100万人を突破し、記念セレモニーが行われた。
 100万人目は北九州市の小学3年、中村吏玖(りく)さん(8)。家族4人での鳥取旅行中に立ち寄った。
 松本昭夫・同町長からコナングッズなどの記念品を贈られ、「コナンと新一が好き。100万人目になってうれしい」と喜んでいた。
 同館は、同町出身で作品が国際的に人気がある青山さんの資料館として平成19年3月に開館。コナンを中心に原画・原稿やイラスト、フィギュアなどを展示して人気がある。近年では全入館者中、台湾、韓国などの海外客が15%程度を占めている。

“青山剛昌ふるさと館、入館者100万人達成 鳥取(産経新聞)” の続きを読む

五輪で着用の衣装に貴重な“制服姿”…『羽生結弦展』に女性ファン殺到 外国人の姿も 名古屋(東海テレビ)

情報元 : 五輪で着用の衣装に貴重な“制服姿”…『羽生結弦展』に女性ファン殺到 外国人の姿も 名古屋(東海テレビ)東海テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00004125-tokaiv-l23
 19日、名古屋駅前にできたおよそ300人もの長い列。その多くは女性…。この暑さの中でも並んだ彼女らのお目当ては、フィギュアスケート・羽生結弦選手の展示会!
 19日からジェイアール名古屋タカシマヤで始まった「羽生結弦展」。オリンピック2連覇を成し遂げた羽生選手の写真やメダルなどが展示されています。
(リポート)
「衣装が展示されています。ソチオリンピックで使用された衣装ですね、キラキラで素敵です!」
 鮮やかな青の衣装は、金メダルを獲得した2014年のソチオリンピック・ショートプログラムの衣装。実際に着用したものが展示されています。
 他にも、高校生のころの貴重な制服姿や、練習の合間のあどけない一瞬をとらえたオフショットも…。
羽生選手の女性ファン:
「衣装がすごくよかったです。キラキラで綺麗で細くてとてもよかった」
 羽生選手の衣装を食い入るように見つめていたこの女性。午前5時ごろから列に並んだという“筋金入り”のファンです。
同・女性ファン:
「ソチオリンピックで金メダルとった時もそうなんですけど、平昌オリンピックでケガ明けでどれだけ頑張って2つ目の金メダルとったんだろうって思ったら…そのシーンの写真見るだけでなんか…(涙がこみ上げている様子)」
 羽生選手のファンとなり10年。宝物は、彼女手作りの旗を持つ羽生選手の写真。待ち受け画面は4年以上変えていないそうです。
 会場を訪れた羽生選手ファンのもう一つの目的、それが、「グッズ」!
 写真集やキーホルダー、クリアファイルなどが販売され、会場は人で埋め尽くされていました。限定品もあるため、売り切れてしまう前に確保しようと訪れたファンはものすごい勢いで商品を袋にいれていきます。
 中には、外国人の姿も…。
中国人女性:
「これは私の友達のもの、ほかも友達のためよ」
 1冊2500円する会場限定の写真集を4冊も購入していました。
 多くの女性ファンを魅了する羽生選手。「羽生結弦展」はジェイアール名古屋タカシマヤで、7月30日まで開かれています。

“五輪で着用の衣装に貴重な“制服姿”…『羽生結弦展』に女性ファン殺到 外国人の姿も 名古屋(東海テレビ)” の続きを読む

海洋堂のフィギュア展 あさご芸術の森美術館で(両丹日日新聞)

情報元 : 海洋堂のフィギュア展 あさご芸術の森美術館で(両丹日日新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010002-rtn-l28
 アニメや映画キャラクターなどのフィギュア(人形)を、世界が憧れる日本のポップカルチャーの一つに育て上げた海洋堂の作品を集めた「芸術の森のトレジャーボックス 海洋堂フィギュア展」が、14日から兵庫県朝来市立あさご芸術の森美術館(同市多々良木)で始まる。
 海洋堂は1964年に大阪の小さな模型店としてスタートし、レジン樹脂などを使った少量生産模型(ガレージキット)を手がけて、熱心な愛好者を増やしていった。84年には東京にギャラリーを開設し、自社開発フィギュアメーカーへと転身。96年に「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズを発売すると一気に知名度を高め、精巧で躍動的なフィギュアを造る会社として海外からも注目されだした。
 99年にはフルタ製菓のチョコエッグ「にほんの動物シリーズ」が発売され、菓子などについている玩具「食玩」(飲食料品販促用玩具)の一大ブームを巻き起こす。
 2000年代に入ると知名度と活動の幅は更に広がり、05年に滋賀県長浜市にオープンした「海洋堂フィギュアミュージアム龍遊館」は、今も観光の目玉施設になっている。
 今回のフィギュア展では、ドラマチックに再現された森や水辺などのジオラマをはじめ、恐竜や動物、昆虫、アニメキャラクターなど、創造的で芸術的な同社のフィギュア約3千点を集めて展示する。
 また今月15、16、28、29日と8月11、26日には、恐竜フィギュアに着色して自分だけの恐竜を造る「海洋堂ワークショップ」を行う。午前9時45分から午後3時30分まで随時受け付け(正午~午後1時30分は受け付け中断)。1回500円。「ガチャガチャ」を設置する。
 会期は9月2日まで(7月17、18日のみ休館)。一般500円、高校大学生300円、小中学生200円。電話079(670)4111。

“海洋堂のフィギュア展 あさご芸術の森美術館で(両丹日日新聞)” の続きを読む