しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000038-minkei-l13
 エイズデーイベント「これからの性について話そう」が12月4日、「座・高円寺2」(杉並区高円寺北2)で開催される。主催はすぎなみレッドリボンプロジェクト。(高円寺経済新聞)グラビア女優の石川優実さん エイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に12月1日に制定された「世界エイズデー」。世界各国でエイズに関する啓発活動が行われている。
 同プロジェクトは、若者への啓発活動に実績があるNPOと杉並区が協働でHIVなど等性感染症について「もっと若い世代の特性に合う、効果的な啓発をしよう」と立ち上げたプロジェクト。フリーペーパーの企画・発行や、区内外のイベントでサンプリング、啓発講座などの活動をしている。
 今回は、性について考えるトークイベントを開く。登壇するのはゲイでオネエユーチューバー「2すとりーと(せかんどすとりーと)」のたつやさんとゆうきさん。年間100校で性教育やデートDV予防教育をする産婦人科医、上村茂仁さん。芸能界での性暴力を「#metoo」で発信し、男女の性のすれ違いなどを積極的に発信するグラビア女優の石川優実さん。司会は同プロジェクトメンバーの染矢明日香さん、助産師の大貫詩織さんが務める。
 染矢さんは「性のことが普段はなかなか話しづらいという人も、性のことについていろいろな角度から考えてみたいという人も、気軽にご参加いただければ」と来場を呼び掛ける。
 開催時間は17時30分~20時。入場無料。

“高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

引きこもり悩む人、得意分野で支援へ 3つのNPOが結束(京都新聞)

情報元 : 引きこもり悩む人、得意分野で支援へ 3つのNPOが結束(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000031-kyt-l26
 引きこもりの当事者や家族支援を続けてきた京都の三つのNPO法人が、それぞれの得意分野を生かしつつ多様なサポートを展開しようと、ネットワーク組織「ALKネット京都」を発足した。各団体が企画するイベントや事業に参加したり、運営に協力するなどしながら、当事者にとってより最適な支援につなぐ。
 京都市南区でフリースペースを運営する「京都ARU(アル)」、芸術や音楽活動を中心に活動する「若者と家族のライフプランを考える会」(LPW)=左京区=、学習支援を手掛ける「京都教育サポートセンター」(KSCE)=中京区=の3団体。
 引きこもり状態にある人の高年齢化が進み、また背景やきっかけが多様化するなか、1団体だけでの対応に困難を感じることも増えているという。3団体の代表は共通した問題意識を抱くとともに、さまざまな会合で顔を合わせる機会も多かったことから、「協力して何かできることがあるのでは」と今年9月に意気投合。各団体の頭文字「ALK」をとって名付けたネットワークを結成し、緩やかな連携を目指すことにした。
 互いに協力することで、当事者や支援者、家族が顔の見える関係を築きながら、引きこもりに悩む人の孤立化を防ぎたいと目指す。12日には、京都ARUが初めて企画した就労体験のためのカフェにLPWの河田桂子理事長が参加、ARUに関わる家族らと交流を深めた。
 12月にはLPWスタッフが京都ARUの事務所でライフプラン学習会を開く予定で、河田理事長は「それぞれの強みを生かすことで、利用者の利益につなげていけたら」と話している。問い合わせはLPW075(201)8073。

“引きこもり悩む人、得意分野で支援へ 3つのNPOが結束(京都新聞)” の続きを読む

未来担う責任世代 「三十路式」新たな誓い 山形市(さくらんぼテレビ)

情報元 : 未来担う責任世代 「三十路式」新たな誓い 山形市(さくらんぼテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00010002-sakuranbo-l06
今年で30歳を迎える男女が、様々な分野の人との交流を深める「三十路式」が山形市で行われた。
三十路式は30歳の節目に、社会人として社会の中核を担う決意を新たにするとともに、様々な人との交流を深めることを目的に行われている。3回目の開催となった今回は、県外で暮らす県内出身者を含め男女約150人が参加した。
(記者)
「会場は非常に賑わっている。参加者が飲んでいるお酒は県産の日本酒やワインなどが飲み放題。また名刺交換ブースもあり、こちらの名刺を使ってSNSなどどで交流することもできる」
参加者の中には、積極的に他業種の人と名刺交換したり、久しぶりに会った友人と故郷山形での思い出話に花を咲かせたりしながら、交流を深めていた。
(参加者)
「今はフリーの仕事をしているので受け身にならずに自分から新しい仕事を獲得できるように色んな人と会っていきたい」
(参加者)
「(今は)妊娠8か月。この子も男の子なので頑張って子育てをして良いお母さんになれるように頑張りたい」
年齢を重ねる事で強くなる責任感や故郷への思い。参加者にとって様々な事に思いを巡らせる貴重な時間となったよう。

“未来担う責任世代 「三十路式」新たな誓い 山形市(さくらんぼテレビ)” の続きを読む

噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)

情報元 : 噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-11566403-colocal-l31
日本のどこかで、数日間だけオープンするプレミアムな野外レストラン〈DININGOUT〉。一流の料理人がその土地の食材を、新しい感覚で切り取って料理にするという他ではない体験ができるイベントで、毎回好評を得ています。〈DININGOUT〉のコロカルレポートはこちら【写真で見る】噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!〈DININGOUTTOTTRI-YAZUwithLEXUS〉/鳥取そんなプレミアムな野外レストラン〈DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS〉が、2018年9月8日(土)から9日(日)、9月9日(日)~10日(月)の二夜限りで、鳥取県八頭町で開催されます。ロケーションは日本の原風景を思わせる、懐かしい景色が広がる八頭町ですが、〈DININGOUT〉の詳しい場所は参加者にしか明かされません。
毎回テーマが異なる本イベント、今回は、古代からのパワースポットでもある八頭町にちなんだ「EnergyFlow-古からの記憶を辿る-」がテーマです。八頭という地に古来より漂う、“生命力”や“自然の神秘”を表現します。
毎回担当するシェフが変わるのも〈DININGOUT〉の特徴。今回担当するのは、イタリア・ミラノで本場イタリアンの店をオープンし、わずか10ヶ月でミシュラン一つ星を獲得した、今、最も注目されるシェフの一人である徳吉洋二シェフ。徳吉シェフは鳥取出身でもあり、世界から地元に凱旋して一緒に作り上げる“凱旋DININGOUT”となるのが目玉。イタリアで研鑽した技に合わせて、地元食材を見つめ直すことで、どのようなコース料理が完成するのでしょうか?!
ホスト役は、東洋文化研究家のアレックス・カー氏。レストランプロデューサーの大橋直誉氏がサービス統括を務めます。調理やサーブは、八頭町や周辺の地域から参加した約100名の地元スタッフが担当。DININGOUTを盛り上げていきます。
information
DININGOUTTOTTORI-YAZUwithLEXUS
日程:2018年9月8日(土)、9日(日)※2日間限定
場所:鳥取県八頭町
募集人数:各回40名、計80名限定
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“噂のプレミアムな野外レストラン、今度は鳥取が舞台!(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)

情報元 : 米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000009-ryu-oki
 【宜野湾】昨年12月に米軍の部品カバーが落下した沖縄県宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園の父母らが、来月で事故から1年が経過するのに合わせ、音楽&トークイベント「ことりフェス」を計画している。同じく米軍ヘリの窓が落下した普天間第二小の関係者も含め、交流を通して当事者を孤立させず、事故の風化を防ぐことが目的。12月22日午後2時半から、市立中央公民館で開く。参加無料。
 「ことり」には「小鳥だけが飛ぶ空でありますように」との思いを込めた。出演者は宜野湾市の特産の田芋を普及する「タイモーズ」、アーティストの「むぎ(猫)」さん、演芸集団「FEC」が決定しており、今後も増える予定。事故から1年が経過する今も米軍機が上空を飛行し続ける現状や、子育てに関する思いを父母が話すリレートークも計画している。司会はフリーパーソナリティーの島袋千恵美さんらが務める。
 実行委員長の与那城千恵美さん(45)は「子どもたちと一緒に楽しみながら、こういう事故が起きる現状を考えるきっかけにしてほしい」と来場を呼び掛けた。実行委では随時協賛を受け付けている。問い合わせは実行委(電話)070(5485)0623。

“米軍部品落下から1年 父母たちが「ことりフェス」開催 12月22日、宜野湾(琉球新報)” の続きを読む

奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)

情報元 : 奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010002-mbsnews-l29
30年以上フリーカメラマンとしてテレビ番組づくりに携わってきた男性。5年前に「直腸がん」と診断され、余命2か月と宣告されました。その後、がんと闘い続けながら奈良の風景を撮り続けています。
映像作家・保山耕一さん(55)は、奈良の風景にカメラを向け撮影し続けています。
Q.何を撮ってらっしゃる?
「ハスを。夏の花と言えば、ハスのイメージ」(保山耕一さん)
色鮮やかに咲き誇る花。流れる雲、風や光など、保山さんが撮影するのは特別な場所、瞬間ではなく、当たり前にある奈良の風景です。
フリーカメラマンとして30年以上、第一線でテレビの制作に携わってきた保山さんを5年前、病魔が襲います。「末期の直腸がん」と診断されました。手術は成功したものの直腸を全摘出。抗がん剤治療も続き、しばらくテレビの現場を離れることになりました。
「仕事だけの人間だったんで、がんになって倒れて、人のつながりもなくなって、社会とのつながりもなくなって、ただ食べて、出してというか。『しんどい、しんどい』と言いながら、あと何年生きるんやみたいな。副作用と後遺症に苦しむ毎日で。何よりも生きていることを実感したくて、撮影したいと。結局、自分にできることは撮影することしかないということがすごくよくわかって。とりあえず何か撮ろうと」(保山耕一さん)
そのとき、手にしたのが「スマホ」でした。
「絶望しかしてへんときにスマホをいじっていたら、動画機能があるということを初めて知ったんですね。『これ動画撮れるんか』と思って。撮っているときは、スマホであってもしんどいのを忘れるんですよ。気持ちがいいっていうわけじゃないけど、『ああ、こんな自分久しぶりやな』って思って」(保山耕一さん)
「自分の撮りたいものを撮ろう」と決めた保山さんは、必要最低限の機材を揃え自身が暮らす奈良の風景を被写体に選びました。
「奈良の一番すごいところは、やっぱり季節感なんですよね。四季があるというか、365日毎日毎日違った表情がある。その日の季節を撮って、フェイスブックやユーチューブに、その日のうちにアップすると決めた」(保山耕一さん)
抗がん剤の副作用によるめまいで車を運転することができず、電車やバスで県内をめぐりながらひとり撮影を続けた保山さん。がんの再発も乗り越え、撮り続けた作品は当初目標としていた365本を超え500本目前です。

“奈良の風景撮り続ける がんと闘う映像作家(MBSニュース)” の続きを読む

那須町にオストメイト対応便座寄贈(18-08-14)(とちぎテレビ)

情報元 : 那須町にオストメイト対応便座寄贈(18-08-14)(とちぎテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010001-tochitelev-l09
ガンや事故などで腹部に排泄のための人口肛門などがある人・オストメイトに対応した便座2台が、東京都に本部を置くバリアフリー推進協会から那須町に贈られた。協会はオストメイトへの理解を広げようと、去年2月に東京都に便座を贈って以降、関東を中心にこの活動を続けている。現在、那須町には77人のオストメイト患者がいて外出に不安を抱えているという声もある。那須町は今後、町の施設や道の駅など有効な場所に設置する予定。

“那須町にオストメイト対応便座寄贈(18-08-14)(とちぎテレビ)” の続きを読む

静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000019-at_s-l22
 静岡県などは14日、静岡空港から韓国・釜山へのチャーター便運航と、韓国・忠清南道との友好提携5周年を記念した企画ツアーをPRする街頭キャンペーンを、JR静岡駅北口で行った。
 県職員と静岡空港利用促進協議会、旅行会社の関係者計10人が、乗降客や通行人にパンフレットを配った。
 静岡-釜山間のチャーター便運航は2012年以来6年ぶりとなる。運航は韓国の航空会社「エアプサン」で、10月13~15日に双方向チャーター便を予定する。
 釜山での観光や買い物を楽しむフリープラン、釜山の名所や慶州の世界遺産を巡るツアーなどの旅行商品も用意されている。
 忠清南道へのツアーは静岡空港のソウル定期便を利用する。10月1日に出発し、忠清南道の世界遺産を巡る3泊4日の「県民友好交流団 世界遺産の公州扶余」と、11月1日出発の4泊5日「ウオーキングフェスタin百済」がある。

“静岡空港→韓国・釜山便PR 6年ぶりチャーター機(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む