高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)

情報元 : 高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00120118-kitanihon-l16
 新たな競技「eスポーツ」への注目度が高まりつつある。いわゆるコンピューターゲームで海外では巨大市場を形成し、プロ選手は子どもたちの憧れの的になっているという。
 日本の取り組みの遅れを指摘する声がある中、北陸初の拠点施設が5月、高岡市にオープンする。新しいスポーツ文化を地域の飛躍に生かしたい。
 eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略。ゲームによる対戦を「スポーツ」と位置付け、種目は球技や格闘、レース、パズルなど幅広い。年齢や性別、障害の有無にかかわらず対戦でき、認知症予防につながるとの論文も発表されている。
 今秋の茨城国体で文化プログラムに採用されるほか、2022年の中国・杭州アジア大会では正式競技となる。五輪への導入も取り沙汰されており、世界での認知度は高い。
 総務省の調査報告書によると世界の市場規模は17年で700億円。21年には1700億円に膨らむとの予測がある。ゲーム関連会社Gzブレイン(東京)の調査では、18年の国内市場は前年比13倍の48億円と急成長している。22年には100億円規模に迫るとみられ、各地で競技施設の整備が進むだろう。
 高岡市の施設は、高岡駅前の商店街で建設中の16階建て複合ビルに入居する。カフェに併設されたガラス張りの空間にゲーム用パソコン12台を設置。カフェの客がスクリーンで観戦できる。市内の企業の取り組みで、認知度アップや競技人口拡大につなげる考えという。昨年9月に発足した県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」の活動拠点にもなる。
 海外では国や自治体が率先して普及に取り組んでいる。中国には国主導の大会があり、韓国では国や自治体が競技用スタジアムを整備。フランスはプロ選手に国民健康保険を適用するなどの支援を行っているという。
 県内でも魚津市は積極的で、魚津商工会議所や北陸職業能力開発大学校と共に、ゲームのクリエーター育成や企業誘致を目指す「つくるUOZUプロジェクト」を進めている。若者の人口流出に歯止めをかける狙いで、完成したゲームにはeスポーツ向きのものもあるという。
 学校教育での活用も視野に入る。小学校では20年からコンピューターのプログラミングが必修となる。21年には中学校、22年には高校も取り入れる。eスポーツは興味を喚起する格好の素材になり得る。
 3月には初の全国高校eスポーツ選手権が開かれる。県内4校は予選で敗退したが、今後につなげてほしい。競技は戦術のほか、反射神経や集中力が重要になる。トレーニングの大切さは一般スポーツと変わらない。
 ただ、ゲームに熱中するあまり、正常な生活ができなくなる「ネトゲ廃人」の問題も指摘されている。eスポーツが健全に発展するよう、そうした点にも十分配慮した上で普及を進めることが大切だ。
 県は日本eスポーツ連合の組織がある11都道府県の一つ。先進県として、行政も情報収集を怠ってはならない。

“高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)” の続きを読む

横手で「東京キャラバンin秋田」 東京2020関連企画、劇作家・野田秀樹さんら出演 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手で「東京キャラバンin秋田」 東京2020関連企画、劇作家・野田秀樹さんら出演 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000053-minkei-l05
 劇作家・野田秀樹さんの発案で国境や表現ジャンルを超え「文化混流」を目指すイベント「東京キャラバン」が2月16日~17日、秋田ふるさと村ドーム劇場(横手市赤坂)で開かれる。(横手経済新聞)横手市「秋田ふるさと村ドーム劇場」内観 同イベントは、「東京2020オリンピック・パラリンピック」の文化プログラムを先導する東京都のリーディングプロジェクトとして2015年から各地で開く。野田さんの発案により、「多種多様なアーティストが出会い、国境、言語、文化、表現ジャンルを超えて、『文化混流』することで、新しい表現が生まれる」というコンセプトを掲げ、アーティストが全国各地に出向いて地元の人たちと公演を行う。
 「東京キャラバンin秋田」として開催される今回は、野田さん、チャラン・ポ・ランタン、“東京キャラバン”アンサンブル、秋田市竿燈会、男鹿のなまはげなどが出演を予定する。
 開演時間は16時30分。入場無料。申し込みは公式サイトで受け付ける。締め切りは2月3日まで。

“横手で「東京キャラバンin秋田」 東京2020関連企画、劇作家・野田秀樹さんら出演 /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00010002-ksbv-l37
 JR四国は今年秋、新しい特急ディーゼル車両、2700系を導入します。実はおととし、2600系がデビューしたばかりですが、課題が見つかったため、新型車両を導入することになりました。
 JR四国の多度津工場で2700系特急形気動車2両が、報道関係者に公開されました。車両のデザインは2600系と同じく、赤と金色の流線形の模様に香川県の木、オリーブをモチーフにした緑のラインが加わりました。
(記者)
「2600系との違いは、この緑のラインだけではありません。一番大きな違いは、こちら車体の下にあります」
 カーブを曲がる際に車体を傾ける、振り子装置です。
 JR四国は1989年、世界で初めてディーゼルカーに「振り子方式」を採用した2000系を導入しました。スピードを落とさずに急カーブを走行できるため、山間部が多い四国で活躍しました。ただし、構造が複雑で整備費がかさむという難点もありました。
 老朽化した2000系の後継車両として、おととし導入した2600系では、「空気バネ方式」という新たな仕組みを採用しました。しかし、試験走行の結果、曲線区間が多い土讃線では、空気バネの制御に多くの空気が必要となり、その確保が難しいという「課題」が見つかったのです。
 このため量産化を断念し、2700系では再び振り子方式を採用しました。23日は特別に振り子装置で車両を傾ける
デモンストレーションも行なわれました。
(JR四国 デザインプロジェクト担当室長/松岡哲也さん)
「コスト、メンテナンス性も考えて空気バネというところに挑戦はしてみたんですけど、やはり原点に回帰したと
いうところで、またこの車両も新しい歴史をずっと紡いでいく車両になるのかなと思います」
 客室には最新の設備が導入されています。各座席にコンセントがあり、ノートパソコンなどが使いやすいようテーブルを大型化しました。
 また、これまで高知方面行きの特急列車にはなかった車いすスペースと、バリアフリー対応の多機能トイレを設置しています。
(記者)
「外国人観光客の増加を受けて、今回初めて各車両デッキに1カ所設けられたのが荷物置き場です。仕切りで上下に分かれていて、スーツケースなど大きな荷物を置くことができます」
 新型特急2700系の製造費は、4両合わせて約14億円です。試験走行を経て今年秋から土讃線を中心に営業運転を目指します。そして、2020年度中に2700系を40両ほど導入する予定です。

“振り子方式が再び!JR四国の新型特急2700系の車両を公開(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

ダンス教育で地方創生 浜松市、EXILEのUSAさん講師派遣(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : ダンス教育で地方創生 浜松市、EXILEのUSAさん講師派遣(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000028-at_s-l22
 浜松市は21日、人気グループEXILE(エグザイル)のUSA(本名・宇佐美吉啓)さんが代表取締役最高経営責任者(CEO)を務める東京都のダンスアース社と連携協定を締結した。同社がダンス教育とエンターテインメントを通じて地方創生に協力する。
 USAさんと同社関係者が市役所を訪ね、鈴木康友市長と協定書を取り交わした。市と同社は「ダンスでハママツハッピー!プロジェクト」と銘打って、次代を担う人材育成や観光振興で連携する。
 中学の体育でダンスが必修化されているため、2019年度からUSAさんらが共通カリキュラムの作成を検討する。同市に講師を派遣し、教員向けのダンス研修や生徒への直接指導も行う予定。同社は同様の協定を福岡市や愛知県一宮市とも結んでいるという。
 10月に浜松を視察したというUSAさんは「まだまだ知られていない魅力がたくさんあると感じた。浜松の魅力とコラボしたい」と語り、「ダンス教育やエンターテインメントの力で浜松を盛り上げたい」と意欲を示した。
 鈴木市長は「市民に夢や活力を与える事業を共に行っていきたい」と期待を込めた。

“ダンス教育で地方創生 浜松市、EXILEのUSAさん講師派遣(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

笠森観音でフラメンコ 和装のダンサー登場 全国巡る映像制作 /千葉・長南(千葉日報オンライン)

情報元 : 笠森観音でフラメンコ 和装のダンサー登場 全国巡る映像制作 /千葉・長南(千葉日報オンライン)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010000-chibatopi-l12
 フラメンコダンサーの永田健さんが主催する「日本に恋した、フラメンコ」の撮影が8日、千葉県長南町の笠森観音で行われた。フラメンコの魅力を広く知らしめ、愛好家を増やすとともに、日本各地の名所、文化を紹介する映像プロジェクトで、県内二つのフラメンコ教室のダンサー12人が、和装であでやかに踊った。
 約1年かけて47都道府県を回り、寺社、城下町、四季折々の自然などをバックに踊る姿を撮影する企画で、笠森観音は埼玉県川越市に続く第2弾。踊り手が着物や浴衣など、和装でそろえ、日本ならではのフラメンコを演出するのが特徴。この日は、笠森観音の観音堂の境内などでフラメンコの代表曲「セビジャーナス」を踊った。
 日本は本場スペインに次いで愛好家が多い国だが、高齢化などで、減少傾向にあるという。永田さんは「20年前にブームがあったが、新しい人が入ってこないので、今は40~50歳代がメイン。この映像で全国にある教室を知ってもらい、始めるきっかけにしたい」と意欲を見せる。
 今回踊ったのは成田市の松風ユリヤフラメンコ教室と千葉市の松橋早苗フラメンコ教室の生徒。松風ユリヤで講師を務める平林しのぶさんは「和とのコラボで、日本人、外国人ともに興味を持ってもらういい機会」と話す。16歳の高校生で最年少参加者の木村真緒さんは「表現力を身に付けたくて昨年始めた。和服なので、より丁寧に踊ることを心掛ける」と笑顔を見せる。
 日本のフラメンコ界を活性化すると同時に、映像で各地の埋もれた情景を発信するのも目的。永田さんは笠森観音を見つけ、「直感でおもしろいと思った」と即決したという。「海外にも発信して、都道府県ごとのいい場所を知らせたい」。映像作品は来年末の完成を目指している。

“笠森観音でフラメンコ 和装のダンサー登場 全国巡る映像制作 /千葉・長南(千葉日報オンライン)” の続きを読む

トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000012-at_s-l22
 西伊豆町がクラウドファンディング型のふるさと納税を活用して購入した災害派遣用のトイレトレーラーが7日、町役場に納車された。町は大規模災害発生時に全国へ派遣し、被災地のトイレ不足解消などにつなげたい考え。トイレトレーラー保有は富士市に次いで県内2例目。
 個室洋式トイレ4基を搭載。洗面器や照明、換気扇なども完備し、約1500回使用可能。移動は別の車でけん引する。
 購入金額は約1400万円。このうち、約540万円をクラウドファンディングで賄った。車体後部には購入資金を納めた個人、団体名を記載。町は平時でも、屋外のイベント会場などでも活用していく予定。
 富士市は7月、西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市の避難所へ約50日間、トイレトレーラーを派遣するなど実績を残しており全国から注目を集める。星野浄晋町長は「トイレトレーラーの必要性は高まっている。被災現場や避難所生活の支援につなげたい」と述べた。
 同日、町役場には町民らが訪れ、内部を見学したり、便座の座り心地を体感したりした。
 町は今回、一般社団法人助けあいジャパン(東京都)が提唱する災害派遣トイレネットワークプロジェクトに賛同し、購入を決めた。町はお披露目を兼ねて、9日に行われる伊豆トレイルジャーニーの休憩所へ派遣予定。

“トイレトレーラー納車 西伊豆町、ふるさと納税で資金募る(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

大神神社に園児が作った菜種油奉納、灯明に(産経新聞)

情報元 : 大神神社に園児が作った菜種油奉納、灯明に(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000004-san-l29
 桜井市立第一保育所の園児が、自分たちで育てた菜の花から採取した菜種油約200ミリリットルを大神神社(同市)に奉納した。神社では灯明などに利用する。
 同市では平成21年、農業や里山の再生を目的にNPO法人「さくらい菜の花プロジェクト」が設立され、遊休農地などで菜の花を栽培している。
 同保育所の園児も環境学習の一環として参加。昨年10月、近くの畑に種をまいて菜の花を栽培し、菜種を搾って油をつくった。
 奉納は今年で5回目。奉納奉告祭は同神社の祈祷(きとう)殿で行われ、神職による祝詞の奏上後、約40人の園児が「私たちが搾った菜種油をどうぞ使ってください」とメッセージを読み上げた。
 また、同市立第二保育所は等彌(とみ)神社に菜種油を奉納した。

“大神神社に園児が作った菜種油奉納、灯明に(産経新聞)” の続きを読む

高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000038-minkei-l13
 エイズデーイベント「これからの性について話そう」が12月4日、「座・高円寺2」(杉並区高円寺北2)で開催される。主催はすぎなみレッドリボンプロジェクト。(高円寺経済新聞)グラビア女優の石川優実さん エイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に12月1日に制定された「世界エイズデー」。世界各国でエイズに関する啓発活動が行われている。
 同プロジェクトは、若者への啓発活動に実績があるNPOと杉並区が協働でHIVなど等性感染症について「もっと若い世代の特性に合う、効果的な啓発をしよう」と立ち上げたプロジェクト。フリーペーパーの企画・発行や、区内外のイベントでサンプリング、啓発講座などの活動をしている。
 今回は、性について考えるトークイベントを開く。登壇するのはゲイでオネエユーチューバー「2すとりーと(せかんどすとりーと)」のたつやさんとゆうきさん。年間100校で性教育やデートDV予防教育をする産婦人科医、上村茂仁さん。芸能界での性暴力を「#metoo」で発信し、男女の性のすれ違いなどを積極的に発信するグラビア女優の石川優実さん。司会は同プロジェクトメンバーの染矢明日香さん、助産師の大貫詩織さんが務める。
 染矢さんは「性のことが普段はなかなか話しづらいという人も、性のことについていろいろな角度から考えてみたいという人も、気軽にご参加いただければ」と来場を呼び掛ける。
 開催時間は17時30分~20時。入場無料。

“高円寺で性のトークイベント 世界エイズデーで、オネエユーチューバーら招き /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「ブランドメッセージ総選挙」始まる 4候補から選出、八王子のアピールに活用へ /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 「ブランドメッセージ総選挙」始まる 4候補から選出、八王子のアピールに活用へ /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000018-minkei-l13
 八王子の魅力を一言で表す言葉を決める「ブランドメッセージ総選挙」が12月1日、始まった。(八王子経済新聞)4候補の中から選ぶ 八王子の魅力を広く伝えてもらおうと市が立ち上げた「八王子ブランドメッセージつくろう・えらぼうプロジェクト」の一環で行われている今回の選挙。「“だから”のやまだ!八王子」「まじわる、たかまる、八王子」「ちょうど、ハッピー。八王子」「あなたのみちを、あるけるまち。八王子」の4つの候補の中から1つを選ぶ。
 投票条件は「八王子に興味を持っている方ならどなたでも」。市ホームページのほか、八王子市役所など市内14カ所に設けた投票所でも受け付ける。市立小学校に通う小学6年生と中学校全生徒も投票し、来年1月中に結果を集計。3月3日に行う「市民フォーラム」の場で、新たなロゴマークとともに決定したブランドメッセージを公表する。
 市都市戦略課がシティープロモーションを目的に企画。多様な資源に恵まれている一方、その魅力を一言で伝えることが難しいことから、八王子全体のブランドづくりを狙ってプロジェクトを立ち上げた。
 公募による市民15人と市職員5人が参加し、8月下旬からグループワークやバスツアーなどのワークショップを重ねた。「この街には、どんな人を、どんな風に幸せにする力があるのか」を検討し、4つの市民案を作成。これを元に地元の不動産業者「エスエストラスト」(八王子市横山町)による面白看板も手掛ける、コピーライターの森田哲生さんが文言をブラッシュアップし、候補作品を作り上げた。
 担当者は「いろいろな資源があって、自己実現ができるのが八王子。それを自分の言葉で話すことができ、皆さんで共有することができるためのツールとして使っていけるといい」とした上で、「お互いに使いあうことで新たに気づくこともあるだろうし、発見することもあると思う。いろいろな方に八王子の魅力を伝えていっていただければ」と期待を込める。
 石森孝志八王子市長は昨年、市制100周年を迎えたことを踏まえて、「新たな100年に向けてという思いもあるし、八王子にはいろいろな魅力があるので、市民の皆さんには、そういった魅力を感じながら、市内外に発信していただきたいという思いもある。できるだけ子どもたちにも投票に加わっていただけるよう小中学生にも声掛けをしていき、最終決定につなげたい」と話す。
 決定したブランドメッセージについては、今後、市が作成するチラシやポスター、封筒、名刺などの媒体で活用するほか、市民・団体・企業も自由に活用できるようにする予定。投票期間は1月3日まで。

“「ブランドメッセージ総選挙」始まる 4候補から選出、八王子のアピールに活用へ /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

当麻寺奥院に染め襖絵 日本画家・上村さん原画 奈良(産経新聞)

情報元 : 当麻寺奥院に染め襖絵 日本画家・上村さん原画 奈良(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000009-san-l29
 葛城市の当麻寺(たいまでら)奥院の重要文化財「大方丈(おおほうじょう)」で、日本画家、上村淳之(あつし)さん(85)の原画をろうけつ染めで制作した襖(ふすま)絵「花鳥浄土」が完成し21日、報道陣に公開された。奥院によると、画家の原画を染色技法で制作した襖絵は世界初といい、23日~12月9日に特別公開される。
 大方丈は慶長17(1612)年に建立され、平成20年から8年がかりで解体修理。24年に上村さんが奥院を訪れた際、川中光教住職が襖絵の制作を依頼していた。
 これを受け、上村さんと染色のコーディネーター役を務める悉皆(しっかい)業の山本六郎さん、専門の染め職人を含む7人がプロジェクトチームを結成。今年1月から染め作業に取りかかった。
 完成した襖絵は計6室の60面で構成。雪景色の中で天に向かって鳴く鶴や、木の枝に止まった白い鷹、色鮮やかなキセキレイなどの花鳥画が表現されている。上村さんは「良い作品に仕上げていただいた。みなさんを清らかな世界に案内できれば」と話している。
 特別公開は午前9時~午後4時半。拝観料は中学生以上千円、小学生500円。問い合わせは当麻寺奥院(0745・48・2008)。

“当麻寺奥院に染め襖絵 日本画家・上村さん原画 奈良(産経新聞)” の続きを読む