大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000027-minkei-l44
 アメコミ映画のフィギュアや特撮のソフビ人形などが並ぶフリーマーケット「ワザバザvol.2」が2月16日・17日、大分市のガレリア竹町ワザワザビル4階トータ(大分市中央町3)で開かれる。(大分経済新聞)
 ホビーショップ「ツボルフ」が2月9日から同ビル2階で移転営業を開始したのを機に企画。「アニメ・コミック」をテーマとした1回目(9日~11日)に次いでの開催で、今回は「映画・特撮」をテーマとしている。
 店頭商品や蔵出し品など約3000点を用意。スパイダーマンやバットマンといったフィギュアのほか、スターウォーズ関連の「ライトセーバー」、「R2-D2」の3Dウオールフィギュア、兵士のマスクなどを販売する。大分怪獣クラブの協力を得て、大分では手に入りにくい特撮映像作品やオリジナル怪獣のソフビ人形なども並べる。
 商品の「流通価値」は考慮せず、多くを格安で販売するという。店主の吉野敏博さん(48)は「先週の開催でも多くの人が『お宝が並んでいる』と驚いてくれた。人同士のやり取りなのでさらなる値引き交渉もオーケー」と笑顔で話す。
 会場には大分怪獣クラブが2年越しで製作してきたご当地怪獣「ブゴン」の着ぐるみも来場する。青空の下で公開されるのは初めてで、撮影会も行う。フリーマーケットの一般参加枠も設けており「何を売っても良いので、連絡してほしい」と吉野さん。
 開場時間は16日=12時~19時、17日=10時~19時。
 「ツボルフ」は2013年12月12日に大分市府内町にオープン。ホットトイズ社製のフィギュア、ハリウッド特撮映画の関連グッズのほか、ゴジラ、ウルトラマン、仮面ライダーといった特撮ものやアニメや漫画の関連商品を取り扱ってきた。
 映画公開に合わせたイベントや展示会なども手掛けてきたが、開店満5年を機に「定期的にイベントを開くスタイルにチェンジしたい」と思い立ち、フリースペースを備える同ビルに店を移した。
 今後はフリーマーケットの定期開催や玩具のワークショップイベントなどを開く予定で、吉野さんは「もともと『遊べる店』を掲げてきたので今回の移転は原点回帰ともいえる。ツボルフの新章をスタートさせたい」と意気込んでいる。
 店舗の営業時間は12時~20時。

“大分市の中心街で映画&特撮フリマ アメコミフィギュア&ソフビなど3000点 /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)

情報元 : 仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000002-tbcv-l04
 仙台市立の小中学校の給食が「栄養不足」に陥っている問題で、市の教育委員会はその解消のためには1食80円から95円の値上げが必要との試算を示しました。
 これは8日開かれた市の学校給食運営審議会で示されたものです。市教委は1食あたり小学校で80円、中学校で95円値上げしないと、鉄分やビタミンB1など全ての栄養素で国の栄養基準を満たすことはできないとの試算を示しました。これに対し委員からは、80円から95円の値上げは現実的ではないなどの意見が出されました。仙台市の給食をめぐっては、主な栄養素10項目のうち、小学校は6項目、中学校は全ての項目で国の基準を満たしておらず、市教委では再来年度以降の値上げを見すえ、検討を重ねる方針です。

“仙台市の給食 栄養充足には1食80~95円値上げ必要(TBC東北放送)” の続きを読む

東海の核燃サイクル 防護服から放射性物質 容器密封作業で漏えい(茨城新聞クロスアイ)

情報元 : 東海の核燃サイクル 防護服から放射性物質 容器密封作業で漏えい(茨城新聞クロスアイ)茨城新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000004-ibaraki-l08
核燃料サイクル工学研究所(東海村村松)の放射性物質管理区域内で30日、放射性物質の漏えいを知らせる警報が鳴った問題で、日本原子力研究開発機構(原子力機構)は31日、現場にいた作業員全員の防護服などから汚染が検出され、漏えいを確認したと発表した。作業員は、核燃料物質入りの貯蔵容器を覆うビニールバッグを取り換える作業を行っていた。原子力機構は「作業が手順通り行われていたか、人為的か物理的なものかなどを含めて原因を調べたい」としている。
漏えいが確認されたのは、以前にプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX燃料)を製造していたプルトニウム燃料第二開発室の粉末調整室。作業員は「グローブボックス」と呼ばれる密閉設備を使ってビニールバッグを交換。室内には、19歳から50歳代の協力会社の作業員9人がいた。
調査結果によると、最大で、管理区域設定値の3倍の1平方センチ当たり1・2ベクレルのアルファ線を測定。ビニールバッグの口を密封するため口付近を手で押さえていた男性作業員のゴム手袋から検出された。汚染は9人の防護服とゴム手袋のほか、この男性作業員が押さえていたビニールバッグの密封箇所付近で確認された。
9人は半面マスクを着けており、皮膚の汚染や内部被ばくはなかったが、このうち5人のマスクのフィルターからも放射性物質が検出された。31日は9人とも出勤。聞き取りの結果、健康上の問題はなかった。
原子力機構の山本徳洋理事と三浦信之核燃料サイクル工学研究所長は同日、原子力協定に基づく報告と陳謝のため県庁を訪問。県は原因究明や再発防止対策などを求めた。(三次豪)

“東海の核燃サイクル 防護服から放射性物質 容器密封作業で漏えい(茨城新聞クロスアイ)” の続きを読む

犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)

情報元 : 犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00364824-agara-l30
 和歌山県は、犯罪により重大な被害を受けた人への支援強化に取り組む。被害による経済的負担を軽減するため、生活資金として最高100万円を無利子で貸し付けたり、弁護士への相談費用を県が負担したりといった制度を新設する方針で、いずれも都道府県では珍しいという。関連する条例案と予算案を県議会2月定例会に提案する。
 県は「安全・安心まちづくり条例」により、犯罪被害者を支援してきたが、取り組み強化を求める声が支援関係者からあり、具体的施策を盛り込んだ「犯罪被害者等支援条例」の制定について検討してきた。
 県はこの条例に基づき、犯罪被害者や家族への生活資金貸付制度を設けたいという。警察庁には「犯罪被害給付制度」があるが、申請から給付まで、平均半年程度かかることから、その間の費用として貸し付ける。給付金が下りれば、県に貸付金を返還してもらう。また、法的な問題解決のため、必要に応じ、弁護士相談費用を県が負担する体制もつくる。
 県によると、犯罪被害者を支援する条例は近年、制定が相次ぎ、現在14道県が施行している。このうち、貸付金制度があるのは、神奈川県と山形県だけ。弁護士相談費用を県が負担する制度も少ないという。

“犯罪被害者の支援強化 和歌山県が条例制定へ(紀伊民報)” の続きを読む

インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)

情報元 : インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)広島ニュースTSShttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00000010-tssv-l34
インフルエンザの流行が拡大し、きのう県内にもインフルエンザ警報が発令されました。
今シーズンの傾向や対策について専門家に聞きました。
広島市内にあるこちらの病院にもインフルエンザの疑いのある多くの子供たちが詰めかけています。
県によりますと今月7日から13日までに県内7つの保健所のうち西部東と北部の2つの管内で定点当たりのインフルエンザの患者数が警報の基準となる30人を超えました。
このため県はきのう県内全域に昨シーズンより3週間ほど遅いインフルエンザ警報を発令しました。
今シーズンのインフルエンザの特徴を医師に聞きました。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「年明けになって第1週、2週ぐらいからグッと患者さんが爆発的に増えている。ほぼ全部A型です。A型が2種類ですね。H1とH3が出ていてほぼ同数出ているので2回かかる可能性もある、1回かかったから、もう安心といういうことは今年は言えない可能性が高い」先週は県内8つの学校で学級閉鎖なども相次いで報告されていて、今週はさらに増えています。
正月休みの終わった学校や職場で流行が拡大したと見られています。
それでは、どのような対策をとったらよいのでしょうか?
【もり小児科・森美喜夫院長】
「普段の規則正しい生活をして基礎的な免疫を落とさないということが今から特に大切だ。
もし体調がおかしいなと思ったら人に移さないようにしっかりマスクをして人への伝播を防ぐというのはエチケットとして大事。もちろん手洗いとかうがいは基本的なことだ」
また、今年は新しい薬が登場し注目されています。
【もり小児科・森美喜夫院長】
「1年ぐらい前から新しい薬が出てこれは錠剤で1回飲めばそれでいいというお薬なので(薬の飲みにくい)高齢者には使いやすい薬だと思う」「効果はちゃんと5日間の(他の)薬を飲んだのと同じぐらいだと思う」
インフルエンザの流行はこれから2~3週間がピークになるとみられています。
今週、県内で学級・学年閉鎖があった公立学校は今週45校と先週の6倍近くに増えています。インフルエンザ流行ってます。マスクや手洗い、体調管理とお気を付けください。

“インフルエンザ広島でも流行期 傾向と対策は(テレビ新広島)” の続きを読む

神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)

情報元 : 神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00032736-kana-l14
 インフルエンザの患者発生数が神奈川県内で増加していることを受け、県は17日、インフルエンザ流行警報を発令した。
 県健康危機管理課によると、定点観測している県内345の医療機関で、1月第2週(7~13日)の1医療機関当たりの患者報告数が36・50となり、警報の基準値(30)を超えた。昨季は昨年1月第3週に基準値を上回り、同月25日に発令した。
 地域別(保健所管内)では、厚木の55・38が最多で、秦野の42・70、大和の38・27が続いた。同課はこまめな手洗いによる予防に加え、せきやくしゃみが出るときはマスクをする「せきエチケット」の徹底を呼び掛けている。

“神奈川県がインフルエンザ警報 患者報告数、厚木地区最多(カナロコ by 神奈川新聞)” の続きを読む

子どものそばで働ける 中四国初の託児機能付きオフィスが開所 高松市(KSB瀬戸内海放送)

情報元 : 子どものそばで働ける 中四国初の託児機能付きオフィスが開所 高松市(KSB瀬戸内海放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00010006-ksbv-l37
 子どものそばで働くことができる中四国で初めての託児機能付きオフィスが高松市にオープンしました。
 子育てしながら柔軟な働き方がしたいという女性の気持ちをかなえようと高松市磨屋町にできた「クリエ×ママスクエア高松」です。
 高松市の総合人材サービス会社、クリエアナブキと東京のママスクエアが共同で運営しています。
 ここでは、11人のママが週に3日程度、1日3時間から5時間、事務作業などをします。
 オフィスからガラス越しに見えるスペースで、常に2人のスタッフが子どもを見守ってくれるので安心して働くことができます。
(働くママはー)
「子どもが見えるのがすごく自分にとっても安心ですし子どもが見えるだけで笑顔になれるので幸せです」
(クリエアナブキ/上口裕司 社長)
「能力的にも高い方がたくさんいらっしゃいますので有益に仕事に就いて活躍していただきたい」
(ママスクエア/藤代聡 社長)
「これから先もっとたくさんのお母さんたちが子どものそばで働けるというのを当たり前にしていけるように頑張っていきたい」

“子どものそばで働ける 中四国初の託児機能付きオフィスが開所 高松市(KSB瀬戸内海放送)” の続きを読む

スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)

情報元 : スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000027-kyt-l26
 16日午後2時5分ごろ、京都市左京区高野東開町のスーパー「イズミヤ高野店」で、1階レジ付近にいた従業員の女性(35)が、男に包丁で背中と首の数カ所を刺された。女性は救急搬送時、意識はあったという。京都府警は午後3時すぎ、逃走したとみられる男を現場から北東約200メートルの自宅マンションで発見し、殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。
 下鴨署によると、男は左京区一乗寺赤ノ宮町、無職の男(45)。「僕が包丁で刺したことに間違いない」と容疑を認めているという。男が着ていた服と、自宅から見つかった包丁には血のようなものが付着していたという。
 逮捕容疑は、1階食料品売り場のレジ付近で、仕事中の女性に背後から近づき、背中と首をいきなり刺した疑い。下鴨署の説明では、男は事件当時、野球帽をかぶり、マスクを着用していたという。
 男とみられる男が包丁を持ったまま現場から逃走した後、自宅マンションに向かう姿が付近で目撃されていた。同マンションに駆けつけた捜査員が、自宅にいた藤井容疑者から事情を聴いたところ、犯行を認めたため、緊急逮捕した。
 関係者によると、男は約6年前から同マンションで1人暮らしをしていた。2~3カ月前から、他の居住者との間で騒音などをめぐってトラブルを起こしていたという。
 現場は叡山電鉄茶山駅から北西約400メートルの商店や住宅が立ち並ぶ地域。

“スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で男逮捕 背後からいきなり刺す(京都新聞)” の続きを読む

使われなくなった体育館を利用して消防訓練  三重・津市(三重テレビ放送)

情報元 : 使われなくなった体育館を利用して消防訓練  三重・津市(三重テレビ放送)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00010005-mietvv-l24
 使われなくなった体育館を利用して、消防士らが消火や救助の技術を磨く訓練が15日、三重県津市で行われました。
 旧津市体育館は去年9月、サオリーナの完成に伴って閉館し、現在、一般の利用はされていません。
 15日は、津市の消防職員や女性消防団員が、訓練内容や施設内の様子を事前に何も知らされないまま消防訓練に臨みました。
 体育館で火災が発生し、中に人がいるという想定で訓練は行われ、職員が酸素マスクを着けて安全を確認しながら施設内を捜索しました。
 消防職員は、通常の訓練で使う施設の様子は把握していますが、実際の火災現場は初めて行くことがほとんどで、今回はより実践に近い訓練ができるということです。
 消防署では「今後も旧津市体育館を利用した訓練を行いたい」としています。

“使われなくなった体育館を利用して消防訓練  三重・津市(三重テレビ放送)” の続きを読む