軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)

情報元 : 軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000003-nagasaki-l42
 障害などで体が不自由な人も旅行を楽しむことができる「ユニバーサルツーリズム」の推進に取り組むNPO法人長崎バリアフリー推進協議会(安井忠行理事長)は8日、モニターツアーを長崎市の端島(軍艦島)などで実施した。日常生活に車いすを使っている3人を含む県内外の16人が参加。同協議会は定期的なツアーの実施を目指しており、改善が必要な点や気付いたことなどモニターツアー参加者の声を反映させる。
 同協議会は今後高齢化がさらに進むことを見据え、ユニバーサルツーリズムを普及させようと、これまで3回、同様のツアーを県内で実施。4回目の今回は初めて観光庁のモデル事業に採択された。
 車いすの3人は、移動にバリアフリー対応の乗り物を活用。バスは車いすのまま乗車できるようにリフトが付いたものを、長崎港から軍艦島への船は段差が少ないものを利用した。一般客も一緒に乗船したが、運航する軍艦島コンシェルジュ(同市)は車いす用の場所の確保やスムーズな誘導などで支援した。
 軍艦島の桟橋から上陸するには階段を上る必要があり、参加者は同協議会メンバーらに車いすごと抱えられながら上陸した。参加者の一人、矢ケ部孝志さん(49)=熊本県在住=は「車いすで上陸できると思っていなかった。人の手のサポートがありがたかった」と語った。
 安井理事長は「(県内の施設は)ハード面の整備が追いついていない部分もあるが、ちょっとした道具や工夫で訪れやすくなる。誰もが観光できるようなソフト面の整備をしていきたい」と話した。
 参加者は9日、グラバー園などを見学する予定。

“軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)” の続きを読む

軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)

情報元 : 軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000003-nagasaki-l42
 障害などで体が不自由な人も旅行を楽しむことができる「ユニバーサルツーリズム」の推進に取り組むNPO法人長崎バリアフリー推進協議会(安井忠行理事長)は8日、モニターツアーを長崎市の端島(軍艦島)などで実施した。日常生活に車いすを使っている3人を含む県内外の16人が参加。同協議会は定期的なツアーの実施を目指しており、改善が必要な点や気付いたことなどモニターツアー参加者の声を反映させる。
 同協議会は今後高齢化がさらに進むことを見据え、ユニバーサルツーリズムを普及させようと、これまで3回、同様のツアーを県内で実施。4回目の今回は初めて観光庁のモデル事業に採択された。
 車いすの3人は、移動にバリアフリー対応の乗り物を活用。バスは車いすのまま乗車できるようにリフトが付いたものを、長崎港から軍艦島への船は段差が少ないものを利用した。一般客も一緒に乗船したが、運航する軍艦島コンシェルジュ(同市)は車いす用の場所の確保やスムーズな誘導などで支援した。
 軍艦島の桟橋から上陸するには階段を上る必要があり、参加者は同協議会メンバーらに車いすごと抱えられながら上陸した。参加者の一人、矢ケ部孝志さん(49)=熊本県在住=は「車いすで上陸できると思っていなかった。人の手のサポートがありがたかった」と語った。
 安井理事長は「(県内の施設は)ハード面の整備が追いついていない部分もあるが、ちょっとした道具や工夫で訪れやすくなる。誰もが観光できるようなソフト面の整備をしていきたい」と話した。
 参加者は9日、グラバー園などを見学する予定。

“軍艦島でユニバーサルツーリズム 体不自由でも観光を(長崎新聞)” の続きを読む

しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)

情報元 : しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-11642003-colocal-l32
その愛らしさで人気の、島根県の観光キャラクター〈しまねっこ〉。この夏より、しまねっこがプロデュースする〈しまねっこカフェ〉が東京と島根で開催されます!【写真で見る】しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン☆東京での開催は2会場。2018年8月22日(水)~8月31日(金)まで、〈GRILL BURGER CLUB SASA代官山店〉(東京都渋谷区恵比寿西2-21-15)にて。
2018年8月22日(水)~9月24日(月・祝)の期間は、〈島根イン青山/レストランクーポール〉(東京都港区南青山7-1-5)にて。
会場ではオリジナルメニューや、今しか手に入らない限定グッズなどの特典が盛りだくさん!
GRILLBURGERCLUBSASA(代官山店)では“島根県産アジのタルタルバーガー”(1,300円)が、島根イン青山では“しまねっこオムライス”(1,000円)が食べられます。島根会場では、“しまねっこカプチーにゃ”(500円、いずれも税込)も。
会場では、しまねっこカフェ限定のグッズを販売。また、各会場に設置してあるスタンプを専用の台紙に押して応募すると抽選でプレゼントがもらえます。
2018年8月22日には、島根イン青山にしまねっこが来場します。一緒に写真が撮れるかも(予定)!
information
しまねっこカフェ
期間:2018年8月22日(水)~12月2日(日)まで
会場:東京都内(GRILL BURGER CLUB SASA(代官山店)、島根イン青山/レストランクーポール)、島根県内(島根県立美術館など5店舗)
Web:しまねっこカフェ公式サイト
writerprofile
AkikoSaito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。
【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

“しまねっこファン集まれ!〈しまねっこカフェ〉東京と島根で期間限定オープン(Webマガジン コロカル)” の続きを読む

シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)

情報元 : シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000006-san-l32
 宍道湖を代表する魚で、透き通った体が光に反射すると七色に輝き、ガラス細工のように美しい「シラウオ」。一年中、その姿を鑑賞できる新しい水槽が島根県出雲市園町の県立宍道湖自然館ゴビウスに今月から登場した。シラウオを通年展示する日本で唯一の施設として注目される。
 平成13年にオープンした同館は当初から、シラウオの繁殖に取り組んできた。最大10センチ程度まで成長するシラウオは、寿命が1年と短い上、半透明の体でウロコも少ないことから、傷つきやすく、飼育がかなり難しいとされている。
 様々な試みを積み重ねながら、平成18年に人工繁殖による飼育日数の最長記録(ふ化194日)を達成。翌年にはシラウオ2匹を1年間、生存させることに成功した。さらに平成28年から昨年までの3年間で、シラウオの通年展示、(同館生まれの)2世の展示、3世の展示を相次いで実現。多数繁殖させる技術が確立したことで、通年展示のための新たな水槽設置が可能になった。
 設置された水槽の大きさは幅2・6メートル、高さ1・2メートル、奥行き1・3メートル。水槽の横から照明を当て、シラウオが泳いでいる時に、赤や緑、黄色など様々な色に変化していく美しい姿を鑑賞できる。現在は、昨年3月から4月にかけて生まれた体長6-7センチの約300匹が展示されている。
 このほか、シラウオがエサとする微小生物を展示した「プランクトン水槽」やシラウオの成長過程をわかりやすく紹介した映像モニターも設置されている。
 シラウオ飼育の担当責任者でもある田久和剛史係長は「職員が交代でこまめに観察記録をつけるだけでなく、魚同士がぶつからないように水槽を大きくし、成長に合わせてエサを与えるなど、日々積み重ねてきた努力が報われた。網ですくっただけで弱ってしまうため、地元の島根県民でも生きている姿を目にする機会は少ないはず。展示をきっかけに『泳ぐガラス細工』と呼ばれるシラウオの美しさを知ってほしい」と話している。
 開館時間は午前9時半-午後5時。火曜休館。入館料は大人500円、小中高校生200円。問い合わせは同館(0853・63・7100)。

“シラウオ、国内唯一の通年展示 出雲「ゴビウス」に新水槽登場(産経新聞)” の続きを読む

eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)

情報元 : eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)北日本新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00110021-kitanihon-l16
 コンピューターゲームで対戦し腕前を競う「eスポーツ」の県内初のプロチーム「TSURUGI(ツルギ)」が9月に発足する。eスポーツはインドネシアで開催中のジャカルタ・アジア大会で公開競技となるなど、スポーツ大会の競技として採用する潮流が世界的に広がっている。TSURUGIは、認知度の向上やレベル強化に向け、県内の愛好者が立ち上げる。代表の堺谷陽平さん(28)=射水市小島(大島)=は「ゲームに対する良くないイメージを変え、職業としてプレーヤーを目指せる土壌をつくりたい」と話している。 (社会部・石黒航大)
 eスポーツは、2000年ごろから競技として認識され始め、現在世界の競技人口は1億人以上とされる。22年のアジア大会(中国・広州)では正式種目に決まっており、五輪での採用も検討されている。国内では19年の茨城国体で、都道府県対抗の大会が開催される。
 堺谷さんは、自身が会長を務める県eスポーツ協会で16年からイベント「トヤマゲーマーズデイ」を実施。富山を県内外のプレーヤーの交流の場の一つとして確立させた。
 ただ、プロチームの大半は東京や大阪など都市圏に集中しており、スポンサー集めの観点から個人が富山でプロを目指すのは厳しいという。堺谷さんは「富山の若者がeスポーツをやりやすい環境をつくりたい」と、仲間らと協力して地域に根差したプロチームづくりを目指した。
 チーム名は剱岳がモチーフで、「富山から頂点を目指す」という思いを込めた。北陸を中心にプレーヤーを集め、活動拠点の高岡市で練習する。国内外の大会やリーグに参加するほか、競技の面白さを県民に広めて潜在的なプレーヤーを掘り起こし、競技人口拡大にもつなげる。
 7月下旬に会社を立ち上げ、スポンサー集めに励んでいる。9月9日のトヤマゲーマーズデイでチーム設立を正式発表する。堺谷さんは「成績を残してチームの環境を高め、いずれは県内から世界的なトッププレーヤーを生み出したい」と意気込んでいる。
◇eスポーツ
 エレクトロニック・スポーツの略。電子機器のコンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツと捉え、観客は大型モニターなどで観戦する。サッカーの「ウイニングイレブン」、格闘技の「ストリートファイター」などが人気。先進国とされる米国や韓国は億円単位の賞金が出る大会もあり、プレーヤーは野球選手と同様に子どもたちの憧れの職業になっている。

“eスポーツ 世界に挑戦 来月 県内初プロチーム(北日本新聞)” の続きを読む

天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)

情報元 : 天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)みんなの経済新聞ネットワークhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000083-minkei-l40
 イムズ(福岡市中央区天神1)3階に7月7日、ローカルの魅力を紹介するショップ「ローカルデベロップメントラボ」がオープンした。(天神経済新聞)
 同店は「都会を“ローカルの力で”元気にする」をコンセプトに、九州をはじめとした各地域の自然や食、アクティビティの開発や紹介、販売を行う。インターナショナル公民館「SUiTOFUKUOKA」を展開する「EAST」代表取締役・長島秀晃さんと地域ブランディング協会理事・佐藤真一さんが手掛ける同店。店舗面積は約50坪。
 「食とくらし」「野遊び」「ツーリズム」をキーワードに複数の店舗が出店する。福岡のけやき通りにも店舗があるグローサリーショップ「&LOCALS」では、地域の特産品などを販売。商品開発や生産者イベントができる「L.D.LKITCHEN」では、フードロスを解消する目的で規格外野菜を使った定食の提供や、新商品の試食・試飲ができるスペースを設ける。「エイ出版社」、「地域ブランディング協会」、「TOYODATRIKE」では、野遊びを通してローカルに興味を持ち楽しむことができるワークショップを開くほか、「VISITKYUSHU」によるモニターツアーなどを実施する。ハウスメーカー「未来工房」では、木に触れる機会を持って知ってもらおうと熊本県の木材を使った子ども部屋をイメージしたブースを用意する。
 店舗では、生産者や自治体からの相談事を話し合える打ち合わせスペースも設け、ローカルと人とをつなぐコミュニティ-の場としても活用できる。
 長島さんは「地域に行くきっかけ作りとして、地域の良いものを見せる場、紹介できる場を作りたい。生産者をどのように支援できるか、つなぎ役として会話や相談ができる場所にしていきたい」と語る。
 佐藤さんは「単なるショップではなく、地域の人と一緒に悩みや問題を解決することで『ローカルが新しい(プレミアム)』という新たな価値観に出会える場、情報発信できる場にしていきたい」と話す。
 営業時間は10時~20時。

“天神・イムズにローカルと人を結び情報発信する場「ローカルデベロップメントラボ」 /福岡(みんなの経済新聞ネットワーク)” の続きを読む

中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)

情報元 : 中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)デーリー東北新聞社https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00010005-dtohoku-l02
 21日に青森県八戸市三日町にオープンする八戸まちなか広場「マチニワ」の内覧会が12日、開かれた。市がメインのイベントスペースやシンボルオブジェ「水の樹」など施設内を初めて関係者に公開。八戸中心商店街連絡協議会の松井正文会長は「市民がゆっくりくつろげる施設ができた。来街者が増加し、店を訪れる人も増えてほしい」と期待を膨らませた。
 施設は2階建てで、「自由な雰囲気の場所」として空間に仕切りがないのが特徴。市はバスの待合や食のイベントなどさまざまな用途を想定している。
 水の樹は、複数の柱と水の受け皿でできており、1時間に1回、水が流れる仕組み。このほか、施設内には203インチの大型ビジョンや市営バスの運行状況が把握できるモニターなども設置している。
 内覧会には中心街関係者ら約120人が参加。マチニワを管理するはっちの安原清友館長は取材に「施設は、はっちとブックセンターの中間に位置しており、文化芸術の振興や中心街のにぎわい創出につなげたい」と強調した。
 市は13日から始まる「八戸七夕まつり」に合わせ、同日午後4時からプレオープンし、市民に開放する。

“中心街に新たな憩いの場 完成の「マチニワ」内覧会/青森・八戸(デーリー東北新聞社)” の続きを読む