第27回おきなわマラソン 19年2月17日開催決定(琉球新報)

情報元 : 第27回おきなわマラソン 19年2月17日開催決定(琉球新報)琉球新報社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00000015-ryu-oki
 【中部】おきなわマラソン実行委員会総会は3日、沖縄市中央公民館で開かれ、次回の第27回大会は来年2月17日(雨天決行)に開催することを決定した。26回大会から新設された職場の同僚らとのチームで競う職域対抗戦は引き続き実施していくことが報告された。
 沖縄市の県総合運動公園を発着点に、定員はフル(職域対抗含む)が1万3500人、10キロロードレースが3千人。参加申し込みは9月1日から12月7日まで。定員に達し次第、受け付けを終了する。琉球新報社や沖縄テレビ、沖縄銀行、コザ信用金庫、ゆうちょ銀行の各窓口で申し込みを受け付けている。おきなわマラソンホームページやファミリーマート、ローソンでも24時間受け付け可能。
 参加料はフルの一般部門で64歳まで6千円、高校生・65歳以上5千円、競技部門(陸連登録者)6千円。10キロ一般は3700円、高校生は2200円。視覚障がい者の伴走者は参加料免除。
 問い合わせは、沖縄市の琉球新報中部支社2階の事務局(電話)098(938)0088。

“第27回おきなわマラソン 19年2月17日開催決定(琉球新報)” の続きを読む

広島・三原の有志が「災害情報サイト」 被災地域の情報届け、地域をつなぐ /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 広島・三原の有志が「災害情報サイト」 被災地域の情報届け、地域をつなぐ /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00000043-minkei-l34
 平成30年豪雨発生から間もなく、広島・三原市の給水場所や入浴施設、給油が可能な場所道路情報など、個人が持つ情報を共有する支援ホームページが立ち上がった。(広島経済新聞)
 サイトを運営するのは三原市に住む小松愛香さん。これまでツイッターを使い、三原で行われるイベントや飲食などの店舗情報を配信していたが災害の発生を受け、今月9日に三原市と尾道市の情報を共有する私設ホームページを立ち上げ、事実関係が確認できた情報提供を始めた。
 ボランティアセンターが立ち上がると、サイト上でもホームページや連絡先を掲載。行政が運営するSNS公式アカウントも連動させたほか、一般からの情報提供も呼び掛けた。小松さんは「SNSに次々と投稿される情報を見て、情報の混乱を感じた。ホームページが必要な人に情報を伝えられる『つなぐ役割』になれば」と話す。
 ホームページは毎日更新し、内容の一部は町内会の許可を取ってごみステーション貼り出してデジタルとアナログで情報を届ける。活動は小松さんを含む3人が中心となり、計27人で行っている。断水が解除された今月19日以降は活動方針を変更し、復旧の状況を発信して少しでも現状を伝えていくことに注力するという。サイトでは引き続き、住宅貸与の情報など、被災者が必要な情報についても集約していく。

“広島・三原の有志が「災害情報サイト」 被災地域の情報届け、地域をつなぐ /広島(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

被災地のボランティア 週末は多く平日は減少…継続的な人手確保が課題 岡山(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 被災地のボランティア 週末は多く平日は減少…継続的な人手確保が課題 岡山(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00010005-ksbv-l33
 22日、23日も大勢のボランティアが倉敷市などを訪れ、住宅の片付けなどを行いました。しかし、平日になると大きく減るため、継続的な支援が求められています。
 倉敷市では、21日と22日、約3300人のボランティアが入りました。猛暑の中、ボランティアたちは汗を流しながら泥かきなどを行いました。
(被災者は―)
「2日間、続けてきてくれた、ありがたいこと、非常に喜んでおります」 
 しかし、23日に倉敷市に入ったボランティアは約650人まで減っています。車が浸水して使えなくなった被災者も多く、災害ごみを運ぶための軽トラックなども必要とされています。
 一方、高梁市では21日、22日にのべ440人のボランティアが活動しました。
(千葉県から参加したボランティアは)
「電車も止まってて人手が足りないと聞いたので、で、バス代行も始まったので」
 高梁市では片付け作業などが進み、ボランティアを必要とする被災者が減っています。
(被災者は―)
「大体わが家は片付いたので、まだまだの所に行っていただきたい」
 23日の時点で、ボランティアを必要としている自治体をまとめました。
 倉敷市、総社市、岡山市とも平日のボランティアの確保が課題となっています。家具の持ち出しや家に入った泥を取り除くなど、まだまだ人手が必要とされています。
 ボランティアの参加希望者は、各自治体の社会福祉協議会のホームページを確認してください。

“被災地のボランティア 週末は多く平日は減少…継続的な人手確保が課題 岡山(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)

情報元 : 【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000036-san-l15
 佐渡島。日本有数の金の産地として栄えた島であり、流刑になった人たちの悲哀が刻まれた島でもある。連綿と受け継がれる歴史、融合するさまざまな文化。人々と島をつなぎ続ける旅館「伊藤屋」を訪れた。
 新潟県に赴任してから2回目となる佐渡への出張。1週間という長丁場の取材で、どこに宿泊しようかと迷っていたとき、先輩記者から勧められた。
 相川と小木の中間地点にある伊藤屋のある場所は、古くから交通の要衝として栄えた。伊藤屋は明治初期の開業から、100年あまり続く老舗旅館で、昭和50年代に新町大神宮で大相撲巡業が行われた際は力士らも宿泊したという。
 同5年の改装から今も使われている本館は、外観を見ただけでも「和」の雰囲気を感じさせるたたずまい。フロント横にある畳敷きの「○(えん)の間」は、古物や昔懐かしい玩具が陳列されているレトロな交流スペースになっている。廊下のいたるところに、地元の民芸品や古い掛け軸などが飾られており、ちょっとした博物館の中にいるような気分になる。
 現在の番頭は5代目となる伊藤善行さん(43)。フォトグラファーとしても活動しており、さまざまなコンテストで賞を受賞している。旅館のホームページ(HP)のブログでは、佐渡の魅力を発信しており、自身が撮影した島の美しい風景を収めた写真集(1500円)も販売している。
 「佐渡はさまざまな文化が融合した多様性が魅力の島。今後も佐渡での良い出会いをつなぐ役割になりたい」と語る伊藤さん。その笑顔から、写真に賭ける情熱と、生まれ育った地元への愛がひしひしと伝わってくる。
 出張先での仕事を終えた後、伊藤屋自慢の「佐渡海洋深層水」を利用した風呂につかる。ミネラルたっぷりの湯が疲れた体を隅々まで癒やしてくれる。「やっぱり、日本人といえばお風呂だ」と改めて感じた。
 「次に佐渡に来るときは、絶対プライベートで来よう」。湯船の中で心に誓った。(太田泰)
                   ◇
 ◆「ご縁の宿 伊藤屋」 佐渡市真野新町278番。両津港から県道45号で約30分、小木港からは国道350号で約30分。大人数で利用できる宴会場があるほか、1人用の宿泊プランも用意されている。問い合わせは同館(電)0259・55・2019。

“【甲信越ある記】佐渡・旅館「伊藤屋」 昭和初期に改装、「和」に浸る(産経新聞)” の続きを読む

豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)

情報元 : 豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00010008-sanyo-l33
 七五三用の着物をまとった子ども、誕生日を祝うケーキ、笑顔あふれる家族…。西日本豪雨災害で泥水に漬かって汚れた写真は、プロの手で一枚一枚きれいに洗浄され、かつての輝きを取り戻していた。
 写真は岡山県倉敷市真備町地区と笠岡市の被災者から持ち込まれた。「かけがえのないものばかり。少しでもきれいな状態にしてお返ししたい」。洗浄を手掛ける柳生写真館(笠岡市十一番町)の柳生晋伸社長(38)は力を込める。
 写真はぬれたり汚れたりしたまま放置すると、バクテリアやカビが繁殖し劣化が進んでしまう。柳生社長は災害発生後「専門業者として、何かできるボランティアはないか」と考え、13日から自社のホームページやフェイスブックなどで受け付けを開始。20日現在、14件計約2万枚の持ち込みがあったという。
 同社駐車場に臨時作業場を設け、柳生社長と社員4人がアルバムから1枚ずつ丁寧に写真を取り出して水洗いした後、陰干ししている。1日千数百枚のペースで処理し、被災者が取りに来るまで保管する。
 柳生社長は「思い出の詰まった写真を宝物にしている被災者は多いはず。長時間泥水に漬かり洗浄しても駄目なケースはあるが、ぜひ相談してほしい」と話している。
 持ち込みは今月末までの予定で、笠岡市内の他の4つの写真店でも受け付ける。問い合わせは柳生写真館(0865―63―2161)。

“豪雨で汚れた写真 洗って被災者へ 笠岡の柳生写真館がボランティア(山陽新聞デジタル)” の続きを読む

宮城県「危険なため池」ハザードマップ公表へ(TBC東北放送)

情報元 : 宮城県「危険なため池」ハザードマップ公表へ(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000011-tbcv-l04
 西日本の豪雨災害では、農業用水を貯めておく「ため池」が決壊し被害をもたらしました。こうした中、宮城県は決壊した際に住宅被害をもたらすため池の浸水予想図=ハザードマップを初めて作成し、近く市町村を通じて公表することを決めました。
 宮城県角田市にある貯水量28万トン余りの内町下ため池。豪雨などで決壊した際、周辺に被害をもたらす危険性が高く、宮城県と角田市が「防災重点ため池」に指定しています。実際2017年10月の大雨では、ため池に通じる用水路から水があふれ周辺に浸水被害が出ました。こうした「防災重点ため池」は県内で49か所あります。
 河川の場合は、浸水範囲や避難場所を明記した「ハザードマップ」があります。しかし防災重点ため池は、震災の影響もあり、東北で唯一、宮城だけがハザードマップが一か所もつくられていませんでした。こうした事態を受け、宮城県は昨年度から策定を開始。6月までに49か所全てでハザードマップを作り終え8月以降、市町村を通じて公表することを決めました。
 ハザードマップは今後、市町村がホームページに載せるなどして公表することになります。また村井知事は17日に「西日本と同じ規模の豪雨でも対応できるか検討する必要がある」などと公表後も順次、見直しをしていく考えを示しています。

“宮城県「危険なため池」ハザードマップ公表へ(TBC東北放送)” の続きを読む

吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)

情報元 : 吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00010001-tvnv-l29
 去年4月に起きた事故から運休が続いている吉野山のロープウエーが、無期限で運休することが分かりました。
 運休が続いているのは、桜の名所として知られる吉野山のロープウエーです。去年4月、ゴンドラが停留所の設備に衝突する事故が発生したため、運休となっていました。運営業者が復旧は今年の夏ごろになるとしていましたが、おとといホームページで再開が未定であると発表しました。運営業者によりますと資金調達が難しいということで、吉野ビジターズビューローでは紅葉など秋の観光シーズンに向け、バスなど代わりの交通機関を考えたいとしています。

“吉野山のロープウエー 無期限運休へ(奈良テレビ放送)” の続きを読む

大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分

情報元 : 大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分みんなの経済新聞ネットワーク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000054-minkei-l44

 大分県内の企業とデザイナーなどが共同で新事業を展開する「CREATIVEPLATFORMOITA」の報告会が3月2日~4日、iichiko総合文化センター(大分市高砂町2)の1階アトリウムプラザで開かれる。(大分経済新聞)企業と商品のブランディング見直しを図るアキ工作社 2016年度から始まった、県の「クリエイティブ・プラットフォーム構築事業」の成果を発表する同イベント。同事業では、技術やノウハウを抱える県内の企業とアートディレクター、デザイナー、コピーライターらが協働し、価値を高めた商品やサービスの開発、新事業の立ち上げなどを目指している。県から業務委託を受けたNPO法人BEPPUPROJECTが窓口となり、交流会や相談室を開き、両者のマッチングを図っている。報告会の実施は初めてで、本年度相談室を利用した約60社のうち取り組みが具体化した18社が参加。それぞれが会場にブースを構えて成果や経過などを報告するほか、12社が特設ステージで事例報告を行う。

 3月2日は5社がステージに上がる。11時からは段ボールクラフト商品などを扱う「アキ工作社」(国東市)と日田市出身のアートディレクター梶原道生さん(福岡県)が、経営・販売戦略を見直し、ロゴ、ホームページを一新する概要を紹介。新しい企業名も発表する。

 3月3日も5社が登壇。11時から文房具店の「明石文昭堂」(別府市)が万年筆の新たな販売方法、14時から「後藤製菓」(臼杵市)が創業100周年を記念した新ブランド開発について報告する。

 最終日の3月4日は2社が発表。このうち14時からの家具メーカー「イトウ」(日田市)は昨年8月に工場が全焼する火災に遭い、それまで進めてきたデザインから製造までの販売戦略を見直す取り組みが白紙に戻された。同社は被災後もクリエーティブディレクターの服部滋樹さん(大阪府)との協働を続け、急きょ、再建計画へと内容を変えて話し合いを重ねてきた。会場では企業復活を懸けたプランを発表する。

 ブースでは青竹細工の「笑竹堂」(由布市)とデザイナーの梅原真さん(高知県)、和菓子の「菓匠花より」(由布市)とイラストレーターの森海里さん(大分市)、ザボン漬けの「南光物産」(別府市)とデザイナーの井下悠さん(大分市)のコラボレーションなど、商品のブランディングやパッケージデザインの変更といった各種事業を紹介する。

 同法人の月田尚子さんは「両者のコラボで付加価値のある成果物を適正な価格で提供するという取り組みを紹介できる。社名変更や会社復活といった大きな話もあるので、企業や事業主の方はもちろん、一般の方にも見て聞いてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~18時(最終日は15時まで)。参加無料。

“大分市で企業×デザイナーのコラボ報告会 社名変更や再建プラン発表も /大分” の続きを読む