海苔の手すき体験(ABCテレビ)

情報元 : 海苔の手すき体験(ABCテレビ)ABCテレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00020758-asahibcv-l27
大阪・阪南市では大阪湾で養殖された海苔の手すきを親子連れらが体験しました。
大阪湾で海苔が養殖されていることを広く知ってもらおうと海苔の手すき体験が行われました。親子連れら約20人が参加し、丸やハート型の海苔を慣れない手つきで作っていました。「おにぎり(にして食べる)楽しみ!」(参加した子ども)。手すきされた海苔は天日干しさせた後参加者の元へ送られるということです。

“海苔の手すき体験(ABCテレビ)” の続きを読む

センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)

情報元 : センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000005-webtoo-l02
 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園球場=兵庫県西宮市)へ出場する八学光星野球部が4日、青森市の東奥日報社を訪れた。3年ぶり10回目のセンバツに、選手らは必勝を誓った。
 仲井宗基監督と選手20人、中村良寛教頭らが、本社の河田喜照執行役員編集局長らと懇談した。
 八学光星は現チームとなった昨年秋、自慢の強打と堅守を武器に県大会と東北大会で優勝。明治神宮大会では準々決勝まで進んだ。1月25日、大阪市で開かれた選考委員会で出場校に選出され、春夏通算19回目の甲子園に挑む。
 2010年春からチームの指揮を執り、自らを日本一になる難しさを一番知っている監督-という仲井監督は「今年のチームは優勝を目指せる力がある。さらにレベルアップし甲子園に乗り込みたい」と話し、11年夏から3季連続で準優勝まで迫りながら届いていない「優勝」へ並々ならぬ意欲を見せた。
 主将武岡龍世(2年)は「東北悲願の優勝旗を持ち帰りたい」と、チーム一丸で目指す「全国制覇」へ向けて決意を力強く語った。
 選手らは同日、県庁を訪れ、佐々木郁夫副知事と和嶋延寿県教育長にもセンバツ出場を報告した。
 初戦の対戦相手を決める組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。

“センバツ頂点、待ってな!/10回目出場の八学光星ナイン、日本一の難しさ知る監督も「優勝目指せる」(Web東奥)” の続きを読む

プログラミング、高専生が講師役 湖西で小中学生が講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

情報元 : プログラミング、高専生が講師役 湖西で小中学生が講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)静岡新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000027-at_s-l22
 湖西市は3日、豊田高専(愛知県豊田市)と協力し、小中学生を対象にしたプログラミング講座を湖西市駅南の西部地域センターで開いた。市内の子どもたち19人が高専生から指導を受け、簡単なゲーム作りに挑戦した。
 講座は同市鷲津出身で豊田高専2年の大石啓登さん(16)が、地元の子どもたちにプログラミングに触れる機会を提供したいと、市に相談して初めて企画。今回は大石さんのほか、同高専の1~4年生7人と都築啓太准教授が講師を務めた。
 参加者は子ども向けプログラミング用パソコンを使い、早押しゲーム作りを体験。パソコンの端子に差し込んだ信号機のミニチュア模型が、無作為に点灯するようにキーボードでプログラミングした。緑色が点灯してから子どもがボタンを押すまでの時間を計測できるように設定し、反応速度を競って遊んだ。
 市は来年度以降も同校と協力して講座を実施していきたいという。大石さんは「子どもたちが自発的にプログラミングして遊ぶきっかけになればうれしい」と話した。

“プログラミング、高専生が講師役 湖西で小中学生が講座(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)” の続きを読む

札幌・円山動物園で「スノーフェスティバル」 雪の迷路ではタイムアタックイベントも /北海道(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 札幌・円山動物園で「スノーフェスティバル」 雪の迷路ではタイムアタックイベントも /北海道(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000059-minkei-hok
 雪と氷の遊びを体験できる冬のイベント「円山動物園スノーフェスティバル」が2月4日から、円山動物園(札幌市中央区宮ヶ丘、TEL011-621-1426)で開催される。(札幌経済新聞)雪だるま体験の様子 同イベントは、さっぽろ雪まつり期間にあわせて開催される。会場では、20メートル以上の長さの「氷のすべり台」(4日~11日、10時~15時)をはじめ、ボウルと雪だけで簡単に作ることができる「雪だるまづくり体験」(4日~11日、13時~14時)、ムラサキスポーツ担当スタッフのサポートを受けながら10分程度のスノーボード体験ができる「キッズスノーボード&スノーストライダー体験」(9日・10日、9時30分~、スノーボード=4歳~小学6年生まで、スノーストライダー=未就学児対象)、景品が進呈されるタイムアタックイベントも開催する「雪の迷路」(9日~11日、9時30分~15時30分)など、冬にしか体験できないさまざまな企画を用意する。
 経営管理課の藤井修司さんは「イベントとあわせて、雪の中で元気に活動する動物の姿を見てほしい」と話す。
 開園時間は9時30分~16時。入場料は、大人=600円、中学生以下無料。2月11日まで。

“札幌・円山動物園で「スノーフェスティバル」 雪の迷路ではタイムアタックイベントも /北海道(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)

情報元 : 高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00120118-kitanihon-l16
 新たな競技「eスポーツ」への注目度が高まりつつある。いわゆるコンピューターゲームで海外では巨大市場を形成し、プロ選手は子どもたちの憧れの的になっているという。
 日本の取り組みの遅れを指摘する声がある中、北陸初の拠点施設が5月、高岡市にオープンする。新しいスポーツ文化を地域の飛躍に生かしたい。
 eスポーツはエレクトロニック・スポーツの略。ゲームによる対戦を「スポーツ」と位置付け、種目は球技や格闘、レース、パズルなど幅広い。年齢や性別、障害の有無にかかわらず対戦でき、認知症予防につながるとの論文も発表されている。
 今秋の茨城国体で文化プログラムに採用されるほか、2022年の中国・杭州アジア大会では正式競技となる。五輪への導入も取り沙汰されており、世界での認知度は高い。
 総務省の調査報告書によると世界の市場規模は17年で700億円。21年には1700億円に膨らむとの予測がある。ゲーム関連会社Gzブレイン(東京)の調査では、18年の国内市場は前年比13倍の48億円と急成長している。22年には100億円規模に迫るとみられ、各地で競技施設の整備が進むだろう。
 高岡市の施設は、高岡駅前の商店街で建設中の16階建て複合ビルに入居する。カフェに併設されたガラス張りの空間にゲーム用パソコン12台を設置。カフェの客がスクリーンで観戦できる。市内の企業の取り組みで、認知度アップや競技人口拡大につなげる考えという。昨年9月に発足した県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」の活動拠点にもなる。
 海外では国や自治体が率先して普及に取り組んでいる。中国には国主導の大会があり、韓国では国や自治体が競技用スタジアムを整備。フランスはプロ選手に国民健康保険を適用するなどの支援を行っているという。
 県内でも魚津市は積極的で、魚津商工会議所や北陸職業能力開発大学校と共に、ゲームのクリエーター育成や企業誘致を目指す「つくるUOZUプロジェクト」を進めている。若者の人口流出に歯止めをかける狙いで、完成したゲームにはeスポーツ向きのものもあるという。
 学校教育での活用も視野に入る。小学校では20年からコンピューターのプログラミングが必修となる。21年には中学校、22年には高校も取り入れる。eスポーツは興味を喚起する格好の素材になり得る。
 3月には初の全国高校eスポーツ選手権が開かれる。県内4校は予選で敗退したが、今後につなげてほしい。競技は戦術のほか、反射神経や集中力が重要になる。トレーニングの大切さは一般スポーツと変わらない。
 ただ、ゲームに熱中するあまり、正常な生活ができなくなる「ネトゲ廃人」の問題も指摘されている。eスポーツが健全に発展するよう、そうした点にも十分配慮した上で普及を進めることが大切だ。
 県は日本eスポーツ連合の組織がある11都道府県の一つ。先進県として、行政も情報収集を怠ってはならない。

“高岡にeスポーツ拠点/新文化を飛躍に生かせ(北日本新聞)” の続きを読む

天然炭酸泉使った料理や入浴 2月16日から小坂温泉郷でまつり(岐阜新聞Web)

情報元 : 天然炭酸泉使った料理や入浴 2月16日から小坂温泉郷でまつり(岐阜新聞Web)岐阜新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00108283-gifuweb-l21
 天然の炭酸泉が湧く岐阜県下呂市小坂町の飛騨小坂温泉郷の魅力を伝えようと、炭酸泉を使った料理の試食会や日帰り入浴を行う「冬の小坂の炭酸泉まつり」が2月16、17の両日、同温泉郷一帯で開かれる。
 全国的にも珍しい飲用可能な炭酸泉を通じ地域活性化に励む「小坂の炭酸泉シュワシュワ会」が毎年開催。試食会は、17日午前11時~午後1時に同町湯屋の湯屋地区公民館で開き、滑らかな口当たりの湯豆腐、ふっくらとした食感のホットケーキなどが味わえる。
 期間中、温泉郷の泉岳舘、奥田屋、ニコニコ荘、仙游館の旅館4軒が宿泊客以外にも浴場を開放。両日の午前11時~午後4時に、1枚千円のチケットで2軒入浴できる。伊藤博子会長は「良質な湯の魅力を伝える機会になれば」と話した。問い合わせは飛騨小坂観光協会、電話0576(62)2570。

“天然炭酸泉使った料理や入浴 2月16日から小坂温泉郷でまつり(岐阜新聞Web)” の続きを読む

無病息災を願い…「笹酒祭り」 奈良・大安寺(関西テレビ)

情報元 : 無病息災を願い…「笹酒祭り」 奈良・大安寺(関西テレビ)関西テレビhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-12125304-kantelev-l29
奈良市の大安寺では、無病息災を願って竹に入れた酒を飲む「笹酒祭り」が開かれています。
「笹酒祭り」は、奈良時代の光仁天皇が大安寺の境内の竹で温めた酒を飲んで長生きしたという故事にちなんで、毎年、行われています。
本堂でがん封じの祈祷を受けた参拝客は、笹娘から焚き火で温めた青竹に入った酒をふるまわれると、1年の無病息災を願い酒を飲み干していました。
この「笹酒祭り」は、23日の午後4時まで開かれています。

“無病息災を願い…「笹酒祭り」 奈良・大安寺(関西テレビ)” の続きを読む

横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000006-minkei-l05
 東京タワー(東京都港区)で12月28日から展示する「出前かまくら」向けの雪の積み込み作業が26日、夏油高原スキー場(岩手県)で行われた。(横手経済新聞)東京タワーでの出前かまくらのチラシ 雪で作った室(むろ)をまちなかに設ける横手市の小正月行事「かまくら」。積雪の少ない地域で披露する「出前かまくら」向けの雪は例年、市内の候補地で積み込み作業を行うが、25日の市内の積雪量が13センチと例年の半分以下だったことから、今年は隣県のスキー場で行った。
 「出前かまくら」に使われる雪の量は20~30トン。10トントラック3台に満載した雪は、約8時間かけて東東京タワーの正面玄関前に運ぶ。長年かまくら作りに携わる「かまくら職人」3人が、27日午後から制作を始め、高さ3メートルのかまくら1基を作って展示する。
 横手市秘書広報課の高橋良明さんは「日本を代表する観光名所東京タワーの60年記念の年に、かまくらを披露できることは誇らしく思う。多くの国内外の観光客に横手をPRできるチャンス。冬の横手の雰囲気を楽しんでいただき、冬の横手を訪れるきかっけになってくれれば」と話す。
 展示は同30日まで。横手市の雪まつり「かまくら」本番は、2月15日・16日。

“横手の小正月行事「かまくら」、東京タワー前に出張展示へ /秋田(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)

情報元 : 広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00010001-hometvv-l34
中区の縮景園で例年よりも早く梅が咲き始め訪れた人たちを楽しませています。
縮景園の梅は例年より早い先月16日に咲き始めました。園内には白加賀や八重寒紅梅などおよそ18種類の梅が植えられていて開花の基準となる標本木はすでに沢山のつぼみをつけています。
一方、花が少ない時期に園内を彩るのは30株の冬ボタン。直径20センチもの大輪を前に立ち止まって眺める人の姿も見られました。この冬ボタンは今週末まで展示されています。

“広島・中区 縮景園で早くも梅が咲き始める(HOME広島ホームテレビ)” の続きを読む