砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000003-ibaraki-l08
開業から40年を迎えた下妻市長塚乙の大規模プール「砂沼サンビーチ」の存廃問題を巡り、菊池博市長は7日、施設を廃止して取り壊し、更地にする方針を明らかにした。来年夏の営業もしない。市議会全員協議会に説明後、記者会見した菊池市長は「更地にした上で、年間を通して利用可能な施設の整備を模索する」と述べた。
砂沼サンビーチは、海水浴場から離れた県西地域でも水で遊べるよう、県開発公社が1979年に整備。入場者数の減少などから同公社が運営から撤退し、施設は2009年に下妻市へ無償譲渡された。
施設の老朽化に伴い多額の修繕費がかかっており、市は来年度、電気設備の修繕などで約1億円が必要と予測。入場者数も黒字の目安とされる14万人を5季連続で下回り、記録的猛暑だった今季でさえ約12万人だった。年度別収支も14年度以降、赤字が続いている。
菊池市長は4月の就任会見で「公約通り、1年以内に方向性を出したい」との考えを示し、6月に施設環境や経営状況を調査する砂沼サンビーチ検討委員会(委員長・野中周一副市長)を庁内に設置した。
検討委は11月20日付で菊池市長に報告書を提出。検討の結果として「サンビーチの方向性については、廃止することが妥当と考えられる」と明記した。
市は砂沼サンビーチの現状をまとめた広報紙を8月と10月の2回発行し、11月には市民報告会を中学校区ごとに計3日間開いた。
菊池市長は、検討委や昨年12月に市議会がまとめた公共施設等マネジメントに関する調査特別委報告書、市民報告会の意見などを踏まえ「総合的に判断した」と述べ、跡地の利活用については「民間活力の導入も含め、砂沼広域公園の管理者である県と協議を行っていく。砂沼西岸の下妻市開発公社の所有地やビアスパークしもつまとの一体的な整備を視野に入れたい」と語った。
市によると、施設の撤去費は県開発公社が負担すると、当時の譲渡契約書と協定書に盛り込まれているという。
砂沼サンビーチは開業以来、累計で約670万4千人が利用している。
(小林久隆)

“砂沼サンビーチ廃止へ 下妻市長「取り壊し更地に」(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

キングス盤石 3連勝 横浜に75-58 Bリーグ第19戦(琉球新報)

情報元 : キングス盤石 3連勝 横浜に75-58 Bリーグ第19戦(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000015-ryu-oki
 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは24日、神奈川県の横浜国際プールで横浜ビー・コルセアーズと今季第19戦を行い、75-58で制した。横浜に2連勝した。
 キングスは第1クオーター(Q)から攻撃でうまくボールを回して相手のずれを誘い、主導権を握る。横浜も外国人選手が攻守で高さを生かしたプレーを発揮し、しぶとく食らい付いた。しかし第4Qにキングスがしっかり突き放し、ゲームをコントロールして勝利を収めた。
 次戦は12月8、9の両日、栃木県のブレックスアリーナ宇都宮で栃木ブレックスとアウェー2連戦を行う。
キングス(14勝5敗)
 75-58(21-12,16-16,21-17,17-13)
横浜(4勝15敗)
◆課題が残った試合
 佐々宜央HC(キングス)の話 横浜のゾーン守備で攻めあぐねてしまった。今日はターンオーバーが多くて相手に好機を与えてしまい、課題が残った試合だった。
◆波に乗るきっかけに/佐々HCの狙い通り
 23日の大勝に続き、24日も横浜に17点差と快勝したキングス。18日にアルバルク東京戦に勝利した後、これから波に乗るために佐々宜央HCが重要視した2戦をしっかりものにした。
 雪辱を狙う横浜は、外国人選手が攻守のゴール下で奮起したが、キングスは第1Qから選手とボールがしっかり動く攻撃で主導権を握る。並里成は緩急つけたドリブルで14アシストと好機を作り、岸本も3点弾3発と力を発揮した。
 試合全体を通してキングスが力の差を見せた内容。一方でターンオーバーは横浜が21、キングスは16とともに多かった。
 古川孝敏は「二つ勝てたのは大きいが、自分らのミスで嫌な流れを持って来てしまう場面もあったので、それをなくしたい」と、気を引き締めた。岸本は「まだ波があるが、そろそろ(足の負傷で登録外となっている)須田侑太郎も戻るので、チーム一丸で目標に突き進み、練習からハードワークしたい」と語った。

“キングス盤石 3連勝 横浜に75-58 Bリーグ第19戦(琉球新報)” の続きを読む

ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00028515-kana-l14
 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法の成立に絡み、菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)は11日までに、総合的なギャンブル依存症対策の強化を本格化させる意向を明らかにした。競馬や競輪など公営ギャンブル場への入場規制を念頭に、「家族の反対があれば、参加できない仕組みにしたい」と説明。パチンコの射幸性抑制を徹底する考えも示した。神奈川新聞社のインタビューに答えた。
 政府は昨年12月、依存状態にある人の家族の申告で、馬券などのインターネット購入やレース場、場外券売り場への入場を制限できる制度に関する指針を策定。日本中央競馬会(JRA)はネット購入の制限をすでに始めており、他の事業者も同調する動きをみせている。
 菅氏はギャンブル依存症対策法の成立を踏まえ、「今まで全くできていなかったパチンコや競馬、競輪、競艇などの依存症対策をしっかり進めるいい機会だ」と述べ、利用制限も含め改めて事業者に理解を求めていく姿勢を示した。
 一方、パチンコののめり込み防止策については「射幸性を少なくすることをしっかりやる」と説明。今年2月に出玉の上限を従来の3分の2程度に引き下げる関係規則が施行されており、機種入れ替えなどで最大3年間の猶予期間を設けた対策の実効性を確保する考えを明らかにした。
 IR整備法については、「観光立国を目指す日本の新たな起爆剤になる」と強調。シンガポールの大型施設を例に「観光客数は1・5倍に増え、若い女性客が一番多い。カジノ以外にも展示ホールやプール、水族館など世界から多くの人が来場して遊べるものになる」と語り、地域振興への期待感を示した。 

“ギャンブル依存症対策を強化 菅官房長官、入場規制も検討(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

涼しい!緑の「大手モーリ」 来月9日まで富山市民プラザ(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

情報元 : 涼しい!緑の「大手モーリ」 来月9日まで富山市民プラザ(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00000011-hokuriku-l16
 富山市民プラザ(富山市大手町)の1階正面に緑いっぱいの庭がお目見えした。同町周辺の通称「大手モール」にかけ「大手モーリ」と名付け、夏を涼しく過ごしてもらおうと9月9日まで設置する。同プラザは「夏の暑さを忘れ、ゆったり休んでほしい」と話している。
 富山市民プラザが企画し、富山造園業協同組合と園芸用品メーカー「タカショー」(和歌山県)が協力した。昨年初めて実施したところ、利用者から好評だったため、本年度以降も続けることにした。設計図や施工は同組合がボランティアで行った。
 ことしの庭は昨年より約1・6倍広い120平方メートルで、ヤマモミジやアオダモ、シマトネリコなどの草木を置いている。同プラザのプールで使っている井戸水を活用し、小川も作った。砂利模様のシートを敷いているため、子どもでも安全に遊べる。友人同士で来た富山市芝園小学校3年の南出沓子さん(9)は「ものすごく涼しくておしゃれ」、藤江美陽さん(9)は「緑があってすてきだった」と笑顔を見せた。
 芝生の上にはベンチやテーブル、パラソルを置いて休憩スペースを設けている。プラザ内の飲食店でテイクアウトした飲み物を持ち込むことも可能だ。富山市民プラザでは夏の間、イルミネーションや週末に夜店が並ぶイベントが開かれている。京田憲明専務は「富山市中心部の夏の風物詩になればうれしい」と話している。

“涼しい!緑の「大手モーリ」 来月9日まで富山市民プラザ(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)” の続きを読む

台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)

情報元 : 台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180729-00000002-izu-l22
 ■市内交通に乱れ 
 強い台風12号は28日午後4時現在、三宅島の南東約60キロの海上にあって時速45キロで西北西に進んでいる。気象庁によると、台風は次第に西寄りに進路をかえて同日深夜から29日未明にかけて東海地方から紀伊半島に上陸する見込み。伊豆地区には大雨、暴風、波浪、高潮の各警報を出し、警戒を呼び掛けている。
 中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。中心から北東側130キロ、南西側90キロは風速25メートル以上の暴風域になっている。東側から本州に接近する異例の進路で、影響は余談を許さない。気象庁は29日正午までの24時間雨量が東海地方で400ミリに達する恐れがあるとしている。
 熱海市内では28日夕方から風雨が強まり、海上は終日大しけとなった。市は午後4時半過ぎ「避難準備・高齢者等避難開始」を発表。小中学校と南熱海マリンホール、上多賀会館を避難所として開放し、市民に厳重な警戒と避難を呼び掛けた。
 交通関係では熱海と初島、大島・神津島を結ぶ旅客船が全便欠航し、初島では宿泊施設利用者の一部が島内に足止めとなった。JR伊東線と伊豆急線は午後6時以降の運転を見合わせ、東海バスも一部路線を運休した。
 市内の3海水浴場は朝から遊泳禁止となり、行き場を失った家族連れなどで屋内温水プール「マリンスパあたみ」(和田浜南町)は朝から混雑した。関係者によると、午前9時の開館30分前から100人を超す人が行列をつくった。家族4人で行列に並んだ横浜市の会社員半藤誠さん(40)は「海水浴のつもりで熱海に来たが、台風では仕方ない」とあきらめ顔で語った。
 【写説】台風接近で市内の3海水浴場は遊泳禁止に。その影響で屋内施設のマリンスパあたみには朝から家族連れが長い行列をつくった=熱海市和田浜南町

“台風接近、避難所開放警戒呼び掛け 観光客は屋内施設へ―熱海(伊豆新聞)” の続きを読む

ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)

情報元 : ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000006-kobenext-l28
 城崎マリンワールド(兵庫県豊岡市瀬戸)が毎年夏に実施している、トドに水を掛けられる人気企画「スプラッシュツアー」が、今年は「びしょ濡れツアー」と名を変えて帰ってくる。トドが前足で大量の水を打ち上げる新技「水花火」を加え、内容をパワーアップした。28日から始まる。
 水花火を披露するのは、雄のシュンタ。参加者に、より豪快に水しぶきを浴びせられるようにしようと、昨年12月ごろから練習を重ねてきたという。
 「立ち泳ぎ」のような姿勢から後ろへ倒れ、着水と同時に前足で水をドーンと打ち上げる。参加者の目の前ではじけ散る水しぶきが、「まるで花火」(担当者)のようだ。
 このほど本番前のデモンストレーションが開かれ、偶然訪れていた人たちが迫力の水花火に大喜び。歓声を上げたり写真を撮ったりして楽しんでいた。
 以前のツアーと同様、記念撮影や握手、プール裏でトドに水を掛けられるプログラムもある。子ども2人と一足早く体験した太子町の夫妻は「思ったより水をかぶるので、ひんやりした。クーラーも要らないくらい」と笑顔だった。
 ツアーは8月26日まで(12~14日休み)。1回定員10人、3歳以上500円。城崎マリンワールドTEL0796・28・2300
(黒川裕生)

“ご覧あれ、トドの新技「水花火」 前足で水をドーン!「びしょ濡れツアー」楽しんで(神戸新聞NEXT)” の続きを読む

30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : 30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000020-at_s-l22
 浜松市内の小学5年生がプールで足を付かずに泳ぎ続ける恒例の「30分間回泳」(市教委など主催)が26日、西区の市総合水泳場トビオで始まった。27、30の両日と合わせて計3日間で97校の約8千人が挑戦する。
 海や山に囲まれた同市で水難事故から身を守るとともに、泳力を向上させて自信を養おうと毎年開催。初日は35校から約2400人が参加した。
 グループに分かれてスタートの合図で一斉に泳ぎ始め、クロールや平泳ぎ、背泳ぎなど自由な泳法でプール内を周回。思い思いのペースで泳ぐ児童にプールサイドの教員が励まし、30分間泳ぎ切ると他校の児童や保護者からも拍手が送られた。

“30分間回泳、児童が挑戦 3日間で97校8千人 浜松(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)

情報元 : 人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)UTYテレビ山梨https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000001-utyv-l19
こちらは夏休みの小学校のプールですが、ごらんのように誰もいません。
山梨県内の小学校では熱中症を避けるため、夏休みのプールの開放を中止する学校が出始めています。
山梨県内で最も児童数が多い甲府市の山城小学校のプールです。
普段は夏休みの児童たちでにぎわっていますが、学校側は25日から2週間プールの開放を中止しました。
これは記録的な猛暑によって水温やプールサイドの温度が上がり、学校までの通学を含めて子どもたちが熱中症にかかるおそれがあるためです。
「(プール開放中止は)本当に残念だが、こういった酷暑はそうあることではないので、子どもたちには我慢してもらいたい」(山城小学校竜沢規之教頭)。
県教育委員会は各市町村に、県内の気温が35度以上になる日などは子どもたちの外での運動や学校でのプールの開放を原則中止するよう通知しています。
このうち甲府市では公立25の小学校のうち7校がプールの開放を中止、5校は開放する期間を短縮する措置をとり、猛暑に伴う影響は夏休みの子どもたちにも拡大しています。
[UTYテレビ山梨]

“人影のない夏休みのプール…記録的猛暑で学校のプール開放中止(UTYテレビ山梨)” の続きを読む

猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)

情報元 : 猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)北國新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00627904-hokkoku-l17
 収まる気配のない猛暑が、石川県内の行楽地の入り込みに影響を及ぼしている。炎天下の屋外施設は敬遠され、いしかわ動物園(能美市)の7月の入園者数は前年同期比3割減になっている。空調の効いた屋内施設は好調で、のとじま臨海公園水族館(七尾市)の入園者数は同3割増に。厳しい暑さはこの先もしばらく続く見通しで、防災訓練など屋外行事を中止する動きも目立つ。
 いしかわ動物園の1~23日の来園者数は約9千人にとどまり、昨年7月の月間入園者数約1万7千人から減少が見込まれる。強烈な日差しが照り付ける時間帯は人影がまばらだ。
 21日にリニューアルしたトラの園舎ではホワイトタイガーの「クラウン」が岩場の陰でぐったりとしている。園側はユキヒョウやレッサーパンダなど暑さに弱い動物の世話にも神経をとがらせる。
 県金沢城・兼六園管理事務所によると、兼六園の1~22日の来園者数は9万1140人(前年同期比3346人減)、金沢城公園の来園者数は7万9千人(同3600人減)といずれも5%程度少ない。「暑さの厳しい時間帯はさすがに観光客が少ない」と藤村秀人所長は話す。
 これに対し、のとじま臨海公園水族館の来館者数は、1~22日で3万9261人(同1万206人増)と好調だ。屋内展示が多く、4月に回遊水槽がリニューアルオープンしたことも要因とみられるが、担当者は「水族館は涼しいイメージがあり、涼を求めて訪れる人も多いのでは」と話した。
 金沢21世紀美術館も7月の来館者数は、22日時点で12万1805人(同912人増)と増えた。
 屋外でも好調なのは金沢市の健民海浜プールで、1~23日までの利用者数は、3万487人(同1万8601人増)と約6割増となった。

“猛暑で屋外敬遠、屋内は好調 県内行楽地(北國新聞社)” の続きを読む

「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)

情報元 : 「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000001-webtoo-l02
 青森県内のフィットネス・スポーツジム市場が活況だ。健康志向の高まりに伴い、高齢者や初心者の利用が増えている。一部の施設は60歳以上の会員が全体の約5割を占める。各施設は、水中ウオーキングやヨガ、機能改善体操など、ニーズに合わせて多様なプログラムを用意。かつては若い人が通うイメージがあったジムは、健康寿命延伸を望む中高年の受け皿となり、コミュニティー形成の場になっている。
 青森市浜館のウイング青森。午前10時の開店と同時に、健康体操プログラム目当ての会員がスタジオに次々と入ってきた。参加者30人のうち、9割が中高年の女性。約40分間、ゆったりしたストレッチからハードな筋トレまで真剣な表情で取り組んでいた。
 八戸市に本部を置くフィットネスクラブウイングは1984年に創設し、県内で6店舗を運営する。佐藤義仁青森店長によると、近年はシニア層が増え、現在、青森店の会員約1200人のうち5割近くが60歳以上。ストレッチ、エアロビクス入門、水中歩行など初心者向けプログラムを増やしている。
 「最近は、健康寿命を延ばそうと入会する中高年が多い」と佐藤店長。
 会員の中堀亜都子さん(75)は「友達とおしゃべりするのが楽しい」、週5日来ているという田村良一さん(69)は、プールをよく利用する。「みんな仲良く話ができるのがいい」と笑顔を見せた。
 弘前市の「ホリデイスポーツクラブ弘前」(本部・愛知県)も、初心者や女性向けに、ヨガやダンス、体幹トレーニングなどのプログラムを組む。夜12時までの営業やプール・入浴施設、ネット対応の自転車トレーニング機器など最新マシンも“売り”にし、利用者数を伸ばしている。
 会員の佐藤京子さん(63)は「20年先の健康を見越して通っている。腰痛が改善した」。定年後に通い始めた木村康宣さん(62)は午前と午後、1日2回来店。10カ月で8キロ痩せた。「最初は抵抗があったが、今は来て良かったと思う」と話した。
 「キシヤメディカルフィットネス」は15年、青森市金沢の整形外科クリニックの2階に開設された。医師や看護師(助産師)、管理栄養士らのアドバイスを受けられるほか、会費(利用料)が医療費控除の対象となるのが特徴だ。会員の約7割が50歳以上。2年間通った女性が25キロも減量した事例もあるという。
 「丸大サクラヰ薬局」(本社・青森市)は、女性専用フィットネスチェーン「カーブス」とフランチャイズ契約を結び、青森、弘前、むつの3市で5店舗を運営。このうち2店に併設されている同社運営のドラッグストア「ハッピー・ドラッグ」では、健康・美容商品の売り上げが伸びているという。
 カーブスは、女性が30分程度、円形に並ぶ筋トレ器具を使い、異性を気にせず気軽に運動できるのが特徴。「今後は、団塊ジュニア世代(45歳前後)にもPRしていきたい」と新規事業部の櫻井均さん。フィットネス市場拡大の可能性を見越して、8月には青森市浜館にも出店を予定するなど、今後も店舗を増やす計画だ。

“「健康でいたい」中高年のスポーツジム利用増加/青森県内(Web東奥)” の続きを読む