渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000017-minkei-l13
 渋谷川沿いの遊歩道「渋谷リバーストリート」を活用した社会実験プロジェクト「WORKPARKPACK(ワークパークパック)」が3月1日、始まった。主催は一般社団法人「渋谷未来デザイン」(渋谷区神宮前6)。(シブヤ経済新聞)コンテナの内部 「渋谷南街区」の再開発伴い、昨年秋に「渋谷ストリーム」と共に、官民連携で渋谷川沿いに渋谷~代官山エリアをつなぐ約600メートルの遊歩道が整備された。昨年12月には、一般公募により名称が「渋谷リバーストリート」に決まり、今後、遊歩道を中心とした渋南エリアの「にぎわい」や「良好な水辺空間」の創出に期待が寄せられている
 「遊歩道の価値づくり」の一環として行う今回のプロジェクトは、八幡橋近くの遊歩道上に設置される「PARKPACK」と呼ばれる3つのコンテナを拠点として、渋谷川沿いの遊歩道ならではの「公共空間の利活用アイデア」を実験しながら検証していくもの。ライゾマティクス(東2)などを中心に組織されるULTRAPUBLICPROJECTが手掛ける「PARKPACK」は、昨年秋に開催されたデザインイベント「DESIGNTOUCH2018」(六本木ミッドタウン)に出展され、子どもたちの遊び場やギャラリー、屋外シネマなど、公共空間の可能性を引き出す「未来の公園」「動く公園」として注目を集めた。
 「PARKPACK」第2弾を渋谷で展開する理由について、ライゾマティクスの齋藤精一社長は「遊歩道は会社も近いため、再開発の状況をずっと見守ってきた。(渋谷未来デザインのフューチャーデザイナーのメンバーとして)渋谷川沿いの遊歩道を今後どうしていくか、という話し合いの中で、僕らが昨年実施したPARKPACKを提案した」のがきっかけだったと言う。
 今回、渋谷でのプロジェクト開始に当たり、新たに「WORK(ワーク)」という要素を加え「WORKPARKPACK」とプロジェクト名称を改めた。「現在、ストリームにもベンチがあるが、みんな座ってスマホを眺めているくらい。例えば、遊歩道で仕事をしてもらってもいいし、近所の幼稚園の子どもたちの遊び場になってもいい…。老若男女が活発に活動できる場として利用してほしい。そういう活動全般をワークと捉えている」(齋藤さん)と言い、単なる憩い空間だけではない公共空間の再構築を目指す。
 プロジェクトの活動期間は3月1日~5月6日。3月1日~31日の1カ月間は、渋谷未来デザインのスタッフがコンテナ内に常駐し、「渋谷リバーストリートで実現したいアイデア」を一般から募る窓口を設けるほか、「渋谷川」「WORKPARKPACK」などに関するパネル展示も行う。4月以降は、寄せられた公共空間の利活用アイデアを一つ一つ実現していくという。渋谷未来デザインの後藤太一さんは「(遊歩道の活用について)渋谷未来デザインが地ならしをしたい。その先でエリマネならエリマネ、地域なら地域が素晴らしい使い方をしていってほしい。まずはその入り口になりたい」と話し、「ワークショップでも鍋パーティでも…あそこで何かやりたい、公共空間だからと諦めていたことを相談してほしい。それをどう自走させるか、仕組みを含めて一緒に考えていくのが僕らの仕事」と同プロジェクトの位置付けを強調する。
 今月31日まで、活用アイデアや実験パートナーに関する相談をコンテナ内で受け付けている。対応時間は11~18時。

“渋谷川沿いの遊歩道にコンテナ出現 アイデアを実現する社会実験 /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

根尾きょうベンチ入り 2軍全体練習に合流(岐阜新聞Web)

情報元 : 根尾きょうベンチ入り 2軍全体練習に合流(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00117002-gifuweb-l21
 ついに根尾が2軍全体合流だ。小笠原2軍監督が「合流のための最終確認」と、位置づけた24日の練習は雨のため室内中心で行われ、全力で動くことは少なかったが、25日のDeNAとの練習試合では「試合には出さないがベンチには入れる。あしたから合流」と、はっきり明言した。
 当初は22日に予定されていた1度目の最終確認同様雨となり、「また雨ですね」と苦笑いを浮かべた根尾。全てのメニューをこなした上で、翌日の体の張りなども確認してみたかったこともあり「まだ100パーセントではない」と不安を残しつつも、「やりたいことはたくさんある」と、力強く言い切った。
 小笠原2軍監督は合流し、同じメニューはこなすが「ノックであまり無理をさせないなど、質は周りより落とし、徐々に練習量を上げていく」と、完全復活はまだ先だと何度も口にした。だが、何かをつかんでほしいからこそ、25日の練習試合では「ベンチに入るのは初めて。自然体で何かを感じ取ってほしい」と、プロとして新たな一歩を踏み出す根尾にアドバイスを送る。
 この日のオープン戦では広島の小園が対外試合初安打を放つなど、同世代の注目選手は順調にプロでの道を歩んでいる。根尾は「全体の中で自分のプレーをどんどんしていきたい」と、ここからの巻き返しを誓った。

“根尾きょうベンチ入り 2軍全体練習に合流(岐阜新聞Web)” の続きを読む

秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190221-00000067-minkei-l05
 メンテナンスされた古椅子の展示販売と椅子の修理相談会が2月22日から、セレクト雑貨店「blank+(ブランクプラス)」(秋田市楢山本町、TEL018-811-0171)で開かれる。(秋田経済新聞)秋田市在住の加藤直哉さんが修理を手掛けたソファー 県内外で家具職人として修業を積み、2017年に秋田市内で椅子の修理専門アトリエ「ISUKA」(寺内堂ノ沢3)を立ち上げた加藤直哉さんがメンテナンスを手掛けた、ソファーやスツールなど10脚以上を展示販売する。椅子の修理相談にも応じる。
 店主の三浦美緒理さんは「期間中、加藤さんが在廊し、皆さんが愛用する椅子や壊れた椅子の修理相談も受け付ける。座面を張り替えるだけでも見違える古椅子をご覧いただければ」と来店を呼び掛ける。
 営業時間は11時~19時。2月25日まで。

“秋田で修理済み古椅子の展示販売会 椅子の修理相談も /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)

情報元 : 動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)MBSニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00026631-mbsnewsv-l30
 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドでは、動物に仮装したランナーらが走るイベントが開かれました。
 アドベンチャーワールドの開園40周年を記念して開かれたこのイベントには、人気のパンダをはじめさまざまな動物に扮したランナーらが参加。動物たちを見ながらの約2.3キロのコースの走りを楽しみました。途中、アシカによる“応援”もありました。
 「白浜なのでパンダ(の仮装)です。彩浜みまーす」(参加したランナー)
 イベントでは、“最も注目を集めた”ランナー1人が選ばれ、パンダの彩浜を間近で見ることができるツアーがプレゼントされました。

“動物の仮装してマラソン 和歌山・アドベンチャーワールド(MBSニュース)” の続きを読む

宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000043-minkei-l45
 宮崎県日南市の油津商店街にサテライトオフィスを置くIT企業「ポート」(東京都)が1月25日、東京証券取引所、福岡証券取引所に上場したことを記念して、同商店街のコミュニティースペース「油津yotten」(日南市岩崎3)で上場セレモニーを開催した。(ひなた宮崎経済新聞)上場を体験できる鐘 2016年4月に商店街の空き店舗に入居した同社。当初の社員数は9人だったが、現在は25人の社員が所属している。常時、東京本社とサテライトオフィスとをネット接続をするなどして距離感を感じさせない就業環境を整えるなど、IT企業ならではの工夫も見られる。2017年12月には宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが共同で設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」から5,000万円の出資を受けるなど、地域に密着した資金調達も行っている。
 2018年11月に東京証券取引所、福岡証券取引所への新規上場が決まり、12月21日に株式公開された。今回はサテライトオフィスで働く社員や地元市民にも株式公開の報告と感謝の気持ちを伝えたいと企画。セレモニーは上場の時にたたく鐘を再現し、希望者は誰でもたたくことができるようにし、お土産には株にちなんでカブを手渡した。当日は地元アイドル「ボニート・ボニート」がダンスを披露し、3人の経営陣にTシャツとタオルを贈呈する場面も。
 春日博文CEOは「日南オフィスで順調に人員を確保でき、3つの事業、10の職種を担ってもらっている。非常に心強い存在。上場はしたが、これからもコーポレートミッションである『世界中にアタリマエとシアワセを作って』いけるようにまい進していきたい」と話した。

“宮崎・日南でIT企業「ポート」が上場セレモニー 地元雇用にも貢献 /宮崎(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

「ひと筆書き」挑戦の田中さん 三百名山、笑顔で踏破へ(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 「ひと筆書き」挑戦の田中さん 三百名山、笑顔で踏破へ(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00032458-kana-l14
 鹿児島県屋久島から北海道利尻島まで、徒歩とシーカヤックなど人力だけで1万キロ以上の距離を移動しながら、日本三百名山の連続登山を続けているアドベンチャーレーサーの田中陽希さん(35)=相模原市在住=が昨年12月25日夜、同市南区の相模原南市民ホールで交流会を開いた。約400人のファンらを前に「山だけでなく、途中でいろいろな人と出会い、笑顔を交わしてゆきたい」と意欲を語った。
 田中さんは2014年、「日本百名山ひと筆書き」と題して、屋久島の宮之浦岳から利尻島の利尻岳までの約7800キロを徒歩などで縦断しながら日本百名山の登頂に挑戦し、208日と11時間で達成。15年には別の100山に登る約8千キロの「二百名山」の旅を222日間で成し遂げた。
 今回は、過去に踏破した200山に100山を加えた三百名山(実際は上越の荒沢岳を入れた301山)へのチャレンジで、昨年1月にスタートした。
 屋久島から北上して昨年12月、県内の丹沢山と大山を登り、2018年の行程は一区切り。現在も乗り物には一切乗らない田中さんは、東京都内の山岳関係企業などに徒歩であいさつ回りに出向く一方、地元の相模原市で交流会を開いた。
 ザックを背負った登山姿で登壇した田中さんは「手の骨を折るなどしてスケジュールを練り直した。当初は2年間の予定だったが、301山のうちまだ121山なので、ゴールまでに少なくともあと1年半くらいかかりそう」と近況を説明。「これからの北陸は雪のラッセルが大変。不安も緊張もあるが、まだ180山も楽しむ山が残っている。笑顔で次の山へと向かいたい」と話した。
 今回の挑戦はNHKが継続的に放映。素朴な人柄から全国にファンが多い。会場では一緒に記念写真を撮ろうと、数十人が長い列を作った。

“「ひと筆書き」挑戦の田中さん 三百名山、笑顔で踏破へ(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)

情報元 : 相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00010007-minyu-l07
 「健康面から相馬を元気にしたい」。新地町の渡部拓也さん(28)は12月25日、相馬市中村に24時間営業のスポーツジム「GYM+(ジムプラス)」をオープンした。
 ジムにはベンチプレスやパワーラックなど11種類の器具をそろえた。高負荷の機材も多く、部位別のトレーニングにも対応できる。渡部さんは「長期的に見れば筋肉を付けて基礎代謝を上げることがダイエットや健康につながる」と話す。
 学生時代から相馬市に通っていた渡部さん。相馬青年会議所での活動や相馬の海水浴場再開に合わせたイベントに積極的に関わる中で、地域振興への思いを深めていった。多くの人が集えるような場所をつくることを夢に、念願のジム開設を果たした。

“相馬に24時間営業「スポーツジム」開設 夜間でも体を動かして(福島民友新聞)” の続きを読む

赤ちゃんパンダの名前『彩浜(さいひん)』に決定!和歌山・白浜町(関西テレビ)

情報元 : 赤ちゃんパンダの名前『彩浜(さいひん)』に決定!和歌山・白浜町(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-12090406-kantelev-l30
和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドに集まった人たち。そのお目当ては8月に生まれたメスの赤ちゃんパンダの名前の発表です。
名前は、12万通以上が寄せられた最初の投票で、「恵浜」「彩浜」「舞浜」「夢浜」の4案に絞り込まれていて、今月8日まで最終投票が行われていました。
【会場のアナウンス】
 「パンダの名前は・・・名前は『彩浜』に決まりました」
【訪れた人は】
「めっちゃ可愛い名前でよかった!最高にかわいい」
今、彩浜はお母さんと一緒に飼育されていて、仲の良い様子を楽しむことができます。

“赤ちゃんパンダの名前『彩浜(さいひん)』に決定!和歌山・白浜町(関西テレビ)” の続きを読む

街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)

情報元 : 街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00010002-ubenippo-l35
 山口県宇部市が中央町3丁目のポケットパーク(小規模公園)に設けたストリートファニチャーの除幕式が18日、同所で行われた。市関係者、家族連れなどが参加し、町中を楽しくするプレースポット誕生を喜び合った。
 ストリートファニチャーは街灯やベンチ、彫刻などの屋外装飾品の総称。市では今年1月に設置物の募集を開始。全国から104件の応募があり、東京都三鷹市の大村一彦さん(83)の彫刻「地球のねじ」が最優秀賞を受賞した。
 地球のねじはコンクリート製の楕円(だえん)状の山で、横6メートル、縦3メートル。頂上までの高さは2メートルあり、ボルタリング用のホールドも設けられ、子どもが自由に登って遊べる。最上部にある赤いねじは回すこともできる。カラフルで形もユニークとあって、子どもたちの人気を集めそう。
 除幕式では久保田后子市長が「中央町の新たなシンボルになってほしい」とあいさつ。その後、大村さん、久保田市長、子どもたちが幕を引くと、拍手と歓声が沸き起こった。
 除幕後、子どもたちが早速山に登ったり、ねじを回したりして、楽しんでいた。大村さんは「喜んでもらえて本当にうれしい。好奇心をしっかり養い、想像力のある大人になってくれれば。精いっぱい遊んで」と目を細めた。

“街中のシンボルに、ストリートファニチャーの除幕式 宇部市(宇部日報)” の続きを読む

野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000033-minkei-l13
 明治通り沿いの複合施設「渋谷キャスト」で8月24日、キャンプ用テントによるアウトドアオフィス「CAMPINGOFFICE(キャンピングオフィス)」の貸し出しサービスの予約受け付けが始まった。(シブヤ経済新聞)8~12人向けの大テント 東急電鉄がスノーピークビジネスソリューションズ(愛知県岡崎市)と手を組み始める同サービス。海や山に行かずとも都会の中にある野外スペースにキャンプ用テントを張り、アウトドアオフィスとして活用する新しい試み。現在、国内では「新しい働き方」を実現するための業務改善のさまざまなアイデアが取り入れられ始めているが、普段のオフィスとは異なる自然の中に執務環境を作ることで、「五感を刺激して今までにないアイデアやビジネスの誘発を目指す」という。
 6月から先行して実施してきたトライアル利用期間では計6社39人が利用。その約6割から「いつもより盛り上がる」「リラックスする」など好意的な感想が得られているという。渋谷は先進的な取り組みに積極的なIT企業やベンチャー企業が多く集積するエリアであるため、サービスの本格スタートで打ち合わせやブレーンストーミングの場として利用が期待される。
 貸し出すのは2~8人向けの小テント(約16平方メートル)または8~12人向けの大テント(約24平方メートル)と机、椅子、ホワイトボード、電源スタンド、プロジェクター(1,000円)。利用可能時間は毎週火曜の10~12時、13~15時、16~18時の時間帯から選択。料金は9,000円、延長料金は30分当たり1,500円。年内はオープニング特別価格として8,000円(以上、税別)で利用できる。
 9月4日のサービス開始に向け現在、専用サイトで予約を受け付けている。

“野外でブレスト? 渋谷キャストで「キャンピングオフィス」予約受け付け /東京(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む